床オナのやり方&イク方法!床オナの危険性とは?直し方・治療法も解説

                                       
                                   

床オナのやり方として大切になってくるのは、床にしっかりペニスをこすりつけるということです。

この記事では、床オナのやり方やイク方法、メリットやデメリット、床オナの危険性、治療や直し方などについて解説していきます。

セックスを疑似体験でき、強い刺激を与えることができる床オナをしてみたいという男性も多いでしょう。

床オナは様々なオナニーの中でも、かなり気持ち良くなれるオナニーですので、覚えておいて損はありません。

しかし床オナには、様々なリスクもあります。

そのため、この記事で床オナのことを学び、リスクと気持ち良さのバランスを取りながら床オナを楽しんでいきましょう。

床オナとは?

床オナとは?

床オナとは、うつ伏せになってペニスを床にこすりつけて行うオナニーのことです。

普通の手で行うオナニーよりも、かなり強い刺激を感じることができるため、トップクラスで気持ち良くなれるオナニーと言われています。

しかし刺激が強い分、様々なリスクもあるオナニーです。

気持ち良いオナニーではありますが、十分に注意しておかないと、様々な弊害が発生してしまうことになるため、床オナの正しい知識を理解しておくことが大切です。

床オナのメリット

床オナのメリット

床オナにはどのようなメリットがあるのか、いまいち理解できないという人も多いでしょう。

そこでここからは、床オナのメリットについて解説していきます。

強い刺激で気持ち良くなれる

床オナのメリットとして、まず挙げられるのは強い刺激で気持ち良くなれるという点です。

床オナは体と床でペニスを挟み込み、硬い床にペニスをこすりつけるオナニーですので、手で行うオナニーよりも強い刺激を感じることができます。

強い刺激をペニスに与えると痛みを感じてしまう人も多いですが、慣れてくるとそれが大きな快感となります。

床オナ以外のオナニーでは満足できなくなってしまうという人もいるほど、気持ち良いオナニーですので、この気持ち良さが大きなメリットとなるのです。

セックスしているかのような臨場感を味わえる

セックスをしているかのような臨場感を味わうことができるというのも、床オナの大きな魅力となります。

床オナはペニスを床に押し付け、腰を動かしてペニスをこすりつけるオナニーです。

手でペニスをしごくオナニーはセックスとはだいぶやり方が違いますが、床オナのやり方はセックスにかなり近いやり方となります。

そのため、床オナをしていると、本当にセックスをしているかのような感覚を味わえるのです。

本物のセックスよりも刺激は強いため、その気持ち良さはセックス以上だと語る人もいます。

勃起していなくても射精できる

床オナには勃起していなくても射精できるというメリットもあります。

普通のオナニーでは勃起しなければ、なかなか射精することはできないでしょう。

しかし床オナはかなり刺激が強いため、勃起していない状態で射精することも可能なのです。

ただし、勃起せずに射精するのは誰でもできるというわけではありません。

何度も床オナをしていると、いずれできるようになっていくのです。

床オナ初心者の人がいきなり勃起なしで射精するのは難しいため、どうしても体感したい人は床オナの経験値を増やしましょう。

床オナのやり方とは

床オナのやり方とは

床オナをやってみたいけれど、どうやってやれば良いのかわからないという人も多いでしょう。

そこでここからは、床オナのやり方を紹介していきたいと思います。

床やベッドの上でうつ伏せになる

床オナをやるときは、どこで床オナをするか決めるところから始めます。

「床」という言葉がついていますが、必ずしも床でなければいけないというわけでもありません。

ベッドの上でやっても良いですし、マットを敷いてやっても良いです。

自分が気に入る床があるはずですので、まずはそれを探すところから始めましょう。

どの床で床オナをするのかが決まったら、そこにうつ伏せになってください。

初心者の場合、最初はズボンやパンツを履いたまま行ったほうが良いです。

そして準備ができたら、次のステップに行きましょう。

床にペニスをこすりつける

準備ができたら、いよいよ床オナを始めていきます。

服を着た状態の人は、うつ伏せの状態で腰を動かし、ペニスを床にこすりつけていきましょう。

体重がペニスにかかるため、すぐに勃起するはずです。

なかなかうまくしごけない場合、まずは手を使って勃起させてから、床オナをすると良いです。

勃起した状態のほうが、床にこすりつけやすいため試してみてください。

ある程度気持ち良くなれたら、次はパンツだけの状態で行い、最終的にはパンツを脱ぐと良いでしょう。

しかしパンツを脱ぐと刺激が強過ぎて、逆に気持ち良くなれないという人もいます。

そのような人はパンツを履いたまま、床オナを続けてもかまわないため、自分の好きな状態で床オナを行ってください。

速度を上げて射精する

勃起して気持ち良くなれたら、しごくスピードを上げて射精していくことになります。

腰を速く動かし、一気に絶頂に達するのです。

しかしこのとき、あまりにも激しくやってしまうと、ペニスが傷ついてしまう可能性があります。

力加減が難しいため、それが怖い人の場合、イクときは手を使っても良いでしょう。

イキ方はそれぞれの人によって違いがあるため、自分なりのやり方を見つけて、一気に射精してください。

気持ちいい床オナをするコツ!イク方法とは?

床オナは気持ち良いオナニーですが、なかなかイキにくいオナニーでもあります。

そこでここからは、床オナをさらに気持ち良くできる、イクための方法を紹介していきたいと思います。

ローションを使う

床オナを気持ち良くするテクニックとして、まず挙げられるのがローションを使うという方法です。

床オナをするとき、ペニスにローションをつけてみましょう。

そうすることでヌルヌルとした感覚と、強い刺激を同時に感じることができ、かなり気持ち良くなることができます。

しかしこれをやると、床がローションまみれになってしまうでしょう。

そのため、ベッドの上などで行うことはできません。

ローションを使うときは、掃除のしやすいフローリングの床などを使ったり、床の上にタオルなどを敷いて行ったりすると良いです。

アダルトビデオを流しながらやる

アダルトビデオを流しながら床オナをするというのも、イキやすくなる一つの方法です。

床オナをしているときはうつ伏せになっているため、アダルトビデオを見ながらするのはなかなか難しいです。

しかし音を聴きながらやるだけでも、だいぶ興奮度が変わってくるため、しっかりオカズは用意しておきましょう。

また、スマホなどであれば、床オナをしながらでも観ることができるため、なかなかイケない人は試してみてください。

コンドームをつける

なかなか床オナでイケない人は、コンドームをつけることでイケるようになるかもしれません。

コンドームをつけるメリットは2つあります。

まず一つは刺激が緩和され、丁度良い刺激を感じることができるという点です。

床オナは刺激が強いため、それが原因で痛みを感じてしまい、イケないという人もいます。

コンドームをつければ痛みは多少緩和されるため、イキやすくなります。

2つ目は精神面に作用するというメリットです。

床オナをした状態で射精しようとすると、自分の体にも精子が付着することになるため、そこに抵抗感を感じる人もいます。

意識していなくても、無意識のうちにそのような嫌悪感を感じ、イケなくなってしまっているという人もいるのです。

コンドームをした状態であれば、精子が床や体に付着することはないため、安心して床オナをすることができるでしょう。

心配や不安がなくなることによりイキやすくなるため、なかなかイケない人は一度試してみてください。

手も使いながら床オナをする

床オナでイクための方法としては、手も使いながら床オナをするという方法もあります。

床オナ初心者の人は、射精したくても腰を速く動かせなかったり、痛みを感じたりすることが原因で射精できません。

そのままでは慣れるまで、いくら頑張っても射精できないため、最初のうちは手を使って射精しましょう。

手でペニスをしごき、射精直前まで興奮させ、すぐに床オナを行えば簡単にイクことができます。

これを何度も繰り返していると、そのうち床オナだけでもイケるようになるため、根気強く試してみてください。

ホットタオルを敷く

なかなか床オナでイケないという人は、ホットタオルを敷いて床オナをするという方法がおすすめです。

温かいタオルを敷き、その上で床オナをすると、女性の膣に挿入しているような感覚を得られるため、かなり気持ち良くなれます。

オナホやローションを温めてオナニーをしている人も多いでしょう。

そのときと同じような気持ち良さを味わうことができるため、おすすめです。

床オナが気持ち良くなる様々な床の種類

床オナが気持ち良くなる様々な床の種類

床オナをするとき、どの床を使おうか悩んでしまう人もいるでしょう。

そこでここからは、床オナが気持ち良くなる様々な床の種類を紹介していきます。

ベッド

気持ち良い床オナするときの床として、まず挙げられるのがベッドです。

ベッドにはマットがついているため、固すぎず、柔らか過ぎない感覚を味わうことができます。

ペニスを押し当てるには丁度良い感覚ですので、多くの人が実践したことがあるでしょう。

タオルなどを敷けば、そのまま射精することもできるため、試してみてください。

低反発のマット

低反発のマットを持っている人は、それを床に敷くことで気持ち良い床オナをすることができます。

床に敷いている分、ベッドより少し固めになりますが、その感覚がたまらないという人も多いです。

低反発のマットもタオルなどを敷けば、その上で射精することができます。

様々なマットが販売されているため、強者になってくると床オナのために一番気持ち良さそうなマットを購入するという人もいるほどです。

タイルやフローリングにバスタオルを敷く

タイルやフローリングにバスタオルを敷くというのもおすすめです。

タイルやフローリングは床オナに使う床として、かなり固い床となるでしょう。

なかには、タイルやフローリングに直接ペニスを当てる強者もいますが、痛みを感じてしまう人が多いため、タオルやバスタオルを敷いてほうが良いです。

タイルやフローリングは固さも魅力的ですが、冷たさが良い感じに心地よく、それも一つの魅力となるため、試してみると良いでしょう。

床オナしてるのを彼女に見られたら引かれる?

床オナをしている姿は客観的に見ると、かなり変態性のある見た目です。

そのような姿を彼女に見られてしまったとしたら、引かれてしまうこともあるでしょう。

好き同士で付き合っているのですから、嫌われてしまうことはないでしょうが、リスクを考えたらできるだけその姿は見せないほうが良いです。

そのため、床オナをするときは必ず、誰にも見られない状態のときに行うようにしましょう。

彼女ならまだしも、家族に見られてしまったとしたら最悪ですので、家族と住んでいる人は部屋に鍵をかけるか、家族がいないときに行うようにしてください。

床オナのデメリットとは?リスクや危険性がある?

床オナのデメリットとは?リスクや危険性がある?

床オナには様々なメリットもありますが、その逆のデメリットもたくさんあります。

このデメリットはかなり大きな問題に繋がることもありますので、これをしっかり理解した上で床オナは行うようにしましょう。

勃起不全や射精障害になるリスクがある

床オナの一番のリスクとよく言われることですが、床オナをやり過ぎると勃起不全や射精障害になってしまう可能性があります。

床オナは刺激の強いオナニーですので、その刺激に慣れてしまうと危険なのです。

セックスのときに感じる刺激が弱く感じてしまうため、セックスで射精できなくなったり、勃起しなくなったりする可能性があります。

いくら床オナが気持ち良いとはいえ、セックスに弊害が出ることを考えれば、これは大きな問題となるでしょう。

実際に医師の中には床オナをやめたほうが良いと注意喚起している人もいるため、床オナにハマり過ぎないように注意しておきましょう。

ペニスが変形・傷つくリスク

床オナには、ペニスが変形したり、傷ついたりする危険性もあります。

床オナをするときは、ペニスを挟み込むようにして強く圧迫をしますが、これによりペニスの形が変わってしまうことがあります。

また、どんどん激しい刺激を求めた結果、ペニスから出血してしまうこともあるものです。

このようなことになってしまえば、一生後悔することが起きる可能性も否定できません。

床オナを少しやるくらいであれば問題ありませんが、やり過ぎるとこのようなリスクが発生するようになるため、注意が必要です。

他のオナニーでは満足できなくなる

他のオナニーでは満足できなくなってしまうというのも、床オナのデメリットです。

床オナは気持ち良くなれるオナニーですが、あまりにも刺激が強いため、他のオナニーでは満足できなくなってしまうことがあります。

その結果、床オナばかりするようになり、どんどん刺激も強くなっていき、勃起不全や射精障害になってしまうのです。

そのため、いつも床オナばかりするのではなく、定期的にオナニーのやり方を変更するようにしましょう。

床オナが原因で射精できなくなった時の直し方・治療方法

床オナが原因で射精できなくなった時の直し方・治療方法

床オナが原因で勃起不全や射精障害になってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。

そこでここからは、床オナのせいで射精できなくなってしまったときの直し方や治療方法を解説していきます。

床オナを我慢する

床オナが原因で射精できなくなってしまった場合、一番大切なのが床オナを我慢するということです。

床オナをしていると、どんどん強い刺激を求めるようになり、感覚も麻痺してくるようになります。

これをリセットするためには、床オナをしないようにすることが大切なのです。

どれだけ床オナをやりたい気分になっても、なんとかこらえるようにしてください。

そうしないともっとひどい症状が出るようになるため、自分自身のためにも我慢しましょう。

オナホや手で射精できるようにする

オナホや手で射精できるようにしていくというのも、射精できなくなったときの直し方です。

床オナの刺激に慣れてしまうと、手やオナホでオナニーをしても射精できなくなってしまいます。

しかし射精できるようになるまで床オナを禁止し、普通のオナニーを行うようにしましょう。

こうすることで床オナでなくても射精できるようになっていきます。

オナ禁をする

オナ禁をするというのも、床オナで射精できなくなってしまったときの治療方法です。

床オナの刺激でしかイケなくなってしまっても、ペニスの感度を上げれば、他のオナニーでイケるようになるものです。

オナ禁をすれば我慢している分、どんどんペニスは敏感になっていくため、手やオナホでのオナニーでもイケるようになるのです。

少なくても3日、症状が強ければ1週間程度オナ禁をしてみましょう。

男子のオナニーを劇的に変える最高のオナホ!

シンクロ

オナホを使ってオナニーをしてみたいけど、どのオナホを選べば良いかわからないという人も多いでしょう。

そのような人にオススメなのが「シンクロ」というオナホです。

シンクロとは、AV連動型のオナホールで、AVと連動して動きが変わります。

専用アプリを使うことでオナホールが動画の内容に合わせて動くため、本当にセックスしているかのような気分を味わうことができます。

また、普通の電動オナホールとして使う分にもシンクロはオススメです。

振動のパターンも豊富ですし、女性の動きをうまく再現した動きをします。

AV女優とセックスしているような感覚を得られるオナホールですので、シンクロを使えば、これまでにはない気持ち良さを味わうことができるでしょう。

シンクロを試してみる

こちらもどうぞ!

精力が弱まってきた人にオススメの精力剤

それではおすすめの精力剤を2つ紹介していきます。

午前0時のユーグレナ

勃起力をUPさせたいならユーグレナ

勃起力をアップさせたい人におすすめなのが、午前0時のユーグレナという精力剤です。
午前0時のユーグレナは話題の成分、ユーグレナ(ミドリムシ)が配合されたサプリです。
ユーグレナ(ミドリムシ)というと少し抵抗感があるかもしれませんが、ユーグレナには様々な精力アップ効果が期待できる成分が配合されています。

●ユーグレナに含まれる成分
●ビタミン14種類
●ミネラル9種類
●アミノ酸18種類
●不飽和脂肪酸
●その他7種類

また、それ以外にもマカやクラチャイダム、亜鉛など、精力アップ効果がある成分が配合されているため、今大注目されているサプリなのです。
値段も30日分で2,980円ですので購入しやすく、口コミの評価もかなり良い精力剤となっています。
精力が弱まってきた人におすすめできるサプリですので、午前0時ユーグレナのことが気になる人は以下のリンク先から詳細を確認してみてください。

こちらもどうぞ!

午前0時のユーグレナを試してみる!

黒マカDX

商品名マカDX
価格【初回のみ】1,000円
【通常購入】2,000円
成分 有機マカ
国産スッポン
醗酵黒ニンニク
亜鉛
シトルリン

精力が弱まってきたことに悩んでいる人もいるでしょう。

そのような人にオススメなのが、「マカDX」です。

マカDXは黒マカよりも栄養素が豊富に含まれる、有機マカが6,000mgも配合された精力剤です。

最高品質のマカが配合されているため、普通のマカが配合された精力剤よりも、優秀な精力剤となっています。

さらにポリフェノールを多く含む醗酵黒ニンニク、精力アップに効果のある亜鉛やシトルリン、古くから精がつくと言われるスッポンなども配合されており、かなり贅沢な精力剤です。

しかもこれだけのものが配合されていながら、1,000円(初回のみ)で購入できるというのもオススメなポイントとなります。

高品質で安価な精力剤といえば、マカDXですので詳細が気になる方は以下から確認してください。

マカDXの公式サイトはこちら!

こちらもどうぞ!

最後に

タブレットを見て笑顔になる男性

床オナについて解説してきましたが、床オナは気持ち良いオナニーである反面、様々なリスクもあるオナニーです。

しかしやり過ぎなければそのリスクも排除できます。

そのため、しっかり注意点を守りながら、床オナで気持ち良くなりましょう。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら