恋愛コンシェルジュ「ラブタLOVER」で誰にも言えない悩みを相談しませんか?

                                       
                                   

「恋活・婚活が上手くいかない」「恋人が浮気しているかも」「モテない」など
そんなお悩みを抱えていませんか?
そんなお悩みにWEB媒体にて恋愛コラムを執筆するコラムニスト、恋愛経験が豊富な恋愛コンシェルジュがコラムでお答えしていきます。

◆恋愛コンシェルジュのプロフィール◆

ラブタアイコン

名前:ラブ子
年齢:永遠のハタチ(現在アラサー)
恋人の有無:あり(現在1ヵ月目)

恋愛WEBライターとして3年活動し、自身の個人サイトも運営中。
その過程でマッチンアプリを使うようになり、異性と会う楽しさに気付きメッセージのやりとり、デートを重ね何人かは恋人関係にもなった。
公務員・教育者・外国人・ホストと様々な異性と接し恋愛を自身で体験し恋愛プロフェッサーに。
恋愛や心理学などの書籍も100冊ほど読破し、経験も知識も豊富なウーマンへと登り詰める。

恋活・婚活の相談は朝飯前。

「女性はみんな可愛いんだ!」が口癖。

◆恋活・婚活こんなお悩みの方へ◆


相談するといってもどんなことを言えばいいのか分らないという人に参考をお伝えしていきます。


・片想いの相手と付き合えない
・フェードアウトされかけている、もしくはされた
・告白して振られたけど諦められない
・付き合ったのに相手がアプリを退会しない
・都合のいい関係(カラダだけの関係)にされてしまった
・婚活アプリで出会ったのに結婚の話に進まない
・復縁したい

ちょっとしたことから誰にも言えない重大なこと、恋活・婚活のことなら何でも気軽にお聞きください。

恋愛のスペシャリストがお答えしていきます。
では実際にどのような相談がきたのか具体例を紹介します。
ご相談者様から許可を頂いたものを掲載しました。

【お悩み相談➀】マッチングアプリで出会った人がホストだった

マッチングアプリで出会った人が実はホストで、デート後にお店を誘われました。
不信感を覚えたのでその日は断って帰ってしまったのですが客探しだったのかな、と感じました。
後日LINEで「客になるつもりはない」とお断りの連絡をしたところ、「お客さんとしてじゃなく単純に仲良くなりたい」「お店には誘わないからもう1度会いたい」と言われて正直心が揺らいでいます。
どうしたらいいでしょうか?
お金はないのでホス狂いになることはないと思いますが、彼氏いない歴が長かったので求められると嬉しくなってしまいます。

【回答】

男性に求められるのって嬉しいよねー!
筆者も5年ほど恋人がいなくてマッチングアプリを使ってみたら、ドストライクの男性とマッチしたのでウハウハでデートに行ったらホストでショック受けたのを覚えています!

これはもうマッチングあるあるかもしれないですね…。

筆者も何人ものホストとやりとりをしましたが、ホストは恋人を作るためにマッチングアプリをしているのでなく、新規の客探しのために利用していると感じちゃいました。

実際筆者もホストとデートしたとき、事前にデートの日にちを決めたにも関わらずデートの後に仕事をわざと入れてきて「このあとホストの仕事なんだよね」と言ってくるあたり、客としか見ていないんだな、思いました。

しかもホストはお金のない女の子に、風俗を紹介してくるそうです(涙)
なので、他の人に乗り換えたほうが精神的にも健康でいられると思います。

マッチングアプリには何十万人という男性が登録しているので、焦らずゆっくりと相手を見つけていきましょう!!

【お悩み相談②】上司とイイ感じになりワンナイトしたら既婚者だった

新卒で入った職場の上司とイイ感じになりワンナイトをしてしまいました。
その後、彼から告白されて付き合ったのですが、仲の良い同僚に報告したら既婚者だということが発覚しました。
そのことを問い詰めると「今は別居中で離婚の話を進めている」と言われました。
それから3ヵ月ほど経過してその間にデートをし、離婚するという話を信じてカラダの関係を持ちましたが、
このままずるずると付き合っていても良いのか不安です。

【回答】

そうだったんですね。好きだった相手が実は既婚者だったのはショックでしたね…。

ラブタは不倫は推奨していないので関係を続ける事に反対です!

不倫で相手から訴えられると300万前後の慰謝料を請求される可能性があります。
その彼との恋愛は「300万を払ってでも付き合いたい」と思えるほどの価値はありますか?
もし会社に不倫がバレたときに信用を失ってしまい周りの人が離れていってしまうのは確実でしょう。
陰口も叩かれ、既婚者女性からは冷たい視線を浴びることになるかもしれません。

300万払って職場も居づらくなって、経歴にも傷がついてでも付き合いたいと思うなら止めませんが、どちらか1人を選べずにズルズルと決断をしない人は、仮に離婚してあなたと付き合って結婚したあとも、同じことを繰り返すかもしれません…。

どうかあなたがこれ以上傷つかない事を願います!

※ご相談者様から許可を頂いて掲載しています。

このような恋愛相談なども受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください!

無料で恋愛相談実施中!

LINE友達に追加して相談する

悩む女子!【リアルな悩み年代別】

それでは年代別に女性のリアルな悩みを見ていきましょう。
恋愛は何位なのでしょうか。

20代~30代は3位にランクインし、40代でも5位と常に悩みの種になっているのが減少です。
いつも笑顔で悩みが無さそうな人でも実は恋愛で悩んでいることがわかりました。

20代になると恋愛や結婚についての悩みは尽きないです。
恋愛で悩むのは恥ずかしいことでもないし、当たり前のことなんです。

恋に悩む女子!令和の女性の平均初婚年齢は30歳!

恋愛は10代の頃から悩みの種で、常に悩みのランキング上位にランクインしています。

特に日本では”幸せ=結婚”だったり”一人前=結婚・出産”だったり結婚することが当たり前という風習があり、独身のままでいると世間の目が冷ややかになるのが現状です。

都心では恋愛や結婚の在り方が多様化し、独身貴族・別居婚・事実婚なども当たり前になってきていますが、地方ではこの考えが浸透しておらず、20代で結婚することが常識で独身でいることが異質になってしまい、腫れ物扱いされてしまうのです。

厚生労働省によると、昭和50年の平均初婚年齢は24.7歳でしたが平成21年の平均初婚年齢は28.6歳、そして令和元年の初婚年齢は30.7歳と結婚しないという選択を取る人も増えてきています。

それでも結婚したいと思う人が大半で、20代になると結婚という文字が頭にチラつく人が多いでしょう。

結婚したいのに恋人ができない・結婚相手と上手くいかないなど様々な悩みが生まれてきます。

恋愛で悩むのは恥ずかしいことでもないし、当たり前のことなのでお気軽にお問い合わせください!

♡ラブタが選ばれる理由♡

それではなぜラブタが選ばれるのかお答えしていきます。
ラブタで恋愛相談をすると何か解決の糸口が見えてくるかもしれません。
気になった方は気軽にご相談ください。

♡実績豊富♡

ラブタLINEのコンシェルジュは多くの悩みや相談に乗り、アドバイスをして解決してきました。
恋愛の書籍なども100冊ほど読破し、知識も経験もあるためあなたに寄り添ったアドバイスができるでしょう。

♡利用マッチングアプリ数は20!多くの異性とやりとりを経験♡

20こ以上のマッチンアプリを利用し、多くの異性とやりとりをしてきました。

アダルト掲示板のある出会い系サイトから、純粋に恋活を求めているアプリ、そして真剣に結婚相手を求めているアプリと幅広く利用していきました。
また街コンも経験し、多くの異性を観てきました。
そのため、ひとりひとりに合うアドバイスができるでしょう。

~ラブタLINE恋愛相談の流れ~

それでは恋愛相談の流れをご紹介していきます。

LINEを追加して名前(ニックネームOK)・年齢・職業・相談内容を送ってください。
文字数に制限はないので些細なことでも大丈夫です。
経験上から考える相手の心理、現在の状況、今の状態を少しでも改善できるようお答えします。
ご不明な点やご質問があれば、トークルームから1回で送れる文字数内でお送り下さい。
改めて回答をお送りします。

こちら2回のやりとりでご相談は完了となります。

LINE相談の注意点

※不倫のお手伝いはできません。(諦めるためのアドバイスはできます)

※相手の思考を100%コントロールする事はできません。
あくまで、上手くいかせるためのアドバイスになりますのでご了承ください。

無料で恋愛相談を実施中!

些細なことでも構いません。
気軽に相談してください。


LINE友達に追加して相談する

ラブタの恋愛コンテンツ