女子が本当に好きな体位9選!マンネリ防止の上級者向け体位も

                                       
                                   

セックスを気持ち良くするために大切なのは、どのような体位でピストンするのかということです。いつも同じ体位でセックスしていれば、いつかマンネリ化するよことになってしまいます。そこでこの記事では女性の視点から考えた、気持ち良い体位を紹介していきます。

セックスの体位がいつも同じ

sexposition

彼女と初めてセックスするときは気持ち良くて仕方ないものですが、付き合いが長くなり、何度もセックスをしているとマンネリ化してしまうことも多いです。

気持ち良くないわけではありませんが、付き合ったばかりの頃に比べると興奮しなくなってしまうでしょう。そしてそれは女性にとっても同じです。

場合によってはセックスのマンネリ化が原因で浮気を誘発してしまうことさえあります。いつも同じ体位でセックスしていえば、飽きてしまうのも当然ですので、この記事でもう一度、彼女と気持ちの良いセックスができるように勉強していきましょう。

一回のセックスで体位を変える回数は?

セックスをしているときにはいくつか体位を変更しますが、平均でその回数は3~4回となっています。これよりも体位のバリエーションが少ないと、男女ともに飽きてしまい、マンネリ化しやすくなってしまうでしょう。

また、これより体位が多いのも問題です。女性は同じところを何度も刺激されて、徐々に気持ち良くなっていきます。そのため、体位が何度も変わって、刺激される部分や感覚がその度に変わってしまうと、イキにくくなってしまうのです。

何度も体位を変えれば、雰囲気も冷めてしまうでしょう。そのため、体位を変更する回数には気を配っておいてください。

セックス嫌いな彼女をどうすればいい?セックス嫌いの改善方法を検証!

女子が好きな体位の共通点

女子が好きな体位には以下のような様々な共通点があります。

・姿勢が楽かどうか

・ペニスが性感帯に当たるかどうか

・互いの身体が触れ合う面積が広いかどうか

・男性のピストンのスピードが速くできる体位かどうか

・奥まで挿入できるかどうか

これらは個人によっての好みもあるため、必ずしも全ての条件を満たす体位が彼女の好きな体位であるとは言えないでしょう。

しかし気持ち良さを感じやすい共通点ではあるため、セックスのときにはこれらの条件をしっかりと考え、それに適した体位を行うようにしてください。

女子が本当に好きな体位【基本編】

sexposition

ここからは女子が本当に好きな体位を紹介していきましょう。まずは基本編からです。多くの人が実践している一般的な体位ですが、だからこそ好きな女性も多い体位となります。この体位でセックスをしないで、気持ち良いセックスをすることはできないため、しっかりチェックしておきましょう。

正常位

正常位は仰向けの女性の足を広げペニスを挿入する体位です。セックスの一番基本となる体位ですので、誰もが知っているでしょう。

正常位は互いの顔を見ながらセックスすることができますし、男性がピストンしやすいという特徴があります。さらに胸を攻めたり、クリトリスをイジりながらピストンしたりすることもできるでしょう。

そのため、様々な体位を試したけど、結局正常位が一番気持ち良いと言う女性も多いです。女性が慣れているという点も人気の理由となります。

後背位(バック)

後背位は女性が四つん這いになり、男性が後ろからペニスを挿入する体位のことです。バックと呼ばれることが多いですが、これもセックスで一般的に行われる体位となります。

バックはお尻を突き出すような形で挿入するため、ペニスが深くまで挿入できるというメリットがあります。奥まで挿入されるのが好きな女性であれば、正常位よりもバックを好むでしょう。

男性としても女性の腰を持てるため、ピストンしやすいです。しかし女性が喘いでいる顔を見れないというデメリットもあります。

騎乗位

騎乗位は仰向けになった男性の上に女性が乗り、女性側が腰を上下させる体位です。女性が攻める体位となるため、Mの男性、そしてSの女性が好む体位となります。

基本的には女性が動くことになるため、自分が気持ち良いように調整しやすいという点では女性側にメリットがある体位です。男性が胸やクリトリスも同時に攻めやすいため、気持ち良くなりやすい体位でもあります。

しかし女性の中には「疲れるから嫌だ」と言う人も多いです。また、自分がセックスを主導することを恥ずかしがる女性も多いため、好みが分かれる体位となります。

セックスしたい男性必見!女性がセックスに求めるものとは?

女子が本当に好きな体位【中級者編】

sexposition

基本的な体位を紹介してきましたが、ここからは中級者向けの体位を紹介していきます。たくさん体位を覚えることで、セックスのマンネリ化を防ぐことができるため、やったことのない体位がある場合は実践してみましょう。

座位

座位は男性が座り、その上に女性が乗ってペニスを入れる体位です。抱き合った状態でセックスできる体位ですので、触れ合う体の面積が広く、女子人気の高い体位となります。

基本的に座位も女性が腰を動かす体位です。腰をくねくねと動かしたり、細かく上下に動かしたりすることで気持ち良くなれます。

座位のデメリットは激しいピストンをすることができないというところです。そのため、男性には座位があまり好きではないという人も多いです。

立位

立位は男女が立った状態でセックスする体位です。女性の片足を持ちあげて行う立位もあれば、立った状態で女性の後ろから挿入する立ちバックという体位もあります。

立位はペニスが奥まで挿入できるというメリットもありますが、それ以上に様々な場所でセックスできるというメリットも大きいです。

部屋のあらゆる場所でセックスできるため、気分を変えるためには最適な体位でしょう。ただし、体勢がきついという難点もあります。

側位

側位は互いが横向きに寝て、男性が後ろからペニスを挿入する体位です。女性の足は閉じた状態でも良いですし、片足だけ持ち上げて行ってもかまいません。

側位の良いところは体勢が楽なところです。疲れたときは休憩のついでに側位をすることで、セックスを続けながら体力を回復することができます。つまり側位を取り入れることで、長くセックスできるのです。

逆に悪いところは腰を動かしにくいところです。そのため、側位で射精をするのは難しいでしょう。あくまでセックスに変化を入れるための体位となります。

セックスとキスは切ってもきれない関係?セックス中のキスを徹底検証

女子が本当に好きな体位【上級者編】

sexposition

敷き小股(寝バック)

敷き小股は女性がうつ伏せになった状態で男性が背後から挿入する体位のことです。寝バックとも言いますが、この体位の良いところは締まりが良いということでしょう。

締まりが良ければ男女ともに性器への刺激が強くなるため、さらに気持ち良くなれます。ただしペニスが抜けやすいというデメリットがあり、ある程度経験豊富でなければうまくピストンできない体位です、

達磨返し

達磨返しは正常位の体勢で、足を紐で結んでセックスをする体位です。足を閉じた状態、そして膝を曲げた状態になるように足をタオルや縄で結ぶことで、膣圧が上がり男女ともに気持ち良くなることができます。

紐を使うのが面倒な場合、男性が手で足を閉じながらピストンしても良いです。聞くと難しそうですが、一度やってみれば簡単にできるため試してみてください。

松葉崩し

松葉崩しは女性が横向きに寝て、男性が片足を持ち上げて挿入する体位です。ペニスを深く挿入できますし、性感帯を刺激しやすいことから、中イキさせやすい体位としても有名な体位となります。

松葉崩しでは片足だけを持ち上げることになるため、女性が足を痛めやすいです。そのため、痛みがないかしっかり確認しながらピストンするようにしましょう。特に激しくピストンするときは注意してください。

身長差があるカップルの体位

sexposition

身長差があるカップルの場合、体位によってはセックスがし辛いことがあります。立ちバックに関しては、どう頑張ってもできないカップルもいるでしょう。

バックも身長差があるとセックスし辛い体位となりますが、クッションを使って高さを調整することで、うまくセックスできるようになります。

正常位や座位、騎乗位のような体位であれば、身長差はあまり影響しません。そのため、身長差が影響しない体位を選んでセックスするというのも一つの対策として有効です。

セックスの体位に関する注意点

女子が気持ち良くなれる体位を紹介してきましたが、必ずしも今回紹介した体位で全ての女性が気持ち良くなるわけではありません。個人差があるのです。

人によって好きな体位は変わるものですし、バック系の体位が全般嫌いだという人もいます。そのため、女性が気持ち良いかどうかということは、セックスのときに表情を確認したり、直接聞いてみたりすることが大切です。

変わった体位よりもシンプルな体位でセックスしたいという女性も少なくないため、テクニックを披露したいがために無理な体位でセックスをするのはやめておきましょう。

最後に

sexposition

女子が気持ち良くなれるかどうかは体位だけでなく、前戯やテクニックも大切なこととなります。今回紹介した体位を実践すれば、彼女をイカせることができるというわけではないため、しっかり体位以外のテクニックも学んで、彼女を気持ち良くさせてあげましょう。

手マンで潮吹きはもう古い?女子を簡単に潮吹させる方法・テクニック

女性の仕草を見逃すな!女性がエッチを求める時とは?

オーガズムを研究する事で女性を虜にしてみよう!

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら