婚活を頑張りたい!結婚できるベストな開始時期はいつから?

                                       
                                   

婚活を始めたいと思っても、今が婚活開始の適切な時期なのかどうか、何歳くらいで婚活を始めればいいのか分からない、といったような悩みを持つ場合もあると思います。

そこで今回は婚活の開始時期について、初婚に関する様々なデータを紹介し、男女それぞれ年代別に考えてみたいと思います。

初婚率が最も高い年代は男女共に30歳前後

バージンロードを歩く新郎と新婦

まずは厚生労働省の最新(2015年)調査から分かる初婚年齢の平均ですが、男性は31歳で女性は29歳、これは1950年当時の数字よりもそれぞれ5年ほど遅いものとなっています。

バブル期くらいまでは女性の年齢をクリスマスケーキの食べ頃に例えて、25歳が結婚適齢期と言われていたようですが、男女とも初婚の平均年齢は年々上昇しています。

この「晩婚化」は、お互いが出会う年齢の上昇と交際期間の長期化に原因があるとみられており、昔に比べて交際期間が長期化する傾向になってきた理由は、交際期間が比較的短めのお見合い結婚が減少したことが原因として挙げられるようです。

ちなみに「結婚」に対するイメージも昔に比べて変化が見られ、昔は周りからすすめられて結婚を意識し始める人が多く、結婚生活に関しても「家庭」の概念が強いものでしたが、現在は配偶者への愛情や適齢期を意識して結婚に踏み切る人が増えており、結婚へのイメージも配偶者との生活を思い描いたり結婚式に対する憧れを持ったりと、個人的な結婚への強い気持ちが支配的になってきた傾向があると言えます。

これらのことから分かるように、世の中の価値観が多様化し結婚に対するイメージも人それぞれ違ったものになってきている現在においては、結婚自体が人生における大きなウェイトを占めるものではなくなってきており、周りに流されるより個人の考え方がより強く影響するようになってきたということが言えるでしょう。

年代別に考える婚活の開始時期

笑顔で寄り添う夫婦の結婚写真

結婚を意識し、具体的な行動に移そうと思ったときの年齢層を3つにわけて考えてみます。

20代

大手結婚相談所「パートナーエージェント」による若者を対象とした調査によると、「嫌婚」「晩婚化」という言葉が登場するほど結婚に対する社会の意識が変わってきている現在においても、20代前半の男女のうち十人に一人の割合で婚活を始めていることが分かりました。

それほど早くから婚活を始めている理由は「早く結婚したい」「早く子供が欲しい」というもので、早いうちから結婚を意識する若者がまだまだいることがわかります。

しかし男女共に20代半ばくらいまでは、そこまで婚活を焦る必要はないでしょう。

社会人になったばかりで収入や蓄えもまだまだ少なく、社会経験においても未熟さが多分に残っている時期で、恋活市場ならともかく婚活市場では、このあたりの年齢層は同年代同士以外の需要はむしろ少ないのが現状です。

一生懸命に働き社会勉強をし、たくさん恋愛をして将来の婚活に備える時期だと言えそうです。

また一般的な結婚適齢期が20代後半~30代前半となっていることから、25歳を過ぎたあたりからアラサー世代に差し掛かるまでが最も婚活開始にふさわしい時期と考えられます。

周囲がボチボチと結婚し始めるのもこのあたりの世代が最も多いはずで、取り残されたくないという気持ちで婚活を始める人も、特に女性に関しては実際にかなり多いです。

30代

婚活を男女年代別に考えた時に、女性の30代は最もポイントとなる時期と言えそうです。

その最大の理由は、やはり出産です。

晩婚化が進み高齢出産する女性が増えてきているとは言うものの、まだまだ世の中には35歳くらいまでに出産を終えたいと考えている女性は多く、医学的な見地からも35歳を過ぎたあたりからの出産にリスクが大きいという問題は変わっていません。

そういう意味では、女性は30代前半までには婚活を開始している状態が理想ですね。

なお、厚生労働省のデータによると、30歳から34歳までの間に結婚した女性は3割ほどいるのに対し、35歳以上で結婚できた女性は1割ほどしかいないそう。

30代後半の婚活に関してはかなりの気合がいるということが言えるのかもしれません。

また、男性もできれば女性と同じ35歳くらいまでには婚活を始めておきたいものです。

40代

婚活をはじめる男性に多い年代がこの40代です。

バリバリと仕事を頑張ってきた20~30代を過ぎ、職場でも一定の評価を得た立場になり落ち着いてきた頃に、ふと将来への寂しさを感じ始める時期でもあるのでしょう。

20代くらいの若くて可愛い子が希望、などと自分のことが見えていない高すぎる理想さえ掲げなければ、収入が安定していて社会経験もある程度豊富な40代男性はまだまだ婚活を始める年齢として遅くはありません。

逆に40代女性の婚活は普通に考えればかなり厳しいと言わざるを得ませんが、同年代同士のお付き合いなどに可能性が残されていないわけでもなく、完全に望みを捨てるにはまだ早いと言えるでしょう。

それでも単独で相手を探すのはかなり難しいと思いますので、結婚相談所の「仲介型」サービスを利用し、アドバイザーの力を借りて自分に合ったパートナーを探すのが賢明な方法です。

とにかく男女共に歳を取ってくると、若い頃のように何も考えなくても異性と接することができるわけではないという自覚を持つべきで、やはり結婚相談所のような婚活のプロに協力を仰ぐやり方が最も手っ取り早いと思います。

婚活を始める時期に関する口コミ

結婚式の様子

ここで、世の中の婚活時期に対する考えを口コミから探してみたいと思います。

「結婚相談所に入会している女性で1番多い年齢は25~29歳、男性は28~32歳です。回りの出会いと同時進行で結婚相談所にも入会されると出会いの可能性が高くなりますね。」

「私の周りでは若い頃から彼氏を作ったり良い出会いがあった子はほぼ結婚できてます。でも結婚したいと言いつつも、引っ込み思案で自分から特に行動しない女の子はいつまでたっても彼氏が出来ていません。」

「婚活講座で知ったんですがやはり35歳の壁というのを言われていて、私も婚活していてそれは感じました。年上が好みの人でも男性の多くは結婚できる女性は35歳までと設定しています。みんながみんなそうではありませんが、そんな風に思っている人は実際に多いです。」

まとめ

草原でキスをする新郎と新婦のシルエット

そもそもいつから婚活を始めればいいのかという問題は、婚活が上手くいくための要素の一つに過ぎません。

利用するサービスなど、婚活を成功に導くポイントは他にもたくさん考えられます。

そして何より、婚活において最も必要だと考えられるのは、困難にもめげない精神力や適切な選択ができる判断力などを引き出す「やる気」ではないでしょうか。

そう考えると、婚活を開始する最も適した時期は「婚活を思い立った時」とも言えるでしょう。

「もう少し蓄えができてからの方がいいかも」「仕事が落ち着いてから腰を据えて婚渇するつもりだ」などと石橋を叩いて渡りたい気持ちも分からなくはないですが、実践を通して得られる知識や経験ほど身に付きやすいものはありません。

婚活を始めたところですぐに結婚できるわけではもちろんありませんし、最低でも1年はお付き合いをする期間が欲しいと考えている人も多く、複数の異性との同時進行も意識しながら実際に婚活をしてみることで分かることもあるはずなので、思い立ったら吉日でぜひ行動に移してみることをオススメします。

編集部おすすめマッチングアプリ・出会い系ランキング【2019年最新版】

ペアーズの悪評から良い評判まで実態調査!いま人気のFacebookアプリの真実とは!?

口コミや実態調査から分かるYoubride(ユーブライド)活用方法

The following two tabs change content below.
編集部 翔太

編集部 翔太

29歳、独身。趣味は銀座コリドー街で飲み歩き。 最近は婚活のためマッチングアプリを14個登録。 好きなタイプは黒髪美人!

ライター紹介はこちら