パートナーエージェントは本当に結婚できる?口コミや料金を徹底解説!

                                       
                                   

結婚相談所は、真剣に婚活と向き合う男女が一度は検討するサービスですね。
しかし、イマイチ選び方がよくわからないという声が多く見受けられます。
今回は、結婚相談所の中でもハイブリッド型といわれる「パートナーエージェント」に注目。
パートナーエージェントのリアルな口コミから料金まで、徹底解説していきます。

「パートナーエージェント」で本当に結婚できるのか?

婚活

数ある結婚相談所の中でも「ハイブリッド型」といわれるパートナーエージェントは、現実的に結婚相手を見つけるためのポイントがたくさんあります。

パートナーエージェントが「ハイブリッド型」と呼ばれる理由は、仲人紹介型(仲介型)とデータマッチング型を両方利用できるため。
一般的な結婚相談所は、「仲人紹介型(仲介型)」か「データマッチング型」のどちらかを採用しています。

「仲人紹介型(仲介型)」は、いわゆるお見合い形式の結婚相談所ですね。
料金は高額ですが、細かい部分までサポートしてもらえます。
「データマッチング型」は、自らスマホやパソコンを使って相手を探していきます。
自ら積極的に活動する分、料金は安くなります。

パートナーエージェントも、基本的にはコンシェルジュからの紹介を元に婚活を進めていきますが、必要に応じて自らデータマッチング機能を使うこともできます。

また、独自の婚活PDCAサイクルも期待大。
他にも「コネクトシップ」という他の結婚相談所との会員相互紹介サービスにも力を入れています。
このように、さまざまな有料オプションが用意されているのもパートナーエージェントの強みだといえます。

金銭的に余裕があれば、全く恋愛に自信がない方でも希望に応じて手厚いサポートを受けられます。
成婚率は業界トップの27.2%、1年以内の成婚率は63.8%と実績も十分ですね。
リアルな成婚を目指すなら、選択肢の一つにパートナーエージェントをオススメします。

パートナーエージェントの口コミや評判は?

 パートナーエージェントの口コミや評判は?

パートナーエージェントを実際に利用した人の声も気になりますよね。
結婚相談所に登録すれば、誰でも結婚できるわけではありません。
客観的な意見を参考にしてみましょう。
こちらでは、2chや5ch、Yahoo!知恵袋などで多く見られる声をまとめてみました。

良い口コミ・評判

パートナーエージェントは、信頼できるという声が多く見受けられました。
高い金額を払って不信感が芽生えてしまうのは辛いですよね。
コンシェルジュのサポートは、徹底していると高評価でした。
些細なことでも相談しやすく、安心して婚活に集中できたとの声も。

悪い口コミ・評判

パートナーエージェントの再婚ユーザーは、やや不利な傾向があるようです。
また、希望条件に該当する異性が少ないという声も。
特に多かったのは、コンシェルジュのノリについていけないというもの。

コンシェルジュが熱心すぎるあまり、成婚退会しそうになってしまうとの声も見受けられました。
積極的に婚活をサポートしてくれるのはうれしいですが、受け身になってしまうと危険ですね。

パートナーエージェントに入会した理由は?

パートナーエージェントに入会した理由は?

パートナーエージェントの会員は、どのようなきっかけで入会したのか気になりますよね。
実は、公式サイトでは会員が入会したきっかけを漫画で紹介しているんです。
男女別に分かれているので、参考になりますよ。

また、ネット上には個人で婚活ブログを更新している会員も見受けられます。
パートナーエージェントについて書かれている記事も多いので、参考になるのではないでしょうか。

漫画

パートナーエージェント入会のきっかけは、人それぞれ。
公式サイトの漫画では、趣味がアイドルの追っかけという女性のエピソードなどがありました。
こちらの方は、女子校育ちで職場も女性ばかり。
気づけば、恋愛経験がないまま大人になってしまったんですね。

また、過去にハイスペックな男性とばかり交際するあまり、理想だけが高くなってしまった女性なんかも。
異性の条件にこだわる方は、自分の異性を見る目に自信がないということも。

男性のエピソードでは、自分と釣り合う女性を効率よく探したいというものが多数でした。
男性は、知人や家族と恋愛について何でも話すわけではありませんよね。
そのため、自分では気づかない問題があることも。

例えば、本人は外見のせいで婚活がうまくいかないと思っていても、実は女性に対する態度が理由だとか。
結婚相談所に入会し、コンシェルジュが指摘してくれて初めて気づく!ということもよくあるそうです。

その他にも、様々な男女のエピソードが漫画で公開されています。
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

婚活ブログ

ネット上では、個人の婚活ブログも多数見受けられますね。
パートナーエージェントでの婚活について書いている人もいます。
成婚までのリアルな体験談や、婚活がうまくいかない人の話まで参考になるものがたくさん読めます。

気になる方は「パートナーエージェント ブログ」で検索してみてはいかがでしょうか。
同性だけではなく、異性のブログも参考になりますよ。

パートナーエージェントの運営会社は安全?

パートナーエージェントの運営会社は安全?

パートナーエージェントの運営会社は、様々な婚活サービスを手がけています。
例えば、婚活パーティーで有名な「OTOKON(オトコン)」も同じ運営会社です。

また、格安婚礼サービスで有名な「スマ婚」を15億1400万円で買収した過去も。
最近では、「エン婚活エージェント」との資本提携も発表されました。
安全な会社だということがよくわかりますね。

運営会社の主な情報は、以下の通りです。

運営会社

株式会社パートナーエージェント

本社

東京都品川区大崎1-20-3
イマス大崎ビル4階

代表

佐藤 茂

資本金

263百万円

売上

4,151百万円

営業時間

平日
13:00~19:00(最終受付時間)
土日祝
10:00~19:00(最終受付時間)
※支店により変動あり

定休日

火曜日(木曜日)
※支店により変動あり

問い合わせ

0120-147-466(24時間受付)

支社一覧

<北海道エリア>
札幌店
<東京エリア>
新宿店・ 銀座店・銀座数寄屋橋店・池袋店・上野店・ 丸の内店
<関東エリア>
横浜店・大宮店・船橋店・ 高崎店・水戸店
<中部エリア>
名古屋店・岡崎店・静岡店・浜松店・
<関西エリア>
大阪店・なんば店・京都店・ 神戸店・姫路店
<中国エリア>
広島店
<九州エリア>
福岡店・北九州店

パートナーエージェントの会員層は?

パートナーエージェントの会員層は?

パートナーエージェントの会員は、どのような人がいるのでしょうか。

項目ごとの男女比は、このようになっています。

男女比

まず、男女共に約7割が30代。

男女比は4:6で女性の方が、やや多いですね。

年収

年収は、首都圏の男性が約630万円、女性は約440万となっています。

地方の男性は約560万円、女性は約380万です。

学歴

学歴は男女共に大卒が大半。

男性は74.3%、女性の65.7%が大卒です。

職業

職業は非公表ですが、パートナーエージェントには「エグゼクティブコース」や「アルティメットコース」など、富裕層でないと加入できないプランが用意されています。

男女共に、富裕層との出会いも期待できるでしょう。

パートナーエージェントに向いている人は?

パートナーエージェントに向いている人は?

パートナーエージェントでは、基本的に近くに住むお相手を紹介されます。

そのため、遠距離になることはありません。

とはいっても、パートナーエージェントの利用には向き不向きがあります。

どのような人がパートナーエージェント向きなのでしょうか。

向いている人

パートナーエージェントの利用が向いているのは、ある程度お金をかけても手厚いサポートをしっかり受けたい人です。

また、1年以内の結婚などスピード感を重視する人にも向いています。

向いていない人

自ら積極的に婚活を進めたい人は、パートナーエージェントに向いていません。

また、多くの選択肢から相手をじっくり選びたい人にも不向きです。

スピード感のある婚活を希望する会員が多いので、浮いてしまうでしょう。

パートナーエージェントの入会から成婚退会!

パートナーエージェントの入会から成婚退会!

パートナーエージェントに入会すると、どのような流れになるのでしょうか。

入会から成婚退会までの基本的な流れや、サービス内容についてご紹介していきます。

入会方法

パートナーエージェントに入会するには、まずは個別相談から。
Webで来店日時を予約しましょう。
説明を受けて、会員登録を行います。

必要書類は、以下の通りです。
入会後、1ヶ月以内に提出します。

・独身証明書
・収入証明書
・身分証明書
・最終学歴証明書(短大卒以上)
・写真
・資格証明書

 

マイページ

会員登録をすると、パートナーエージェント会員専用サイトのマイページにログインできるようになります。
マイページのURLは、こちらです。
ブックマーク登録しておくと便利ですね。

スマホアプリはありませんので、Webブラウザから利用しましょう。
もし、マイページにログインできない場合はシステムメンテナンスだということも。

マイページでは、以下の機能が利用できます。

・紹介(リコメンド)と返事
・お見合い(コンタクト)とスケジュール調整
・交際と連絡先交換
・コンシェルジュとのメール連絡
・イベントやセミナーの申し込み
・サポートの利用
・各種サービスの料金確認

活動方法

会員登録が終わったら、婚活計画を立てます。
その後、相手を紹介されるので気になる相手とお見合いをしましょう。

お互いに「また会いたい」と思ったら交際に進みます。
交際の段階では、同時進行も可能ですよ。

お互いに一人の相手とお付き合いする意思が固まったら、真剣交際に進みます。
ちなみに、パートナーエージェントには成婚前の禁止事項があります。

・結婚の口約束
・宿泊を伴う旅行
・婚前交渉
・同棲

退会方法

真剣交際後に、交際中の二人が結婚の意思を固めたら、婚活終了となります。
これが、パートナーエージェントにおける成婚退会の定義です。

パートナーエージェントの特徴は?

パートナーエージェントの特徴は?

パートナーエージェントの会員数は約12,000人。成婚者数は約3,200名です。
平均して1ヶ月に2.6名とお見合いできるといわれています。
その中でも成婚率は、27.2%と業界トップ。
会員の数は多くありませんが、数よりも質で勝負しています。

以前は会員番号で入会時期がわかるとも噂されていましたが、今は入会時期が分からないようになっています。

また、パートナーエージェントのコンシェルジュは200時間の研修を経たプロフェッショナル。
安心して婚活を進めることができますね。

婚活PDCA

最大の特徴は、業界初のPDCA導入。
以下のように、婚活をPDCA化しました。
これなら、問題点にすぐ気づくことができますね。

<パートナーエージェントのPDCA>
・Plan(計画)→ 婚活設計
・Do(実行)→ 紹介・コンタクト(お見合い)
・Check(評価)→ 振り返り・アドバイス
・Act(改善)→婚活設計の見直し

診断

パートナーエージェントでは、診断項目が3つ用意されています。
これらも、特徴の一つです。

 

婚活EQ診断

パートナーエージェントの「婚活EQ診断」は入会前にWebで行えます。
これは、簡単に成婚力を診断できるものです。
ただし、結果はWeb上ではなく郵送されます。

 

EQアセスメント診断

「EQアセスメント診断」は、パートナーエージェントが独自でやっている入会テスト。

こちらに合格すると、パートナーエージェントに入会できます。

 

婚活アビリティ診断

パートナーエージェントの「婚活アビリティ診断」は、婚活におけるデータを数値化するもの。

プロフィールや異性に求める条件、活動内容などを数値化して分析します。

まずは無料で資料請求してみる

パートナーエージェントの料金は?

パートナーエージェントの料金は?

パートナーエージェントの料金プランは「コンシェルジュライトコース」もしくは「コンシェルジュコース」です。

富裕層向けのプレミアムプランには「エグゼクティブコース」もしくは「アルティメットコース」があります。
どちらも都内の会員のみが対象です。

また、パートナーエージェントには「出会い保証制度」があります。
入会してから3か月以内に1度も出会いがなかった場合、支払った登録料が返ってきます。

基本料金システム

「コンシェルジュライトコース」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 30,000円
・月会費
(エリアⅠ)13,000円
(エリアⅡ)11,000円
・月間紹介人数 1~16名
・月間お相手検索 1~16名
・コンシェルジュ面談 なし

「コンシェルジュコース」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 95,000円
・月会費
(エリアⅠ)17,000円
(エリアⅡ)14,000円
・月間紹介人数 6名
・月間お相手検索 5名
・コンシェルジュ面談 3ヶ月に1回

 

エリアⅠ

<関東エリア>
横浜店・大宮店・船橋店
<東京エリア>
新宿店・銀座店・銀座数寄屋橋店・池袋店・上野店・丸の内店
<中部エリア>
名古屋店・岡崎店
<関西エリア>
大阪店・なんば店・京都店・神戸店・姫路店

 

エリアⅡ

<北海道エリア>
札幌店
<関東エリア>
高崎店・水戸店
<中部エリア>
静岡店・浜松店
<中国エリア>
広島店
<九州エリア>
福岡店・北九州店

プレミアムプラン

「エグゼクティブコース」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 280,000円
・月会費 30,000円
・月間紹介人数 8名
・月間お相手検索  20名
・コンシェルジュ面談 月に1回
・婚活セミナー 月2回無料
・婚活ファッションサービス
(ファッションカウンセリング、お買い物同行、カリスマ美容師によるヘアカット・メイク、プロカメラマンによるプロフィール写真撮影)

男性は28~55歳、女性は20~44歳まで。
男女共に年収1,000万円以上が対象。

「アルティメットコース」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 550,000円
・月会費 100,000円
・月間紹介人数 8名
・月間お相手検索  20名
・コンシェルジュ面談 月に1回
・婚活セミナー 月2回無料
・婚活ファッションサービス
(ファッションカウンセリング、お買い物同行、カリスマ美容師によるヘアカット・メイク、プロカメラマンによるプロフィール写真撮影)
・プレミアムラウンジの利用
・専属秘書
(PAセレクタリー)

年収3,000万円以上の男女が対象です。

有料オプション

パートナーエージェントは、有料オプションを加えることもできます。
必要に応じて、利用してみましょう。

「婚活パーティー・イベント」
パートナーエージェント会員以外も参加可能です。
参加費がかかります。

「コネクトシップ」
他の結婚相談所との会員相互紹介サービス。
(※税抜き)
自分のプロフィールを掲載 1ヶ月4,000円
気になる相手に申し込み 1回2,000円

「MY PR」
自分で相手を検索できる機能です。
(※税抜き)
自分のプロフィールを掲載 1ヶ月4,000円
気になる相手に申し込み 1回2,000円

「写真撮影」
・PREMIUM(プレミアム)
撮影+ヘアメイク 約10,000円

・STANDARD(スタンダード
撮影のみ 約5,000円

休会・退会

休会は、マイページの上部の「会員情報の確認・変更」から申請できます。
5日までに連絡すると、翌月の1日から休会できます。
26日以降に連絡した場合は、翌々月の1日から休会となります。
休会時の費用は税抜で月額5,000円です。

退会は、コンシェルジュに退会したい旨を伝えるだけ。
「マイページ」に退会フォームが送られてきますので、必要事項を記入します。
ただし、自己都合の退会には、契約解除料として約20,000円かかります。

再入会

再入会の場合は、新規と同じ扱いになります。
成婚退会後、1年以上経過して再入会する場合も同様です。
ただし、成婚退会した人が1年以内に再入会する場合は、登録料と初期費用が免除されます。
さらに以前払った成婚料50,000円も返還されます!
再入会するなら、1年以内がお得です。

パートナーエージェントに割引やキャンペーンはある?

パートナーエージェントに割引やキャンペーンはある?

パートナーエージェントには、無料の「ANNIVERSARY CLUB」というサービスがあります。
こちらは、無期限で結婚・入籍までのサポートや、入籍後のお得なサービスを受けられるというもの。

また、基本プランとプレミアムプラン以外にも、お得な料金プランがあります。
基本プランより料金は高くても、年代に合ったサポートが受けられるコースも。

お得な料金プラン

「U29バリュー(コンシェルジュライトコース)」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 30,000円
・月会費
(エリアⅠ)11,000円
(エリアⅡ)8,000円

29歳未満の男女が対象です。

「U29バリュー(コンシェルジュコース)」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 47,500円
・月会費
(エリアⅠ)15,000円
(エリアⅡ)12,000円

29歳未満の男女が対象です。

「PAXコース」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 95,000円
・月会費
(エリアⅠ)13,000円
(エリアⅡ)10,000円

中高年に特化したサポートが受けられます。
対象の年齢は以下の通りです。
関東地域の55~64歳の男性、45歳~54歳の女性。
関西地域の55歳~59歳の男性、41歳~49歳の女性。
北海道・東海・中国・九州地域の50~59歳の男性、40歳~49歳の女性。

「シングルマザーコース(コンシェルジュライトコース)」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 47,500円
・月会費
(エリアⅠ)11,000円
(エリアⅡ)8,000円

20歳未満のお子さんと同居中の、20~44歳のシングルマザーの方が対象です。

「シングルマザーコース(コンシェルジュコース)」
(※税抜き)
・登録料 30,000円
・成婚料 50,000円
・初期費用 47,500円
・月会費
(エリアⅠ)15,000円
(エリアⅡ)12,000円

20歳未満のお子さんと同居中の、20~44歳のシングルマザーの方が対象です。

まずは無料で資料請求してみる

パートナーエージェントと他の結婚相談所の違いは?

パートナーエージェントと他の結婚相談所の違いは?

結婚相談所は登録に各種証明書が必要ですし、費用も男女同額で年間数十万円かかります。
ただし、費用が高額なため、必然的に収入がある男女が集まります。
とはいえ、恋愛経験は少ない人が多いんです。

また、全国規模の結婚相談所は、データマッチング型を採用する傾向があります。
地域密着型の結婚相談所は、仲人紹介型(仲介型)が多いですね。

パートナーエージェントは仲人紹介型(仲介型)がメインですが、データマッチング型も取り入れています。
ここが、他の結婚相談所との大きな違いです。

パートナーエージェントの位置付け

数ある婚活サービスの中で、結婚相談所は最上位のサービスです。
しかし、結婚相談所にもそれぞれランクがあります。
パートナーエージェントは一般的な結婚相談所の中でも、高級路線に近い位置付けになります。

結婚相談所
高:医師専門の結婚相談所

→パートナーエージェント

中:楽天オーネット・ツヴァイ・ノッツェ
低:ゼクシィ縁結びエージェント・エン婚活

婚活・お見合いパーティー

マッチングアプリ・街コン

他社との比較をした場合

パートナーエージェントは、実績とサポート内容が支持されています。
具体的には、コンシェルジュとの面談やアドバイスの内容が高く評価されています。

ちなみに、成婚率は結婚相談所によって計算方法が異なるので要注意!
パートナーエージェントの成婚率は、「成婚退会者数」÷「会員数」によって算出されています。
わかりやすいですね。

実績

サポート

会員数

価格

設立

上場

成婚率

パートナー
エージェント

2006年

東証
マザーズ

27.2%

オーネット

1980年

非上場

12.0%

ツヴァイ

1984年

東証二部

会員外も含めて19.6%

ノッツェ

1993年

非上場

非公開

IBJメンバーズ

2006年

東証一部

21.6%

ゼクシィ縁結び
エージェント

2015年

非上場

非公開

単に会員数だけ見ると、オーネットがダントツです。
50,000人以上と業界トップを誇ります。
ただし、パートナーエージェントは「コネクトシップ」により、会員数をカバー!

コネクトシップとは、パートナーエージェント運営の会員相互紹介プラットフォーム。
他の結婚相談所の会員紹介を可能にしました。
参加企業は、以下の通りです。

<コネクトシップ参加企業>
マリックス・ゼクシィ縁結びエージェント・エン婚活エージェント・ノッツェ・日本仲人連盟・日本結婚相談協会・全国仲人連合会 等

パートナーエージェントで成婚退会するポイント!

パートナーエージェントで成婚退会するポイント!

パートナーエージェントを利用するなら、プロフィール登録から成婚退会するまでの流れとポイントをおさえておきましょう。
まず、プロフィールや写真、服装などはしっかりこだわること。
また、知り合った相手とはパートナーエージェントのルールに基づいて交際する必要ありますね。
「交際」「真剣交際」「成婚退会」の定義についても、しっかり理解しておくと安心です。

プロフィール

相手が自分のプロフィールを見た時に、どう感じるか考えましょう。
自分をよくみせたいからといって、虚偽の申告はNG。
苦手なことを得意だと嘘をつくと後々、困ります。

結婚したら一緒に生活をするわけですから、背伸びをしても居心地が悪いだけですね。
素直に記入することが一番です。

相手への理想をズラズラと書き並べるのもNG。
ハッキリいって不気味ですし、逆の立場で考えたときに「この人、面倒くさそうだな」と思いませんか。

婚活は自分を客観視することが大事。
相手の立場に寄り添って考えれば、スムーズにいきますよ。

また、趣味を書く際は箇条書きではなく文章にするとGOOD。
例えば「料理」だけではなく、「お休みの日は、ランチにパスタを作ることが多いです。」の方が親しみやすいですよね。

写真

写真は、できればフォトスタジオで撮ることをオススメします。
写真が残念だとなかなかファーストコンタクトまでたどり着けませんし、自撮りの写真は基本的にウケが悪いです。
表情は、必ず笑顔で。

ちなみに、「内面の一番外側は外見」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
これは、生まれ持った容姿のことに言及しているわけではありません。

例えば内面がガサツであったり、身だしなみに無頓着な人はそれが外見に現われます。
特に男性の方は、女性よりも清潔感や身だしなみの感覚がズレていることがあります。
写真を撮る前に、以下の項目に気をつけてみましょう。

・寝癖
・眉毛の形
・無精ひげ
・肌荒れ
・爪の長さや汚れ
・口臭や体臭

服装

婚活時の服装に迷う方は多いですね。
男女共に参考になるのは、アナウンサーです。
アナウンサーは、どの年代にとっても不快感を与えない服装を意識していますので、非常に参考になりますよ。

初対面

パートナーエージェントで初めて会うことを、ファーストコンタクトと呼びます。
まずは、1時間程度お茶をします。
場所はパートナーエージェント側がオススメしてくれるので安心。
ちなみに、初対面での食事や飲酒は禁止されています。
まずは、気軽に。
フィーリングが合うかどうかを目安にするといいでしょう。

会話

会話の内容は、相手の好みについて話を広げられるとGOOD。
もしファーストコンタクトがうまくいけば、デートプランの参考にもなりますね。
「○○さんが好きな△△に行きませんか。」と誘うこともできます。

次に、自分の好みも伝えてみましょう。
こちらも、相手が興味を持ってくれれば「もし良かったら、私の好きな○○に行きませんか。」と誘うきっかけになりますよね。

ファーストコンタクト後に「また会いたい」と思ったら、会員専用のマイページから「交際OK」をします。
お互いに「交際OK」であれば、連絡先交換ができます。

交際

パートナーエージェントの「交際」は、まだ知り合いの段階です。
「交際」の段階では同時進行も可能なので、忘れられないように定期的に時間を作って会いましょう。
婚活目線のデートは、1回の長さよりも頻度が重要。

デートの時間は、少しずつ長くしていくと負担が少ないでしょう。
2回目は、ランチだけ。
3回目は、ランチからお茶までといったように。
始めから長時間のデートプランを考えてしまうと、負担が大きくなりがちです。

真剣交際

真剣交際

「交際」の期間にデートを重ねて、お互いが結婚を前提に交際したい!と思ったら「真剣交際」に進みます。
真剣交際になると、他の会員とは交際終了という形になります。
同時進行はできません。

成婚退会

パートナーエージェントでは、真剣交際後に交際中の二人が結婚の意思を固めたら成婚退会となります。

成婚退会」はパートナーエージェント支社で、お互いとそれぞれのコンシェルジュが同席して結婚の意思の確認を行います。
実際の入籍までは成婚退会後の1年間、無料でサポートが受けられます。

パートナーエージェントで予定の3倍早く成婚した人が実践した3つのこと

パートナーエージェントで予定の3倍早く成婚した人が実践した3つのこと

パートナーエージェントに登録する方たちは皆さん、「なるべく早く結婚したい」と思っているはずです。
しかし、いくらパートナーエージェントが成婚率が高いとは言っても、結婚が決まるのには早い人、遅い人さまざま存在します。

では、パートナーエージェントで特に早期に結婚を決められた人たちはどういうことを実践していたのでしょうか。

プロフィールの工夫

結婚相談所で成婚を目指すには、まずは良さそうな相手とコンタクトをとってお見合いに進まなければなりません。

そのためには、まず異性にあなたを選んでもらわなければ話になりません。
「なかなかチャンスがないな」と思っている人は、まずは自分を変える努力が必要です、つまりプロフィールを見直してみることが大事です。

上でも書いたように、プロフィール写真を変えるだけでも異性からの印象がグッと良くなります。
そしてプロフィール写真自分で撮るのではなく、やっぱりプロのカメラマンに撮影してもらったほうがあなたの魅力が格段にアップします。

その次に変えてほしいのが「自己紹介文」です。
自己紹介文がイマイチだという人は、異性ウケする内容に練り直してみることが必要です。

はじめに自己紹介の流れですが、
「挨拶」→「入会した動機」→「職業」→「職業」→「趣味・特技」→「性格」→「休日のこと」→「結婚観」→「しめの挨拶」
という流れで書いていきます。

結婚相談所の自己PRだからと言って、けっして堅苦しくする必要はありませんが、なるべく敬語を使い、馴れ馴れしくない丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。

そして、特にモテる人のプロフィールに共通していることは、
・誠実な印象
・明るい内容
・一緒にいて楽しそう

という3つのことです。

結婚相手として選ばれるには、やはり真面目で誠実な人が好印象ですし、何より明るい人は好まれます。
逆に暗い性格であったり、ネガティブな内容が書かれているとそれだけで「この人とは一緒になれなそう」と敬遠されてしまいます。

自己紹介の中でも、特に「結婚観」に関しては、結婚に対して前向きな気持ちを書くことがポイントで、幸せな結婚生活を想像させるような内容を盛り込むと良いでしょう。

そして、相手への理想を書き連ねるのは良くないと上でも書きましたが、結婚観についてもあまり理想を追い求めると良くない印象を与えてしまいます。

例えば、結婚観があまりに現実とかけ離れていたり理想が高すぎると、結婚に対してのハードルが上がってしまい、読んだ人が敬遠してしまいます。
それよりも「明るい家庭を築きたい」「お互いに支え合っていきたい」など控えめに書いておくと良いでしょう。

また、結婚するということはこれからずっと一緒にいるということなので、「癒されそう」「楽しそう」など、一緒にいて得られるメリットが多ければ多いほど結婚相手として選ばれやすくなります。

もしあなたにアピールポイントがあるのであれば、それをどんどんプロフィールで紹介していきましょう。
決して「趣味は特になし」などと書くのはやめてくださいね。

とはいっても、決して自慢話をするような感じで書いてはいけません。
自分を過剰評価しすぎると「ナルシスト」「気が強い」という印象を与えてしまうのであくまでも控えめに書くことが大事です。

また、趣味や休日の過ごし方に関しては相手が「どんな風に過ごしているのかな?」と気になる部分でもあります。
特に同じ趣味など共通点が多い相手だと共感できて出会いのきっかけになりやすいです。

しかし趣味や過ごし方を書くときには、書いてOKなものとNGなものがあるので注意が必要です。

例えば「スポーツ」「グルメ」「音楽鑑賞」などの一般ウケするものは特に問題ないのですが、「ギャンブル関係」「アニメオタク」「フィギュア集め」などはあまり良い印象を与えず異性ウケも悪いのでやめましょう。

また、休日は「疲れているので家でゴロゴロしています」などのようにマイナス印象を与えることは書かないようにしましょう。

休日の過ごし方は「この人と結婚したらどんな風に過ごすのかな?」と相手が想像する部分でもありますので、なるべく楽しい印象を与える内容にしましょう。

パートナーエージェントのシステムを上手に使う

パートナーエージェントで早期成婚に至った人の多くが「できるだけ出会いの場を増やすことが大切」と言っています。

上でも書いたように、パートナーエージェントでは「紹介」といって自身のコンシェルジュに異性を紹介されたり、相手から直接申し込まれる「オファー紹介」というサービスがあります。

しかし、これ以外にも「リクエスト紹介」「My PR紹介」「セレクト紹介」など様々な紹介方法が存在します。

パートナーエージェント以外の提携している他の結婚サービスから紹介を受けることができる「セレクト紹介」やイベントに参加すると行われる「リクエスト紹介」など、パートナーエージェントの紹介システムはかなり豊富なので、早期成婚を実現している人の多くが積極的にこれらのシステムを活用しています。

パートナーエージェントに登録しているだけでも十分に紹介サービスを受けることは可能ですが、こうした様々なサービスをうまく利用することによってより出会いの場を増やすことができますし、パートナーエージェントのシステムを上手く活用することがスピーディな成婚のコツです。

コンシェルジュと密な関係を作る

結婚体験談の1つとして、実際に結婚に自信がなかった男性が積極的に婚活できるようになったのはコンシェルジュの根気強いサポートのおかげだと答えています。

この男性は、職場での出会いも期待できないうちに30代半ばを超え、結婚を意識するようになりパートナーエージェントに登録したのがきっかけだそうで、最初は「異性との接し方が分からない」「自分に自信がない」という奥手な性格だったようです。

しかし、この男性は担当のアドバイザーが1対1でしっかりサポートしてくれたため、自分のペースで婚活することができ、だんだん女性と話すことができるようになっていったそうです。

このアドバイザーのおかげで困ったことは遠慮せずに何でも相談でき、1人ではないんだと思うことで気持ちも楽になり、そんな意識の変化から最終的には思ったよりもずっと早く結婚することができたそうです。

パートナーエージェントのコンシェルジュは「的確なアドバイスをくれる」「一緒に考えてくれる」という寄り添ったアドバイザーが多いと評判が高く、何よりベテランの方が多いのでかなり頼もしいようです。

それゆえに、恥ずかしいからと言いたいことを遠慮したりせずに、婚活のパートナーとしてコンシェルジュを上手く活用することがパートナーエージェントでの早期成婚につながっていくと言えます。

パートナーエージェント以外のおすすめの結婚相談所はこちら

パートナーエージェント以外のおすすめの結婚相談所はこちら

「パートナーエージェント以外に良い結婚相談所はないの?」という人のために、おすすめの結婚相談所をご紹介したいと思います!

コスパ&会員数重視ならこれ!「楽天オーネット」

真剣に結婚相談所を探している人にぜひ紹介したいのが「楽天オーネット」です。

「楽天オーネット」は楽天が運営する結婚相談所であることから抜群の知名度を誇っており、会員数5万人と相談所の中でも1、2を争うほど会員数が多いのが特徴です。

ですので、「結婚相談所といえば楽天オーネット」とも言われており、まずは楽天オーネットからはじめてみようと婚活初心者が入会しやすい雰囲気であるのも魅力です。

楽天オーネットは「データマッチング型」というタイプの結婚相談所で、コンピュータを使った婚活が主流となってはいますが、もちろんサポート力も圧倒的に高いですしパートナーエージェントと同じようにアドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

http://bit.ly/2vhbAgh

そして、結婚相談所の仲ではすこぶるリーズナブルなのも特徴で、通常プラン以外にも「リフレッシュプラン」という他者から乗り換えで高額ポイントがもらえるお得なプランなど、他者にはないプランも存在します。

楽天オーネットは特に「会員数が多いほうが良い」「コスパを重視したい」という方に向いており、もちろん無料相談や無料体験などもあります。
気になる人はまずは気軽に話を聞いてみることをおすすめします。

まずは無料で診断!

パートナーエージェントは高めだが民度も高い!

結婚相談所の中でも、比較的コストがかかるパートナーエージェント。
しかし、この料金設定こそがフィルターとなり、民度を保っているといえます。
質の良い出会いは、お金で買えるというわけです。

また、結婚相談所は長期休暇後に登録率が上がるといわれています。
これは、帰省が影響しているともいわれています。
実際に帰省をしなくても、長期休暇は両親や友人と連絡をとることも多いですよね。
気になる方は、資料請求だけでもしてみてはいかがでしょうか。

まずは無料で資料請求してみる

The following two tabs change content below.
編集部 翔太

編集部 翔太

29歳、独身。趣味は銀座コリドー街で飲み歩き。 最近は婚活のためマッチングアプリを14個登録。 好きなタイプは黒髪美人!

ライター紹介はこちら