婚活中の女性必見!男性の年収の嘘を見抜く方法

                                       
                                   

婚活中の女性にとって、お相手の男性の年収を重要視している方は多いのではないでしょうか?結婚を考えれば「お金」は切っても切れない物です。だからこそ真剣に婚活をすればするほど女性は特に、相手の年収が結婚するうえでの大事な項目となってきます。 そんな大事な年収を偽っている男性が多くいることをあなたはご存知でしょうか?今回はそんな年収詐称をしている男性の見分け方について紹介します。

そもそも男性の平均的な年収は?

スーツを着た男性

多くの婚活女性が相手に求める平均な年収額はおよそ500万円以上です。 結婚相談所の中で、女性からの申し込みが多い男性の年収は500万円以上が多いそうです。しかし、結婚適齢期と言われている30代男性の平均年収額はおよそ450万円です。女性の理想と男性の現実で大きなギャップがあります。

この出会い方がおすすめ!

では、どうすれば年収500万円以上の男性と出会えるのでしょうか? 日本では、年収500万円以上の男性は決して多くいません。ですから、婚活パーティーやお見合いパーティーなどで出会うことはなかなか至難の業でしょう。そこで一番手っ取り早い方法が結婚相談所へ行くことです。 なぜなら、結婚相談所は婚活パーティーと違って費用がかかりますし、さまざまな証明書の提出が求められます。その分、結婚に対しての本気度は他と違って高くなります。なので、100%とは言い切れませんが、年収500万円以上の男性と結婚したいのであれば結婚相談所がおすすめです。

年収詐称男性の見分け方

男性を見極めようとする女性

上記でおすすめしたのですが、結婚相談所の中にも年収の上乗せを進めてくる悪質な結婚相談所もあります。 一般的な結婚相談所では、年収に関しては証明書の提示を求められるため年収の詐称の可能性はほとんどないでしょう。結婚相談所を選ぶ際には、しっかりと情報を集め吟味してから選んでください。また、婚活パーティーの年収などの登録は自己申告制のため、自分を良く見せようとして年収を少し上乗せして申告している人も少なくありません。 では、どうすればそういった年収を偽っている男性を見抜くことができるのでしょうか?

婚活サイトのプロフィールをしっかりと確認する

本気で婚活をしている人は、後でばれるような嘘などはついたりしないでしょう。ですが、中には遊び目的の男性もいます。そのような人たちは自分をよく見せるために、年収を偽る場合が多くあるそうです。なので、婚活サイトのプロフィールで不自然な部分がないかしっかり確認してください。

男性に実際に会って、持ち物について質問してみる

男性の中には、持ち物などに無頓着な人もいるので100%確実ではないですが、、、。持っている物について質問してみるといいでしょう。スーツなど着るものを含め、その人の持ち物の質は年収と比例すると言います。 チェックポイントとしてわかりやすい物が、時計や靴です。時計の値段は安いものから高いものまでピンキリです。なので年収の割にあまりにも安物をつけている場合や、靴の底がすり減っている、また汚れているなど手入れが行き届いてない男性は年収に対して見栄を張っているかもしれません。注意したほうがよいでしょう。

年収も大切ですが、、、

ここまで年収を詐称している男性について書いてきましたが、年収よりも重要視すべき点があります。それは、お金の使い方です。例えば、とある男性は年収が高くても浪費癖があり、貯蓄が全くありません。そのような男性はやめたほうがいいです。浪費癖は簡単には治るものではありません。ですから、将来子供が生まれたりすれば生活が苦しくなるリスクが高まります。 また、近年、転職やリストラなどなにがあるかわかりません。だからこそ、相手の男性の年収だけではなくお金に関する力や知識がどれだけあるかを見極めることが大切です。

まとめ

結婚をする上で、「お金」は本当に大切です。いざ、結婚してみると年収が全然違っていたりすると、けんかなど原因になり離婚の引き金になるかもしれません。だからこそ、婚活をする上では男性の年収詐称には十分注意してください。また、お金が全てではありませんが、女性に嘘をつくような男性にはくれぐれも注意してください。



The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら