今更聞けない!セックスの手順ってどうすればいいの?

                                       
                                   

セックスの手順といっても人それぞれ違っていても構わないものなのですが、今回はその中でもスタンダードなセックスの手順を検証していきます!まだセックス未経験の方もぜひ参考にしてみてくださいね。

セックスは焦らず落ち着いて挑めば怖くない

セックスを初めてする時は、男性でも女性でもドキドキするものです。

確かにセックスをする際に手順は重要ですが、不慣れで出来なくても気持ちでいくらでもカバー出来るのがセックスの良い所です。それをふまえた上でセックスの手順をしっかりと憶えてセックスをした相手に、「凄く良かった」と言われるように頑張ってみてくださいね。

セックスのスタンダードな手順とは

sex procedure
まだセックスを体験したことのない人には、セックスの手順が分からなく悩んでしまう事もありますよね。
セックスは前戯から始まり挿入を行って後戯で終わります。ここでは基本的なセックスの手順をご紹介して行きます。
あくまでスタンダードなやり方なので、二人だけのオリジナルをどんどん作っていきながらセックスをするのもオススメですよ。

まずは身体を綺麗にしてあげる

雰囲気に流されてしまったり感情が高ぶってそのままセックスに突入したというという事もありますが、初めてのセックスではおそらくホテルや部屋でゆっくりと時間をかけて行われる事が多いと思います。

なので身体を綺麗にしてあげられる時間をとってあげる事が基本的なセックスの導入になります。

理由はセックスはキスやハグだけではなく身体の全てをつかうので、出来れば綺麗な方がお互いに気持ちよくセックスが出来ます。

特に最初のセックスでイメージが悪いと、次回からのセックスに対してマイナスな気持ちになってしまいがちになる事もあります。

シャワーで身体の隅々まであらって、清潔な身体でセックスが出来るように心がけると良いですね。

セックスで重要な前戯

sex procedure

セックスでイメージするのは挿入のイメージが強いですが、セックスにおいてとても大事なのは前戯です。

この前戯をきちんとしていないのセックスを失敗してしまう事もあるので注意が必要です。
男性の方はとにかく早く挿入したいと思われる事もあるでしょうが、しっかりと女性の身体がペニスを受け入れてくれる準備が出来るように前戯を丁寧にしてあげてくださいね。

キス

前戯の中でもキスが好きという女性は多いです。胸を触られるよりキスに感じてしまう理由は、女性は気持ちでセックスをする事と関係があります。

言葉で話されなくてもキスをすればその人の感情が伝わります。

強引なキスだったり、優しくてついばむ様なキスであったり、キスひとつで色々なパターンがあります。

そのひとつひとつに感情が込められていてそれを女性はキャッチするのです。なので自分を求めてくれていると思ったり、愛しさを感じるキスの愛撫で女性は性感帯を刺激され気持ちよくなって濡れたりします。

よく「キスだけで濡れる」という言葉を聞きますがあれはリアルにある事なのです。

キスが上手い男性はキスだけで本当に女性を濡らす事が可能です。それだけセックスにおいてキスは重要なポイントになります。

女性に気持ちいいキスをするためにも、唇のケアはしっかりとしておきましょう。

触れた唇がカサカサだったり皮がめくれてたりすると女性の心は掴めません。日頃から唇のケアをサッとしておくだけでイザというとき安心ですよ。
 

キスをしながら手も使ってみる

sex procedure

セックスの前戯のひとつであるキスにはディープキスとフレンチキスがあります。

最初はフレンチキスから責めるほうが初心者の方にはオススメです。

ついばむようにゆっくりキスをしてみたり、お互いの目をみながら何度も短くて浅いキスをかわします。

その時、手がおろそかにならないように女性の肩を持ってみたり、抱きしめる様な形をとってみるのも良いですね。

女性のうなじに手をおきキスをしてみたり、手を繋ぎながらキスをするのも喜ばれます。

セックスをする為にはキスの先に進む必要があるので、キスをしながら手を使う事も大切です。

ディープキスのタイミングは基本的にいつでもOK。

セックスに慣れた人は最初からディープキスで一気に女性の心を煽るテクニックを使ったりもしますが、初心者の人は慣れてきた所でゆっくりとディープキスに切り替えてみてくださいね。

胸を触ってあげる

胸を触る時はいきなり直に触ると慣れていない女性は驚いてしまいセックスの世界から意識がとび出てしまう可能性があるので、まずは服の上からゆっくりと撫でるように触ってあげます。

服の上から触ってあげる事で、「今から触るよ」と女性にじっくりと分からせてあげる事ができ女性の心の準備が出来るのです。

胸を触ってあげる時はただ胸を触るんじゃなく鎖骨や首すじ、唇にキスをしながらの合わせ技で女性の気分を盛り上げてあげましょう。

そしてゆっくりと胸を触っていきます。女性の胸はとても柔らかいので掌でゆっくりと揉みほぐしてあげるような感じを意識しながら揉んであげます。
 

乳首を刺激してあげる

この時ただ揉むだけでなく、女性が感じているかどうかを観察するのもポイントです。胸を大きく揉んであげながら乳首を刺激してあげます。

乳首は強く触ると痛いので、ソフトに触ってあげる事を心がけてくださいね。

乳首を指で挟んでコリコリと刺激を与えてあげたり、唇にふくみ舌先で転がしてあげるのも女性が気持ちいいと感じる愛撫です。

唾液で乳首が濡れる事で滑りがスムーズになるともっと気持ちよくなります。

片方の胸を舌で愛撫して、もう片方の胸を手で愛撫してあげるとWで性感帯を刺激出来ますよ。

服の脱がし方は出来るだけスムーズに

sex procedure

セックスの時に服を脱がす事に手間取ると女性の気持ちは冷めてしまう事もあるので要注意です。

まず服を脱がすのは、胸の愛撫と同時進行でやっていくのがベターです。

今から服を脱がすぞ!」じゃなくいつのまにか服を脱がされていたと女性が感じるような脱がし方が上手い脱がせ方です。

でも、最初はなかなか難しいですよね。

しかも前にボタンがある服なら尚更手間がかかり「早く脱がさなきゃ」と焦ってしまいがちになりますが、そんな時は愛撫に時間をかけているフリをすると女性も気分を損なわれなくてすみますね。

ブラは背にホックがついているのが普通なので片手で外す必要があります。

ブラを外すコツは指で挟んで一瞬縮めるとホックが取れるので後は手を離します。

慣れてないと少し緊張するかもしれませんが、焦らなければ出来るので大丈夫ですよ。

余裕があるなら耳への愛撫も

sex procedure

女性の中には耳が性感帯という人も少なくありません。

ただ耳は、くすぐったがる人もいるので女性が止めてほしがるそぶりをみせたらサッと引いてあげてくださいね。

耳への愛撫はさわってあげるのではなく、聴覚の刺激として愛撫をします。

耳元でささやかれるとゾクっとしますよね。その効果を使って耳元で「気持ちいい?」と聞いてみたりエッチな言葉でせめたててあげるのもオススメ。

もし、そんな事出来ないと人は、優しく耳の中を舐めてあげるだけでも効果を感じる事が出来ます。

普通に舐めているだけでも聴覚から響く音は脳にダイレクトに響くので女性の身体は反応してくれるのです。

ゆっくりと下半身へ移動

sex procedure

上半身を愛撫したら次はゆっくりと下半身へと手をおろしていきます。

この時いきなりおろすのではなく、片方の手は上半身を愛撫したままにするか、口での愛撫をして女性の身体の愛撫を止めないまま腰から下がって行くイメージでやっていってくださいね。

腰から下ろした手をゆっくりと女性の下着に触れさせ、まずは下着の上から愛撫していきます。

女性が濡れている事が確認出来たらゆっくりと直接触って下着を脱がしていきます。

下着を脱がそうとすると、大抵は女性が腰を浮かしてくれる仕草をとってくれるので簡単に脱がす事が出来るはずです。

スカートは脱がすのが簡単ですが、パンツスタイルの女性の場合は脱がせにくくもあるのですが、絶対に焦らない事が大切です。

あくまで流れに沿うような感じをイメージしてセックスのムードを壊さないようにしましょう。

ヴァギナの愛撫

下着が濡れていたら当然ヴァギナも濡れている状態となっています。

ヴァギナは花びらのように手で広げてあげる事が出来ます。

ヴァギナへの愛撫は中指でクリトリスを滑らせてみたり、側面を愛撫してあげると女性は気持ちがいいです。

女性の身体はクリトリスを愛撫してあげるだけで十分イク事が出来ます。

実際挿入でイッた事のない人もクリトリスでの絶頂は毎回経験しているほどです。

それほど過敏な部分であるクリトリスは優しく扱わなければいけません。特に濡れていない状態でクリトリスを激しくこすったりすると女性は痛みを感じてしまいます。

重要なのはクリトリスを触って刺激する事ではなく、濡れたクリトリスを愛撫してあげる事です。

同じクリトリスを触る行為でもまったく違ってきますので気をつけてくださいね。

膣の中の愛撫

ペニスを挿入するまえに、まずは指で膣の中をほぐしてあげる事が大切です。

特に初めての女性は膣が狭かったり、しばらくセックスをしていない女性も同じような状況が起りえます。

膣の中には、まずはゆっくり指を一本入れていきましょう。この時女性の様子を確認しながら、ゆっくりと指で膣の中をピストンしてあげます。
痛がらないようだったら、もう一本増やしてみるのも良いですし、大丈夫そうだったらペニスを入れる準備が整ったと思ってもかまわないと思います。

よくAVをみていると指を三本いれたりして激しくピストンしている様子も観られますが、あれはパフォーマンスの一部なので大抵は指一本で慣らしてあげるくらいで十分です。

女性によっては、手マンを嫌がる人もいます。

ペニスは指よりずっと大きいですが、形は滑らかになっているので膣の中に入った後は違和感を感じません。ですが指は関節があるので、愛液があったとしても嫌がる女性もいますので女性にあわせた形でセックスをしていくことが大切ですよ。

男性からしてみれば早く挿入したいと思う気持ちはあると思いますが、女性の身体がしっかりと濡れないと挿入したときに愛液が足らず、潤滑油の役目を果たす事が出来ないのです。

挿入するまではひたすら女性を感じさせ続けなければならないのはなんだか理不尽な気もしますが、それだけ女性が男性の身体を受け入れるのは負担のかかる事なのです。

濡れない時はクンニが効果的

sex procedure

セックスをしていても、どうしても女性の気分がのらずに身体が濡れない時もあると思います。

そんな時女性は男性に対して申し訳なく思ってしまう事もあるのです。

ただ気分がのらない時もありますが、緊張してしまう事で身体が濡れない事もよくある事で女性にはどうしようもない時も……。

けれど濡れるのは女性の感情と繋がっていますので、濡れたいと思っても濡れなかったり逆に濡れたくなくても濡れてしまったりするものです。

もし濡れて欲しいのに濡れない時は、男性は行うクンニが効果的です。クンニは男性の舌でヴァギナや膣を愛撫していきます。

男性に指で愛撫されるよりも舌でされる愛撫の方が気持ちいいという女性もいます。

クンニの方法は舌で大陰唇をゆっくりなどるように舐めてあげたり、クリトリスを舌で刺激したり吸ってみたりする事で刺激を与えます。

クンニする事で唾液が交わり、愛液の代わりとなって潤滑油の役割を果たしてくれペニスの挿入を助けてくれます。

女性はクンニされると気持ちがいいのでこのクンニでイク事もよくあります。

女性が意欲的ならフェラもおすすめ

唾液を潤滑油代わりにするならフェラも同じ役割が期待できます。フェラをしたことのない女性にも優しく教えてあげる事で嫌がらずにしてくれる女性も沢山います。
やった事のない女性を自分好みに育ててみるのもセックスの醍醐味ですよね。
はじめはぎこちなかったフェラも、セックスを重ねていくことで段々とテクニックが身についてくるようになります。

二人で一緒に楽しみたいなら69

どちらか片方だけじゃなく、二人で気持ちよくなりたいという人には69もピッタリです。
お互いに性器を舐め合う事で満足感も二倍になりますし、気持ちの盛り上がりも上がります。
気持ちが盛り上がった所で止めて挿入してみてもセックスを楽しめますよね。

女性の準備が整ったら挿入してみる

女性の身体が濡れほぐれたらペニスをゆっくり挿入してみてください。

ペニスは女性の膣にあてがい優しく押すような感じをイメージすると良いですね。

いきなり入れてしまうと痛かったりするのであくまでゆっくり行ってくださいね。

ペニスが女性の身体の中に全部入った事が確認できたら、ゆっくりと動かしていきます。

この時正常位や座位であれば、キスをしたりする事で女性の気持ちをリラックスさせてあげる事ができ雰囲気が盛り上がります。

他にも手を繋いであげたり同時に胸をせめたてたり、言葉をかけてあげたりと女性が喜んでくれればくれるだけ愛液が身体が出てきます。

そうする事で自然とペニスが滑りやすくなり男性が気持ちよくなれるのです。

セックスの後の後戯も大切

セックスが終わったあとの後戯も実は女性にとって大切なポイントです。

とはいえ、女性を更に愛撫したりするのではなく女性と一緒にセックスの後の時間を楽しむ事が後戯の役割のようなものです。

男性はセックスが終わるとすぐに服を着たりボーっとしたりと心がすぐ離れてしまいますが、女性はセックスの終わった後の時間を二人で楽しみたいと思っています。

なので、ベットの上で腕まくらをして一緒に抱きついてみたり、軽くキスをしながらセックスの時間が最高だったということを感じてほしいと願っているのです。

最後に

sex procedure

いかがでしょうか?今回はセックスの手順を詳しく検証していきました。ここで検証したものはあくまで一般的なもので全てではありません。セックスをする人がいる分だけ色々なセックスの形があればそれは最高の形となるわけです。ぜひこのセックスの手順を参考にして二人だけの手順を見つけながらセックスを楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら