イヴイヴの審査は通らない!?登録についての口コミと審査通過のコツ

                                       
                                   

婚活にはもはや必要不可欠なマッチングアプリの中でも、『イヴイヴ』は完全審査制をウリにしているサービス!
運営の方がしっかりと本人認証をして、すでに会員となっているユーザーの審査をクリアしたところで、初めてサービスを利用できるんです。
でも、サクラや業者がほとんどいない安心感がある一方で

「審査って何を見られるんだろう……」
「どうせイケメンや美人しか通らないだろうし……」

と心配になる人たちが多いようです。

ですが、審査通過のためにはちょっとしたところを気にする必要があるんです。
あきらめるかどうかは、この記事を読んでから決めても遅くありません!!

(目次)

<結論>最初に手を抜くと落ちやすい……でも写真やプロフィール作成を少し頑張れば通過率大幅アップ!

イヴイヴは当初、渋谷ですぐに出会える人たちをマッチングさせる相席アプリでした。
ですが完全審査制を導入した今は、真剣に恋活をしたい人たちが集まるアプリに。
運営と既存ユーザーとで審査(1人につき24時間!)することもあり、かつてよりもユーザーの本気度が上がっているそうです。

ですので、「とりあえず登録」だけしようとしても、審査が通らない可能性大。

逆に言えば、手を抜かずにきちんと写真を登録してプロフィールを入力すればほぼ確実に承認されます。

イヴイヴってどんなアプリ?

グラフを見るとわかる通り、30代が圧倒的に多いですね!
次いで20代にも根強い人気があります。
因みに編集部で確認したところ、18歳・19歳の人たちもいました!

完全審査制

運営さんや既存のユーザーが写真やプロフィールを見て、入会OKかNGかをジャッジ。
最終的に既存ユーザーのOKが50%を超えていたら、晴れて入会決定!
入会後は逆に、あなたも審査に参加できます♪

イヴイヴ関連記事
イヴイヴ口コミ、実態調査

審査に落ちた人・否定的な口コミ

引用:App Store

今というのはおそらく、相席の制度を廃止して完全審査制に変わった状況を指していると思われます。時間をかけて入会希望者1人1人をチェックする方針に変わったからこそ出てくる内容ですね。

引用:App Store

こちらも待ち時間が長いことを嘆く内容です。
安心感があるのは理解できるけれど、入会の可否が周りの意見に左右されることに納得がいかない様子ですね。

”24時間の間にプロフィール写真が何度も非承認になり、めげそうになりました。
(中略)
会員の質を保つための審査制度かもしれませんが、とても煩わしく感じました。

引用:婚活アプリ トリセツBOOK

やはり審査には時間がかかるし、時間をかけても登録まで進まない……との意見が見受けられますね。
手間をかけても審査に通らないことで「割に合わない」と感じるのかもしれません。

イヴイヴの審査が通った人・好意的な口コミ

引用:App Store

従来のマッチングアプリへ抵抗がある人にほど、完全審査制が好評のようです。
全面的に信頼されていることが伝わってきますね!

”審査完了まで24時間かかりますが、特に問題なく審査も通過しました。男性に比べて女性の審査はそこまで厳しくはないようです。”

引用:婚活ナビ⁺

時間がかかるけれど、特に問題はなかったとの口コミです。
元々のプロフィール写真が良かったのか、それ以外の要因が良かったのか……
真相は定かではありませんが、特に苦も無く通った方が一定数いることもまた事実のようです。

引用:App Store

こちらの方も、完全審査制により安心感を抱いています。
本気度の高い恋活をしたいと考えている人には、背中を押される内容です。

引用:App Store

確かに審査への時間はかかりますが、「入会希望者をきちんと見て判断してくれる!」という信頼につながっていることがわかります。
人によって感じ方はそれぞれのようですね。

 

イヴイヴの登録から審査通過まで

 

登録はこれだけ!
メインの写真は先に登録します。
審査を待っている間に、サブの写真を追加したり他のプロフィールを埋めたりする流れです。

 

写真登録の注意点

 

ここからは、写真の登録について押さえておくべきポイントを解説♪

 

1枚目の写真が大切!

 

あなた1人が写っていて、顔がはっきりわかる写真を選びましょう。
女性の場合は自撮りでも通りやすいですが、「暇つぶしに登録している」とも思われがちです。

なるべく手間をかけて、登録用の写真を用意したと思われた方が好感度は高め。
ですので、他の人にお願いするかセルフタイマーで撮るのがベストです。

背景も目に留まりやすいので、できれば自然のある屋外で撮れるなら言うことなし。
屋内の場合は周辺を片付けて「清潔感がある(ように見える)」環境で撮影しましょう!

写真加工しちゃだめ??

「見た目には自信がない……」

そう思うかもしれません。が、誤解しないでください!
ルックスが良いかどうかは関係ありません!!!
見た目を気にするよりも、笑顔などの表情で工夫して「この人といると楽しそう」という印象を抱かせた方が、審査に通りやすいんです。

とはいえ、少しでもかわいく・格好よく見せたいと気持ちは理解できます……!
もしどうしても「欠点をカバーしたい!」ということであれば、フィルターをかけてうっすらと明るい色味に変えたり、ニキビやクマを消したりするくらいなら大丈夫。
目立たないように・最小限の加工にとどめましょう。

良い写真の例

旅行先でしょうか。リラックスしていて自然な表情が魅力的でした。

サブ写真

可能であれば、複数枚写真を載せておきましょう。
趣味に打ち込んでいる姿やペットといる場面など、素のあなたを連想させるような写真が理想的です。

良い写真の例

屋内で若干暗めなのですが、好きなものが一目でわかります。

プロフィール

プロフィールについては、大きく分けて「選択型」「記入型」の2種類あります。

選択型

●基本プロフィール(10種類)
→居住地、生年月日、職種、タバコなど
●「詳細プロフィール(11種類)」
→学歴、結婚歴、お酒、休日など

あてはまるものを選ぶだけなので、ここはすべて埋めておきましょう!
ただし、基本プロフィールの年収については「秘密」の選択肢がありますが、なるべく避けた方がベター。
あまり高くなくても設定しておかないと「訳アリ??」と思われてしまい、審査が通りづらくなってしまいます……!

記入型

●「話のきっかけになりそうなこと(10種類)」
→好きな音楽、好きなYoutuberなどを記入形式で答える
●「つぶやき」
→Twitter感覚で近況を伝えられる
●「自己紹介」
→フリーで記入できる

こちら3つも極力埋めていきたいところですが、全部は大変ですよね……
なので、最低限「つぶやき」「自己紹介」は記入しましょう!
つぶやきは17文字のみですが顔写真とセットで表示されるので、端的に好きなものをアピールできます。

写真やつぶやきで興味を引いて、自己紹介でさらにあなたの人となりを伝えましょう。
何も書いていないのはもってのほか!

ただ自己紹介については、つぶやきと似たような「よろしくお願いします」などの内容だけでは敬遠されがち。
例文に沿って、登録のきっかけや好きなことなどを記入しましょう。

最大1000文字入力(!)できますが、文字数いっぱいまで入力する必要はありません。
スマホの画面内に収まる200文字~300文字くらいが目安です。

☆プロフィール例☆

初めまして!プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

都内のIT系企業で働いている25歳です。
職場内が同性ばかりでなかなか出会いがなく、真剣にお付き合いできる方を探したくて登録してみました。

インテリアが好きで、休みの日はウインドウショッピングをしています。
外に出て身体を動かすことも好きです。
スポーツ観戦も好きで生でも観たいのですが、1人ではなかなか行きづらいので一緒に行ってくれる方だと嬉しいです。
お酒はあまり強くないけれど、飲むこと自体はとても好きです。
特に、お魚と一緒に日本酒をちょっとずつ飲む瞬間がたまらなく幸せだと思っています。

気軽にいいねしてください!よろしくお願いします。

ここまでできれば、あとは待つのみ♪
お疲れさまでした!

最後に

 

これらを見て「大変そうだな……」「こんなに手間をかけないと登録できないのか……」と感じた方もいるかもしれません。遊びやヤリモクで登録するには面倒で、ハードルの高いマッチングアプリであることは事実でしょう。

ですが真剣に出会いを求めているあなたであれば、実際にやってみると気が付くはず。ほかのアプリでは登録後に行う作業を「審査を待つ間に行っておく」だけなのです。
その手間を惜しまなければ、審査に通らない!という事態を回避できるでしょう。

今回はイヴイヴに限らず、マッチングアプリには大切なポイントを上げてみました。
試してみる価値は大いにありますよ!

【イヴイヴ公式サイトはこちら】

関連記事
【イヴイヴ口コミ・実態調査してみた!】
【東カレデート口コミ・審査結果は!?】

【編集部おすすめマッチングアプリ人気ランキング】

The following two tabs change content below.
編集部 舘

編集部 舘

しっかり者女子。なんと占いが出来るんです。 休日は専らヒトカラ三昧。ポップスやロックから歌謡曲・アニソンまで、レパートリーは広く浅く。

ライター紹介はこちら