ポイントを無駄遣いしたくない!!ハッピーメールの料金や活用方法を詳しく解説♪

                                       
                                   

マッチングアプリを使っている人であれば「ハッピーメール」を1度は聞いたことがあるかもしれません。

長年続いているだけあって会員数が多く、上手に使いこなせばきちんと出会えるハッピーメール。

だけど、いくら出会えるとしてもお金がかかりすぎるのはちょっと……と考える人は少なくないでしょう。

女性は無料で利用できるアプリがほとんどですが、特に男性はそんなことなど言ってられませんよね!

今回はハッピーメールの料金について、金額設定からお得な使い方まで徹底的に解説します!

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

<結論>1ポイント10円からで出会える!ポイントを使うところ・無料でできることを把握して上手に活用しよう♪

ハッピーメールは基本的に課金必須!

男性が完全に無料で出会おうとするのはかなりハードルが高めです……

ただし、無料で使える機能もあるので課金額はそこまで多くなくても大丈夫。

出会いたい人数にもよりますが、1人につき数百円で済む場合も!?

今回はハッピーメールの料金についての解説を中心に、使うべき機能についてなどの気になる情報に迫ってみたいと思います!

そもそもハッピーメールとは!?

ハッピーメールは2001年から運営が続いている、超老舗マッチングサイトのひとつです。

会員数は1900万人(2019年3月現在)で現在も増加中。

掲示板や日記などひとつひとつの機能も充実していて、SNS感覚で楽しんでいるユーザーもいます。

ですが現状として、割り切りやセフレ。パパ活など利用をしている人も多いようです。

料金形態の比較

happymail-fee

ハッピーメールはポイント制!

使う分だけを前払いして利用するので、使いすぎる心配はありません。

ただし、支払い方によって金額や貰えるポイントが微妙に変わってしまう様子……

ちなみに支払い方法がかなり増えたことをご存知ですか?

◎itunesカード、GooglePlayカード

◎クレジットカード決済(VISA、MASTER、JCB、アメックス)

◎コンビニエンスストア

◎あと払いpaidy

◎payapl決済

◎電子マネー

以前よりかなり支払い方法が増えて後払い機能も追加されましたね。

ハッピーメールはテレコムクレジット株式会社という、決済業務を委託している決済会社とカード情報を共有しているため、クレジットカードの明細に記載される名前は「HM」になります。

そのため第3者が明細書を見てもハッピーメールを使っていることはバレないので安心して決済することができます。

happymail-fee

ものすごく勘の良い人でも使ったことがある人じゃないと「HM」がなんなのか分からないので助かりますね。

普通の主婦なら「HM」は「ホットケーキミックス」と思うのでバレないでしょう。

基本料金

ハッピーメールでの基本料金をご紹介します。

クレジット払い

アプリ

金額

ポイント

金額

ポイント

金額

ポイント

金額

ポイント

1000円

100P

5000円

550P

600円

60P

3000円

320P

2000円

210P

10000円

1150P

960円

100P

5000円

550P

3000円

320P

15000円

1700P

2000円

210P

9800円

1150P

4000円

430P

20000円

2300P

引用:ハッピーメール

銀行振込

コンビニ払い

金額

ポイント

金額

ポイント

金額

ポイント

500円

50P

10000円

1500P

1000円

100P

1000円

110P

15000円

2200P

2000円

210P

2000円

230P

20000円

3000P

3000円

320P

3000円

400P

30000円

4500P

5000円

550P

5000円

700P

10000円

1150P

※コンビニ払いは別途振込手数料200円(3000円以上であれば免除)

ここまで一気にご紹介してきました。

1番おトクに購入できるのはズバリ「WEBからのクレジット払い」!!

アプリからの決済は手軽さが魅力ですが、決済の手数料が上乗せされてしまってお得感が少なめです。

カードを持っていて少しでもおトクに!と考えるのであれば、クレジットで支払うべし!!

後払い機能

happymail-fee

ハッピーメールは今まで完全前払い制度でしたが、後払いシステムが導入されました。

メールアドレスと携帯電話番号だけで決済ができて、事前登録・クレジットカードは必要ありません。

月に何回決済しても、お支払いは翌月にまとめることができて、1ヵ月分のご利用金額は、翌月1日に確定します。

happymail-fee

happymail-fee

happymail-fee

happymail-fee

いかがですか?今月お金がピンチでも誰かと会いたいと思っている人には嬉しい後払い機能です。後払い機能ってついつい多く使いすぎてしまいますが計画的に利用すれば楽しく出会えるはずです。自分にあった支払い方法で利用してみてください。

ポイント消費

ではこれらのポイントはどこに何ポイント消費されるのでしょうか。

掲示板関連

投稿・メール

アプローチ・音声

通常の閲覧

1P

掲示板(※1)

5P

タイプ送信

2P

掲示板画像閲覧

2P

掲示板音声添付

3P

いいね!送信

1P

投稿画像閲覧

3P

メール送信

5P

音声プロフィール再生

3P

投稿動画閲覧

5P

画像・動画添付

3P

掲示板・メール音声再生

3P

プロフィール画像閲覧

2P

スタンプ送信

5P

音声送信・返信

3P

プロフィール動画閲覧

5P

転送電話受信

3P(※2)

メール添付画像閲覧

2P

転送電話発信

3P(※2)

メール添付動画閲覧

5P

ボイスチャット

3P(※2)

似顔絵画像閲覧

2P

フォトアルバム閲覧

1P

ムービーアルバム閲覧

3P

(※1)掲示板は各ジャンル24時間に1回ずつ投稿無料

(※2)15秒ごとの消費ポイント

引用:ハッピーメール

かなりたくさんありますが、出会い目的で使用するのであればすべてを使う必要はなし。

実際やり取りに直接かかわるのは掲示板関連やメール・いいね送信が中心です。

他の機能は出会いよりもコミニュケーション目的のものがほとんどですので、お好みで使用しても問題ありません。

メールの受信や閲覧は無料でできますが、送信すると5P消費してしまいます。

他のサイトに比べれば安いので、気になる女性にはメールを送ってみましょう。

日記の画像や動画は無料で閲覧できますが、メールや掲示板で画像や動画を閲覧する場合はポイントを消費してしまいます。

始めたばかりでよく分からない人は、まずは日記の閲覧から始めてみてはいかがでしょうか。

無料でできること

ですが、無料で使える機能もかなり多くあります!

無料でできること

掲示板・プロフィール・日記の検索

メール受信・閲覧

プロフィール・日記の閲覧

マナー返信

日記画像・動画の閲覧

タイプ送信者のプロフ閲覧

日記本文・コメントの投稿

いいね!送信者のプロフ閲覧

日記画像・動画の投稿

足あと経由のプロフ閲覧

掲示板画像添付(ただし投稿にはポイントが必要)

プロフィール画像・動画・音声の掲載

なんと、プロフィールだけではなく日記の閲覧・コメントも無料で使えちゃいます!

SNSと同じ感覚で使用できるので、気に入った人にだけコンタクトを取ることも簡単♪

日記機能を上手に活用できれば、ポイントの消費をぐんと節約できそうですね。

女性はすべて無料で利用できますが、男性は掲示板を閲覧すると1P消費してしまうようですね。

でも1Pならお手頃な気がします。

1Pすら使いたくない人はとりあえず日記から相手を探してみてください

出会い系サイトを使っている人なら分かると思いますが、ハッピーメールはかなり優良なサイトで、安く出会えちゃいます。

無料で登録できるのでとりあえず始めてみましょう!

他のマッチングアプリとの簡単な比較

ではここで、他のアプリの料金についても簡単にご紹介!

今回は同じくポイント制のYYC・ASOBOと比較してみます。

アプリ名

1回辺りの課金額

1P辺りの金額

主なポイント消費用途の例

ハッピーメール

500円~20000円

約8円~10円

メール送信(5P)

掲示板の書き込み・閲覧(1~5P)など

YYC

980円~32400円

約0.7円~1.08円

プロフィール閲覧(10~30P)

メール送信(50P)など

ASOBO

600円~30000円

約7円~13円

掲示板の書き込み・閲覧(1~5P)

女性へのメール送信(5P)など

いずれも1回辺りの課金額が大きいほど多くのポイントが得られるシステムです。

一見すると、1ポイント辺りが安くておトクであるように見えるのはYYC。

ですがYYCはプロフィールを見るたびにいちいちポイントを消費するという落とし穴が!

油断していたら、あっという間にポイントが無くなっている……なんてことも(゚Д゚;)

ポイントの消費については、プロフィールを無料で見られるハッピーメールやASOBOの方がやや良心的ですね!

支払いについての注意点

●返金は不可

当たり前ですが、1度支払った金額の返金はできません。

退会するから、残っているポイント分を返して!なんて要望も論外です。

ポイントは買った分だけ使い切ることを想定しましょう。

●退会後にポイントは消える

また、退会した後には使い切れなかったポイントがすべて消滅してしまいます!

再びハッピーメールに登録する予定があるのなら、退会はいったん見送ってポイントをキープしましょう。

無料ポイントの稼ぎ方

ハッピーメールは、新規登録時であれば120ポイントのプレゼントがあります!

【内訳】

登録時・50P

年齢確認・50P

メールアドレス登録・20P =合計120P

さらに登録後は、こんな手段で無料ポイントをゲットすることが可能!

毎日のログイン・1P(アプリ限定)

友達紹介・300P

スポンサーサイトへの登録(WEB限定・ポイントは各サイトにより異なる)

ですが、ログインのポイントは地道すぎるし、友達紹介はハードルが高すぎる……

とも思われるかもしれません。

スポンサーサイトについては、たまたま使いたいサイトがあれば問題なし。

ですが、使わないのに登録するのは節約という意味では本末転倒……

メッセージの送信で5ポイントかかるハッピーメール。

ですので、アプリの使用を公言かつ沢山の友達に紹介できる人以外はきちんと課金することをおすすめします。

ポイントを無駄遣いしたくない!!ハッピーメールの料金や活用方法を詳しく解説♪

コスパは良い?悪い?

課金はほぼ必須であるハッピーメールは、結局コスパが良いのか悪いのか……

こちらだけではあまりピンとこない人も多いでしょう。

ハッピーメールを使用した人たちがどのように感じているのかをチェックしてみます!

口コミ・体験談

まずは「高い」と思っている口コミから。

“ポイントがかかりすぎですね!

(中略)ここはトータル最低評価。”

引用:GooglePlay

ポイント制なので課金が高い。


登録女性も援交目的など 怪しい女性が多い。”

引用:Twitter

いずれも、ポイントをかけたのになかなか出会えないという声です。

サクラや業者らしきアカウントの多さもあって、不満に拍車をかけています。

否定的な口コミの多くは、具体的にかけた金額について言及がないので何とも言えません。

が、出会えない悔しさからくるやっかみも混じっていそうですね。

“ハピメは単価やっすいけど

返信率はめちゃめちゃいいんだよね”

引用:Twitter

ハッピーメールだと1500円くらいで3、4人くらいには会える

一人当たり200円で会うとか普通にある

初心者でもコツ掴めば簡単”

引用:Twitter

こちらは好意的に受け止めている人たちの口コミです。

わかりやすい例がありましたが、上記の通りなら20~30Pで出会える計算ですね!

上手に見極めて効率よく使えばコスパ良く使えそうですね。

こちらもチェック!

優良マッチングサイトを謳うハッピーメール!サクラは!?本当に出会える??徹底調査!

まとめ

ハッピーメールの料金についてご紹介してきました。

基本的に必要に応じて課金する必要があり、いくら得点で無料ポイントが付くとしても足りなくなるケースの方が多いようですね。

実際掲示板の使用・メール送信で最大5ポイント(1回辺り)を消費してしまいます。

とはいえハッピーメールは、SNS感覚で使用できるところが強みのひとつ。

無料で使える日記機能を上手に使って、狙った人にだけポイントを使うなんてことも可能です!

1P=10円の価格自体はごく一般的な料金設定。

状況やどのくらいの人とやり取りしたいかなどを考えながら600円・1000~2000円くらいの少額ポイントを買い足していくと効率が良いでしょう。

最小限に沢山の出会いが欲しい時、利用してみてくださいね♪

・公式サイト

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

・関連記事

これが出会い系マッチングアプリハッピーメール(ハピメ)の正体だ!!!【改訂版】

優良マッチングサイトを謳うハッピーメール!サクラは!?本当に出会える??徹底調査!

人気ランキング

The following two tabs change content below.
編集部 舘

編集部 舘

しっかり者女子。なんと占いが出来るんです。 休日は専らヒトカラ三昧。ポップスやロックから歌謡曲・アニソンまで、レパートリーは広く浅く。

ライター紹介はこちら