ハッピーメールを題材にした映画が好評!元AKBアイドルが熱演

                                       
                                   

どうやら少し前にハッピーメールを題材にした映画が話題になっていたようです。

それもそのはず。元AKBメンバーが主演を務めていたからです。

いったいどんな映画だったのか詳しく見てきましょう。

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

ハッピーメールは映画化もされている!?

実はハッピーメールを題材にした映画が2018年8月25日から2週間限定で上映し、元AKB48のメンバー「野呂佳代」が主演を務めました。

秋葉原を主な舞台に、恋に不器用な男女4名が繰り広げるラブコメディー映画です。

野呂佳代演じる主人公は、カリスマネイリストで仕事は順調だけど大学の友達がみんな結婚して家庭を羨ましがっているアラサー女性というもので、竹財輝之助演じる恋愛不器用で家には鉄道モデルがあふれているイケメン医師を演じています。

竹財輝之助 小林涼子 佐野和真 つるの剛士(友情出演)など話題の芸能人が出演していて1年経った現在も人気の映画で、ハッピーメールを提供してきた株式会社アイベックが総額1000万円のプレゼントなど大型イベントを実施し、大きな反響を呼びました!

happymail-movie

ハッピーメールの映画のレビュー

この映画は、ハッピーメールを題材に制作された映画で、劇中でも出会い系サイト「ハッピーメール」を使用して男女が出会うという設定になっています。

マッチングアプリ業界としては初めて映画制作に携わったということで話題にもなりました。

happymail-movie
引用:Yahoo!Japanレビューサイト

実際ハッピーメールには業者やデリヘルの人が潜んでいるのも事実です。

そういったリアルなマイナス部分もおもしろおかしく書いていてくれたらもっと話題にもなり見ごたえを感じそうですね。

happymail-movie
引用:Twitter

今話題の竹財輝之助さんが出演していて、ファンの人はわざわざDVDをレンタルして見たそうです。

編集部では竹財さんを知っている人はいませんでしたが、この映画をキッカケに「かっこいいやん」と頬を赤らめている人もいました。

happymail-movie
引用:Twitter

編集部でも手を繋ぎながら走っているシーンは人気でした。

さらに小林涼子の狂気じみた演技が見ごたえを感じる人も多かったです。

歯科医から一度は出会いの約束をすっぽかされて事情があったのだがこういうところが出会い系っぽいなと感じました。

ぜひこの機会に映画もチェックしてみてくださいね!

10万円のギフト券がもらえる!?

happymail-movie

ハッピーメールで体験した恋愛エピソードを元AKBの野呂佳代さんが短編ストーリとしてドラマ化して、ハッピーメール内で配信することになりました。

このドラマに採用された人には10万円分のギフト券のプレゼントがもらえるチャンスなのでぜひみなさんも応募してみてはいかがでしょうか。

【募集エピソード】

・ハッピーメールでの忘れられない素敵な出会い
・ドキドキした恋の駆け引き
・ハッピーメールを使ってギャップを感じた瞬間
・今では幸せだけどハッピーメールでの失恋話

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

我々編集部でも応募したい!!と言っても忘れられない素敵な出会いというものは正直なかったんです。
1人目に会った男性は、こちらにギャップを感じたらしく「写真とイメージ違うね!」と言われましたが・・・。
あれれ?違う意味のギャップですかね?あまり感動できませんね・・・。
結構タイプの人でドキドキしたのは覚えているんですが。

映画は意外にも好評!トキメキありのラブストーリ‐

いかがでしたか?

恋に不器用な男女の物語で笑いありトキメキありのストーリーとなっているようです。

ハッピーメールのサイト自体は援デリ業者やパパ活をしている人が多く批判的な意見もありますが、映画自体は好評だったみたのなのでぜひ観てみたいですね。

公式サイト

こちらはアプリの公式サイトになります。ここからアクセスして実際に始めてみましょう。→

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

関連記事

The following two tabs change content below.
編集部 翔太

編集部 翔太

29歳、独身。趣味は銀座コリドー街で飲み歩き。 最近は婚活のためマッチングアプリを14個登録。 好きなタイプは黒髪美人!

ライター紹介はこちら