マッチングアプリwith(ウィズ)は婚活向きだった!DaiGoの心理テストは絶対使うべき!

                                       
                                   

マッチングアプリは、ユーザーの用途や年齢層によって向き不向きがあります。

その中でもメンタリストDaiGoが監修を務めている「with(ウィズ)」は独自の路線をいくアプリだといわれています。

withが婚活アプリとして優秀な理由や、実際に使ってみて感じた特徴をご紹介していきます。

 

婚活では敬遠しがち?with(ウィズ)の年齢層は正直若め

 

婚活アプリとしてオススメなwithですが、アクティブユーザーの年齢層は若めだといわれています。

しかし、本音を言えば若い女性と結婚したいという男性も多いのではないでしょうか?

自立した大人の女性も素敵ですが、年下女子の若さに魅力を感じる男性も多いでしょう。

 

また、若い女性ほどマッチングアプリなどインターネットを介した出会いに抵抗がないといわれています。

思春期から当たり前にスマホを使いこなしてきた世代ですから、ネットに対する抵抗が少ないのもある意味当然です。

こう考えると、年齢層だけで敬遠せずにwithで婚活してみるのもアリなのでは?という気がしてきます。

 

with(ウィズ)はメンタリストDaiGoの心理テストがすごい!

with marriage

withといえば、メンタリストDaiGoが監修を務めていることで話題のアプリですが、実際に使ってみると、さまざまな場面でDaiGoが登場します。

常にDaiGoの存在を感じるため、見守られているような感覚になりました。

このような点からも、その他のアッチングアプリとは一線を介しているという印象を受けます。

 

画面の中のDaiGoは、マッチング成立のためにさまざまなアシストを行ってくれます。

その中でも非常にオススメなのが「心理テスト」です。

正直、時間の許す限りwithの心理テストは全部やってもらいたい!というのが本音です。

 

なぜなら、この心理テストを元にマッチングの効率化が期待できるからです。

時間に余裕がない方も、「性格診断」だけは必ずやっておくべきです。

心理テストに興味がない方も、ぜひやってみましょう。

かなり詳しい分析をしてくれるので、自分のことを知るきっかけにもなります。

 

with(ウィズ)の性格診断をあなどってはいけない!

with marriage

DaiGoの心理テストを受けると、自分のプロフィールに診断結果が表示されます。こちらによって、マッチングの効率化が期待できます。

通常のマッチングアプリだと、自分の好みの顔かどうかで相手を選んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

自己紹介文も、似たような定型文を使っている方も多いですよね。

 

その点、withではプロフィールに性格診断の結果が表示されるため、相手がどのようなタイプなのか統計的に知ることができます。

それだけではなく、自分と相手の相性が良い場合は「相性ぴったり」と表示されるため非常に参考になります。

 

婚活では、恋活よりも内面の相性が気になる方も多いのではないでしょうか。

withを使えば、性格診断を見るだけで内面の相性を知ることができるため、非常に参考になります。

 

with(ウィズ)で使える婚活テクは?

withを婚活アプリとして利用する際、DaiGoの心理テストがいかにオススメなのかご理解いただけたかと思います。

withはDaiGoの心理テストもすごいですが、その他にも魅力的なプロフィール作りのためのコツ・テクニックを知ることができるアプリです。

こちらでは、2つの婚活テクをご紹介していきます。

 

マッチングアプリを使っている方は、ほとんどの方がプロフィール写真にこだわっていると思います。

しかし、なかなか思ったようにマッチングがうまくいかないという方は、写真へのこだわりがズレているのかもしれません。

 

また、withには自分の好みをわかりやすくアピールできる「好みカード」という機能があります。こちらの2つの機能を使いこなして、婚活を前進させましょう!

 

婚活テク1:with(ウィズ)で写真の重要性を知ろう!

with marriage

マッチングアプリは、婚活向け以外にも恋活向けやパパ活向けのものまで、さまざまなものがあります。

どのようなアプリでも、ユーザーに共通しているのは自分をより魅力的にみせる写真を選ぶということです。

写真設定が非常に重要だというのは、共通している意識でしょう。

 

写真設定がうまくいかないとマッチングしないだけではなく、実際に会った時に悪い意味でのギャップがうまれてしまいます。

その点、withはメイン写真の他にも、サブ写真の登録にどのような写真を使ったらいいのかなど具体的な写真の指示を出してくれます。

 

実際にサブ写真を登録してみたところ、明らかにいいねの数が増えました。

笑顔の写真や料理の写真などの他にも、趣味や旅行先などの写真を登録するといいそうです。

また、自分の顔写真だけではなく全身の写真を載せることで雰囲気がわかりやすいんだとか。

with以外のアプリでも使えるテクなので覚えておくと重宝しそうです。

 

婚活テク2:with(ウィズ)で好みカードを設定してみよう!

with marriage

マッチングアプリの自己紹介文には「友達に勧められてはじめてみました!」「会社との往復で出会いがないため、登録してみました!」などの定型文が用意されています。

正直、そういった情報が欲しいわけではないですよね。

いくら顔が可愛い女性でも、会話が続かないと一緒にいてしんどいものです。

簡潔に好みを知りたい!というのは多くのユーザーが望むことでしょう。

withでは、そんな悩みを吹き飛ばす「好みカード」という機能があります。

自分の好みのカードをタップして選択することで、おしゃれでわかりやすいプロフィールを作ることができます。

 

だらだら書いてある自己紹介文や挨拶だけの自己紹介文はあまり参考にならないですが、これならわかりやすい!

キャッチーな画像とシンプルな文字がいい感じです。

しかも、好みカードは相手との共通点や相性なども知ることができます。

上の画像だと「お酒好きだけど弱い」「カフェでゆっくり」「タバコ吸わない」の3つは相手の特徴ですが「恋愛の比重がぴったり」というのは自分と相手の相性がいいという表示です。

ここまで便利だと効率的に相手探しをすることができます!

 

with(ウィズ)にはマッチしやすい工夫がたくさん!

with marriage

マッチングアプリによくある「本日のピックアップ」ですが、withにもあります。withのピックアップは、心理テストや性格診断を参考に表示されます。

他のマッチングアプリのピックアップされる人は、住んでいる場所が近いとか、お酒が好きとか、それだけでピックアップする?という人が多い傾向があります。

その点、withのピックアップは統計的なので参考になります。

 

with(ウィズ)を使った婚活テクを活用してみよう!

個人差はあると思いますが、withは婚活に使えます。

正直、マッチングアプリの中には、いいね合戦のようなアプリもありますよね。withはそういったアプリと比較するといいねの数は少ないかもしれませんが、いいねの質で勝負できると感じます。

婚活中の方は、試してみてはいかがでしょうか。

 

編集部おすすめマッチングアプリ・出会い系ランキング【2019年最新版】

マッチングアプリ「with」の評判や口コミを調査!外見に自信がなくてもマッチングするのは本当!?

 

The following two tabs change content below.
編集部 翔太

編集部 翔太

29歳、独身。趣味は銀座コリドー街で飲み歩き。 最近は婚活のためマッチングアプリを14個登録。 好きなタイプは黒髪美人!

ライター紹介はこちら