パパ活の相場価格は?コスパよくパパ活女子と遊ぶ方法を徹底解説!

                                       
                                   

「パパ活には興味があるけど、いくらぐらいかかるのだろう?」

「コスパ良くパパ活をするにはどうすればいいのだろう?」

パパ活をするにあたっては、女性に渡すお手当の相場価格が気になりますよね。そこで、本記事ではパパ活の相場価格をまとめ、コスパ良くパパ活をする方法をお伝えしていきます。

目次

パパ活の平均相場価格は?他の出会いの方法とよりコスパは良い?

papakatu market price

パパ活とは、女の子に食事やデートをしてもらい、その対価としてお手当・お小遣いを支払うことです。素人女性と手軽に知り合えることから、年齢を問わず多くの男性に人気の出会いの方法のひとつとなっています。

ただ、パパ活をするにあたって気になるのが、お手当・お小遣いの価格。業者を介した出会いの手段ではないため、お手当・お小遣いの額は一律で決まっているわけではありません。そのため、新しい女の子をとパパ活をするにあたっては、その都度、金額の交渉をする必要があります。

何の知識もなくパパ活をしてしまうと、相場価格を大きく超えたお手当・お小遣いを払ってしまうこともあります。全員が全員ではありませんが、パパとなる男性を金づるとしか思っていない女性がいるのもまた事実。

なので、無駄金を払わないようにするためにも、パパ活の平均的な相場価格を事前に知っておくことは重要です。以下に、一般的なパパ活の相場価格を表にまとめたので、パパ活におけるお手当・お小遣いの額に興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

  • 初回顔合わせ:5,000円~10,000円
  • 都度食事:10,000円~30,000円
  • 都度デート:20,000円~50,000円
  • 月極:50,000円~150,000円

一般的なパパ活の平均相場価格としては、だいたいこのようになっているようです。決して安くはないという印象を受けますね。パパ活で遊ぶならば、少なくともこの相場価格ぐらいの資金的余裕はあったほうが安心でしょう。

また、当然のことですが、女の子の拘束時間が長くなれば長くなるほど、お手当・お小遣いの金額は高くなることが普通です。一泊するデートや旅行にいく場合などは、50,000円~100,000円以上を求められることもあるとのこと。

気をつけなくてはいけないことは、ここで紹介した金額はあくまでお手当・お小遣いの額のみということです。パパ活をするにあたっては、この金額以外にも以下のような出費が必要となることがほとんどです。

  • レストランでの食事代金
  • デート時への女の子へプレゼント代金
  • 女の子の帰りのタクシー代金

どこまで見栄を張るかにもよりますが、こういった追加の出費を加算すると、上記のお手当・お小遣いの額にプラスして10,000円~50,000円以上を支払わなければならないこともあるでしょう。パパ活の予算を考えるにあたっては、この点もしっかりと考えておく必要があります。

パパ活とキャバクラ・レンタル彼女とのコスパを比較

パパ活と似たようなサービスとして、キャバクラやレンタル彼女というものがあります。どちらも、お金を対価に、女の子とおしゃべりや食事、デートなどを楽しむものですね。パパ活との違いは、バックに運営を管理する業者がいるかどうかという点です。

パパ活は、基本的には、素人の女の子が個人で行うものです。アプリなどを介して出会っても、お手当・お小遣いの金額は、その女の子と直接交渉しなければいけません。あくまで、男性側と相手の女の子との一対一の関係になるということですね。

一方、キャバクラやレンタル彼女には、女の子を管理する運営会社が存在します。そのため、男性側が支払う料金は予め設定されており、金額の交渉などをする必要はありません。支払うお金も目の前の女の子ではなく、運営している業者に支払うことになります。

そんなパパ活とキャバクラ・レンタル彼女にかかる金額を表にして比較してみました。

  • パパ活:10,000円~30,000円
  • キャバクラ:5,000円~30,000円
  • レンタル彼女:10,000円~40,000円

比較して分かったことですが、パパ活とキャバクラ、レンタル彼女はそこまで価格の相場に差があるわけではありません。だいたい1回遊んで10,000円~30,000円ほどがサービス料としてかかる感じですね。後は遊び方次第で、これに追加のお酒代・レストラン代やプレゼント代が加算されることになります。

他の出会いの方法と比べてコスパが良いわけではない

パパ活は、他の出会いの方法と比べても、決してコスパが良いものではありません。むしろ、高価なプレゼントをしたり、高級レストランで食事をしたりすると、支払う金額はだいぶ高くなってしまいます。なので、「女の子と安く遊ぶためにパパ活をする」というのはあまりおすすめできません。

パパ活というのは、あくまで「余裕のある大人の男性が、お金に困っている女の子を援助してあげる」という構図で成り立っているものです。そのため、ある程度の出費は事前に覚悟しておかなければいけません。「安くかわいい女の子と出会える」的な夢みたいな方法ではないということですね。

キャバクラやレンタル彼女と比べても、決してコスパが良いわけではないパパ活。そのような事実がありながら、今もな大人な男性の間では根強い人気があります。パパ活にあって、キャバクラやレンタル彼女にない魅力にはどのようなものがあるのでしょうか。

パパ活の最大のメリットは素人女性と遊べること

パパ活の最大の特徴。それは、素人の女性と手軽に出会うことができるということです。キャバクラやレンタル彼女に所属しているのは、どちらかというと「プロ」の女性です。男性を喜ばせて手玉に取る術を学んだような女性が多くなっています。

もちろん、そういったプロの女性と遊ぶのが悪いわけではありません。男性心理を知り尽くした女性と遊ぶのは、それでしか味わえないような楽しさがあるのは事実です。刺激に満ち溢れた充実した時間を過ごすことができるでしょう。

しかし、毎回そのような女性とばかり遊んでいては疲れてしまいますよね。毎日、フルコースの料理をがっつり食べているようなものです。たまには素朴な家庭料理も食べたいと思うのが人間です。スレていない素人の女性とほっこりと過ごしたいという気持ちが強い男性もいることでしょう。

そんな男の欲求をいい感じで満たしてくれるのが、パパ活に他なりません。素人女性との手軽な出会いの場を提供してくれるわけです。こういった女性は、キャバクラやレンタル彼女では出会えません。この「素人女性と出会える」ということが、パパ活の最大の利点となっています。

肩肘張らずに遊ぶことのできる「普通」の女性との出会いを求めて、多くの男性はパパ活にいそしんでいるわけですね。超絶美人な有名AV女優の単体作品ではなく、無名の女性の素人モノのAV作品を楽しむような感覚と似ているかもしれません。

セックスありの場合のパパ活相場価格は?風俗よりもお得?

papakatu market price

ここまでまとめてきたパパ活の価格は、あくまで食事やデートのみの場合です。セックスをしない場合を想定しています。パパ活女子との契約においてセックスが含まれている場合は、その分だけお手当・お小遣いの額は増えてしまうので気をつけましょう。

セックスありでパパ活をする場合の平均相場価格は次の通りです。セックスなしの場合よりも、3万円~5万円ほど高くなる場合が多いようですね。

  • 都度食事:30,000円~50,000円
  • 都度デート:50,000円~100,000円
  • 月極:100,000円~500,000円

繰り返しになりますが、この金額は、あくまで相手をしてくれる女の子へのお手当・お小遣いのみの金額です。実際には、この金額の他にもレストラン代、プレゼント代、ホテル代、タクシー代などが必要となるので注意しましょう。

合計するとかなりの額となってしまいますね。一回のセックスで少なくとも、50,000円~100,000円ほどはかかってしまうと考えておいたほうが良いかもしれません。パパ活は、決して素人女性と安くセックスできる手段ではないということですね。

プレイ内容のハードさによって価格が変わる

セックスありのパパ活の場合、どういったプレイをするかによっても金額は変わってきます。この辺りは援助交際と変わりありません。女の子の負担となるようなハードなプレイを要求する場合は、その分だけ高いお手当・お小遣いを用意しなければいけないのが普通です。

ネットで調べたところ、セックスのプレイ内容による価格の相場は、だいたい次のようになっているようです。

  • セックスで二回戦:5,000円
  • コンドームなしで膣外に射精:5,000円
  • コンドームなしで膣内に中出し:10,000円~20,000円
  • 顔射(女性の顔に射精):5,000円~10,000円
  • ハメ撮り:10,000円~20,000円

当然ですが、本来の意味でのパパ活は、セックスを前提としないものです。そのため、ここまで詳細にオプション料金を設定している女性は少ないかもしれません。ただ、一般論として「ハードなプレイを希望するときは、追加料金を求めれられるかも」ということは念頭に置いておくようにしましょう。

パパ活のメインは、あくまで女の子との食事やデートです。セックスはそのおまけにすぎません。もし、自分の望むものが、最初から女性とのセックスである場合には、パパ活をするよりも出会い系サイトなどで援助交際相手を探している女性を探したほうが早いかもしれません。

出会い系サイトにいるような女性ならば、セックスをすることを前提に考えている場合が多いので、話が早くなります。デートやレストランでの食事などもすっ飛ばして、いきなりホテルへ行くなんてこともできるでしょう。

デート料金やレストラン料金などを省ける分だけ、援助交際のほうが出費しなければいけない総額は安くなるかもしれません。相手の女性に求めるものがセックスだけの場合は、パパ活よりも出会い系サイトで女性を探すことをおすすめします。

以下の関連記事で紹介している出会い系サイトでは、援助交際を希望する女性とも、比較的簡単に出会うことができます。興味があれば、パパ活と並行して使ってみましょう。「思わぬタイプな女性と知り合ってセフレになった」なんてことになるかもしれませんよ。

・関連記事

ワクワクメールでセフレを作る方法!これを実践すれば確実に出会える!

ペアーズ(Pairs)でセフレを作るコツ!ヤレる女を簡単に見分ける方法

パパ活と本番あり風俗(デリヘル・ソープ)とのコスパを比較

「お金を払うことによって、女性に性的なサービスを奉仕してもらう」という意味では、セックスありのパパ活は本番ありの風俗と変わりありません。本番ありの風俗の代表的なものはソープランドです。また、デリヘルでも、裏で女の子と交渉することよって本番が可能となる場合も多くあります。

そのような風俗嬢とセックスができる風俗とセックスありのパパ活とでは、どちらのほうがコスパが良いんでしょうか。より安価に女性とセックスをすることができるのはどちらでしょうか。以下に、それぞれについてのざっくりとした価格を比較していきます。

  • パパ活:30,000円~50,000円
  • ソープランド:10,000円~80,000円
  • デリヘル(本番あり):25,000円~50,000円

デリヘルの場合は、通常のデリヘル料金にプラス5,000円~10,000円ほどでセックスをしてくれる女の子が多いみたいですね。風俗店はお店のレベルによって価格が大きく違ってくるので、一概に相場価格がいくらということはできません。

上記の最安価格は、いわゆる激安店・大衆店とよばれるお店の価格です。安価な風俗店の場合は、パパ活女子とセックスをするよりも安く風俗嬢とのセックスが可能となっているようです。

本番あり風俗と比較しても特別に安いわけではないが…

ここまで見てきたように、パパ活女子とセックスありの契約でデートをする場合でも、決して「安く女の子とセックスができる」というわけではありません。デートや食事などを挟まなければいけないことを考慮すると、割高に感じる場合がほとんどでしょう。

その意味で、純粋に女の子とセックスがしたいという場合には、パパ活女子相手にセックスの交渉をするよりも、本番ありの風俗店にいったほうがコスパは良いでしょう。女性に拒否されることもほぼなく、自分の望むプレイをすることができるはずです。

ただし、忘れてはいけないことは、パパ活には独自のメリットがあるという点です。それは、「素人女性ととセックスができる」という点です。キャバクラ・レンタル彼女の場合と同じですが、風俗店にいるのは良くも悪くも「プロ」の女性です。

「街中を歩いているような普通の女性と恋愛の延長線上のセックスをしたい」

このように思う男性は少なくありません。ただ、プロの女性相手に射精ができればいいというわけではないということですね。そして、そんな男の夢を叶えてくれるツールがパパ活となります。

「スレていない全くの素人女性とセックスできるかもしれない」

そんな思いを抱いて、多くの男性は決してコスパがよいとはいえないパパ活に精を出しているわけですね。この「素人女性と出会いがあって、疑似恋愛を楽しめて、あわよくばセックスができる」というのが、パパ活の最大の魅力に他なりません。

パパ活の相場価格を左右する要素にはどのようなものがある?

papakatu market price

ここまでパパ活の平均相場価格についてまとめてきました。忘れてはいけないのは、実際にパパ活女子と遊ぶ場合には、ここでまとめた平均相場価格よりも安くなることも高くなることもあり得るということです。パパ活におけるお手当・お小遣いの価格は、さまざまな要素によって変動するということですね。

ここでは、パパ活の価格に影響を与える要素を3つ紹介します。「どういうケースでパパ活の価格は高くなるのか」ということを理解していれば、自分の予算の範囲内で遊べる女の子を探し出すことも容易になるでしょう。「ちょっとでもお得に損をせずパパ活をしたい!」という方は、ぜひチェックして下さいね。

地域による違い

パパ活が提示してくるお手当・お小遣いの額に影響を与える要素の1つ目。それは、住んでる地域の問題です。地方都市よりは大都市のほうが、パパ活の価格相場は高くなる傾向があります。家賃などと同じですね。

東京とそれ以外の地方では、だいたい価格に10,000円~20,000円ほどの開きがあるようです。また、東京でも港区などの羽振りがよい人が集まる地域では、東京の平均相場価格よりもさらに高額になることが多いみたいですね。

ちなみに、田舎とよべるような地域になると、地方都市よりもさらに安い価格でパパ活ができることもあるようです。しかし、パパ活をやっている女性の絶対数そのものが少ないために、パパ活女子とマッチングするのも一苦労となります。その点は気をつけなければいけません。

年齢による違い

パパ活の相場価格に影響を与える要素の2つ目。それは、遊んでくれるパパ活女子の年齢です。基本的に、女性の年齢が若ければ若いほどに、お手当やお小遣いの額は高くなるようです。パパ活をする男性には50歳以上のおじさんが多くいるため、女性に若さを求めることが特に多いようですね。

20代前半の女性がもっとも相場価格は高くなっており、年齢が上がるにつれてどんどん相場価格は低くなっていきます。30代後半~40代の女性になると、20代女性の半額以下が相場価格となってしまうようですね。残酷な話ですが、パパ活においてはとにかく年齢が大きな要因とみなされているのが分かります。

  • 20代:10,000円~100,000円以上
  • 30代:10,000円~50,000円
  • 40代:5,000円~20,000円

セックスなしのデートの年齢別の平均相場価格はこのようになっています。パパ活市場において「若くてかわいい女性」というのは、とにかく高く評価されています。ルックスがそこまでよくない女性であっても、「若い」という一点において高額のお手当・お小遣いをもらっているなんてこともザラにあります。

スペックによる違い

パパ活のお手当・お小遣いの価格決定に関係する要素の3つ目。それは、女性のスペックです。単純な「かわいい/かわいくない」というのももちろんですが、パパ活女子に何らかの肩書があると、その女性に払うお手当・お小遣いの額は一気に跳ね上がります。

  • タレント
  • 女優
  • 芸能人
  • 現役アイドル
  • モデル
  • グラビアアイドル

こういった分かりやすい肩書をウリにして、パパ活を行っている女性は少なくありません。こういった場合は、パパ活というよりも愛人契約といったほうが近いかもしれませんね。そうなると、お小遣い・お手当の額も青天井となります。

テレビ出演の経験があるなどが知名度が高い場合は、月100万円以上を一人の男性からもらっているなんてこともあるようです。こういったクラスの女性と知り合うのは、一般の男性だとなかなか難しいかもしれません。

しかし、かなり無理をして頑張れば、都度パパとして単発で遊ぶことはできるでしょう。数十万円の出費は必要となってしまうでしょうが。「一生に一度ぐらい」と割り切って、こういったハイスペックの女性と遊んでみるのもいい経験になるかもしれませんね。

こういったハイスペ女性は、普通のパパ活アプリではなかなか出会えません。富裕層をターゲットにしたマッチングサービスや金持ち男性が集まるホームパーティーなどが出会いの場となっているようです。興味がある人は、ぜひコネなどを作り参加してみましょう。

コスパの良いパパ活をするにあたって意識するべき5つのこと

papakatu market price

ここまでまとめてきたように、パパ活で女の子に払うお手当・お小遣いの額は、一概に決まっているわけではありません。同じ2時間のデートだったとしても、Aさんは10,000円で受けてくれるのに対し、Bさんは30,000円を最低価格としてオファーしてくるみたいなこともあり得るということですね。

お金が無尽蔵にある富裕層の場合には、自分のタイプの女の子を選んで好き勝手に遊べばいいでしょう。しかし、大多数のパパ活をする男性はそんな身分ではないはずです。できることなら、少しでもコスパよくパパ活女子と遊びたいと思うのが普通でしょう。

そんな方のために、ここからは高額を払わずにパパ活女子と遊ぶためのコツを5つご紹介します。以下にまとめることをしっかりと意識することで、必要以上に女の子にお金を渡さずともいい思いをすることができるようになるはずです。

「できるだけ安価にかわいい子と遊びたい」

「パパ活女子に無駄なお金は払いたくない」

こういった気持ちが強い方は、ぜひ参考にして下さいね。パパ活にかかる費用を少なくするためには、どれも大切なことです。スマートに遊べる大人な男とみられるためにも、しっかりと意識するようにしましょう。

女性から嫌われない男になる

papakatu market price

大前提として意識するべきことは、「女性から嫌われない男になる」ということです。パパ活女子はお手当・お小遣いの対価としてデートや食事をしてくれています。しかし、だからといって、お金を払ってくれるなら誰とでも喜んで遊んでくれるわけではありません。

当然ながら、パパ活女子も人間なので嫌いな相手と一緒にいるのは苦痛に感じてしまいます。たとえお金を払ってもらっていても、苦手な男性とは同じ空間にいるのは敬遠してしまうでしょう。一方で、逆に好ましく思っている相手とは、お金を介さなくても会いたいと思うわけです。

パパ活をする男性は、このことをきちんと自覚する必要があります。つまり、ちょっとでも安価なお手当・お小遣いで女の子に遊んでもらいたいと思うならば、最低限、その女の子から好感をもられるようにならなければいけないということです。

ポイントをきちんと押さえていれば、たとえ女の子と歳が離れていても、好意的に思ってもらえることは十分に可能です。

「この人といると楽しいから、ちょっとぐらいお手当が少なくても会ってもいいかな」

このように思ってもらえるわけですね。

以下、年下のパパ活女子から嫌われないために、男性が意識するべきことを3つほど紹介します。女の子から嫌われて嬉しい人はいませんよね。どうせデートをしてもらうなら、女性から好かれたいと思うのが普通です。ぜひ以下のポイントをチェックし、男として女の子から好意を持ってもらえるようにしましょう。

H4:ジェントルマンを意識しがっつかない

年下の若いパパ活女子に嫌われないようにするにあたって、まず第一に意識すべきことは、「紳士的な振る舞いをする」ということです。大人の男性としての余裕を見せて、女性からの信頼感を勝ち取ることが何より重要です。

好みの女性が目の前にいると、どうしてもがっつきたくなってしまうものです。

「もっとスキンシップがしたい」

「あわよくばエッチなことをしたい」

健全な男としてこういった邪な考えをしてしまうことは理解できます。しかし、パパ活をするにあたっては、こういったスケベ心の一切を封印するようにしましょう。

会ったばかりの好きでもない男性からの好意は、女性にとっては厄介なものです。ガツガツといきなり迫ってくる男性には、恐怖心を抱いてしまうでしょう。一度、警戒心を女性に持たれてしまうと、それを崩して信頼をしてもらうのは至難の業です。長い時間を要することになってしまいます。

そうならないためにも、特に出会って初期の段階においては、ジェントルマンとして行動することが求められます。女性のことを第一に考え、優しく接するようにしましょう。そういった態度で接することにより、女性は信頼感や頼りがいを男性に抱くようになります。

がっつくのは、ある程度仲良くなってからでも遅くはありません。最初のうちはギラつくことを極力抑えて、人畜無害な感じを演出してみることが大切です。ぜひジェントルマンな自分を演じてみて下さいね。女性からの反応が格段に良くなるはずです。

H4:見た目を徹底的に磨く

好き嫌いの第一印象に大きく関係するのが、見た目です。この事実からは、目を背けることはできません。良いみたい目をしていれば、それだけ女性からの印象がよくなります。なので、見た目を磨くことには徹底的にこだわるようにしましょう。

まずは体型です。でっぷりと脂肪がついたお腹をしていないでしょうか。言うまでもなく、女性に好かれるのは引き締まった身体です。もし自分の体型に自信がない場合は、多少のお金を払ってでも、パーソナルジムなどに通うことをおすすめします。

次に、髪型です。ボサボサと不潔なまま伸びっぱなしになっていないでしょうか。パパ活をする前には、ある程度の技術をもった美容室に行くことをおすすめします。思い切って、「若い女性からの印象がよくなるような髪型にして下さい」と言ってみましょう。

そして、ファッションです。「とりあえずスーツ着とけばいいだろう」と思っていたら要注意です。服装を間違うと、一気におじさん臭くなってしまいます。おすすめは、個人向けの買い物同行をしてくれるスタイリストに頼むことです。自分では絶対に選べないような、女性ウケのいいトータルコーディネートをしてくれます。

先行投資として、ここで挙げたように、自分の見た目には積極的にお金を投資するようにしましょう。ちょっとした違いでも、女性からの反応がガラッと変わるのを体感することができます。びっくりするぐらい女性から印象がよくなり、会話も弾むはずです。

H4:人としての礼儀を徹底する

パパ活女子といえど、彼女たちも人間です。なので、礼儀がない相手に対しては不快感を抱いてしまいます。「お金を払うんだから、適当に扱っていいだろう」みたいな態度で接していては、好感度は上がりようもありません。

  • 丁寧な言葉でメッセージのやり取りをする
  • 時間を厳守してドタキャンや遅刻などをしない
  • 挨拶などをきちんとする
  • テーブルマナーを遵守し綺麗に食事する

パパ活女子のことを「年下の小娘」とバカにしていると、どうしてもこういった基本的な礼儀がおざなりになってしまいます。そんな男性に良い印象を抱く女性などいるわけないですよね。パパ活女子のことも、一人の女性と思って敬意をもって接することが重要です。

ここで挙げたことは、気をつければすぐに誰にでもできることです。ちょっと意識するだけで女性からの好感度が上がるのだから、こんなコスパの良いことはありませんよね。パパ活相手の女の子のことは、一人の人間として礼儀を意識しつつ丁寧に扱うようにしましょう。

「女の子を雑に扱うことがダンディである」と思っている男性がいるようですが、これは全くの勘違いです。パパ活で目指すべきは粗暴なダンディさではなく、人としての素養があるジェントルさです。大人の男として恥ずかしくない振る舞いを心がけましょう。

H4:お客様にならず女性をもてなす

繰り返しになりますが、「安くないお手当をあげてるんだから、俺を楽しませろよ」みたいな受け身な態度は避けるべきものです。パパ活相手の女の子は、キャバクラ嬢やコンパニオンではありません。男性を「お客様」として接客してくれるわけではないということですね。

パパ活というのは、あくまで女性とのデートです。なので、女の子から好意をもってもらうためにも、きちんと男側がリードしてあげる必要があります。逆にホストになって女の子をもてなしてあげるぐらいの気持ちで接するようにしましょう。

  • 喜んでもらえるようなレストランを予約する
  • 気まずくならないように話しやすい話題を振ってあげる
  • 「何時までに帰りたいか」を予め聞いておく

こういったことを率先して行うことで、女の子は男性のことを頼りがいのある人と認識してくれるようになります。そうなると、次第に男性に心を開いてくれるでしょう。「この人といるとリラックスできて楽しい」と思ってもらえるのが理想です。

「パパ」として女の子を引っ張っていってあげる姿勢が必要になるということですね。「払ったお金分はしっかり元を取ろう」なんていうケチケチさは捨て、大人の余裕をもって広い心で接することを心がけるようにしましょう。

需要の低いパパ活女子を狙う

papakatu market price

パパ活をするにあたっての価格は、需要と供給によって決まります。多くの男性から求められるような人気の女の子の場合は、その分だけ価格は上がってしまいます。一方で、あまり人気のない女の子の場合は、自然と価格も下がってしまうということですね。

つまり、パパ活市場において、あまり人気を集めるタイプではない女性にアプローチをすれば、一般的な相場価格よりも安く遊べる可能性は高くなります。需要の低い女性をピンポイントで狙っていけば、支払うお手当の額も少なくてすむということですね。

以下、パパ活において需要が低くなる女性の3つの特徴をまとめていきます。この3つのポイントをあわせ持つ女性は、パパ探しに苦戦していることが多いはずです。なので、相場よりも低い価格で遊んでくることもあるでしょう。

H4:地方でパパ活をする

パパ活が盛り上がっているのは、東京や大阪などの大都市がほとんどです。それ以外の地方都市では、パパ活はそこまでメジャーな男女の出会いの場とはなっていません。パパとなる男性もパパ活女子も絶対数がグッと下がってしまうでしょう。

「パパ活を始めてみたけど、なかなかパパが見つからないな」

地方でパパ活をしている女性には、こういった人も多くいます。そういったパパ活女子の場合は、「相場より若干安い金額でもデートを受けてもいいかな…」と思っている場合も多くあります。

このような状況もあり、パパとなる男性の数が少ない地方の場合は、東京などの大都市の相場よりも安くパパ活ができることもあるようです。地方都市におけるパパ活の相場は、だいたい次のようになっているようです。

  • 都度食事(セックスなし):5,000円~20,000円
  • 月極(セックスなし):30,000円~100,000円
  • 都度食事(セックスあり):10,000円~30,000円
  • 月極(セックスあり):50,000円~100,000円

おおよそですが、東京などの大都市圏の相場よりも、5,000円~10,000円ほど安くなっているみたいですね。東京だったら10万円払わないと会えないような子に、地方都市ならば2万円~3万円で出会えてしまうなんてこともあるようです。

なかなかパパ活をするためだけに地方に行くというのは難しいものがあります。ですが、仕事の出張などで地方を訪れるチャンスなどがあればパパ活をしてみるのも良いでしょう。思わぬ上玉と手頃な金額でデートできるなんてラッキーに見舞われるかもしれませんよ。

H4:年齢の高いパパ活女子を狙う

前述したことでもあるのですが、パパ活のお手当・お小遣いを決定する要因として、パパ活女子の年齢があります。基本的に、パパ活では、女の子の年齢は若ければ若いほどに良いとされているようです。40代よりは30代、30代よりは20代といった感じで価格も高くなるようです。

パパ活を積極的に行っている男性のほとんどは、中高年とよばれる世代のおじさんです。そのため、どうしても「若い女の子と遊びたい」という需要が高くなっているみたいですね。この割を食っているのが、30代から40代のパパ活女子です。

前述した年齢別の相場価格でもまとめたように、20代のパパ活女子と比べると、30代から40代のパパ活女子のもらえるお手当・お小遣いの額は数万円単位で少なくなってしまうようです。40代を過ぎた女性を相手にする場合は、1回のデートの費用が1万円かからないなんてことも珍しくはないようです。

なので、もし、どのパパ活女子と遊ぶかにあたって年齢をそこまで重視しない場合、これは大きなチャンスとなります。パパ活の市場において不人気となってしまっている30代から40代の女性を積極的に選んでみましょう。

正直なところ、最近の30代~40代には若々しく綺麗な女性もたくさんいます。また、若い女の子よりも精神的に安定しており、あれこれと引っ張り回されることなく落ち着いたデートを過ごすことができるでしょう。20代の若い女性と比べて30代~40代の女性とのデートが詰まらないということは決してありません。

「別に若い女性にこだわっているわけではない」

「ちょっとでもお手当・お小遣いの額を安く抑えたい」

このような場合には、ぜひ30代~40代のパパ活女子と遊んでみることをおすすめします。安価に済ませられることはもちろん、若い女性とのデートとはまた違った楽しさを感じることができるでしょう。

H4:肩書のない素人女性を狙う

繰り返しになってしまいますが、パパ活女子に何らかの肩書があると、お手当・お小遣いの額は一気に高くなる傾向にあります。

  • タレント
  • 女優
  • 芸能人
  • 現役アイドル
  • モデル
  • グラビアアイドル

こういった分かりやすい肩書はもちろんですが、

  • 現役女子大生
  • 某有名企業勤務
  • 有名大学卒
  • 芸能人の◯◯似

このようなタイプの肩書でもパパ活では効果を発揮します。女の子のプロフィールにこういった文字が記載されているだけで、「君のパパになりたい!」という男性が殺到してしまうということですね。その結果として、お手当・お小遣いの額も高くなってしまうわけです。

パパ活慣れした女性の場合には、お手当・お小遣いの額を引き上げるために、こういった肩書を賢く使っていることもあるようですね。なので、肩書に惹かれて女の子を選ぶ場合は要注意です。相場価格よりも高い出費になってしまう可能性があるためです。

逆に言えば、こういった肩書がない素人丸出しなパパ活女子は狙い目ということになります。必要以上にお手当・お小遣いの額を引き上げてくることはまずありません。また、パパ活をし始めたばかりのウブな女性である場合も多く、より「普通の女の子とのデート」といった感じを楽しむことができるはずです。

お手当はそのままでデートにかかる費用を節約する

papakatu market price

パパ活で費用は、パパ活女子に支払うお手当・お小遣いだけではありません。パパ活をするにあたって「パパ」となる男性側が支払うお金にはいくつかあります。それらの総額が「パパ」となる男性側の負担となるということですね。

「パパ活を少しでもコスパ良く行いたい」という場合は、このパパ活にかかる総額をいかにして安くなるかを考えなければいけません。女の子に支払うお手当・お小遣いの額をいくら安くしてもらったところで、その他の部分での出費が多いままでは意味がありません。

男性がパパ活をするにあたってかかる費用には、次のようなものがあります。

  • レストランなどにおける食事代金
  • デートをするにあたってかかる諸費用
  • 女の子へのプレゼント代金

パパ活女子へのお手当・お小遣いの額は下手に減らしてしまうと、その女の子のパパに対する心象が悪くなりかねません。「嫌われることが怖くて、お手当額を減らす交渉ができない」という男性も多いことでしょう。

そのような場合は、上記に挙げたようなお手当・お小遣い以外のパパ活にかかる費用を減らす努力をしてみましょう。お手当・お小遣い以外の費用のほうが簡単に節約できてしまうことはよくあります。ぜひ取り組んでみて下さいね。

H4:ディナーのレストランのグレードを下げる

パパ活デートに欠かせないのが、お食事の時間です。多くのパパ活では、女の子とディナーをすることになります。こういった食事の費用をもつのは、もちろん「パパ」の役目になります。そして、この食事にかかる費用がバカになりません。

パパ活のディナーでは都市部の高級店に行くのが普通です。ラグジュアリーホテルに併設されているようなレストランやミシュランに掲載されるような名店などですね。こういった場所では、一回食事をするだけで、かなりのお金がかかることになります。

パパ活でもよく利用されていると思われる東京都内の代表的なレストランの相場を簡単に調べてみました。

  • ヘイフンテラス(ザ・ペニンシュラ東京):1人あたり12,000円ほど
  • 青山エリュシオンハウス:1人あたり14,000円ほど
  • Prime42 BY NEBRASKA FARMS(汐留シティセンター):1人あたり15,000円ほど

女の子と2人でディナーをすると、だいたい30,000円弱かかってしまうことになりますね。パパ活女子に払うお手当・お小遣いと同額近い価格なわけです。

レストランのグレードを下げて、この食事にかかる費用を下げる努力をしてみましょう。そこまで高価ではないものの、しっかりとオシャレな雰囲気を演出してくれるレストランはたくさんあります。そういった穴場的なレストランをぜひ見つけて下さいね。

仮にディナーを2人で10,000円に抑えることができれば、それだけで総額の出費が20,000円ほども安くなるということです。見栄を張って高級レストランを予約したい気持ちをぐっと抑えて、安価に済ませることのできるレストランを利用しましょう。

H4:ショッピングはしない

パパ活女子と一日デートをする場合、プランとして多いのが「街中をブラブラしてショッピングをする」というものです。気軽に選びがちになこのデートプランですが、「パパ」となる男性からすると、かなり気をつけなければいけないものです。

というのも、街ブラは女の子へプレゼントを買ってあげる流れに発展しやすいからです。 ウィンドウショッピングをしていると、当然ながら、物欲が刺激されますよね。これは女の子も同じです。その結果、「◯◯さん、あれ買って!」という流れになりやすくなってしまいます。

年下の女の子に頼られることは、男としては嬉しいことです。できればカッコつけたいものですよね。そのため、いざプレゼントをお願いされたら、「NO」とはなかなか言えなくなってしまいます。そして、プレゼント料金を余計に払わなければいけなくなってしまうということですね。

プレゼントするものが、ちょっとした雑貨などならばまだ良いでしょう。しかし、それがブランドものなどの高級品となった場合、男性側の出費額はとんでもないことになってしまいます。数万円~数十万円が一瞬で飛んでいってしまう可能性もあるということですね。

なので、このようなプレゼントをねだられるというリスクがあるため、パパ活のデートでは街ブラからのショッピングはあまりおすすめできません。

  • 公園で散歩
  • 美術館や博物館
  • 水族館やテーマパーク

こういったなるべくお金のかからないデートを企画しましょう。女の子との会話を楽しみながらブラブラ歩くという意味では、街ブラと変わりません。ぜひ検討してみてくださいね。

H4:金欠の女性を狙う

ここまで、お小遣い・お手当以外の部分の費用を削る方法として、

  • レストランのグレードを下げる
  • 高価なプレゼントをねだられるのを避けるデートをする

このような2つをご紹介しました。

ここで挙げたことは、いわば「デートの質を下げる」ということに他なりません。なので、プライドの高いパパ活女子の場合は、気分を悪くしてしまい険悪なムードになってしまう可能性もないわけではありません。そのため、使用する相手を選ぶことは重要です。

こうした、デートにかかる費用を下げる交渉に向いているのは、ずばり、金欠に悩んでいるパパ活女子です。「すぐにでもまとまった額のお金が欲しい!」と思っている女の子は、デートの内容どうこうよりも「いくらお手当をもらえるか」ということを気にします。

そのため、女の子が満足するだけのお手当・お小遣いを渡しさえすれば、「どんなクオリティのデートをするか」ということはあまり気にしません。ぶっちゃけると、嫌悪感を抱かない程度のデートであれば何でもいいと思っている女性もたくさんいます。

なので、「金欠で悩んでいる女性」を相手にするのもひとつの手段としてはありです。

  • お手当:20,000円
  • ディナー:30,000円
  • プレゼント:10,000円
  • 合計:60,000円

こういった、ディナーやプレゼントにやたらとお金がかかるパパ活デートにするぐらいならば、女の子へのお手当・お小遣いの額をちょっと増やして、

  • お手当:30,000円
  • ディナー:10,000円
  • プレゼント:0円
  • 合計:40,000円

このようにしたほうが、総額では安くなるということですね。多少女の子に払う金額は増えてしまいますが、男性からしたら総額の費用が減れば問題はないわけです。

「お手当をちょっと増やすから、デートのランクをちょっと下げていい?」

こんな感じで、パパ活女子と交渉してみましょう。手取りのお金を必要としている女性ならば、すぐに乗ってきてくれるはずです。

お金以外の部分で女性を満足させる

papakatu market price

パパ活女子にデートを相場よりも低い金額で受けてもらう場合、「お手当が少なくてもこの人とは会いたい」と女の子に思ってもらえる何かが必要となります。「お手当の額を下げたい」と思うならば、このパパ活女子を満足させるお金以外の何かを用意しなければいけないということですね。

パパ活においては、私たち男性側が好きな女の子を選べるのと同様に、女の子側もパパを自由に選ぶことができます。

  • Aさんの支払うお手当:10,000円
  • Bさんの支払うお手当:20,000円

このような場合は、あえてAさんを選ぶパパ活女子はいないということです。この場合においてパパ活女子がAさんを選ぶケースとしては、AさんとデートををしたときにBさんとの差額である10,000円以上の何かをお金以外でAさんから受け取れると考えた場合だけです。

なので、パパとなる男性が「相場価格よりも安くパパ活女子と遊びたい」と思うならば、お金以外の何か魅力的なものを女の子に提示できるようにならなければいけません。では、お金以外で男が提供することができる、女の子にとって価値あるものとは何でしょうか。以下にまとめていきます。

H4:トークやエンタメで満足させる

トークスキルが卓越しているなどの理由によってデート中にパパ活女子を楽しませることができる場合、その時間はパパ活女子にとって価値あるものとみなされます。

「この人といると楽しい」

「この人といると明るくなれる」

このようにパパ活女子に思ってもらうことができたら、少しぐらい相場価格より低いお手当・お小遣いの額を提示したとしても、女の子から選ばれる可能性は多いにあります。自分のスキルでデートをエンタメ化することでパパ活女子に満足してもらうということですね。

「一緒にいて気まず男性と夕食と食べて3万円もらうよりも、話がおもしろい人と夕食食べて1万円もらうほうが良い」

このように考えているパパ活女子は少なくないでしょう。イメージとしては、「パパ」となる男性がお笑い芸人やホストのような立ち位置になる感じですね。デート中もしっかりと気配りをして女の子に楽しんでもらう必要があります。

若い女の子を楽しませるトークスキルに自信がある方は、その技術を活かしてパパ活を有利に進めてみましょう。普段つまらないパパ活ばかりをしている女の子が多い中で、その子にエンタメを提供できるというのはかなりの武器なります。

H4:有名人や偉い人との人脈の提供で満足させる

お金以外に「パパ」となる男性が女性に提供できるものの2つ目。それは、人脈などの横のつながりです。パパ活女子の普段の生活では会うことができない偉い人や有名人とのネットワークを提供できれば、それはパパ活女子にとって大きなメリットとなります。

「もしかしたら、タレントの◯◯と会えるかも」

「就活のコネにつながる偉い人とつながれるかも」

「さらなるお金持ちの『パパ』と出会えるかかも」

もし女性にこのようなことを思わせることができたら、女性はお手当の額がたとえ相場金額より安くともその男性と会いたいと思うことは間違いありません。もし仕事やプライベートのつながりで分かりやすい凄い人脈がある場合には、それを駆使してみるのもひとつの手だと思います。

また、自慢できるような人脈があるという事実によって、パパ活女子はその「パパ」のことをより強く評価するようになります。心理学で言うところの「ハロー効果」というやつですね。

「◯◯さんの人脈がすごい!」⇒「◯◯さんは凄い人!」

このように、人脈という抜きん出た特徴があるだけで、女の子の中で「パパ」に対する総合的な評価も高くなってしまうわけです。高い評価を受けることができれば、より簡単に、少ないお手当で会ってくれる可能性が上がるのは言うまでもありません。

H4:頼りがいや居心地の良さで満足させる

「パパ」がパパ活女子に提供できるものの3つ目としては、頼りがいや居心地の良さです。頼りがいや居心地の良さを感じる人と積極的に一緒にいたいと思うのは自然なことですよね。こういったものを上手く与えることができれば、パパ活女子にからの信頼を勝ち取ることにもつながります。

こういったものは、本来であれば女の子の恋人などが与えてあげるべきものです。なので、もしパパ活女子から

「何かあってもこの人なら守ってくれそう!」

「この人といると本当の自分を出せる気がする!」

このように思ってもらうことができれば、お手当・お小遣いの額が少なかったところで、問題はなくなります。むしろ、女の子の側から、

「次からお金なしで会ってほしい」

このように言ってもらえることもあるでしょう。こういった関係をパパ活女子との間に築くことができれば、年の差という障壁を乗り越えて女の子と恋愛関係になることも夢ではなくなります。

パパ活をするにあたって、遊びの範疇を超えて1人の女の子に入れ込んでしまうのは、あまり関心できることではありません。そうはいっても、理性ではどうにもできないのが恋愛というもの。

もし、1人のパパ活女子を本気で好きになってしまい、今後はより深い関係になりお金のやり取りなしで会いたいと思う場合には、頼りがいや居心地の良さをいかにして自分が提供できるかということをしっかりと考えるようにしましょう。

H4:性的快楽で満足させる

とある調査結果によると、パパ活をしている女性のうちの40%ほどが、「パパである男性とセックスをしたことがある」と答えています。パパ活女子の2~3人に1人は、金額次第でセックスもOKと考えているということですね。

この調査結果からも分かるように、パパ活という名称を使っているものの、その実は援助交際とそこまで違いのあるものではありません。男性側が望んで対価となる金額を支払うことができれば、パパ活女子とセックスをすることはそこまで難しいものではありません。

そして、このパパ活女子とのセックスにおいて、しっかりと女の子を性的に満足させてあげることができれば、「パパ」である男性は女の子にとって特別な存在となることができます。

「この人とのセックスは頭がおかしくなるほど気持ちよかった」

「今までの彼氏の誰よりも最高のセックスをしてくれた」

このようにに思ってもらうことができれば、お手当・お小遣いの額が少なくとも、女の子にあってもらうことはできるはずです。いわゆるセフレ的な関係性に近くなるというわけですね。

身体の相性もあるため、なかなか全てのパパ活女子に応用できるものではありません。しかし、自分のセックススキルに自信があり、相手のパパ活女子もセックスに乗り気の場合は、性的快感で女性を満足させることを狙ってみるのも良いかもしれません。

パパ活アプリではお手当の相場が下落してきている

papakatu market price

「パパ活を少しでも安く行いたい!」

「かわいい子となるべく安くデートしたい!」

このように思っている男性とって、朗報となることがあります。それは、ここ最近、アプリを通してのパパ活では、お手当・お小遣いの価格が下落傾向にあるということです。数年前と比べると、同じディナーのみのデートでも10,000ほど安くなっていることもあるようです。

そのため、上手くアプリを活用してパパ活を行うことによって、一般的な相場よりも安くパパ活をすることはそこまで難しくはなくなってきています。昔は30,000円払わなければ出会えなかったような女性に、今ならばアプリを通じて10,000円ほどで出会えてしまうというわけですね。

「パパ」となる男性からしたらありがたいことですが、なぜこのようなパパ活の相場価格の暴落が起きてしまっているのでしょうか。以下に考えられる理由を3つほどご紹介いたします。

パパ活女子の登録者増で供給過多

「需要に比べて供給が増えれば価格が下がる」

これは経済学の教科書の1ページ目に書いてあるような大原則です。パパ活アプリ内では、まさにこの供給過多の事態になってしまっているということですね。

「パパ活をしたい!」

「お手当が欲しい!」

「素敵なパパと出会いたい!」

このように思っている女性が、今まさにこぞってパパ活アプリに参入を始めています。このパパ活人気の背景には、テレビ、雑誌、ネットなどのメディアがパパ活を大々的に特集していることなどがあります。

そのため、「パパ活」というものが、クリーンな出会いの手段として、若い女性の間で一気に広まりました。夜の世界やお水の世界で働いている女性だけではなく、普通の学生や社会人の女性にまでパパ活は浸透しているということですね。

その結果、理想の「パパ」に巡り合うことができずに困っている女性が多くなってしまっています。「パパ」となる男性が足りていないという事態になっているということですね。言い方は悪いですが、アプリ内では「パパ」の取り合いのような感じになってしまっています。

「ちょっとぐらいお手当の額が少なくてもいいから、私をパパ活の相手に選んで欲しい!」

したがって、このように考えるパパ活女子が増えるようになりました。

こうして、パパ活の相場価格の下落が発生してしまっているわけです。お金が欲しい女の子からしたら災難ですが、安くパパ活をしたい男性からしたら天国のような状況なわけですね。

プロじゃない素人女性の流入

また、一般層の女性へのパパ活アプリの浸透は、素人女性のパパ活への流入という事態も同時に引き起こしています。本記事でも前述したように、パパ活をやっているのは、男性の扱いに長けた「プロ」の女性ばかりではありません。真面目に勉強してる学生や一生懸命働いている若い社会人もいます。

そういった女性は、男性から高額なお金を受け取ることに慣れていません。言い方は悪くなってしまいますが、女性としての自分の価値に気づいていないということですね。

「私なんかがこんなたくさんのお金をもらうのは申し訳ないな…」

「高額をもらうのは気が引けるから、ちょっとのお金でも別にいいや…」

パパ活アプリに参入したばっかりの素人女性は、得てしてこのように考えがちです。そのため、「パパ」にオファーする金額も本来の相場より安いものとなってしまいます。その結果として、アプリないのお手当相場価格が下がっているということですね。

パパ活アプリを始めたての女の子は、パパ活という市場における自分の価値に気づいていません。そのため、びっくりするほど安く遊んでくれたりします。「安くパパ活をしたい!」という思いが強いなら、こういった素人女性を狙わない手はありません。

背景にある若者の貧困問題

ここまでまとめてきたように、アプリ内におけるパパ活の相場価格の下落の大きな要因は、「パパ活をしたい」と思う女性がたくさん参入してきているからということになります。そして、ここまでたくさんの女性がパパ活に出会いにすがろうとしている背景には、若者の貧困問題があるとされています。

先日、フジテレビで「大学生の仕送り額が過去最低になった」というニュースが報道され話題となりました。そのニュースによると、最近の大学生の1日の生活費は677円なのだとか。一月換算で20,000円ちょっとということになります。

このお金だけでは、とてもではないですが、まともな学生生活を送ることはできませんよね。このニュースからも分かるように、大学生などの若者は、慢性的な貧困状態にあることが分かります。特に浪費などをしているわけではない普通の人でも、金欠にあえいでるわけですね。

そのため、少しでも割のいいお金を稼ぐ手段を若者は探しています。その結果として、多くの若い女性がパパ活に飛びついているということですね。

この事実から改めて分かることは、パパ活をしているのは「豪華で贅沢な生活をしたい」と思っている金銭感覚がちょっとおかしくなっている女性ばかりではないということです。極めて真面目でしっかりした考えをもつ「普通」の女性も多くいるということです。

日本不景気の影響をモロに受けているのが、今の若者です。特に、若い世代の女性の多くは、お金の問題に困っているのが現状です。そんな子たちが、「生活の一助になれば!」という純粋な気持ちでパパ活アプリに登録しているということですね。

コスパのいいパパ活をするためのおすすめアプリ3選

papakatu market price

ここまでまとめてきたように、コスパのいいパパ活をしようと思うならば、アプリを使わない手はありません。アプリを使うことで、パパ活に慣れてない素人っぽさの残る女の子と出会うことができます。金銭感覚も庶民的なので、高額なディナーやプレゼントを要求されることもないでしょう。

昨今のパパ活人気を受けて、最近では、大小さまざまな企業がパパ活のプラットフォームとなるアプリをリリースしています。注意しなければいけないことは、「ちゃんと自分の狙っているタイプの女の子と出会えるアプリを選ぶ」ということです。

リリースしたばかりのアプリには、

・運営側が用意したサクラ

・デリヘルや援交に誘導する詐欺業者

こういったパパ活女子との出会いの妨害となるようなアカウントがいることも珍しくはありません。

運営がしっかりしたアプリでないと、ちゃんとした規制などをやってくれないんですよね。言わずもがなですが、こういった無法地帯・やりたい放題なアプリを利用していたら、いつまで経っても理想のパパ活女子と出会えることはありません。

そこで、以下に初心者の方にもおすすめできるパパ活アプリを3つほどご紹介いたします。ここに挙げるアプリは、どの業者も運営がしっかりしています。女性の集客もきちんと広告費をかけて行っているため、たくさんのパパ活希望の素人女性が集っています。

きちんと使えば、まず間違いなく若くてかわいいパパ活女子と出会うことができるでしょう。「コスパ良くパパ活を始めたい!」という方は、まず以下のアプリをインストールすることからスタートするようにしましょう。

ペイターズ

papakatu market price

ペイターズは、最も知名度の高いパパ活アプリです。大手が運営している安心感があるので、素人の女の子も気軽にペイターズに登録しているようですね。パパ活には珍しく街頭での広告活動なども積極的に行っているので、女性会員数は右肩上がりに増えているとのことです。

ペイターズで注意しなければいけないことは、男性会員の利用料金が若干高いということです。通常料金だと1ヶ月あたり10,000円も払わなければいけません。月に1万、年間で12万。ちょっとキツイものがありますよね。

なので、本気でパパ活に取り組む場合は、ペイターズの12ヶ月プランに申込みましょう。1年間分の利用料金のまとめ払いをするということですね。12ヶ月プランならば利用料金の割引が行われ、1ヶ月あたり5,400円でペイターズを利用することができます。

ペイターズ会員の男女比は、「男性:女性=3:7」と女性会員が圧倒的に多くなっています。また、登録している女性会員の多くは24歳以下の若い女性のようです。若くてかわいい素人女性とパパ活したいなら、ペイターズ一択というのが個人的な感想です。

・公式サイト

ペイターズ

・関連記事

ペイターズの評判ってどうなの?利用者の口コミや体験談をまとめてみた!

Paters(ペイターズ)はパパ活で本当に使える?実態を調査!!

パディ67

papakatu market price

最近になって人気が急上昇中のパパ活がパディ67です。アップルストアでの評価も、4.3とかなり高くなっています。運営もしっかりしており、悪質なユーザーの規制にも力が入れられています。そのため、男女ともに安心してパパ活ができる環境が用意されているようですね。

男性の利用料金は、ペイターズとほぼ同じですね。通常料金だと、1ヶ月あたり10,800円。12か月プランだと1ヶ月あたり5,400円となっています。ちょっと高い気もしますが、アプリ側としては「ハイクラスの男性を集めている」ということをウリにしているため、こういった価格帯に設定しているようです。

パディ67の特徴は、女の子とのマッチングが楽ということです。「いいね!」ボタンのやり取りなどなしに、気に入った女の子に直接メッセージを送ることができます。その気になれば、「今夜の20時に最寄りの駅で会おう」みたいなこともできます。

ネット上のパディ67ユーザーの口コミをチェックすると、以下のようなことが言われてました。

  • 他のパパ活アプリより使い方が分かりやすい
  • 異性との出会いを見つけやすい
  • 運営がしっかりしてるので安心して使える

ここ最近で急成長しているアプリだけあって、ネット上の口コミも高評価をしているものが多くなっているようですね。

・公式サイト

パディ67

・関連記事

女性登録者数急増の落とし穴!?paddy67のサクラ・業者事情

シュガーダディ

papakatu market price

シュガーダディは、2015年から運営を開始している老舗のパパ活アプリです。2015年というと、パパ活という言葉がまだそこまで浸透していない頃ですね。3年以上にわたって安定した運営をしてきていることから、多くのパパ活女子から信頼を勝ち取っているようです。

長い期間にわたって運営を続けているため、他のパパ活アプリと比べてもシュガーダディは会員数が多いことで知られています。ハイスペ男性との出会いを求めて、多くの女性がシュガーダディに登録しているようですね。

シュガーダディに登録している男性にはレベルの高いハイクラスの女性が多くいます。そういった女性との出会いを望む場合は、シュガーダディを使うのが最適です。ただし、女性側が「パパ」となる男性に求めることのレベルもその分だけ高くなります。

「庶民感覚の素人女性と気軽な気持ちで遊びたい!」という男性には、シュガーダディはあまりおすすめできないというのが個人的な感想です。コスパよく気楽にパパ活をしたいと思うなら、ペイターズやパディ67を使うようにしましょう。

・公式サイト

シュガーダディ

まとめ:アプリを駆使して相場より安くパパ活ができることも

papakatu market price

ここまでパパ活の相場とコスパよくパパ活をする方法についてまとめてきました。パパ活が若い女性の間で流行していることにより、より一般層にいる女性がパパ活アプリなどを使うようになってきています。そのため、アプリ内の女性会員が供給過多になってしまっているため、パパ活の相場は下落傾向にあります。

その意味で、「手軽にコスパよくパパ活をしたい!」という男性にとっては、今はパパ活に参入するにあたってベストなタイミングであると言えるでしょう。本記事で紹介したような知名度の高いパパ活アプリを利用すれば、お好みのパパ活女子に出会うことは難しいことではありません。

ちょっとでもパパ活に興味があるなら、ぜひアプリを利用して女の子にコンタクトを取ってみて下さいね。年上の頼れる男性と素敵なデートをしたいと待ち望んでいるたくさんの女の子に驚くほど簡単に出会うことがでいるはずです。

・関連記事

【40~50代男性向け】パパ活で理想の女性と出会う方法を徹底解説!

【大人な男性向け】パパ活アプリおすすめ人気ランキング10選!

出会いのプロが選ぶおすすめ出会い系アプリ・サイトランキング

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら