今や恋愛の大定番!マッチングアプリを使って彼女を作るには?

                                       
                                   

出会いの方法としては、一昔前はお見合いが主流でした。その後は合コンなどで気が合う人を探して恋愛関係を築いていく……というような流れへと移り変わっています。もちろん現在でもお見合いや合コンで相手を探すこともありますが、近年新たな出会いの手段として注目されているのが「マッチングアプリ」です。

 

アプリショップを覗けば多数のマッチングアプリがリリースされており、どれにしようか悩んで結局決めきれないということもあるのではないでしょうか。マッチングアプリは各社で基本的な使い方は統一されていますが、少しずつ毛色が違っているので、自分にあうものを選ぶようにしましょう。

 

ということで今回は、マッチングアプリを使って彼女を作るためのポイントや方法について紹介していきます。


 

マッチングアプリとは?

マッチングアプリというのは自分のプロフィールを登録し、他の人と趣味などの共通点をもとに理想の相手をマッチングしてくれるアプリのことです。毎日忙しく働いている現代人は、なかなか出会いの場に赴くことができないものですが、そんな時にマッチングアプリが役立ちます。

 

マッチングアプリはいつどこにいても価値観の合う相手とマッチングすることができるので、結婚相手や彼女を探しているという人にとっては効率的な出会いの方法と言えます。マッチングした相手とは、自分と会いそうな子が見つかるまで何人ともメッセージのやり取りをすることができるので、理想の相手を見つける近道となるでしょう。

 

出会い系との違い

マッチングアプリと聞いて、「出会い系と一緒なんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。大枠で考えれば、確かにシステムなどは出会い系サイトと大差ありません。出会い系アプリの一種とも言えるでしょう。ただ、出会い系アプリと一線を画す部分があるのも事実です。

 

出会い系アプリというとどんな相手とも知り合うことができるため、実際に出会って危険な目にあったり、メッセージの段階で不快な思いをすることも多いのが難点です。しかし、マッチングアプリの場合はセキュリティがしっかりとしているので、怪しい相手やサクラ、業者などに出会う可能性が低く、比較的安心して利用することができます。

 

例えば登録の際には男性も女性も公的な身分証明書の提示が必要ですし、男性側は月額制なので、真面目な相手と出会うことができます。

 

マッチングアプリと言っても様々な種類がありますが、どんなものを選んだいいのでしょうか。

 

おすすめのマッチングアプリ5選

タップル

タップルは国内No.1の人気を誇る大手アプリです。スワイプ式を採用しており、気になった相手は左スワイプ、イマイチの相手は右スワイプで区分けすることができるので、連絡をしたい相手を後からすぐに見つけることができます。

 

毎日4500人も登録しており、累計マッチング数も2500万組と驚異の実績を誇っています。人気の女性誌にもたびたび登場しており、マッチングアプリとしての認知度も高いのが魅力です。

 

運営しているのは「AbemaTV」などを手がけるサイバーエージェントで、24時間365日常に監視を行っているので、セキュリティ面での不安もなく使用できます。また、利用しているSNSにアプリを利用していることやメッサージが投稿されることもないので、人に知られずに恋活をしたいという人にもぴったりです。

 

ペアーズ

ペアーズは国内最大級のマッチングアプリで、実に800万人以上もの人が利用しています。実績もしっかりあり、現在までに4700万組以上のカップルが誕生しているので、一度利用してみるといいでしょう。

 

マッチングアプリというと結婚を前提にした本気度合いの高いものが多いのですが、ペアーズは「いい人見つかったらいいな~」というような軽い気持ちで利用することができるフランクな雰囲気が魅力です。

 

コミュニティ機能があり、自分の趣味にあうコミュニティに入ることができます。そこでは自分と価値観や共通点の合う相手をさらに効率的に探すことができるので、ぜひ利用してみてください。

また、年齢や身長、職業や居住地などの詳細情報でマッチングする相手を探すこともできます。

 

with

withは人気メンタリスト「DaiGo」が監修していることで話題のマッチングアプリです。2016年のリリース以降瞬く間に支持を集め、口コミでも高い評価を得ています。

 

マッチングの診断基準が豊富なのが魅力で、性格診断や遺伝子診断、ファッション診断など様々な方法があるので、利用者を飽きさせない工夫が施されています。また、DaiGo監修ということもあり、心理学や統計学をもとにしたイベント、またドラマ・映画とコラボしたイベントなども実施されています。

 

エンターメント要素もあるのでなかなかマッチングしないというときにも楽しめるのが魅力です。見た目を重視するのではなく、フィーリングなどの相手との相性を重視するという人にとっては、使いやすいアプリと言えるでしょう。

 

 

Omiai

Omiaiアプリは婚活目的で利用したいという人にぴったりのアプリです。日本で最初にリリースされたマッチングアプリということで注目されていますが、現在でもたくさんの人が利用しています。

 

毎日20,000人ものカップルが生まれているとされており、リリース以降会員数も330万人超えとうなぎのぼりです。

 

このアプリも他のアプリ同様にセキュリティがしっかりしていますが、他のアプリと比較してもさらに厳しい基準が設けられています。登録時に公的身分証明書が必要なのはもちろん、連動させるFacebookのステータスが「既婚」「交際中」となっている場合は審査ではねられてしまいます

 

女性ファッション誌はもちろん、経済誌や新聞にも掲載されるなど、幅広いジャンルで注目されています。

 

Tinder

これまで紹介してきたアプリはどれも国内限定のものではありますが、世界中で数多く使用されている「Tinder」というアプリもおすすめです。日本国内だけでなく全世界でリリースされており、人気を誇っているので、海外の人と知り合いたいという人にもおすすめできます。利用者の数も国内のアプリとは大きく異なり、3000万人以上が登録していると言われています。

 

このアプリのポイントとしては、一部ではありますが男性もメッセージを無料で送ることができる点です。多くのアプリは男性側がメッセージを送る際には月額料金を払わなければならないのですが、このアプリであればそのような制限も少ないので、気軽に使用することができます。

 

マッチングアプリで彼女を作るためのポイント

プロフィールに力を入れる

マッチングアプリで最も重視されるのがプロフィールです。相手を見つけるためにはまずプロフィールをチェックしますが、一覧では基本的にメインの社員と年齢、職業、居住地くらいしか掲載されません。注目してもらうためには、見ための印象を左右する写真を工夫することが大切です。

 

かっちりと決めすぎたお見合い写真のようなものだととっつきにくい印象を与えてしまうので、自然な笑顔の写真をセレクトしましょう

 

また、プロフィール文もしっかりと意識して書くことが大切です。趣味や女性のタイプをしっかり記載しておくことで、条件と違う女性が引っ掛かるのを防ぐことができます。最後に「読んでくれてありがとうございます」というような一文を載せると、「礼儀正しい人」と好感を持たれやすいので、試してみてください。どうしてもどんな風に書いたらいいのかわからないという場合には、人気ユーザーのプロフィールを参考にしてみるといいでしょう

 

当たり前のことではありますが、自己紹介の部分で嘘を書くのはご法度です。最初はバレなくても、やり取りを重ねたり実際に会った時にバレてしまうことはあるので、正直な内容にしましょう。

 

複数のアプリを利用する

マッチングをアプリを使う際には、ひとつではなく複数のアプリを並行して使うと、出会いの確率をぐーんと高めることができます。一つのアプリだけをやっている場合と2つのアプリを使用している場合では確率は2倍に上がるので、効率的な出会いを求めるならば複数のアプリに登録しておくことが大切です。

 

女性側は基本的に1つのアプリのみを使っている場合が多いので、「あの人別のアプリにもいた」ということはさほどバレません。そもそもマッチングアプリはたくさんの人が登録しているので、同じ人に出会う確率というのはそこまで高くないものです。

 

アプリによって、登録している人の毛色や雰囲気も少しずつ異なるので、多数のアプリに登録していれば様々なタイプの人と出会うことができます。


 

マッチングアプリを使う際の注意点

プロフィール詐称の可能性がある

マッチングアプリは審査や監視がしっかりとしているものが多いので、そこまで大きなトラブルに発展する可能性は少ないでしょう。ただ、中にはそのような運営側の監視の目をかいくぐって登録している人もいます。

 

「恋人募集中」で登録しているにもかかわらず、既婚者だったり恋人持ちだったりする場合もまれにあるので、最初から全て信用しきるのは危険です。接していくうちに次第に分かってくることもあるので、ある程度仲良くなるまでは合わないようにすることが大切です。

 

また、現在は写真加工アプリなどが多数リリースされていますが、プロフィール写真を別人のように加工して載せている場合もあります。そのような場合、実際に会った時にギャップと驚きに戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

18歳以上でないと利用できない

マッチングアプリは価値観の合う相手と出会うための便利なツールではありますが、誰もが利用できるというわけではありません。基本的に利用が認められているのは18歳以上の人なので、その歳に満たない場合は諦めましょう

 

年齢を偽って登録しようにも、身分証を提出しなければならないので、そこで申告の年齢と違いがあれば利用を許可してもらうことはできません。これは「出会い系サイト規制法」という法律に基づくものなので仕方ないことです。

 

近年は未成年を狙った性犯罪なども増えているので、むしろこれくらい審査を厳正に行ってくれているのであれば、安心できるというものです。学生などであれば学校での出会いもあるのでそちらで恋愛を楽しみ、20代になって結婚を意識し始めたらマッチングアプリを使うようにしましょう。

 

マッチングアプリで出会う流れ

気になる相手を見つける

マッチングアプリに登録したら、まずは連絡を取る相手を探すのが最初のステップです。検索や条件入力などで自分の価値観に会う相手をすぐに見つけることができるので、まずは軽い気持ちで検索をかけてみましょう。

 

気になる子がいたら、一人だけではなく複数人ピックアップしておく、いいねを送ってみるといいでしょう。真面目に選びすぎると結局誰一人見つからないということもあるので、まずは「あ、良さそうだな」というくらいの軽い気持ちで選ぶくらいでいいのです。

 

メッセージの交換をして、お互いのことを知る

気になることが見つかったら、いいねをしてみましょう。いいねをすると相手に通知が行くので、相手がこちらのことを気に入ってくれればメッセージを返してくれるはずです。その後もメッセージを重ねて仲を深めていけば、次のステップに進むことができます。

 

この時、相手を最初から一人に絞る必要はありません。気になることがいたらまずは複数の子にメッセージを送ってみて、気が合いそうな子に次第に絞っていけばいいのです。そうすれば自ずとフィーリングの合う子が見つかります。

 

仲良くなったら、実際に会ってみる

ある程度メッセージを重ねてお互いの自己紹介をしたら、次第に相手の人となりもわかってくるでしょう。そうなったら、次はいよいよ会ってみるステップに進みましょう。メッセージを数回重ねた程度で「会おう」と誘うと、女性側は警戒してしまうので、少なくとも1か月くらいはメッセージを続けることが大切です。

 

ある程度仲良くなった個人的な連絡を交換することで、より連絡を取りやすくなります。LINEなどを交換することができたら、電話などで会話をしてみるのもいいでしょう。

 

関係を発展させ、ゴールインを目指す

実際に会えるまでの関係になったら、もうあと一息です。マッチングアプリの役目はそこまでですから、そこからは二人で何度かデートを重ねて、お互いの関係を深めていけばOKです。

 

焦らずゆっくりと信頼関係を築いていき、相手に告白してみましょう。晴れて恋人関係になれたらそこからさらに仲を深め、最終的にゴールインできたら大成功です。


 

まとめ

今回は、マッチングアプリを使って彼女を作るための方法やポイントについて紹介してきました。マッチングアプリは現在ではたくさんのものがリリースされているので、どれを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。そんな時は、今回紹介したおすすめのアプリを中心に自分に合うものを選んでみてください。

 

マッチングアプリにはリスクも少なからずあるので、その点だけ注意しながら、理想の出会いを見つけましょう!

 



The following two tabs change content below.
編集部 庵

編集部 庵

好奇心旺盛girl。色んなマッチングアプリを体験中。 最近韓国にハマりすぎて1時間でハングルを制覇。彼氏と韓国デートに行くことが今の目標。(彼氏いないけど)

ライター紹介はこちら