愛のあるセックスしてますか?

                                       
                                   

痛いと言われて気づいた、間違った方法。その知識、どこで覚えました?

本やビデオの知識をそのままやっても気持ち良くない

sex

セックスの仕方。どこで覚えましたか?

大抵の人はアダルトビデオで得た知識かと思います。

アダルトビデオはとても興奮しますよね。

欲と欲が激しく混ざりあい、何度も絶頂を繰り返し快楽に溺れる。

自分もそんなセックスがしたいと思うでしょう。

しかし、少し考えてみて下さい。見るだけで興奮するように作られている作品をそのままマネしてもいいのでしょうか。

アクロバティックな体位、激しいピストン、豪快な手マン。

中にはこれが気持ちいいという人も居るでしょう。しかし、全員がそうであるという確証はありません。

どこまでが演技でどこまでが演技では無いのか。それは本人しかわかりません。

アクロバティックな体位は転倒の恐れもありますし、激しいピストンや豪快な手マンは痛いだけの場合もあります。

男なら興奮した内容をそのまま再現したいという気持ちもわかりますが、女性は必ずしもそうではありません。

何が気持ちよくて何が気持ち良くないのか。

しっかりと見極める必要があります。

 

最悪怪我をしてしまう事も

見よう見まねで、きっとこれが気持ちいいんだろう。という思い込みでいきなり実戦すると、体勢を崩して転んでしまったり、膣を爪で傷をつけてしまうかもしれません。

最悪の場合は傷口から細菌が入り、感染症を引き起こしてしまうリスクもあるため、とても危険な行為でもあります。

簡単そうに見える体勢でも、鍛えられた肉体だからこそ安定しており、女性も安心して身体を預けられるという事もあります。

画面の前の人には見せない努力があるからこそ、素晴らしい作品が作られているはずです。

実際には指を入れただけでも濡れてないと痛みを感じますし、濡れてると思っても奥まで挿入してみると奥の方で痛みを感じる事もあります。

欲望に身を任せた独りよがりのセックスはセックスではなくただのオナニーです。

相手が嫌がっているのに激しい行為をしたいのであれば、挿入は諦めた方が良いです。

口や手でしごいて満足しましょう。

相手が嫌がる事、痛がる事は絶対にしないようにするべきです。

相手の立場になって考えてみて下さい。

内臓を爪で引っかかれたらどんな激痛なんだろう。狭い穴を無理やりこじ開けられたらどんなに怖いだろう。

一歩間違えると重大な事故を引き起こしてしまうという事を忘れないで下さい。

 

正しいやり方を知ろう

じゃあどうすればいいのさ!という方は、焦らずゆっくりと愛し合う「スローセックス」を試してみて下さい。

やり方は名前の通り、ゆっくりと行うセックスです。

前戯はゆっくりたっぷりと。頭から足先まで全身を撫で回します。

たっぷり濡れたらお互いの性器を擦り合わせて焦らします。

ゆっくりと挿入。

挿入してもすぐには動かず、撫でて、見つめて、キスをして、抱き合いましょう。

その後もゆっくりと動かしながら相手の事をたっぷりと可愛がって下さい。

時間をかけてゆっくりゆっくり愛し合う事で感情が高ぶり、いつもとは違う快楽が訪れます。

アダルトビデオにはこのようなスローセックスのやり方を教えてくれる教材のような作品もありますので、気になる人はチェックしてみて下さい。

 

ふたりで話し合って、お互いが気持ちいいセックスをしよう

sex

どんな事をすると気持ちいいのか、どんな事が良くないのか。人によって内容は異なります。

セックスの事って恥ずかしくてあまり話題に出来ないですが、お互いのためにもしっかりと話し合い、自分たちに合ったセックスを見つけましょう。

どこが気持ちいいのか、どうすると気持ちいいのか。

どこが痛いのか、どうすると痛いのか。

お互いに気持ちいい事が重なるととても良いですが、必ずそうなるとも限りません。

相手が気持よくなる事をしてあげて、お返しに気持よくなる事をしてもらいましょう。

たくさん愛し合って、幸せな日々を過ごして下さい。

 

編集部おすすめマッチングアプリ・出会い系ランキング【2019年最新版】

出会いアプリPCMAXの評判や口コミは?  使い方やサクラの存在も解説

サクラしかいない?Jメールの評判と口コミとは!ログイン・気になる解約手順も解説

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら