海外の婚活事情ってどうなってるの?日本とは違う恋愛観や結婚観について紹介!

                                       
                                   

現在日本では、婚活パーティーや婚活サイトなどリアルでもネットでも「婚活」が盛んに行われています。

では海外の婚活事情はどのようになっているでしょうか。

文化が違えば恋愛感や結婚観も違うはず!ということで、今回は様々な角度から海外の婚活事情に触れていきます。

外国人と付き合っている方や国際結婚に興味関心のある方、今から出会いたい方は必見です。

 

告白はしない?海外の恋愛観とは

kaigai konkatsu

 

海外では日本よりも性にオープン!

欧米ではパートナーに対して、趣味や性格が合うかどうかということよりも、体の相性を重視する傾向があります。

日本の文化は性に関してあまりオープンではないので、本心はともかく表向きには性に積極的なこと自体が好まれないような雰囲気がありますが、欧米の人達はより本能的な感情が前に出やすいので、性の相性を重視して相手を探すことに抵抗を感じないわけです。

日本で問題になっている夫婦間のセックスレスが欧米ではとても少ないことも、こういった理由があるからなんですね。

 

海外では特定の彼氏・彼女を作らない!?

また、相手を探す際に特定の一人にこだわらない期間があることも、欧米の恋愛に関する大きな特徴と言えるでしょう。

一般的には「デーティング期間」と呼ばれ、いわゆるお試し期間のようなものなのですが、例えば日本人が初めて海外の異性と付き合う場合に一番戸惑う文化の違いだと思います。

そりゃそうですよね、意中の男性が他の女性ともデートしていいという訳ですから、普通に日本で生まれ育った身としては居てもたってもいられない心理状態になるのもうなずけます。

しかし海外ではこの習慣が一般的で、デートの形も様々、体の関係を重視する欧米人のことですから、人によっては何人もの異性と関係を持った上で付き合う相手を決めるというパターンもあるようです。

 

海外では告白をしない!?

さらに、欧米では「告白」という概念がなく、強いていえば告白はプロポーズだという認識になるので、先ほどのデーティング期間がいつ終わるのか、自分たちは今どういう関係なのかがハッキリと分からないような状態が有り得ます。

この問題を解決するためには、例えば相手が自分のことを家族や友人に紹介する時に「僕のガールフレンドだよ」等とハッキリ言ってくれるかどうか、または相手に直接確認して確かめる、このような方法を欧米の人たちは使っているようです。

 

海外と日本、結婚観の違い

kaigai konkatsu

 

海外では「今を楽しむ」人が多い

欧米のカップルは、付き合い始めた頃から二人の将来を考えることがあまり多くありません。

「お互いのことをまだ良く知らないうちから先々のことなんて考えられない」という意識が強く、相手に関することを深く知る期間として捉えるわけです。

日本では付き合っているうちに二人の将来に話が及んだり、相手が二人の結婚についてどう考えているのか不安になったりしがちで、そもそも「結婚を前提としたお付き合い」なんていう形もあるわけなので、日本人と外国人のカップル間で将来に対する意識のズレが関係を悪くしてしまうケースも少なくないようです。

 

海外では結婚後の関係もシビア

また、結婚に対して「将来が不安だから結婚したい」「夢はお嫁さんになること」などといったような考え方を持つ日本人女性は多いと思いますが、欧米の女性は自立心が強いのでこのように結婚自体を人生の目標として考える人は少なく、結婚する理由をとてもシビアに見出そうとする傾向があります。

日本ではあまり良いイメージを持たれない事実婚欧米ではわりと多いのも特徴で、子供は作らないといったようなルールを決めて数十年も寄り添って生活しているカップルも多く、周りから羨ましがられるような仲睦まじい事実婚夫婦も少なくないそうです。

 

海外では離婚も即断即決

逆に離婚に関してもサバサバとした感じで、「周りの目が気になる」「子供のことを考えて」という理由で無理矢理夫婦関係を続けようとしがちな日本人と違い、相手のことが嫌だと感じたらバサッと別れてしまいます。

個人主義が強い欧米らしい生き方で、周りとの協調を重んじ和を良しとする日本ではピンとこない感覚ですよね。

 

海外の離婚率と離婚事情

 

kaigai konkatsu

最近の日本では結婚した3組に1組が離婚しており、結婚率は低下傾向にありながら離婚率は上昇しているという統計結果がありますが、海外の離婚に関するデータはどうなっているのでしょうか。

 

海外での離婚率

世界の離婚率に目を向けてみると日本の離婚率はそれほど高い方ではなく、上の表を見ても分かるようになんと6割を超える離婚率の国もあります。

2組中1組が離婚しているアメリカですら、約50%ですのでとても及ばないということですね。

 

各国の離婚事情

離婚率の高い国に共通して言えることは、まず離婚の手続きがそれほど面倒ではない国が多いこと、さらに結婚生活やパートナーに対する意識に特徴が見られるということが挙げられます。

日本では離婚に対して割と我慢強く辛抱する傾向があったりしますが、海外では相手のことが嫌だと感じたらスパッと別居などの行動に移る国が多く、こういった国民性が離婚率を高めているわけですね。

ちなみにアジアでも韓国や中国は近年離婚率が上がってきており、日本とほぼ同じような数字になっているようです。

 

海外の婚活事情

kaigai konkatsu

「婚活」と一言で言っても、日本と海外では概念が微妙に異なるようです。

 

日本の「婚活」とは?

まずは日本の婚活という言葉について。

婚活とは文字通り「結婚活動」の略語であり、わりと昔からあった言葉なのですが、女性の社会進出にともなう晩婚化が目立ってきた2008年の流行語大賞「婚活」がノミネートされてから、なじみのある言葉として定着するようになりました。

昔は婚活といえば、適齢期を過ぎても結婚できない女性がお見合いなどを繰り返すような、あまり良いイメージの言葉ではなかったのですが、今は婚活という言葉にそれほど抵抗を感じなくなった人が増えており、実際に婚活からゴールインするカップルも多く、「婚活ブーム」と言われていた時期もすぎてすっかり一般化した印象がありますね。

 

海外には「婚活」の概念がない?

さて、婚活に関して海外に目を向けてみると、例えば欧米の人たちは前にも述べたとおり、結婚を前提としたお付き合いという概念を持っていません

結婚はお互いに惹かれあったパートナーとの自然な成り行きで成立するものであり、そういう意味では一昔前の日本での婚活ブームはとても不思議な現象に映ったことでしょう。

 

海外にはない「婚活向けサイト」の充実も日本ならでは?

日本では婚活サイトが多数あり、中には海外発のものも人気がありますが、それらはあくまでも海外では「マッチングサイト」という位置づけのサービスであり、結婚を意識するわけではない相手探しのツールとして認識されています。

日本ではいまだに出会い系サイトや婚活サイト経由での結婚は口外したがらない傾向にありますが、今や欧米ではゴールインしたカップルの3分の1はネットで知り合った関係であり、サイトやアプリで恋人を探すことはもはや一般化しているのが現状です。

ちなみに海外では、アジアも含めて街コンなどのリアルな出会いの場を提供するサービスはないそうです。

欧米ではすでにホームパーティー文化がありますし、恥ずかしがり屋の日本人ならではのイベントだと言えるのではないでしょうか。

 

マッチングアプリでも海外の人と出会える!?

とはいえ、国内でも海外の人たちと出会えるチャンスはあります。

婚活にとどまらず、友人やビジネスパートナーなどを探すことを目的としたアプリには、外国人が比較的多く登録している場合も。

特におすすめなアプリは、TinderとBumbleです!

 

Tinder

Facebookと位置情報を利用したマッチングアプリ。

マッチングしたユーザー同士でメッセージのやり取りができます。

男女はもちろん、男性同士・女性同士と同性でもマッチング可能。

ビジネス目的の人探しもできることが最大の特徴です。

Tinderについてはこちらもチェック!

マッチングアプリTinder(ティンダー)の評判。使い方や出会えるのか攻略法を検証!

 

Bumble

女性からのアプローチにより進展することが特徴のマッチングサイト。

他のアプリとは違って女性が主導権を握るため、男性はアプローチされる楽しさを味わうことができるかも!?

こちらも異性・同性問わずにマッチングすることが可能です。

Bumbleについてはこちらもチェック!

女性向けマッチングアプリ・Bumbleで出会おう!実態を徹底解説!

 

まとめ

kaigai konkatsu

 

これまでみてきたように、文化や価値観が違うと恋愛観や結婚観もここまで異なり、すぐに腑に落とすことができないような内容も多いですよね。

異国間でのお付き合いや国際結婚などで重要なことは、相手の国との価値観や文化の相違を素直に受け止めて、そもそも違うものなんだという意識を持ちながら、その中でいかに上手く関係を保っていくかを考えることだと思います。

まあ、とは言っても、一途な想いを寄せる相手が自分以外の異性と品定めデートを繰り返す状況なんて、どう頑張っても慣れそうにないですけどね(笑)

編集部おすすめマッチングアプリ・出会い系ランキング【2019年最新版】

ペアーズの悪評から良い評判まで実態調査!いま人気のFacebookアプリの真実とは!?

Omiaiは優良マッチングアプリ?使い方やオプション、口コミを徹底解説してみた! | 出会いの教科書【ラブタ】

The following two tabs change content below.
編集部 翔太

編集部 翔太

29歳、独身。趣味は銀座コリドー街で飲み歩き。 最近は婚活のためマッチングアプリを14個登録。 好きなタイプは黒髪美人!

ライター紹介はこちら