セックスレスを解消する方法10選!男が心がけるべきこととは?

                                       
                                   

「最近、妻(彼女)とセックスしてないなぁ」

「夜に誘っても断られることが多くなったなぁ」

このようにパートナーとのセックスレスに悩んでいる男性は多くいます。交際期間が多くなるとどうしてもレス気味になってしまいますよね。

セックスレスになってしまったパートナーとの関係を修復するためにはどうすれば良いのでしょうか?

この記事ではセックスレス解消のきっかけにつながる厳選した10の方法についてまとめていきます。気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

 

セックスレスはすぐに解消しなければならない

sexless

「セックスレスなんて無理に解消するものでもないだろ…」

「今更あえてセックスに誘うのなんて恥ずかしい…」

このように考えている男性は少なくありません。しかし、この考え方はリスクを伴うものです。

今のパートナーと今後も安定して生活を共にしていきたいと思うのならば、セックスレスは避けなければなりません。セックスレスの問題から目をそらしたままだと、パートナーはあなたの元から去っていってしまうことになるので注意しましょう。

 

セックスレスはパートナーとの関係性の破綻につながる

とあるメンズクリニックが行った女性を対象にしたアンケート調査によると、夫(彼氏)のEDなどが原因でセックスレス状態にある女性の、実に10人に1人が「過去に浮気や不倫をしたことがある」と答えたということです。

この調査結果からも分かるように、セックスレスはパートナーとの関係性の破綻を引き起こすものです。円満なパートナーとの関係性を維持するためにも、セックスレスの解消は真面目に向き合わなければいけないものなのです。

 

セックスレスを解消するための10の方法とは?

sexless

では、セックスレスを解消するためには、実際にどのようなことをすれば良いのでしょうか?以下に厳選した10のセックスレスの解消方法をまとめてご紹介していきます。

どれも日頃のちょっとした心がけでできるものです。パートナーの女性を大事に思う気持ちがあるならば、ぜひとも日々の生活に取り入れてみて下さいね!セックスレスの解消はもちろんのこと、パートナーとの結びつきもより強固なものとなっていくはずです。

 

①育児・家事を積極的に手伝う

女性がパートナーの男性とのセックスを断る大きな理由に、「家事・育児に疲れてしまってセックスどころではない」というものがあります。疲労困憊になってしまい、セックスをするよりも休みたいと思っているということですね。

なので、家事・育児は積極的に手伝うようにしましょう。女性にかかる負担が軽減されるのはもちろんのこと、協力する意志がある姿勢をしっかりと見せることでパートナーのあなたへの評価も向上するはずです。

 

②食事・運動を見直し容姿の改善を心がける

「若い頃はかっこよかったけど、今となっては…」

今のあなたの状態に幻滅してしまっているために、「もうこの人とはセックスしたくない」と思っている女性は多くいます。不摂生や怠惰な生活で容姿が衰えてしまっていないでしょうか?

もし心当たりがあるならば、その部分をしっかりと改善するようにしましょう。

「ヘルシーな食事に切り替え、ジムでしっかりと身体をシェイプする」

こういったことを習慣化し若い頃のようなエネルギー満ち溢れる肉体を再び手にすれば、女性が再びあなたに魅力を見出してくれるようになります。

 

③ポルノ動画鑑賞を遮断する

最近はPCやスマホで気軽にポルノ動画にアクセスすることができるようになりました。そういった動画でのマスターベーションが習慣となってしまっている男性も多いと思います。そのような場合は、思い切ってポルノ動画の視聴を止めてみましょう。

ポルノ動画での安易な性欲の解消を止めることによって、目の前にいるパートナーとの女性との時間を大切にできるようになります。

最近では特定のサイトへのアクセスを遮断するようなアプリなども存在しているので、そういったものを試してみるのも良いかもしれません。

 

④パートナーとのスキンシップを増やす

sexless

セックスをする前段階として、パートナーとのスキンシップを増やすことは重要です。肌と肌が触れ合うことによって、多幸感につながるオキシトシンというホルモンが分泌されるようになりスキンシップにも一役買ってくれます。

  • 話すときに一緒のソファーに横並びに座ってみる
  • 手を繋いでみる
  • 肩や腰に手を回してみる
  • 頭をなでてみる

このように、しっかりと段階を踏んでスキンシップを増やしてみましょう。これらはセックスの前戯とも言えるものです。

 

⑤セックスについてパートナーと話し合う

口に出してパートナーとセックスレスについて話し合ってみることも重要です。二人できちんと問題を共有することで解決の糸口が見いだせるようになることは珍しいことではありません。

自分の気持ちをきちんと相手に伝え、そして相手がどう思っているのかをしっかりと理解し合うようにしましょう。恥じらいを捨てて、「セックスレスを何とかしたいんだ」という思いをリラックスした雰囲気の仲でパートナーに投げかけてみることをおすすめします。

 

⑥改めてパートナーとデートをしてみる

交際期間が長くなると、どうしても付き合ったばかりの頃のようにデートをすることもなくなってしまうものです。子どもができるとなおさらですね。パートナーと二人で出かけるなんてことは、ほとんどなくなってしまったという夫婦がほとんどではないでしょうか。

そんな場合は、あえてパートナーとしっかりデートする時間を設けるようにしましょう。

「子どもを親族に預けて、しっかりとオシャレをして、ゆっくりとディナーを共にする」

おざなりになっていたこういうデートを改めてしっかりと行うことで、恋愛の感情が再燃することをよくあることです。

 

⑦いつもとは違う場所でセックスに誘ってみる

いつも自宅ばかりでセックスをしている場合には、あえて場所をかえてセックスに誘ってみることをおすすめします。気分転換にもなって新鮮な気持ちでパートナーと向き合うことができるようになるでしょう。

  • デートついでにオシャレなホテルに入ってみる
  • 普段行かないようなラブホテルに行ってみる
  • のんびりできる温泉宿に宿泊してみる

こういった普段とは違うちょっとした刺激を加えることで、女性のセックスへのハードルを下げることができます。

 

⑧マンネリなセックスを脱却する

sexless

新しい刺激を加えるという意味では、マンネリ化したセックスを止めることも効果的です。普段行っていないようなプレイに取り組んでみることで、刺激的なセックスができるようになります。

当然ですが、男性本位なセックスは避けなければいけません。女性の気持ちに寄り添ったセックスを心がけるようにしましょう。最近ではセックスのハウツー本も増えてきたので、そういったものを試してみるのも良いかもしれませんね。

 

⑨定期的にセックスに誘うことを自分に課す

セックスレスである期間が長ければ長いほどに、その解消へのハードルは高くなってしまいます。数年もセックスの状態が続いてしまうと、あえてセックスに誘うのも恥ずかしくなってしまうものです。

なので、そのような状態を防ぐためにも、定期的にパートナーをセックスに誘うことを習慣にするようにしましょう。

「月に一回はしっかりとデートをして、セックスに誘う」

このようなことを自分に課すことで、セックスレスを未然に防ぐことができるようになります。

 

⑩一緒の寝室で過ごすようにする

セックスレス状態になってしまっている夫婦やカップルは、寝室を別にしてしまっていることが多いようです。そのような場合は、二人で相談して一緒の寝室で過ごしてみましょう。

一緒の寝室にすることで、会話やスキンシップも自然と増えていきます。リラックス空間をパートナーと共有できることは、二人の関係性にとって大きなプラスになることです。

共に過ごす時間が長いとそれだけ親密性も増してくるものです。関係性の修復のためにもぜひ取り入れてみて下さいね。

 

まとめ:できる範囲のことからセックスレス解消に取り組もう

sexless

ここまで10のセックスレス解消法をまとめてきました。実践しやすいものとそうでないものがあるかと思います。大事なことは、自分がやりやすいものから少しずつ日々の生活に取り入れていくということですね。

セックスレスの状態が続くことは、パートナーの女性との関係性を維持するにあたってマイナスとなるものです。いつまでも良い関係でいられるように、しっかりとセックスレスの問題に向き合うようにしましょう。

・関連記事

編集部おすすめマッチングアプリ・出会い系ランキング【2019年最新版】

ハッピーメールの評判とは?ハピメの使い方やサクラなど正体を徹底解説!

出会いアプリPCMAXの評判や口コミは?  使い方やサクラの存在も解説

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら