私って実はそうなの?セフレ女性の特徴と脱却するためのポイント

                                       
                                   

好きな彼と恋人関係になれればいいのですが、セフレの関係にとどまっているという人もいます。恋人になりたいけれどずるずると体の関係だけが続いているのは、辛いものです。しかし、女性側の対応次第では恋人に昇格することもできます。

 

まずは、男性が本命とセフレに取る態度の違いをチェックした上で、彼女になるにはどのような行動をとったらいいのかということを考えてください。

 

ということで今回は、セフレになりやすい女性の特徴や、セフレから脱却するために心がけるべきことを紹介していきます。

 

セフレになる女性の特徴

寂しがりや

セフレになりやすい女性は、まず第一に「寂しがりや」です。「誰かと一緒にいたい」と感じており、「愛して欲しい」と望んでいるのです。失恋をした直後などは辛くて悲しくて、人の愛を欲してしまうために、優しくしてくれる男性の誘いに応じてセフレになってしまう人もいます。

 

しかしそのような状況でセフレになっても、結局男性に都合よく扱われてしまうので、最終的に傷ついてしまうのは女性側です。失恋直後は感情が先行して男性を欲してしまうこともあるでしょうが、冷静になって行動しましょう。趣味などに落ち込んで傷を癒すというのも一つの手段です。

 

押しに弱い

男性のいうことをよく聞いて、支えていける女性は素敵なものです。そのような女性であれば男性も大切にしてくれるでしょう。しかし、だからと言って男性の言う言葉をはいはいと聞いていればいいというものでもありません。押しに弱く、男性の誘いを拒むことができずについつい受け入れてしまうという女性も、セフレになる可能性が高いのです。

 

その場の雰囲気というものを読んで、嫌われたくないと思うあまり男性からの体の誘いを受け入れてしまうと、結局男性は満足してそのままセフレとして遊ばれてしまうこともあるのです。

 

恋愛依存症

常に恋をしていないとダメな、いわゆる「恋愛依存症」と呼ばれる女性も、セフレになってしまう可能性があります。「いつでも恋愛をしていたい」「自分を必要としてくれる人が欲しい」と思っうあまり、男性の思うように扱われてしまう場合があります。

 

このような女性は「相手に必要とされている」ということに満足感を感じるので、セフレとわかっていても抜けだせないこともあります。恋愛をするのは素敵なことではありますが、「誰でもいいからそばにいてほしい」と考えていると遊び目的の男性に引っかかってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

相手のスペックが気になる

セフレになる女性の中には、男性のステータスを重視する人も多くいます。たとえ恋人関係になれなくても、ルックスや収入、学歴の良い男性と体の関係を持つことで、自分もランクアップしたような感覚になり、満足感を得ることができるのです。

 

このような女性は感情が伴わなくても自ら望んでセフレになっていることも多く、その後の関係の発展も特に望んではいないドライな感覚の人も多くいます。傷つかないのであればそれでもいいのですが、最終的には虚しくなってしまうことも多いので、本当にそのような関係で良いのかということをしっかりと考えましょう。

 

恋愛をするのが面倒

男性に遊ばれてセフレになってしまう女性もいますが、一方で自ら望んでセフレになる女性もいます。このような女性は「恋愛をするのが面倒」と考えていることも多いのです。恋愛をすると嫉妬心や束縛したい心にかられて精神的に疲れてしまうことがあります。このような女性は、恋愛の疲れを避けるために、感情を持たずに付き合うことができるセフレの関係が楽だと感じるのです。

 

このような女性は、体の関係だけを持つことで常に自分の体のチェックをして磨いていくので、いつまでもセクシーでいることができます。

 

仕事が忙しく、出会いがない

男性だけでなく、最近では女性でも毎日忙しく職場で働いている人も多くいます。特に看護師などの「師」のつく仕事の人は総じて多忙な傾向にあり、毎日の忙しさから逃れてリフレッシュしたいと考えているものです。

 

そのような多忙な時に、付き合っていなくても休みの日を一緒に楽しく過ごすことができるセフレというのは魅力的に移ります。また、自分が多忙なので恋人を作ると相手に寂しい思いをさせて負担や迷惑をかけてしまうことがあるとわかっているので、あえてセフレとしての関係を築いている女性も多いのです。

 

男友達が多く、男勝り

男勝りでいつも男性のグループの中におり、男勝りな性格の女性も、実はセフレになりやすい性質を持っています。男性との付き合いが多いことで男性に対する警戒心が薄いので、家に誘われてもすぐについて行ってしまいます。

 

また、このような女性はサバサバしていて割とドライな一面があるので、性行為もスポーツのように捉えている節があります。そのため、体の関係を持つとそのままセフレとなって関係を続けてしまうのです。

 

ただ、普段男性から男友達のように扱われている中で、ベッドの中で女性としての扱いを受けるとすぐに惚れてしまうことがあるので、のめり込みすぎないように注意しなければなりません。

 

男性のセフレと本命に対する対応の違い

夜にだけ誘う

夜だけにしか誘いが来ないという場合には、相手の男性にセフレと思われている可能性が高いです。男性は本命の女性には嫌われたくないと考えているので、本命の彼女を誘うときには不安にさせないためにお昼のデートから誘うものです。夜に誘われるということは、高確率で「ヤりたい」と思われています。

 

さらに、突発的に誘いが来る場合には、セフレの可能性はさらに高まります。男性が本命の女性を誘うときは、きちんとプランを練り、準備をした上で前もってしっかり予定を聞いてからデートに誘うものです。

 

デート代を渋る

学生や年下の男性の場合はこの限りではありませんが、自分と同じくらいの年代か上の年齢人と食事に行く時に毎回割り勘だという場合には、セフレと思われている可能性があります。

 

男性はプライドが高い生き物なので、好きな女性の前では見栄を張りたくなるものです。そのため、本命女性の場合は全額おごることが多いものですが、毎回割り勘となるとそこまで本気とは考えられていないということです

 

付き合いが長くて割り勘になるということは自然ではありますが、まだ出会ったばかりだったり数回デートした段階でほとんどが割り勘ということであれば、セフレ認定されている可能性が高いです。

 

将来の話をしない

男性は本命の女性とは結婚も見据えて恋愛をしたいものなので、一緒に過ごしている中で将来の話をします。「子供が何人欲しいなあ」とか、「こんな家に住みたいね」というような具体的な案を出してくれる場合には、自分は本命であると考えても良いでしょう。

 

しかし、このような将来の話題が全くでないという場合には、彼は完全に体の関係だけを続けていこうと考えている可能性があります。本命ではなく淡白に付き合っていきたいと考えているので、将来の話などは出さないのです。将来の話を冗談でしても女性側が本気になってしまっては面倒なので、避けていることもあります。

 

友人・家族に紹介してくれない

男性は気になる女性がいる場合、周りの男友達や家族に紹介しようとしてくれます。そこには、きちんとつきあっていることを家族などに紹介して女性を安心させたかったり、大事な人であることを友達に知っていてもらいたいという意図があります。

 

しかし、セフレ相手の場合は紹介すると女性に勘違いされてしまうこともあるので、男性はそのようなことはしません。体だけの相手のことをわざわざ紹介するのは周りの目も気になりますし、まずそのようなことはしないでしょう。

 

「紹介してくれないの?」と言ってもうまくはぐらかされる場合には、セフレとして見られていると言わざるをえません。

 

無理して時間を割かない

男性は好きな相手でない限り、無理して付き合おうとは思いません。気になっている子がいる場合は自分にとってスケジュール的に厳しくても、なんとか時間を作って会いに行こうとします。単純に好きな相手と過ごす時間を確保したいという思いが強いからです。

 

しかし、セフレ相手の場合はこのようにはいきません。男性は基本的に自分本位の行動をとるので、セフレから「何日に会いたい」などと誘われても、予定が入っていたりいきたくなければドライに断ってしまいます。

 

自分の気が向いたときにだけ誘うので、いつも連絡が突然来るという場合はセフレと思われている可能性が高いです。

 

連絡頻度が少ない

男性は女性とは違って論理的かつ合理的に物事を考えるので、女性と比較してLINEなどのメッセージは淡白です。会話のやり取りというよりは情報の伝達や何か伝えたいことがある場合に使ことが多く、マメな男性は少ないです。

 

しかしそれでも、好きな人が相手ならば相手の会話をもっと楽しみたいと思うので、連絡をたくさんくれます。大切に思っている相手だからこそ「不安にさせたくない」と思ってやり取りを続けようとするのです。

 

ただ、相手がセフレの場合は自分の中での連絡の優先順位が低いので、返信の頻度は落ちますし、内容も淡白でそっけないものになります。

 

エッチの時は、自分本位

男性の気持ちは、セックスのときにも現れます。好きな人とのセックスであれば、男性は女性に喜んでもらいたいと考え、女性が嬉しく感じるようなことをして尽くしてくれるものです。気持ち良くさせようと努力してくれている場合には、本命であると考えていいでしょう。

 

対してセフレの場合は、自分の欲を満たすために行為をするので、どうしても自分のやりたいことなどをやって終わってしまいます。行為を終えた後は疲れて眠ってしまったり、女性のことをあまり考えていない行動が目立ちます。本命相手の場合はセックスの後もピロートークで楽しませてくれるなど、配慮が見られます。

 

 

セフレから彼女に昇格するには?

嫌な時は断る

男性は自分の思い通りになる女性は、都合の良い相手として扱います。嫌われたくないからといって求められた時に求められるがまま応じてしまうと、ずるずるとセフレの関係が続いていってしまうでしょう。

 

セフレを脱却するためには、「彼の思い通りにならない」ことが大切です。そのためには、誘いを3回に1回断ってみるなど、「ダメな時はダメという」姿勢をとりましょう。こんなことをしたら彼に嫌われてしまうのではないかと考える女性もいますが、その考えがあるばかりに彼の思い通りになってしまうのです。セフレを脱却するには、リスクを頭に入れて勇気を持って行動することが大切です。

 

連絡を控える

彼に本気になってほしいなら、連絡を控えるようにしましょう。今まで自分のメッセージにはすぐに返信してくれていたのに急に素っ気なくなると、男性側も気になってしまうものです。「どうしてなんだろう」「何かしたかな」と思っているうちにいつの間にか頭の中がその女性のことでいっぱいになって、気づけば好きになってしまう、ということもあります。

 

男性は追いかけるのが好きな生き物なので、自分の思い通りにならない女性であれば落とそうと必死になるものです。

 

彼を束縛しようとしない

男性にとって、女性の束縛は非常に重荷になります。特にセフレを作る男性というのは、特定の女性に惚れ込むことが少なく自由でいたいと考えるので、束縛を何よりも嫌う傾向にあります。ましてや彼女でもない立場で彼を縛り付けても、彼の心は離れていくばかりです。

 

「他にも仲のいい子がいるんでしょ」というといつめるような一言は、彼の中に「面倒くさい」という気持ちを抱かせ、他の子のところへ逃げられてしまうこともあります。

 

別の男性にも目を向ける

一人の男性にばかり固執していると、自分の恋心のエネルギーが全てその人に注がれることになるので、受ける方にしても重いものです。そうなってはうまくいくものもうまくいかないので、本命の彼以外の男性とも目を向けてみましょう。

 

他の男性と絡んでいることを知れば独占欲の強い男性は、「他に行ってしまうかも」と焦ってアプローチをかけてくることがあります。

 

また、他の男性に目を向けることで、素敵な男性と出会って付き合うことができる場合もあります。

 

安らぎを与える

男性は本命の女性に対しては「癒してほしい」と考えていますが、セフレに関しては「刺激がほしい」という思いで付き合っているものですそのため、彼に好きになってもらうためには、まずは彼を癒すことが大切です。

 

セックスだけをするのではなく、食事に出かけてゆっくり話すなど、彼に安心感を感じてもらえるように振る舞うようにしましょう。そうすることで男性も癒され、そのままデートを重ねて晴れて恋人になれる……という場合もあります。

 

 

まとめ

今回は、セフレになりやすい女性の特徴や、セフレから脱却するためにはどんなことに気をつけたらいいのかということを紹介してきました、セフレが楽だと感じているならいいのですが、好きなのにセフレとしか見られていない場合にはとても辛いものです。

 

徐々に彼との心理的距離を縮めて、本命を目指しましょう!

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら