【2020年最新版】with(ウィズ)の激カワ広告モデルはいったい誰!?一般美女をゲットするコツとは?

                                       
                                   

メンタリストDaigoさんが監修しているwith(ウィズ)は若い男女をはじめ絶大な人気を誇っているマッチングアプリです。

その中でも広告やCMに登場してくるモデルさんたちが可愛すぎると評判なんです。
「めちゃくちゃ可愛いこの女の子は誰??」
と気になっている男性陣のために、withの広告モデルさんたちを徹底調査してみました。

また、withではモデル級の可愛い女性と出会えるのか、withの攻略法などもお伝えしていきますのでマッチングアプリで出会いたい男性必見です!

無料でwith(ウィズ)を試してみる

激カワ!!withの広告モデルを徹底調査!

withの広告に出てくるモデルさんたちはすごく透明感があって自然な感じが魅力的ですよね。
しかしwithの広告モデルさんは他のマッチングアプリと違ってなかなか情報がない…ということで今回はかなり苦戦して調べ上げました。

あどけなさと美しさの共存がたまらない!「川野由架子(かわのゆかこ)」

川野由架子①

まずご紹介したいのが川野由架子さんです。
東京コレクションをはじめ数々のショーをこなしているモデルの川野さんですが、洗練された美貌とふんわりした柔らかい雰囲気がとっても魅力ですよね。

川野由架子さんは2015年に「ヴィダルサスーンミスエンジェルコンテスト」で日本代表に選ばれた際には世界第2位となりかなり話題になっていました。

川野由架子②

<川野由架子プロフィール>
・生年月日:1986年5月23日(33歳)
・出身:大阪府
・血液型:AB型
・身長:166センチ
・スリーサイズ:B80/W60/H85
・職業:モデル(有限会社ドーモ所属)
・趣味・特技:めっちゃ食べること・銭湯巡り・体を動かす

川野由架子③

「ええっ、これで33歳!?」と驚きの男性も多いかと思いますが、30代でこの透明感はまさに奇跡ですよね。

川野さんは2014年の「BUYMA」のCMでも強烈なインパクトを残しており、その美しさにで数々のCMや雑誌にも出演しています。

<主な出演作品>
CM
・ユニクロ
・ネスレのwebCM
・アサヒビール
・BUYMA「バイマよ」篇

ショー
・三越銀座店「資生堂」スキンケアショー
・東京コレクションイヴサンローランボーテ メイクアップショー

雑誌
・Saita
・ゼクシィ
・日経ヘルス
・With
・ドマーニ
・からだにいいこと
・Tokyo Waker

川野由架子④

実は川野さんはwithのWebCMに出演しているだけではなく、大手「ゼクシィ」をはじめ数々のウェディング系のCMや雑誌もこなしているんです。

川野由架子⑤

体を動かすことや食べることが好きだと自負している川野さんは、twitterやブログでもよく美味しい画像を載せています。
SNSでは本人のすっぴんや自然なショットも多数掲載されているので気になる人はぜひチェックしてみて下さい。

川野由架子⑥

川野由架子⑦

川野由架子twitter:@uxkaxko
川野由架子インスタ:@__yukakokawano__
川野由架子ブログ: Kawano Yukako official blog

可愛すぎるミスジャパン準グランプリ!「藤澤愛香(フジサワアイカ)」

藤澤愛香①

「これはすっぴん!?」と思わせるほどのナチュラルメイクでお馴染みの女性は藤澤愛香さんです。

藤澤さんは2019年6月にはミス・ジャパン東京大会で準グランプリを獲得した経歴の持ち主でもあり、モデルとして幅広く活動しています。

藤澤愛香②

小柄で小顔、スレンダーボディともう言うことなしの藤澤さんの気になるプロフィールを見ていきましょう。

<藤澤愛香プロフィール>
・生年月日:1996年12月30日(23歳)
・出身:
・血液型:不明
・身長:155センチ
・カップ:
・職業:モデル(beachwalkers所属)・アパレル店員

藤澤愛香③

アパレルの販売員として働きながらモデル業もこなしている藤原さんは凛とした美しさと落ち着いた雰囲気が魅力的で、時おり見せるあどけない表情がまたたまりません。

藤澤愛香④

オフの日は友人とカフェで過ごす時間が好きだという藤原さんですが、ナチュラルで素朴な一面もまたかわいらしいですね。

最近はなんとゴルフにはまっているそうです。

藤澤愛香⑤

美人というのは何をやっても様になるものなんですね。

<主な出演作品>
webCM、サロンモデルなど

藤澤愛香⑤

まだ23歳という彼女ですからこれからもどんどん活躍していくと思われます。
twitterやインスタには藤澤さんのかわいいショットが随時更新されているので気になる人はぜひチェックしてみましょう!

藤澤愛香twitter:@xxloves2xx1230
藤澤愛香インスタ:@aika_fujisawa
藤澤愛香ブログ:藤澤愛香さんのブログ

withにモデル級の美女は果たしているのか!?

withにモデル級の美女は果たしているのか!?

「withの広告モデルが可愛いのは分かったけれどアプリには可愛い子はいるの?」という男性のために、編集部がwithに潜入し女の子達を調査してきました。


超可愛い:10%
ちょい可愛い:25%
普通:40%
イマイチ:15%
あり得ない:5%
不明:5%

withの女の子調査は以上の結果となりました。

ちょっと厳しめ評価となってしまいましたが、withに実際に超可愛い女子がいることは間違いありません。

実際に100人中だと1割近くの女の子がすごく可愛いレベルだったのですが、その中でも劇的に可愛かった女性をご紹介していきます。

1人目:23歳のOちゃん

女性イメージ①

withの女子レベルでも最強なんじゃないかというくらい可愛すぎるOちゃんは「良い人がいれば結婚したい」というくらい寂しがりで常に誰かと一緒に居たいな女の子だそうです。

芸能人でいうと石田純一さんの娘すみれさんのような凛とした雰囲気を持ちつつも、ふんわりとした笑顔がとっても魅力的な彼女ですが、アクティブな趣味も多く、アウトドアの好みカードもたくさん登録されていました。

どこかオリエンタルな雰囲気が漂うOちゃんですが、サブ写真で海をバックに映っている姿がめちゃくちゃ可愛すぎです。

2人目:29歳のMちゃん

女性イメージ②

ふんわりボブが可愛いMちゃんは、一言で言うと「守ってあげたい」女の子です。

大手商社に勤めているというMちゃんですが、29歳とは思えないほど童顔で、めちゃくちゃロリッぽいところがたまりません。

サブ写真も本人のお出かけ画像満載で、
「こんな女性とデートしたいなあ…」
とついつい妄想を膨らませてしまう筆者でした。
こんな可愛い彼女がいたらなあ……

3人目:24歳のNちゃん

女性イメージ③

めちゃくちゃスタイル抜群なNちゃんは都内で保育士をやっている女の子です。

佐々木希似の色白美人な彼女は何を着ても様になっているのが素敵で、「こんな可愛い女の子、withにいるの??」と正直驚いてしまいました。

Nちゃんは可愛いだけではなくかなり多趣味で、音楽・温泉からはじまって漫画オタクなところもまたミスマッチで魅力的です。

サブ写真も豊富で、ミニスカートから見え隠れする足がまた美脚過ぎて見とれてしまいました。

他にもまだまだwithには可愛い女の子がたくさんいました。
気になる人はぜひ無料登録して女の子たちを覗いてみて下さい。

withで女性入れ食い!?モデル級の可愛い女の子をゲットするには?

withで女性入れ食い!?モデル級の可愛い女の子をゲットするには?

withはマッチングアプリ業界の中でも10代後半~20代のフレッシュな可愛い女子が多いと評判です。

しかし「withを始めたのに全然マッチングしない」とボヤいている男性もけっこういるようです。
そんな男性陣の悩みを解決するためにも、withで可愛い女子と出会うためのポイントを解説していきます。

プロフィールには多少のリア充感をかもし出すのが鉄則

withに登録したらはじめにやっておきたいのが「プロフィールの設定」です。
特に「プロフィール写真」は最重要項目なので手を抜いてはいけません。

あなたの第一印象を決めると言ってもよいプロフィール写真は適当ではなく、とことんこだわりぬいた1枚をアップした方が良いでしょう。

<プロフィール写真のポイント>
・爽やかな笑顔
・はっきり写った写真
・明るい背景
・充実したサブ写真

これらに当てはまる写真をアップしておけばかなり女性に好印象を与えることができます。

次に「自己紹介」ですが、これはプロフィール写真だけでは伝えきれなかったあなたの魅力を伝える手段として最適です。

しかも自己紹介を書いていないだけで女性からスルーされてしまうので、ここはしっかりを記入しておきましょう。

自己紹介ではあなたの仕事や趣味、休日の過ごし方などを書きますが、ポイントはいかにあなたと一緒にいたら楽しそうかを伝えることです。

趣味や特技がたくさんあって毎日楽しく過ごしている風に書いておいたほうが「もっと話してみたい」と女性に興味を持ってもらえるのでマッチング率もどんどん上がります。

また、自己紹介は明るくて楽しい内容にし、ネガティブな印象を与える内容は書かないように気を付けましょう。

好感度抜群なメッセージで返信率を上げる

マッチングアプリで「なかなかメッセージの返事が来ない」と悩んでいる男性は多いようです。

特に1通目のメッセージは肝心で、これで失敗するとせっかくのマッチングが水の泡です。

ファーストメッセージでは特に次の点に気を付けていきましょう。

①挨拶はしっかりと
②相手のどこに惹かれたかを書く
③プロフィールで共通点があれば書く
④質問をする

初めての女性と会う時「こんにちは」「はじめまして」と必ず言いますよね。
マッチングアプリの世界も同じでメッセージでもしっかり挨拶することが大事です。

冒頭で「初めまして、〇〇と言います、宜しくお願いします」と入れることでかなり女性に対して好印象です。

そしてマッチングアプリではたくさんの女性がいますから、この女性に決めたのはなぜかをしっかり伝えることが大事です。
「〇〇さんの素敵な笑顔に惹かれました」など、「あなたは特別なんですよ」というアピールをすることでメッセージの返信率はグッとアップします。

また、女性とあなたの共通点があれば触れておくことで「あ、私のプロフィール見てくれてるんだ」と好印象を与えますし、その後の話でも共通点があったほうが盛り上がりやすくなるので一石二鳥です。

そしてメッセージの中に1つ質問をいれておくと返信しやすくなります。
例えば「音楽が好きだと書いてありましたが、僕も音楽は大好きです。〇〇さんは普段どういうジャンルを聞いていますか?」などと答えやすい質問をすると良いでしょう。

初回メッセージはポイントをおさえながらしっかり考えて送ってほしいのですが、気を付けてほしいのは「短すぎない」「長すぎない」適度な量にすることです。

メッセージは短すぎると「やる気がない」と思われますし、逆に長すぎると「読むのが面倒くさい」と疲れてしまいますので、だいたい3~5行くらいを目安にしましょう。

そして女性から返信があった場合は出会いのチャンスです、2通目以降もどんどんメッセージを盛り上げていきましょう。

2通目以降のメッセージで気を付けたいのは、
・相手と同じペースで
・丁寧語を使う
・すぐに会おうと言わない

ことがポイントです。

特に「相手のペースに合わせる」ということは大事で、メッセージの頻度、長さ、返信スピードなどを相手と同じようにすることでより親近感を感じさせることができ女性ウケが良くなります。

間違っても返信が来ないうちに「なんでメールくれないの?」など後追いメールをするのは止めましょう。

「足あと」「いいね」で出会いの確率をガンガン上げる

withに登録したらただ待っているだけでは出会いは訪れません。
なるべく多くの女性と出会うためにも、気になる女性にはどんどん「足あと」「いいね!」でアピールしていきましょう

withでは「足あと」や「いいね!」を付けることで女性のページにあなたが表示されるようになるので、そこから逆足あとを付けてもらったり「ありがとう」をもらえる確率が上がるのでマッチングしやすくなります。

特に「本日のピックアップ」で出てくる女性には無料でいいね!を送ることができるので、とりあえずよっぽど無理な女性以外は全員にいいね!を送っておきましょう。

また、withでは数々の診断イベントが開催されるのですが、これで紹介された女性にも無料でいいね!やメッセージ付きいいね!を送ることができます。
イベントは定期的に行われるので積極的に参加することをおすすめします。

「好みカード」はたくさん入っておくべき

withではコミュニティ機能に似ている「好みカード」というものがあり、自分が当てはまるジャンルを選択することでプロフィールに表示されるようになっています。

この好みカードにはたくさん種類があって、いくつでも入ることができるので当てはまるものは全て入ることをおすすめします。

女性と同じ好みに入っているだけで「共通点〇%」と女性のページに表示されアピールになりますし、共通点が多ければ多いほど女性は運命を感じてあなたに魅力を感じるでしょう。

また、好みの中でも特にアピールしたいものを設定する「好みベストカード」というものがあります。

ベストカードは、好みの中で3つだけ厳選しコメントを投稿することができるという機能で、投稿するとプロフィールに表示されるのであなたの魅力をアピールできる好みを選んでおくとかなり効果的です。

withではどんな女性を狙うべき?おすすめ女性とそうでない女性

withではどんな女性を狙うべき?おすすめ女性とそうでない女性

withでなかなか出会えていないという男性はもしかすると女性選びを間違えている可能性があります。

しかしwithをはじめマッチングアプリには「狙い目女性」というのが必ず存在するので上手に探せば実は簡単にマッチングすることができるのです。

withでマッチング率アップするのはこんな女性!

withで特にマッチングしやすい女性は以下の通りです。

①新規ユーザー
②「いいね!」が少ない女性
③頻繁にログインしている

まず狙うべき女性は新規ユーザーです。
withをまだはじめたばかりの女性はそこまでwithに慣れていないので「どうやって使おう」「マッチングできるかしら」と不安でいっぱいです。

そんな新規女性はまだ男性からあまりアプローチを受けていないので「いいね!」を送ると返信が来やすく非常にマッチング率が高いのです。

新規ユーザーを絞り込む場合はwithの検索条件で「登録日が3日以内」にチェックを入れて検索してみましょう。

また、withでは有料会員になることで女性のいいね!数が分かるようになります。

たくさんいいね!をもらっている女性よりはそうでない女性の方がマッチングしやすいのは明らかですよね。

いいね!をあまりもらっていない理由としては、まだ写真をアップしていないだけだったり、写真の撮り方が下手で不鮮明なだけだったりもするので、意外と狙い目です。

決していいね!数が少ないからと言ってドブスだけとは限らず、可愛い子もけっこういるのでよくチェックしてみましょう。

そして最後に頻繁にログインしている女性を狙うことも大事です。
withでは検索条件で「24時間以内」「3日以内」「1週間以内」「2週間以内」「1ヶ月以内」「3ヶ月以内」「3ヶ月より前」「オンライン」から選ぶことができるので、「オンライン中」か「「24時間以内」を選んでおけばマッチング率を上げることができます。

withでは検索条件が細かいのでちょっと工夫するだけで他のライバルに差をつけることができます、ぜひ実践してみて下さい。

withで「いいね」を送ってはいけない女性

逆にwithであまりおすすめできない女性はというと、
・ログインしていない
・プロフィールを書いていない
・写真を加工している

これらに当てはまる女性はいいね!してもマッチングしない可能性が高いのであまりおすすめできません。

特にプロフィールが適当だったり空白が多い場合、「とりあえず登録だけしてみた」というパターンが多く、真剣度が低い女性の可能性があります。
こういう女性にいいね!をしてもポイントの無駄遣いになってしまいますよね。

また、プロフィール写真がプリクラだったり加工し過ぎている場合は、マッチングしたとしても実際に出会うと別人だという可能性もあるので注意が必要です。

プロフィール写真に関して言えば、なるべく写真を加工せずにサブ写真も数枚載せている女性の方が実際とのギャップは大きくないでしょう。

これって怪しい!?業者を見分けるコツ

実際にwithを使ってみてサクラはいないことが分かりましたが、若干業者らしき女性が存在するという口コミもたまに見られます。

そこで次に、業者に騙されないために見分ける方法をお伝えしていきます。

<業者の特徴>
・写真が可愛すぎる
・写真が1枚のみ
・露出度が高い
・プロフィールが適当
・メッセージが馴れ馴れしい
・すぐに会いたがる
・お金の要求をしてくる
・ラインやメルアドを聞いてくる

慣れてくると、たいていの業者はプロフィール写真の段階で判別できます。
あまりに可愛すぎたり露出度が高い場合は男性を誘惑するために業者が他サイトから転用している可能性がありますので注意しましょう。

また、業者と思われるプロフィールはたいてい自己紹介が適当だったり、好みカードの設定がなかったり、希薄なプロフィールであることが多いです。

マッチングした後もメッセージで馴れ馴れしかったり、大して仲良くないのに即ラインを聞いてくる女性も怪しいです。

しかも、たいていの女性は受け身なことが多いので積極的に「会いたい」と言ってくるのも注意が必要です。

そしてメッセージの段階でお金の要求をしてきたら援デリ業者の可能性が高いのでスルーしておきましょう。

with(ウィズ)の激カワ広告モデルはいったい誰!?まとめ

with(ウィズ)の激カワ広告モデルはいったい誰!?まとめ

withの広告モデルさんって本当にかわいい女性ばかりで見ているだけで幸せですよね。

そして使い方によっては、withではモデルさんのようなかわいい女の子と出会うことも全然できちゃいます。

若い可愛い女の子と出会うと毎日が充実して生き生きしちゃいますよね。

あなたもこれを機にwithで素敵な出会いを探してみてはいかがでしょうか?

無料でwith(ウィズ)を試してみる

おすすめの記事

/

The following two tabs change content below.
編集部 庵

編集部 庵

好奇心旺盛girl。色んなマッチングアプリを体験中。 最近韓国にハマりすぎて1時間でハングルを制覇。彼氏と韓国デートに行くことが今の目標。(彼氏いないけど)

ライター紹介はこちら