婚活で起こりうるトラブルとその対処法とは?婚活する際の注意点を解説

                                       
                                   

結婚したいと考えている人の3人に1人は婚活の経験があるといわれるほどの現在の婚活ブームにおいて、結婚相談所や婚活サイトなどのサービスも年々増加の傾向にあり、日本ではもはや一般化しつつある結婚相手探しの活動ですが、相手がなかなか見つからないなどの悩みを抱える人も多くいる一方で、婚活をめぐるトラブルも少なくないようです。

この記事では婚活に関してどのようなトラブルが考えられるのか、それに対してどのような心構えを持っていれば良いのかを解説したいと思います。

プロフィール詐称

婚活に向けてプロフィールを作成する様子

相手のプロフィールに嘘があり、それが元でトラブルに発展するケースはネット上の相談などでもよく見かけます。

遊び相手を探しているのならともかく、将来的に結婚を視野に入れた相手を探すにあたり、年齢や職業、年収といった項目で嘘が発覚し、丸く収まるはずがありませんよね。

自分のことを少しでも良く見られたいという心理は分からなくもないですが、深い仲に発展すれば必ずバレるような嘘で身を固めている人は、実際に少なくありません。

婚活に関して致命的なプロフィール詐称によるトラブルを防ぐためには、結婚相談所のように身分証明書に限らず年収や職業などに対しても確認書類の提出を義務付けているサービスを利用するといいでしょう。

他のマッチングサービスに比べてかなり費用は掛かりますが、余計な心配をせずに安心して結婚相手を探すことができます。

そこまでお金をかけることはできないというのであれば、リスク覚悟で婚活に臨む以外ありません。

そもそもネットに限らずリアルな出会いであっても、実際の相手の素性なんて正確に分かるわけがなく、結婚してしばらく経ってからパートナーに多額の借金があることが分かったり、親子関係が実はとても複雑なことが分かったりすることは多いです。

この点に関してはある意味運の要素も強いと言わざるを得ないので、あまり深く考えずに婚活と向き合うことも大事になってくるでしょう。

個人情報の流出

個人情報を保護するイメージ写真

婚活サイトやお見合いパーティーなどでは、免許証のような身分証明書の提出を求められる場面があることが多いですが、サービス内で知り合った異性が「こんな人がいました」という感じでネット上に個人情報をさらす可能性はゼロではありません。

実際にウェブ上で写真付きのプロフィールを公開されてトラブルになっているケースも見受けられ、モラルの低い人による嫌がらせでダメージを受けた経験のある人もいるようです。

また、必要もないのに相手に電話番号や住所を教えてしまい、後々ストーカー被害に遭うなどのトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

この問題もプロフィール詐称と同様に運任せな側面も大きいのですが、サービスによってはプロフィール内の全ての項目を正直に書く必要がない場合もあるので、例えば名前はニックネームで一貫したり、連絡は電話ではなくLINEやカカオトーク、スカイプなどを利用する等、極力個人を特定するような情報を口外しないように意識することが大切です。

結婚する意思のないサービス利用者

悲嘆に暮れる女性

婚活と謳っている以上、サイトやパーティーであれ相談所であれ、そのサービスの利用者は当然結婚する意思があるはずたという前提でみんな相手を探すわけですが、参加者の中には結婚する意思のない人が紛れ込んでいる可能性もあります。

単なる暇つぶしや彼氏彼女が欲しいだけの人、体目的の人、運営側が用意した客寄せのサクラ、ひどいケースだと結婚詐欺師まで、様々な目的を持った厄介者が存在し得ます。

参加の敷居が低い出会い系サイトのようなサービスでは、悪徳出会い系業者がお金をだまし取ろうと暗躍している実態が以前から問題視されていますが、そこまでいかなくてもやはり男女が集う場所であることには変わりなく、真面目に婚活しようとしている人にとって迷惑な存在を完全に排除しきれていないのが現状です。

同じ目的に向かって頑張っている相手ができるだけ多く集まるサービスを利用したいと考えるのであれば、プロフィール詐称の問題と同様に結婚相談所を使うのが最も安心できると言えるでしょう。

とくに「仲介型」と呼ばれるタイプの結婚相談所は、アドバイザーが手作業によるアナログな感覚で相手探しの相談に乗ってくれるので、相性が良さそうな相手を探そうと尽力するのはもちろんのこと、本当に結婚相手を探している人物なのかどうかまでアドバイザーの経験や相手の婚活実績を元に割り出してくれるので、責任をほぼ全て運営に預けられ余計な不安を持たずに紺活に集中できる環境を作ることができます。

女性の利用料がタダになるような出会い系サイトと違い、男女とも同額で高い費用を払って参加している結婚相談所だからこそ、安心して利用できるサービスが提供できるというわけです。

運営の信頼度

信頼できる婚活サービスのイメージ

ここまでは婚活相手に関するトラブルを見てきましたが、利用するサービスがどのくらい信用できるのかをチェックすることもトラブルを回避するための大きな要素となります。

そもそも婚活自体について考えると、結婚願望があるだけで頑張れば成婚にこぎつけるとはもちろん限らないわけで、やはりリアルでもネットでも何かしらのサービスを利用して活動せざるを得ない側面があるので、どのサービスを利用すれば良いのかという問題は費用の面から考えても非常に大事なことになります。

リアルな出会いの場を提供する婚活パーティーに関しては、女性の参加者をより多く集めるために運営側がサクラを用意するケースも実際にあったり、婚活サイトや結婚相談所の中にも上手な誘い文句で利用費だけ騙し取ろうとする悪徳業者が存在したり、他にも実に様々なトラブルの要因となりそうなことが運営側の問題として多くあるのが実情です。

これら運営によるトラブルを防ぐための最も適切な対処法は、知名度の高い大手のサービスを利用することに限るでしょう。

大手になればなるほど失態により知名度が下がることを恐れるので、より質の高いサービスを提供しようとする姿勢はさすがに信頼に足るレベルと言えます。

当然その対価として費用も安くはないところが多いわけですが、信用をお金で買うと考えれば、最終的にどれだけお金がかけられるかということがどれだけトラブルを抑えられるかにかかってくるといっても過言ではないという側面があります。

特に婚活初心者の方にとっては、何千もの婚活サービスの中から良質なものを選ぶことは至難の技になる可能性が高いので、深く考えずに大手を利用することがトラブルをできるだけ防ぎながら手っ取り早く婚活に取り組める近道となるでしょう。

まとめ

無事結婚に至ったカップル

今回の記事ではあくまでも婚活に関するトラブルだけをまとめており、一般的な男女間に起こりうるトラブルについては取り上げていません。

婚活という状況に限らず、異性が接し始めれば何らかの問題が発生しうるのは当然のこと、これに関しては数え切れないほどの数と種類のトラブルが考えられるのでここでは割愛させていただきました。

婚活という概念自体が世界を見渡しても日本特有のものであるようで、それだけ日本人が結婚に関して強い意識を持っているということの表れであり、真剣であるが故にそこに関わる人の感情がぶつかってトラブルになったり、婚活ブームに便乗しお金儲けを目論んだ輩が絡んだトラブルが発生したり、とにかく婚活に関しては特殊な問題が多いのも事実です。

今回挙げた様々なトラブルを婚活に関するリスクとしてしっかりと認識した上で、対処法を確実に実践しながら質の高い婚活ライフを送っていただければ幸いです。

編集部おすすめマッチングアプリ・出会い系ランキング【2019年最新版】

ペアーズの悪評から良い評判まで実態調査!いま人気のFacebookアプリの真実とは!?

マッチングアプリwith(ウィズ)の最新情報まとめ!

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら