妊婦ってセックスOKなの?セックス中に気をつける事とは

                                       
                                   

妊娠中のセックスってしても良いものなのか、駄目なのか。もしするなら注意しなければならない事など、分からない事が沢山ありますよね。 そこで今回は、妊婦が行うセックスでの疑問を詳しく検証していきたいと思います。 妊娠中のセックスで悩んでいる女性や男性の方も、ぜひ参考にして二人のセックスを大切にしてくださいね。

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

妊婦とのセックスは気遣いが最大のコツ

妊娠中のセックスの事は、医師であってもなかなか聞きずらい話題ですよね。 妊娠中のセックスは禁止されているわけではありませんが、していい時と、控えるべき時があります。 そこをしっかりと理解した上でするセックスは基本的に問題ないと言われています。 妊婦の体調は初期や後期によっても変化があるので、夫婦で理解しあえる事が大切になってきます。 妊娠中のセックスを控える必要はありませんが、女性の体調、そしてお腹の中の赤ちゃんを優先してあげられる気持ちが大切です。

妊娠中にセックスしても大丈夫?

sex pregnant woman

妊婦になってのセックスは、色々と不安もあると思います。 基本的に妊娠中のセックスを医師が止めていない限り、セックスしてもかまわないと言われています。 ですが妊婦の身体に負担がかかっている状態、「お腹が張っている」「子宮が収縮するような感じがする」という場合はしっかりと身体を休ませる事が大切です。 また医師からストップがかかっている場合なども同じ事が言えます。 妊娠中の妊婦の身体はめまぐるしく変化します。 大事なのは、その時の妊婦の体調に合わせてセックスが出来るかという事なのです。

妊娠初期~後期までで気をつける事とは

妊婦の身体は妊娠初期から後期まで変化し続けます。 ここでは妊婦とセックスをするにおき、妊娠初期から後期までの間に気を付ける事をご紹介していきます。

妊娠初期のセックスで妊婦が気を付ける事

セックスの趣向は人それぞれですが、セックスの際には服を脱ぎますが、お腹を冷やしてしまう事は赤ちゃんの為にも避けたほうがいいでしょう。 また全てのセックスにおいて言える事ですが、感染症に気を付ける為にも清潔な身体でセックスをするという事は、とても大事な事です。

感染症から守るためにゴムの装着をする

妊婦は妊娠してるのでゴムの装着の必要はないと思っていませんか? 妊娠中のセックスでは感染症のリスクを考えなければいけません。 セックスの時に生でペニスを挿入した場合、多少でも精液が出てしまう可能性があります。 精液の中には「プロスタグランディン」という成分があるのですが、これが子宮を収縮させてしまう要因になってしまう可能性があると言われています。 妊娠しない為にゴムの装着は必要ですよね。 妊娠してからは赤ちゃんの為にゴムを装着する必要があるので気を付けましょう。

妊娠後期のセックスで妊婦が気を付ける事

妊娠後期から臨月になってくると、子宮の収縮が早産に繋がる事があります。 なのでセックスの途中であっても、おかしいと思ったり、お腹がきゅーっと張ってきたらすぐに止める事が大切です。 男性からしてみるとセックスを途中で止めるのはなかなか難しいかもしれませんが、もし止める事が出来ないなら初めからやらないと決めた方がマシです。 セックスを続けてしまった事で、子宮が刺激されてしまい陣痛が始まってしまったらもう後に引く事は出来ません。 また、臨月になると赤ちゃんが子宮の方へ、下に下にと下がってきます。 もし検診で子宮口が少しだけど開いていると言われてしまったら、セックスをするのを控えてあげましょう

セックスの途中で痛みを感じる事がある

sex pregnant woman

妊婦とセックスをすると、ときおり痛みを感じる事があります。 これは「自分は妊婦だ」という先入観をもちながらセックスをする事で、行為に集中できない事が原因と考えられているんですね。 セックスは気持ちでするものなので、女性側が濡れないとセックスの挿入の時に痛みを感じてしまうのです。 また、妊婦は常にお腹が張りやすくなっています。 お腹が張る事は妊婦にとって危険信号のひとつでもある事を頭に入れておきましょう。 また胎児が双子など場合は、通常のお産よりも早産、流産のリスクが高くなってしまうので、セックスは避けるべきだと言われています。

妊娠初期のセックスを妊婦はどう感じているのか?

妊娠初期はセックスをしてはダメというルールはありませんが、比較的避けている傾向があります。 理由は、妊娠初期の妊婦は多くの場合つわりが付きまとうので、そもそもセックスをしたいという意欲がなくなってしまう事から言える事なのです。 また、普段通りにセックスをした時、ペニスを深く挿入した事で子宮に刺激を与えてしまうんじゃないかと心配している為です。

妊婦のセックスで感じ過ぎるとダメ?

妊婦が感じ過ぎると危険という事はないですが、セックスでオーガズムを感じてしまうと、子宮収縮を起こす原因になる可能性があると言われています。 オーガズムより、前戯の時に乳頭を刺激することで、子宮がきゅーっと痛くなる事があります。 これは子宮収縮が起こっているので、気をつける必要があります。

妊婦のセックスで胎児への影響は?

sex pregnant woman

激しいセックスをした時、胎児に影響があるんじゃないかと心配になる事があると思います。 セックスが胎児に直接影響を与える事はほとんどないと言われています。 セックスの際に行われる性器の挿入についても、赤ちゃんはお腹の中で羊水に守られているので安心出来ます。 初期の流産などは、染色体異常や遺伝子異常などで流産してしまう場合がほとんどです。 ですが直接原因がなくても、お腹を冷やしたり、激しいセックスをする事で子宮収縮を起こしていしまい出血の原因になる事は事実です。

妊婦とのセックスは男性側からどう感じるのか

実際に妊娠中にセックスをした男性は、妊婦とのセックスをどう感じているのでしょうか。 男性によっては、セックスをしていても赤ちゃんの事が気になってしまうという意見もある様です。 また、深く挿入した時は、赤ちゃんに届いてしまうんじゃないかと思って怖かったという意見も……。 でも逆に、つわりが収まり性欲が戻った女性は普段よりもずっと魅力的で本能のままにセックスを楽しめたという意見もあります。 これは、つわりで出来なかったセックスが解禁されて余計に良く感じてしまうという事も理由の一つです。 妊婦とのセックスを経験した男性の多くが、あらかじめ女性の気分や体調が変わるという事を想定しておく事が大切だと言っています。 セックスの途中では突然女性がナーバスになってしまう事も……。 ですがホルモンのバランスが不安定なので仕方がない事を知っておかなければならないという事です。 お腹が大きくなってくると、セックスの途中で赤ちゃんが蹴ったりする事もあるようで、不思議な気持ちを体験できるそうです。 あらかじめ想定しておくことで、女性の気持ちに寄り添う事ができ、心が通じあう様なセックスを楽しめるんですね。

妊婦がセックスをすると性交痛や筋腫が出来たりするの?

妊娠中は、エストロゲンの分泌が少なくなってしまうため、膣粘膜が乾燥しやすなったり薄くなったりします。 そうすると挿入した時にヒリヒリと擦れるような痛みを感じてしまう事があるんです。 エストロゲンが原因の場合は、セックスの時に潤滑ジェルなどを使用してみると改善される事があるのでおすすめです。 もし改善されない場合は、「萎縮性膣炎」になっている可能性があります。 通常はピンク色をしている膣粘膜が渇いて白くなってしまう状態の事を言います。 その場合はアカギレのように切れて時には出血する事もありますので医師に相談してみる事をおすすめします。

子宮筋腫が出来ると痛い?

子宮筋腫は、女性の五人に一人が持っていると言われています。 ほとんどの場合が良性ですが、妊娠した検査の際に見つかる事があります。 筋腫がある場所や、子宮内膜症の場所によってはセックスをした時の男性が挿入した時や、ピストン運動をした時に痛みが生じる事があります。 検査や経過などは担当の医師と良く相談しながら進めていくことが大切になります。 これらを踏まえた上で妊婦とセックスする時は普段セックスをしている時より、気にかけてあげる事が大切です。 女性側からしてみれば、セックスをしている時に痛みを感じる事を伝えてしまうと場が白けてしまうと思ってしまい、なかなか言えないものです。 男性の方から、「痛くない」や「大丈夫?」と聞いてあげる事で、女性が安心してセックスをする事が出来ます。

妊婦の性欲の変化について

sex pregnant woman

妊婦になると、身体の変化と共に性欲も変化していきます。 個人差もありますが、妊娠初期は「つわり」などの症状が出てきて匂いなどに敏感になります。 その関係で性欲が激減します。 そして中期に移り変わると、症状が落ち着き性欲が逆に高まってくる妊婦もいます。 後期になると、お腹が出てきますよね。 もうすぐ生まれるという心構えから再び性欲が落ちてくるようになってきます。

妊婦のセックスの頻度は

セックスの頻度も、人それぞれで何回という決まりはありません。 全ては女性側の体調と気分で変えていくと良いでしょう。 もし女性が気分がのらなかったり、体調が悪い場合は控える事が必要になります。

妊娠中のおすすめの体位は?

妊婦がセックスをする時に、楽な姿勢と言えば「測位スタイル」です。 これは、横向きに女性が寝た状態で後ろから男性に挿入してもらうセックススタイルです。 この方法であれば妊婦であっても楽な体制でセックスが出来ます。 日頃あまりしない体制ですが、妊婦だという事を夫に理解してもらいながら楽しみましょう。 この体制は男性側がピストン運動をした時、寝た状態なので他の体位よりも威力が半減されます。 またバックよりも正常位よりも身体の密着度が高いので、身体はもとより、精神的に満足が出来るセックスが出来ます。

妊娠中にNGなセックスは?

妊婦の後期はお腹がせり出て重くなってしまうので、腰痛が高い確率で痛くなってしまいます。 なのでバックなどの体位は腰を痛めかねませんし、正常位ではお腹が重くて苦しくなってしまうので、注意が必要。 また不潔な手で女性器に触ってしまうと、それだけで感染のリスクを高めるので注意が必要です。 後は、セックスの時間を短縮させる事も大事。 長くセックスをしているとお腹の張りの原因になる可能性が高いです。 普段からセックスの際に大人のオモチャを使っている人は、妊娠の間は避ける方が良いです。 前戯で手マンをしますが、やりすぎは子宮収縮に繋がりますのでほどほどに!

妊婦でのセックスは夫婦で良く話し合う

sex pregnant woman

妊婦とセックスをする際には、夫婦で良く話し合い理解してもらう事が大切です。 夫が求めているからとお腹が張っているのにセックスをするのはNGです。 例えばセックスが出来ない代わりにフェラをしてほしいという男性がいますが、匂いの感性が強くなっている妊娠初期には辛い事です。 ですが妊娠してない女性とは違って、どうしても男性は性欲が溜まってしまいがちですよね。 なのでどうしても仕方ない時は、自分自身で処理をしてあげる事も優しさのひとつになります。

妊娠後のセックスレスにならない為に

妊娠中は10ヶ月あるのですが、その間セックスをしなかった事で、出産後にそのままセックスレスになった夫婦が以外に多いと言われています。 セックスをしなかった理由は様々ですが、出産後にセックスレスにならない為には、夫婦で話あったりする事も大切になります。 「妊娠中は出来なくて当然」という妊婦の態度は、その後のセックスレスの種になる可能性があります。 男性(夫)に理解してもらう事は大切ですが、男性の気持ちを考えてあげる事が大切だという事を女性も知っておかなければいけません。 妊娠中にセックスが出来ないけれど、体調がおさまったらいつでもセックスが出来る環境を作ってあげる事で、セックスをしやすい空気が作れるはずです。

最後に

sex pregnant woman

いかがでしょうか?妊娠中のセックスは控えたり駄目な事も多く、制限されてしまう事もあります。 でもせっかくお腹の中に宿った小さな赤ちゃんの為、ママの為でもあるので男性が理解してあげる事が大事なんですね。 妊婦とセックスする事は時に男性からしても怖いものかもしれません。 ですが女性の身体の事を考えながら優しく接する事で、二人にとって良いセックスになるはずです。 妊娠の後の事もありますので、二人で相談しながら決めていくのも良いですね。

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

The following two tabs change content below.
編集部 庵

編集部 庵

好奇心旺盛girl。色んなマッチングアプリを体験中。 最近韓国にハマりすぎて1時間でハングルを制覇。彼氏と韓国デートに行くことが今の目標。(彼氏いないけど)

ライター紹介はこちら