withは再登録可能?退会再登録前に気を付けるべき点

                                       
                                   

withマッチングアプリの中でも、とても人気が高いです。
しかし何らかのきっかけで退会してしまった人もいるでしょう。

ではそこから再登録してwithを再開した場合、どんな条件があるのか?何かデメリットはあるのか?など、withの再登録に関して解説します。

無料でwith(ウィズ)を試してみる

with(ウィズ)の詳細はコチラ↓

with退会はデメリットが多い

withを退会すると、データが消えてしまったり、一定期間再登録できなかったりと不便な部分が多いです。

もしも今後使う予定があるなばら、退会せずに一度考え直してみてください。
無料会員としてアカウントを残しておくだけでも、出会いがあるかもしれません。

退会の注意点

再登録するということは、つまり一度退会することになります。
しかし退会にはデメリットが多いです。

まずは退会時のデメリットを解説します。

全データ消滅

出会い系サイトやマッチングアプリの中には、プロフィールなどのデータを数ヶ月保存してくれるものもあります。
前回のアカウントデータがそのまま使えると、再登録の際にも便利ですね。

しかしwithは全てのデータが消えます。プロフィールはもちろん、メッセージのやりとり、マッチングの履歴まで消えてしまうので、再登録の際にかなり不便です。

30日再登録不可

アプリによっては、すぐに再登録できるものもありますがwithを一度退会してしまうと、30日間再登録できません。
なんらかの事情で一時的に退会しなければいけないこともあるでしょう。
しかし次回利用するまでには30日待たなければいけません。

withって一回退会したら本当に1ヶ月再登録できないんだ泣ペアーズから早く移行したいンゴ
引用元:Twitter

すぐに登録できるだろうと考えたり、誤って退会してしまった場合、すぐに再登録できないのは大きなデメリットです。

なぜ再登録に期間が必要なのか?

なぜ再登録に期間が必要なのか?
中には退会したけど、すぐに再登録したいと考える人もいるでしょう。
しかしなぜwithは退会から再登録がすぐにできないのか?その理由を解説します

悪質ユーザー排除のため

退会と再登録を繰り返すユーザーのほとんどは、業者である可能性が高いです。
一般的に考えて、真剣に出会いを求めているのであれば、わざわざ退会と再登録を繰り返すことはありません。

このような悪質ユーザーや迷惑ユーザーを排除するための取り組みでもあります。

ユーザーがストレスなく利用するため

例えばあなたが気に入ったユーザーがいたとして、その相手が退会したり再登録したりを繰り返していると、物凄く面倒に感じますよね。

マッチングしたばかりなのに退会され、諦めようと思ったら再度検索で表示され…となると、非常に使いにくく感じるでしょう。
またwith運営に対しても不信感が募ってしまうでしょう。

このように真剣にwithを利用している人のためにも、再登録がすぐできなくなっているのです。

浮気防止

withは真剣な出会いを応援するためのアプリです。
そのためFacebookアカウントで連携して登録する場合、交際ステータスが「既婚」や「交際中」では登録できません。

再登録に関しても浮気防止のためです。
例えばwithで出会って、カップルで一緒にwithを退会した場合、再登録が可能になると、浮気に繋がってしまいます。

withでセフレを作る方法はコチラ

すぐに再登録したい場合

どうしてもwithに再登録したい場合、すぐに登録できるいくつかの方法を解説します。
ただし前のアカウントをそのまま使えるということはありません。

認証方法を変える

withに登録する方法は2つ。

・Facebookアカウントと連携
・電話番号で登録

つまり前回Facebookアカウントで登録した場合、今度は電話番号で登録すれば良いのです。
ただし認証方法は2通りしかないので、すぐに再登録できても1回まで。
何度も再登録できる方法ではありません。

Facebookの別アカウントで登録

Facebookで連携して登録する場合、Facebookアカウントを複数持っていればいくらでも登録可能です。
ただしそもそもFacebook自体が、複数のアカウントを作成することを禁じています。

Facebookは、利用者同士が実名を使って交流するコミュニティです。複数の個人アカウントを持つことはFacebookコミュニティ規定に反します。
引用元:Facebook

しかし実際には、新規アカウントを作成することも可能です。
新規Facebookアカウントを作れれば、withの再登録もできます。
ただFacebookの認証も手間がかかるので、複数のアカウントを作るのは面倒です。

再登録方法

再登録方法
裏技ではなく、30日待った場合の再登録方法を解説します。
データが全て消えるので、ほぼ新規登録の流れと同じだと考えてください。

withの登録方法はコチラ↓

1,トップページから「Facebookではじめる」「Facebookをお持ちでない方」のどちらかをタップ(以下は「Facebookではじめる場合」)
2,Facebookでログイン
3,Facebookアカウント情報連携
4,プロフィール入力
5,価値観・性格を診断

一度登録しているならば、ここまでの流れは問題なく進められるでしょう。

無料でwith(ウィズ)を試してみる

再登録の注意点

30日経過すれば問題なく退会できますが、再登録する際にはいくつか注意しておかなければいけないこともあります。

ブロックした相手と出会ってしまう

withは前アカウントの情報が引き継げないので、前アカウントでブロックしていた相手にも表示されるようになってしまいます。

相手のことを覚えているならば、再度検索してブロックすることも可能ですが、なかなか覚えている人もいないでしょう。
もし再度出会いたくない場合は、プロフィールや画像などを変えておかなければいけません。

前回マッチングした相手と出会ってしまう

前回マッチングしたのに実際に会うまで至らなかったり、会話の途中だった場合、再登録して見つかってしまうと、多少気まずい雰囲気になるでしょう。

この場合も、対処法としては自己紹介や写真を変えておくしかありません。
もしも相手に気づかれて「いいね」を押された場合は、理由を説明するか「いいね」を押されても無視しておきましょう。

再登録ではなく「休憩モード」がおすすめ

再登録ではなく「休憩モード」がおすすめ
実はwithには「休憩モード」という便利な機能があります。
「退会してデータがなくなるのは嫌だけど少し休憩したい」そんな人は休憩モードを活用しましょう。

異性へ非表示

休憩モードを設定すると、異性に対してアカウントが非表示となります。

・超性格分析マッチング
・イベント
・好みカード
・さがすタブ

全てにおいて非表示となるので、少しの間だけ誰からも見られたくない場合も使える機能です。

ただし

・異性とマッチングしている
・自分から「いいね」を送った相手
・異性からお気に入り登録されている

上記の場合は、相手から閲覧できてしまいますし、メッセージを送ることもできます。

ボーナスは変わらず付与

withではログインボーナスや毎月の「いいね」付与などがあります。
退会~再登録の場合、退会中はもちろんボーナスはもらえません。

しかし休憩モードならば、これらの特典も付与されます。

休憩モードの料金

休憩モードに設定することに対して特別に料金がかかることはありません。
しかし有料会員の場合、休憩モードに設定していても変わらず月額料金が発生します。

つまり金銭面の負担を避けたい場合、休憩モードは意味がありません。
ただし休憩モードは無料会員でも利用できるので、一度有料会員を解約して、アカウントは残したまま、無料会員で休憩モードに設定するのが良いでしょう。

休憩モード設定方法

休憩モードの設定は簡単です。

1,マイページ「各種設定」をタップ
2,「休憩モードの設定」をタップ
3,設定ページで「ON」にチェックして「更新する」

休憩モードを解除する場合は、設定ページで「OFF」にチェックして「更新する」で解除できます。

再登録ではなく「休憩モード」を使おう

再登録ではなく「休憩モード」を使おう

withは退会するよりも「休憩モード」を上手く使った方が良いです。
すぐに再開するかもしれないと思うならば、まず休憩モードで様子を見ましょう。

勢いだけで退会してしまうと、すぐに再登録できず面倒になります。
休憩モードを上手く利用して、withを使いこなしてください。

無料でwith(ウィズ)を試してみる

関連記事



The following two tabs change content below.
編集部 翔太

編集部 翔太

29歳、独身。趣味は銀座コリドー街で飲み歩き。 最近は婚活のためマッチングアプリを14個登録。 好きなタイプは黒髪美人!

ライター紹介はこちら