中出しで妊娠する確率を時期や年齢別に解説!中出しで妊娠しない方法

                                       
                                   

中出しで妊娠する確率は時期や女性の年齢によって変わりますが、排卵時期であれば20%にもなります。

男性としては中出しセックスを夢見るものですが、そのリスクはかなり大きいのです。

しかし時期や方法を選べば、中出しセックスをしても妊娠する確率を減らすことができます。

そこでこの記事では、中出しで妊娠する確率や中出ししても妊娠しない方法などを解説していきます。

中出ししたいけど妊娠されるのは嫌だ

中出ししたいけど妊娠されるのは嫌だ

アダルトビデオでは中出しセックスが頻繁に行われていますが、あれはフィクションですので当然、精子も偽物です。

しかし男性はその影響もあって、中出しセックスをしたいと考えてしまいますが、本当に中出しをしてしまえば、大きなリスクを背負いこむこととなるでしょう。

妊娠のリスクです。

中出ししたいけど、結婚するつもりはないから妊娠はしないで欲しいというのが、男性の本音ということになりますが、実際にそれを実現することは可能なのでしょうか。

中出しで妊娠する確率は排卵日に上がる【時期編】

中出しで妊娠する確率【時期編】
まずは中出しで妊娠する確率について解説していきましょう。

中出しで妊娠する確率は、中出しをした時期や女性の年齢によって大きく変わります。

そこでまずは時期によって変わる、中出ししたときの妊娠する確率について解説していきましょう。

排卵時期の場合は20~30%

女性が一番妊娠しやすい時期は排卵期です。

排卵期には女性の体内で卵子が放出されることになります。

卵子と精子が出会うことにより、女性は妊娠することになるため、排卵時期に中出しすると妊娠しやすいのは当然のことでしょう。

個人差もありますが、排卵日は生理が終わってから二週間後を目安にやってきます。

この時期に中出しセックスをした場合、妊娠する確率は20~30%です。

そのため、排卵日に中出しセックスをすれば、その一回だけで妊娠する可能性が十分にあります。

生理前(安全日)の場合は0%に近い

排卵日とは真逆である生理前の時期に中出しセックスをした場合、妊娠する確率はほぼ0%です。

排卵日と真逆の時期であるということは、卵子は放出されていませんので、精子と結びつくこともないのです。

しかし生理前に中出しセックスをした人の中で、妊娠した人がいないのかという話になると、そういうわけでもありません。

まずは女性が生理の時期を正しく認識しておらず、生理前のつもりであったにも関わらず、実際には排卵日に近い時期に中出しセックスしていたというパターンです。

実は排卵時期にも、生理のときと似たような出血がある場合があります。

それを生理だと勘違いして、中出しセックスをすれば妊娠する可能性は十分にあるのです。

また、精子は女性の体内で最長、一週間ほど生きることがあります。

そのため、排卵日ではないからといって中出ししたとしても、一週間後に排卵が起これば妊娠する可能性はあるのです。

中出しで妊娠する確率【年齢編】

中出しで妊娠する確率【年齢編】

中出しで妊娠する確率は、女性の年齢によっても変わります。

個人差もあるため、必ずしも年齢によってはっきりと妊娠の確率が変わるというわけではありませんが、一つの目安として参考にはできるでしょう。

年齢を重ねるごとに妊娠する確率は低くなっていくものですので、どのくらいの違いがあるのかしっかり確認しておきましょう。

10~30代前半は20~30%

10~30代前半の女性の場合、中出しで妊娠する確率は20~30%です。

健康体の女性であれば、30代前半までは特に妊娠する確率が下がるということはありません。

女性が30歳を手前に結婚しなければと焦るのは、妊娠する確率が30代前半までならば維持できるからでしょう。

実際に30代前半までであれば、母体ともに安全に出産できる確率も高いです。

35~39歳は18%

年齢によって妊娠する確率に変化が出てくるのは、35歳を超えた頃からです。

35~39歳の女性の場合、中出しで妊娠する確率は18%程度となっています。

10~30代女性よりも微減していますが、妊娠しにくい状態とは言えません。

近年では晩婚化が進んだことにより、30代後半でもたくさんの女性が妊娠、出産をしています。

30代までであれば、中出しセックスすることで普通に妊娠できるということです。

40~44歳は5%

40~44歳となると、妊娠する確率は5%にまで落ちます。

個人差はありますが、基本的には40代になることで、急激に妊娠する確率が落ちるのです。

40代の女性は妊娠し辛い状態ですので、子供が欲しい場合は不妊治療に取り組むという選択肢も考えておかなければなりません。

45歳以上は1%

45歳以上の女性の場合、妊娠する確率は1%程度となっています。

中出しセックスをしても、ほとんど妊娠することはないということになりますが、絶対に妊娠しないわけでもありません。

女性が閉経するのは50歳頃ですので、子供を作るのであればこの時期が最後のチャンスとなるでしょう。

ただし閉経する時期には個人差があり、40代で閉経する人もいます。

やはり子供を作るのであれば、若い時期に越したことはないというわけです。

中出しで妊娠する確率を上げる方法

中出しで妊娠する確率を上げる方法

すでに結婚している人は、配偶者と中出しセックスをして早く子供を作りたいと思うでしょう。

そこでここからは、中出しで妊娠する確率を上げる方法を紹介していきます。

日を気にせず何度もセックスする

中出しで妊娠する確率を上げる方法としては、日を気にせず何度もセックスするという方法があります。

排卵時期を算出して、その日に中出しセックスをするオギノ式で子供を作ろうと計画している人もいるでしょう。

先にも紹介したように、排卵時期であれば妊娠する確率は高いため、それも一つのやり方です。

しかし、週に一回しか中出しセックスしない人と、毎日中出しセックスする人では妊娠する確率に倍以上の差があります。

特定の日を狙うよりも、とにかく数を打ったほうが妊娠しやすいのです。

そのため、妊娠したい人は毎日は難しいかもしれませんが、一日おき程度のペースで中出しセックスをすると良いでしょう。

無理をしてセックスをしない

中出しで妊娠する確率を上げるためには、無理をしてセックスをしないということが大切です。

子供欲しいからといって、義務的に中出しセックスをしている人もいるでしょう。

しかしセックスに何の感情も抱かなくなってしまうと、精神面が妊娠する確率に影響を及ぼしてしまう可能性があります。

実はセックス中にオーガズムを感じると、妊娠する確率が上がるという話もあるのです。

そのため妊娠したい人は無理をせず、セックスしたいときにセックスし、しっかりセックスを楽しむということが大切なのです。

中出しで妊娠する確率を下げる方法

中出しで妊娠する確率を下げる方法

恋人と中出しセックスをしたいけど、まだ妊娠したくないという男性も多いでしょう。

では、妊娠のリスクをできるだけ下げるためには、どのような対策を取れば良いのでしょうか。

ピルを飲んでもらう

中出しで妊娠する確率を下げるとしては、女性にピルを飲んでもらうという方法があります。

ピルは女性用の避妊薬です。

飲むことにより、99.9%の確率で避妊することができます。

中出しで妊娠させないためには、ピルを飲むという方法が一番有効ですので、中出ししたい男性はこの方法を選んでください。

ただし、女性がピルを正しく飲んでいないと、妊娠する確率はぐっと上がってしまいます。

また、コンドームを使ったときのような感染症を防ぐ効果はないため、リスクがまったくないわけではありません。

生理日前を選ぶ(危険日を避ける)

生理日前を選ぶというのも、妊娠する確率を下げる方法です。

生理日前であれば、排卵が起きていないため、妊娠する確率をかなり低くすることができます。

しかし女性が生理日前だと勘違いしている可能性もあるため、確実な方法ではありません。

実際に生理日前に中出しセックスをしたつもりなのに、妊娠したという人もいるため、おすすめはできない方法となります。

イカせない

女性はセックスしているときにオーガズムを感じると、妊娠する確率が上がるという研究があります。

そのため、妊娠する確率を減らすために、イカせないようにするというのも一つの策です。

しかし多少、確率が増減するだけの話で、オーガズムを感じなかったとしても妊娠する確率に大差はありません。

そのため、妊娠させない方法として実践しても、ほとんど意味がないでしょう。

何よりセックスがつまらないものになってしまうため、やはりピルでの避妊方法のほうがおすすめです。

中出しして妊娠させてしまった時の対応策

中出しして妊娠させてしまった時の対応策

注意していたとしても、中出ししたことで女性が妊娠してしまうことがあります。

できてしまったのは仕方のないことですので、大切なのはその後、どうするかということです。

では、もしも中出しして女性を妊娠させてしまった場合、どのような対応策があるのでしょうか。

結婚する

中出しして妊娠させてしまったときは、責任を取って結婚するというのが一つの選択肢です。

できちゃった結婚は珍しいことではありませんし、女性のことを心の底から愛しているのであれば、これをきっかけに決断するのも良いことでしょう。

ただし女性の両親から、反発される可能性があるため、やはりできるだけ順番は守ったほうが良いです。

結婚はせずに養育費だけ支払う

中出しして妊娠させてしまったが、結婚はしたくないという男性もいるでしょう。

本命が相手ではなかったり、結婚自体に後ろ向きであったりする場合は、結婚を選ぶことはできません。

このようなときには結婚はせず、女性に子供を育ててもらい、男性は養育費を支払うという方法があります。

子供を自分の子供だと認知だけはするということになりますが、大事なことですので多くの場合、弁護士を立てて女性と話し合うことになります。

金銭的な負担はありますが、妊娠させてしまったのは自分ですので、これが最低限の責任の取り方となるでしょう。

養育費の金額はあなたの収入などを考慮して、話し合いの中で決められます。

中絶する

中出しして妊娠させてしまった場合、中絶するという選択肢もあります。

あなたが子供を産ませたくなかったり、女性が子供を育てるのは無理だと判断したりすれば、中絶を選ぶことになるでしょう。

また、病気などにより、母体に危険が及ぶという場合、リスク回避のために中絶することもあります。

様々な事情がありますが、中絶は簡単な判断で行うものではありません。

一つの命を失うということには変わりないため、できるだけ中絶は選ばないようにしましょう。

妊娠を気にせずに徹底してセックスを楽しむ方法

中出ししても妊娠がしにくくなる、さらに妊娠させてしまった後の方法などをお伝えしてきました。

やはり、ビクビクしながらセックスしていたのでは楽しくない…と思う方もいるかもしれません。

ここからは、妊娠を気にせずに徹底的にセックスを楽しむ方法についてお伝えします。

女性用コンドームを利用

コンドームというと、勃起したペニスにはめる避妊具のイメージが強いかもしれません。

一般的なイメージでいえばコンドームは男性用ですが、じつは女性用も存在しています。

女性用コンドームは女性の膣内に装着するもので、男性が射精しても膣内への進入を防ぐ目的で使用可能です。

人差し指や中指を利用し、膣の中に女性用コンドームを挿入していきます。

射精後、精液がもれないようにしっかりと拭き取ることが可能。

アナルセックスにも使えることから、海外でも人気のアイテムです。

ただし、日本での発売は一時中止されているので注意してください。

ペッサリーを利用

ペッサリーとは、本来医療目的で使用されている避妊具のひとつ。

骨盤が膣へ突起してくるのを防ぐ目的で作られているものですが、避妊具として利用されることも少なくありません。

ペッサリーは子宮の入り口に装着するフタのようなもので、精子が子宮奥部まで到達することを防ぎます。

正しい使用法としては、殺精子剤を塗ってからセックスの直前に装着。射精された後、8時間後くらいたってから取り出します。

知識がないと失敗することもあるので、不安な方は産婦人科などに相談するとより安心でしょう。

緊急避妊ピルを使う

緊急避妊ピルは、アフターピルとも呼ばれている避妊薬です。

一般的な低容量ピルなどではなく、性交をした後に緊急用に使用することを目的としたピル。

産婦人科・婦人科を受診し処方してもらう必要がありますが、72時間以内に服用することで、妊娠を約8割の確率で防ぐことができるといわれています。

ただし、緊急避妊ピルは100%妊娠を防ぐものではなく、さらに緊急時に処方されるものです。

低容量ピルを飲み忘れた、コンドームが破れて中出しになった、性犯罪に巻き込まれた…。

そのため、快楽目的で使用するのは問題視されています。

また、120時間以上経ったした後の服用は妊娠率が高まるので飲むタイミングには注意しておきましょう。

低用量経口避妊薬

低用量経口避妊薬は、排卵自体を抑えるために使用される避妊薬です。

排卵ホルモン、黄体ホルモンが含まれている低用量経口避妊薬は、毎日飲むことで排卵を起こさないようになるといわれています。

低用量経口避妊薬は、専門医の指導のもと、正しく低用量経口避妊薬を摂取することで妊娠率は1%以下となるなど高い避妊性を持ち合わせている避妊薬。

ただし、正しい知識や副作用などさまざま要因があるため、処方は専門医の相談のもとで行ってもらうようにしましょう。

子宮内避妊システムを利用する

あまり耳慣れない言葉ですが、妊娠を防ぐ方法のひとつに「子宮内避妊システム」というものがあります。

子宮内避妊システムとは、「Intrauterine System(IUS)」と呼ばれているもので、黄体ホルモンを子宮内に持続的に放出させるというシステムです。

低用量経口避妊薬の効果と子宮内避妊用具の効果を持ち合わせているといわれており、生理量も減少するといわれてます。

IUSは、子宮内に装着させるものであり最長5年間避妊具として性能を発揮するそう。

IUSを子宮内に装着すると黄体ホルモンが放出され、結果的に子宮内膜の増殖が抑制されます。

内膜が薄い状態になることから長期的な避妊が期待できるといわれています。

こちらも自分で自由にどうにか装着できるものではないので、必ず専門医に相談してください。

避妊手術

避妊手術、つまり不妊手術を行うのも避妊方法のひとつです。女性が不妊手術は卵管結さつ術と呼ばれる手術となり、確実に不妊状態にすることができます。

ただし、卵管を戻す手術はとても高度なテクニックが必要である上に、成功しても妊娠率は低いまま。

今だけの快楽に溺れたいという思いで、後々妊娠を望むことになっても手遅れとなってしまう可能性があります。

避妊手術は慎重に考えるべき事案なのではないでしょうか。

パイプカット手術をする

徹底して中出しセックスをしたいのであれば女性側ではなく、男性が不妊手術をするという手段もあります。

パイプカット手術は、精管を縛ることによって精子が精液の中に送り出されるのを防ぐことができる手術。

精管を糸などで縛って切断することにより、相手を妊娠させる心配がなくなるという手術となります。

しかし、こちらも後で赤ちゃんが欲しいとなった場合、完全に戻すことは難しいと考えられるでしょう。その場のノリではなく、慎重に考えるべき事案です。

リズム法を徹底する

リズム法とは、女性の月経周期をベースにした避妊方法です。

妊娠しにくい日、妊娠しやすい日などを徹底的に調べることで妊娠リスクを極端に減らすことができると考えられています。

基礎体温法、頸管粘液法などリズム法にはさまざまな種類がありますが、自分にあった方を選ぶのがよいでしょう。

副作用もなく、月経周期を把握できることで後々妊娠したいと思った時にも有効な手だてです。

ただし、あくまで周期であることか完全ではなく、体調の変化にも左右されやすい避妊法。

リズム法単体だけでセックスをするのではなく、さまざまな避妊法と組み合わせることが大切でしょう。

江戸時代の頃の避妊法

避妊は、“近代の行為”というイメージがある方もいるかもしれません。

たしかに避妊と一口にいってもさまざまな方法があり、現代医学だからこそ生み出せた方法といった印象もあるでしょう。

しかし、避妊は昔から存在しており、先人たちもできるだけ妊娠のリスクを減らした「中出しセックス」に憧れていたことがわかっています。

ここでは、江戸時代のユニークな避妊方法を少し紹介していきます。近代では応用することは難しいですが、先人たちの知恵のひとつとして知識をつけておきましょう。

動物の皮を使う

その昔、江戸時代の頃にもコンドームを彷彿とさせる避妊具が存在していました。

それが、動物の皮を使用した避妊具です。

江戸時代に慣行されたとある書物に、「茎袋(きょうたい)」として紹介されたもので、オランダからの舶来品として紹介されていたそう。

ただし、使用感がかなり悪く、効果があまりなかったといわれています。

おそらく、動物の皮でできているコンドームであることから、射精した後の精子が染み出してしまうのかもしれません。

甲形(かぶとがた)を使う

また、江戸時代にはペニスの先端に装着する避妊具「甲形(かぶとがた)」というものも人気があったそうです。

水牛の角だったりウミガメの甲羅を使用して作られていたことから、かなり頑丈であることが想像できます。

ただし、こちらもすぐにペニスの先端から外れてしまい、ほとんど効果がなかったといわれているよう。

避妊具としてというより、今でいうアダルトグッズとして使われていたともいわれています。

そこまでして中出ししたい、という先人たちの性への欲望が手に取るようにわかるアイテムでしょう。

和紙を使う

先ほどペッサリーをご紹介しましたが、江戸時代はそれと同じような役割で和紙が使われていたといいます。

和紙をそのまま入れることは難しいので、少し湿らせてから丸めて膣奥に入れていたとか。

精子の進入を防ぐことができる上に、男性は何も装着しないでもイイというメリットがあります。

ただし和紙ですので当然溶けてしまいますし、衛生面にも問題があるでしょう。

精子で溶けてしまえば当然、膣奥に精液が到達しますし、これもあまり意味がないアイテムかもしれません。

真似しないこと

江戸時代にはほかにもユニークな避妊具がありましたが、その全てがあまり意味のないものだったといわれています。

現代のように真剣に避妊具を使用するというより、半ばお笑いの要素が入った部分もあるでしょう。決して“面白そうだから試してみよう”などと思ってはいけません。

あくまで知識、ネタとして頭の片隅に入れておく程度にしておきましょう。

恋人と一緒に楽しむことのできるラブグッズ2選!

実は女性用のラブグッズはオナニーだけでなく恋人と楽しむこともできます。
ラブグッズを使うことによって感度が高くなり前より感じるようになった人は70%以上と言われているので、セックスライフを充実させるためにもぜひお試しください!

ピンクブルーム

ピンクブルームG

ピンクブルームGとは、二股バイブ型のラブグッズのことです。

中イキ・外イキ・両イキの3種類のオーガズムを感じることができるバイブとして、多くの女性に人気があります。

ラブグッズは基本的に女性がオナニーをするときに使用するものですが、パートナーとセックスするときに使われることもあります。

そのため、彼氏とのセックスがマンネリしているという人や、もっと気持ち良いセックスがしたいという人にもピンクブルームGはオススメです。

また、ピンクブルームでオナニーを行うことで、感度が上がったという声も多いため、気になる方は以下の公式サイトを覗いてみてください。

ピンクブルームを試してみる

マリンビーンズ

LCラブコスメ

マリンビーンズとは、膣内とクリトリスを同時に刺激できる二股タイプのバイブのことです。

女性が本当に気持ち良くなれるバイブを目指して開発され、多くの女性から支持されています。

マリンビーンズには、ヘッド部分とクリトリスを刺激してくれるクリバイブ、それぞれにモーターがついているため、しっかり性感帯を刺激してくれます。

さらに、Gスポットにヘッド部分がしっかり当たるため、中イキもしやすいです。

これまで中イキできなかった人が、マリンビーンズを使うことで初めて中イキできたということも多いため、中イキしたい人にオススメのラブグッズとなります。

優しく膣内を刺激してくれるため、痛みに敏感な人でも気持ち良くなれるバイブなのです。

低価格で購入できるというメリットもあるため、マリンビーンズが気になる方は以下から公式サイトを確認してみてください。

マリンビーンズを試してみる

【最後に】中出しセックスはピルを飲でも0.1%は妊娠する

笑う彼氏と妊婦

中出しと妊娠について解説してきましたが、妊娠する確率は工夫をすればかなり下げることができます。

しかし完全にゼロにすることはできません。

ピルを飲んだとしても、0.1%は妊娠する確率があるのです。

それを考えれば、気軽に中出しセックスはするものではありません。

どうしてもしたいのであれば、結婚する覚悟がある相手とだけ行うようにしましょう。

まだ、結婚相手を探すよりも遊び相手を探したいという人はぜひ出会い系アプリを使ってみましょう。

・関連記事

女性がエッチを求める時の仕草!OKサインが知りたい人はこちら↓

性欲の強い女性の特徴が知りたい人はこちら↓

女性のオーガズムを徹底研究して女性を虜にする方法が知りたい人はこちら↓

・人気ランキング

編集部おすすめマッチングアプリ・出会い系ランキング!

The following two tabs change content below.
編集部 翔太

編集部 翔太

29歳、独身。趣味は銀座コリドー街で飲み歩き。 最近は婚活のためマッチングアプリを14個登録。 好きなタイプは黒髪美人!

ライター紹介はこちら