paddy67を使う理由はパパ活以外にも?年代別の利用目的を紹介

                                       
                                   

今回はpaddy67(以下パディ67)に登録・利用している人たちの声を年代別に集めてみました!
パディ67にはハイクラスでリッチな男性が集結!相場よりもかなり高い月額料金が求められるので、収入に見合った人だけが登録を維持し続けることができるのです。
そう考えるとパパ活目的の人ばかりが目立つように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか。

男性側パディ67に登録した理由・そして女性が利用する目的についてをご紹介していきます。

1分で簡単!paddy67に無料で登録する!

paddy67・10代(18・19歳)20代が利用する理由

 paddy67-age
10代と20代は、明らかに女性側の登録者が圧倒的多数。
男女の割合はなんと1:9!?
逆にこの年代(特に10代)で男性がいる場合は年齢詐称を疑っても良いレベルかも……!?

もちろん、ごく稀に若くして成功している男性もいます。
ただし、若い男性ほどヤリモクのリスクも高まってくる可能性大。
気になるのであれば、メッセージのやり取りをしながら人間性を慎重に判断しましょう。

この年代の女性で多い利用目的は、やはりパパ活!
恋愛をするつもりはなく、太パパがいないかを探している方ばかりです。

パディがパパ活のサイトって知らなかったからソッコー消した
19歳♂・学生

むしろパパ活以外で使っている人っているの?www
23歳♀・フリーター

paddy67・30代が利用する理由

 paddy67-age
30代になるとようやく男性側の登録者も増加してきます。
割合としては男女6:4くらいです。

とはいえ30代でも充分に若い部類です。
男性であれば、成功している実業家や大手で出世している将来有望な人が多いようです。

30代の女性はかなり減少していきます。
ですが、ルックスに自信があったり長年パパ活を続けている女性などは存在しているようです。
30代は10~20代にはない落ち着いた・大人の魅力が出始める年代。
若さよりも熟練された魅力を好むニッチなパパの需要に応えられる存在です。

ただし30代は比較的年齢差が出づらいことが多い年代でもあります。
ヤリモクが混じっているだけではなく、一歩間違えると本気の恋愛に発展しやすくなる可能性も。

若くて可愛い子と会えるからパパ活してみたけど、できるならヤリたい。
36歳♂・広告代理店

paddy67・40代が利用する理由

 paddy67-age
40代からはどんどんと男性の割合が増えてきており、女性は数える程しかいません。
男女の割合は9:1ほどです。

40代からは経営者クラスの男性が増加。
この年代は自分に自信のある人が多い傾向があります。
経済力が高まる分、大人で頼りがいのある人が増えていきます。

ただし40代以上になると既婚率も上昇。
パパ活やヤリモクの割合も高くなるので、トラブルに巻き込まれないよう慎重に確認する必要がありそうです。

20近く年下の子相手だと「やっぱり子供だなあ」と思ったりするけど、たまに若いなりにいろいろ考えてしっかり行動してる子に出会うと素直に感心しますね。
45歳♂・IT関連

paddy67・50代が利用する理由

paddy67-age
50代までくると、さすがにほぼ男性ばかりです。
40代と同様に、経済力と実力が増えていく傾向にあります。
50代を超えてくると、誰かを純粋な気持ちで「助けたい」と思う神のような人物もちらほらと……
パパ活目的であれば、50代以上に絞って探していけばマッチングする可能性は高くなりそうです。

ただし、50代を超えてもヤリモクはゼロではない模様……
下心が混じっていないか、やり取りを通して判断していく必要があります。

邪な感情を持たずに支援していますが、家内に知られてしまってはあまり良い顔をされないと思います。
58歳♂・会社経営

paddy67はパパ活とヤリモクが多め!

 paddy67-age

パディ67の利用者は、やはりパパ活目的の人たちが大半。
その中に一定数ヤリモクが混じっている印象ですね。

ただし、パディ67はほぼパパ活に特化したサイトだけに、経済力のある男性はかなり集まっています。

相手の判断に迷った時は、年代別の傾向を参考にしてみてくださいね!

・公式サイト

1分で簡単!paddy67に無料で登録する!

・関連記事

The following two tabs change content below.
編集部 舘

編集部 舘

しっかり者女子。なんと占いが出来るんです。 休日は専らヒトカラ三昧。ポップスやロックから歌謡曲・アニソンまで、レパートリーは広く浅く。

ライター紹介はこちら