セックスライフ向上宣言!電マ責めの正しいやり方やアレンジを徹底解説!

                                       
                                   

女性を快楽に溺れさせたい。

そのため、セックステクニックを日々磨いている男性は多いと思います。なかでも、「電マを使った責めでイカせてみたい」と考えている方もいるでしょう。

電マは定番のアダルトグッズですが、本当に女性をイカすことができるのでしょうか。ここでは、電マの正しい責め方について解説していきます。ぜひ、電マの使い方を極め、責めるたびに女性をオーガズムに導くテクニックを身につけていきましょう。

電マって何?

解体されているラブグッズ

電マの責め方を知る前に、電マについておさらいしておきましょう。

電マとは、“電動マッサージ”の略称。

もともと、筋肉の凝りなどをほぐすために開発された医療器具の一種です。肩こり用など、家庭用の家電製品としてもメジャーであることから、自宅にひとつはある…という方も多いかもしれません。

電マはアダルトグッズだけでなく、もともと医療用の器具である…ということを覚えておきましょう。

アダルトグッズの電マとは?

もともと、電マはアダルトグッズではない。そのため、家庭用の電マで女性を責めようと考える方もいるでしょう。

しかし、家庭用の電マは快楽目的で作られた商品ではありません。

あくまで、筋肉の凝りを癒すために作られた商品。そのため、振動がかなり強く、女性に強い痛みを感じさせてしまう恐れがあるのです。

アダルトグッズとしての電マは、微弱な振動から強い振動まで細かく選べるほか、大きさも小ぶりなものが中心です。

デザインも女性向けであったり、手に持ちやすく陰部に直接当てても安全な素材が使われています。こういった意味からも、電マで女性を責める際にはアダルトグッズとして売られてる電マを利用するように心がけましょう。

電マに馴れさせる

感じている黒髪の女性

電マ責めを行う前に、まず女性を電マに馴れさせる必要があります。ピンクローターやバイブなどがアダルトグッズとしては定番ですが、これらに比べて電マはかなり振動が強力です。

そのため、女性に中にはいきなり電マの刺激が与えられるとびっくりしたり、拒絶反応を示す方もいるようです。

電マ責めをして女性をイカせるためには、“電マ開発”を行うことから始めてみましょう。

服の上から当ててみる

まず相手に電マを使うことを伝え、リラックした環境を用意しましょう。まず、電マの振動を使わずに服の上をなぞっていきます。

電マの感触を体に覚えさすため、そして電マが気持ち良く安全な触り心地であることをわからせます。

ブラジャーの上からとかパンティの上から、やさしく電マの頭部分をなぞって当てていきましょう。

最も弱い振動で反応をチェック

電マの肌触りに馴れてきた頃、つぎにスイッチをオンにして試していきましょう。

ちゃんとここでも、“スイッチを入れるよ”と一声かけることが大切。開発段階では、相手のペースに合わせながら責める必要があります。

最初、服の上から電マの最も弱い振動で反応を試してください。この時に痛いとかくすぐったくて耐えられない…というのであれば、少し電マが向いていない可能性があります。

それでも、キスをしたり胸を揉んだり、相手を敏感にしだすと電マが多少気持ちよく感じてくるはずです。時間をかけ、じっくりと電マが気持ちよくなるまで責めましょう。

段階的に振動を強くする

電マの弱い振動でも気持ちよく感じてきたら、次は強い振動で開発していきます。とはいえ、いきなり最強の振動にするのはNG。

当然、相手がびっくりして今までの苦労が水の泡になってしまうことでしょう。

おすすめは、段階的に電マの強さを変えていく…というやり方です。ここまでくれば相手も多少は感じているので、強い振動になることを伝えなくても大丈夫。

ゆっくり、さりげなく一段階ずつ振動の強さを高めていきましょう。相手が嫌がらずに喘ぎ声が大きくなってきたら感じてる証拠。“こんなの当てられて喘ぐなんて、ドスケベだね…”など耳元で相手の気持ちが盛り上がりそうな言葉をかけてあげるのもよいでしょう。

直接当てる

強い振動でも相手が盛り上がるようであれば、次は衣類の上からでなく直接刺激を与えるという方法に進みましょう。

最初は、乳房の周りに直接当てて乳輪、乳首と段階的に責めていきます。ちなみに、この時の電マは弱い振動にしておきましょう。感じてきたら段階的に強くしていく流れは一緒です。

上半身が問題なければ次に下半身です。いきなり陰部に当てがうと驚かれるので、おすすめは周辺から責めていく方法。

太ももから股間周辺、そしてクリトリス。電マ開発における責め方は焦らしも重要になってくるため、段階的にやっていきましょう。

直接、陰部に電マを当てても感じてくれるようであれば開発は終了。

弱めたり、電マを止めたりした時に“もっと欲しい…”と懇願してきたら、間違いなく電マの虜になりはじめた証拠ですので、たっぷりと電マで愛してあげましょう。

電マ責めのアレンジ

オーガズムにいたっている女性

基本的に、電マ責めは前述した開発法が正しい方法です。

相手が電マの刺激に馴れていたとしても、あのやり方で責めればしっかりと感じてくれるので実践してみましょう。しかし、毎回同じ電マ責めをしていれば飽きるもの。

ここからは、電マ責めのマンネリ化を防ぐためにも、アレンジ方法をいくつかお伝えします。ぜひ、電マ責めのレーパートリーを増やして楽しんでみてください。

あえて触れない責め方

電マによる刺激が快楽と認識している女性であれば、セックス中に電マを見ただけで興奮してしまうはず。

だからこそ、その心理を逆手にとった電マ責めをしてみましょう。ある程度相手が感じてきた頃に電マを取り出します。

M字開脚してもらい、電マを女性の陰部近くに置いてスイッチオン。電マは起動して揺れているものの、陰部には当たっていないことで女性はもどかしさを感じて気分が高揚していきます。

男性の場合、勃起したペニスの亀頭部分を女性が舌を当たるか当たらないかの距離でペロペロされたら、我慢汁が出るほど興奮するでしょう。あえて当てないという、焦らしも電マ責めのテクニックなのです。

女性を立たせる

電マ責めというと、前述したようにM字開脚をしているイメージがあるかもしれません。

体全体で体重をかけられる安定した体制なので、快楽に集中することができます。しかし、あえて電マ責めをする際に女性を立たせてみましょう。男性は座ったままで、女性の陰部に電マを当てがい振動を与えます。

女性には崩れないように伝えておけば、“気持ち良さ”と“崩れてはいけない”という気持ちで頭がパニック状態になってしまうことでしょう。

また、立ちながら電マを当てられているという、自分のいやらしい姿にも興奮してしまい強い快楽を与えることができます。

目隠しで電マ責め

想像できる刺激と目に見えないふとした刺激では、私たちは感じ方が違います。

セックスにおいても目隠しプレイの有用性は古く伝えられており、見える場合との快楽度の違いは誰にでもはっきりと区別できるでしょう。
電マ責めをする際、目隠しプレイをするとその刺激が倍以上になると考えられているのでおすすめです。

顔を舐めたり、キスをしたり、乳房を揉んだりしながら相手を敏感にさせ、いきなり電マでアソコを刺激します。

急な刺激に興奮してしまう上に、何が起こっているかわからない興奮がオーガズムを誘発するはずです。

セックス中に使う

いやらしいミニバイブ

電マは、セックスの前戯やグッズプレイ用だけでなく、セックス中に使っても問題ありません。女性は、複数の性感帯が刺激されることでさらに快楽度を高めるため、使い方によっては電マ責めが功を奏することがあります。

電マには、一見ローター風のとても小さなサイズのものが売られています。指にはめることができるタイプなどであれば、正常位中にクリトリスを電マで責めることができるのです。

ペニスで膣内を責める中イキと、クリトリスが感じる外イキを同時に味わえる、“両イキ”を味あわせてあげることができるわけです。

潮吹き責め

電マは、活用の仕方によっては潮吹きを誘発させることも可能です。

電マ責めの中でも高等テクニックですが、挑戦する価値はあるでしょう。まず、潮吹きさせやすい体にするため普通にセックスを楽しみましょう。

Gスポットを責めるなどして、中イキさせやすい状態を作ります。相手が数回オーガズムを体験した後、指でGスポットなどを責めてさらにイカせます。

そしたら間髪入れずに電マでクリトリス責め。

力抜けているところに、さらに強烈な刺激を与えられると我慢できなくなり溜まっていた潮が思い切り飛び出すという仕組みです。

潮吹き開発、電マ開発の両方が完了していることが条件ですので、女性と相談しながら決めてみましょう。

電マ責めに使える電マとは?

快楽を呼び覚ますラブグッズ

電マ責めの方法をお伝えしてきました。

いろいろなやり方があり、いつものセックスが何倍にも楽しくなるものばかりだったと思います。さて、電マ責めのテクニックを磨くのもよいですが、大切なのは道具選びです。

女性が喜ぶ電マを利用することも、電マ責めをより気持ちいいものにするためのポイント。ここからは、電マ責めにおすすめな電マをいくつか紹介していきたいと思います。

ピンクアングル

ピンクアングル

ピンクアングルとはエラストマー素材でできている、デイルド型のラブグッズです。

ぷにぷにとした素材で作られているため、本物のペニスのような感覚を味わえ、痛みを感じやすい女性も使いやすいラブグッズとなります。

ピンクアングルには根本に吸盤がついており、それを床に固定することで、騎乗位の練習を行うこともできます。

膣にしっかりフィットする太さと材質が好評で、多くの女性が気持ち良くなれると喜びの声をあげるのでセックステクニックに自信のない男性はラブグッズに頼るのも1つの手です。

オナニープレイを眺めたい、感じている姿をまじまじと見たいという男性や、どんな体位でも彼を魅了して自分も感じたいという女性はぴったりでしょう。

価格は2,597円と、かなりお求めやすい価格なので試してみる価値ありです。

ピンクアングルを試してみる

マリンビーンズ

LCラブコスメ

マリンビーンズとは、膣内とクリトリスを同時に刺激できる二股タイプのバイブのことです。

女性が本当に気持ち良くなれるバイブを目指して開発され、多くの女性から支持されています。

マリンビーンズには、ヘッド部分とクリトリスを刺激してくれるクリバイブ、それぞれにモーターがついているため、しっかり性感帯を刺激してくれます。

さらに、Gスポットにヘッド部分がしっかり当たるため、中イキもしやすいです。

これまで中イキできなかった人が、マリンビーンズを使うことで初めて中イキできたということも多いため、中イキしたい人にオススメのラブグッズとなります。

優しく膣内を刺激してくれるため、痛みに敏感な人でも気持ち良くなれるバイブなのです。

低価格で購入できるというメリットもあるため、マリンビーンズが気になる方は以下から公式サイトを確認してみてください。

マリンビーンズを試してみる

電マ責めを極めてワンランク上のセックスライフ!

アダルトグッズとコンドーム

電マは、女性の敏感な部分を激しく刺激する強力なアイテムです。とはいえ、電マを馴れさせるためにはそれなりに開発や正しい責め方が必要。

相手が嫌がってしまうという一長一短のある責め方でもあります。しかし、ここで紹介した電マの責め方を参考にしてもらえばその心配は無用。

ぜひ、電マを使いこなしてワンランク上のセックスライフを楽しんでみてください。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら