Gスポットの開発方法!手の動かし方や体験談・開発期間はどれくらい?

                                       
                                   

Gスポットを開発する方法としては、セックスの度にGスポット刺激してあげたり、ラブグッズを使ったりする方法があります。

この記事では、Gスポットの開発方法や手の動かし方、体験談、開発期間などについて解説していきます。

彼女がGスポットで感じることができず、セックスをいまいち楽しんでくれないという人もいるでしょう。

Gスポットで快感を得られるようになれば、さらに気持ち良いセックスができるようになります。

男性としては彼女のGスポットを開発してあげることにより、支配欲を満たすこともできるでしょう。

彼女とのセックスをより良いものにして、絆を深めるためにも、この記事でGスポットの開発の仕方を学んでいきましょう。

Gスポットとは?

Gスポットとは?

Gスポットとは、女性の膣内に存在する性感帯の一つのです。

膣口から4~5cm奥の上部(お腹側)に存在し、指で触るとザラザラした場所のことを指します。

Gスポットを攻めることにより、女性は潮吹きしたり、中イキしたりするようになるものです。

しかしGスポットは敏感な部位でもあるため、刺激に慣れていない女性は痛みを感じてしまうこともあります。

そのため、徐々に刺激を与えていき、気持ち良くなれるようにしていく開発を行う必要があるのです。

しっかりと開発すれば、挿入しているときの気持ち良さも倍増することになるため、セックス自体をもっと楽しめるようになります。

Gスポット開発体験談

Gスポット開発体験談

Gスポットを実際に開発した人は、どのような過程をたどり、開発に至ったのでしょうか。

そこでここからは、Gスポットを開発した男女の開発体験談を紹介していきます。

「彼女は付き合った時、処女だったので、Gスポットの存在すら知らないような状態でした。手マンするときにGスポットをイジってはいたのですが、特に反応はなく、気持ち良さも感じていないようでした。しかしGスポットの位置を教えて刺激を意識させ、セックスの度にイジっていたら、今では簡単に潮吹きするようになりました。挿入中に中イキすることも増え、今では毎日のようにセックスしまくっています!」(20代男性)

「僕の彼女はGスポットを触ると、痛みを感じてしまうタイプでした。しかし痛くない程度のソフトタッチを何度も繰り返し、徐々に開発していくと、気持ち良いかもと言ってくれるように!今ではオナニーのときにもGスポットで中イキしているようです!」(20代男性)

「正直、Gスポットを触られても、まったく気持ち良くなれないタイプでした。しかし彼氏がGスポットで潮吹きさせるのが好きらしく、毎回しつこく手マンされることに。そんなことしても無駄なのにと思っていたのですが、あるとき突然、尿意がして、止める間もなくベッド上でおしっこをしてしまいました。そこからはGスポットを触ってもらえないと満足できない体に!今では簡単に中イキする女になってしまいました(笑)」(20代女性)

このようにGスポットを開発した、開発されたという人の多くは、セックスがもっと気持ち良くなったという感想を漏らします。

最初は痛みしか感じなかった女性でも、正しく開発していけば、時間はかかっても中イキできるようになるものです。

そのため、Gスポットを開発する方法をしっかり学び、彼女が中イキできるようにしていきましょう。

Gスポットの位置を見つける方法

Gスポットがどこにあるのか、いまいちわかっていないという人も多いでしょう。

Gスポットの位置を見つける方法は、まず女性をあお向けに寝かせ、足を開かせましょう。正常位の体勢です。

Gスポットは膣口から4~5cmほど中の上部(お腹側)にあります。

そのため、中指を第二関節程度まで入れ、指を曲げてみてください。

するとその周辺にザラザラした場所があるはずです。それがGスポットです。

基本的にGスポットはこの位置にありますが、個人差もあるため、左右どちらかにズレていたり、ザラザラした感触が感じにくかったりすることもあります。

Gスポットはどの女性にも必ずあるため、根気強く探してみましょう。

Gスポットの開発方法

Gスポットの開発方法

Gスポットを開発する方法は一種類ではなく、様々な方法があります。

そこでここからは、Gスポットを開発できる方法を紹介していきます。

彼女のことも考えながらどの方法で実践するのかを選びましょう。

セックスする度に愛撫する

Gスポットを開発する方法として、まず挙げられるのがセックスする度にGスポットを愛撫するという方法です。

開発は基本的に彼女が痛くない範囲でGスポットを刺激していき、徐々に慣れさせていくことになります。

刺激をどのようにして与えていくかがポイントになっていくわけですが、一番ベタな方法は手マンで刺激していくという方法です。

彼女とセックスするとき、ほとんどの人が手マンをすると思いますが、その際にしっかりGスポットを刺激してあげましょう。

しかし痛みを感じさせてしまうと、彼女が抵抗してしまいます。

恐怖心を与えてしまうと、それが先入観となり、どれだけソフトにタッチしても体が強張って、痛みを感じてしまうようになるため、無理はしないでください。

彼女の表情を見ながら、痛そうにしたら力を弱め、時間をかけて開発していくようにしましょう。

具体的な指の動かし方は後ほど紹介するため、それを参考にしてください。

Gスポットを意識してピストンする

Gスポットを意識してピストンすることで、Gスポットを開発することもできます。

体位やピストンの角度によっては、挿入中にペニスをGスポットを刺激することができるのです。

セックスしながらGスポットを刺激できれば、直接Gスポットを触るわけではないため、女性に気付かれずに開発することもできます。

ただしその分、開発できるのも遅くなってしまうため、そこには注意が必要です。

セックスしながらGスポットを開発するとき、オススメなのは寝バックと対面座位です。

この2つの体位はGスポットにペニスが当たりやすいため、開発する際にはオススメとなります。

また、正常位の最中、彼女の腰を浮かせ、ペニスで膣内の上部をこするようにしてピストンするのも良いです。

ペニスの角度を調整すれば、様々な体位でGスポットを刺激できるため、実践してみましょう。

オナニーをしてもらう

Gスポットを開発するためには、女性にオナニーをしてもらうというのも一つの手です。

セックスの度に開発するのも良いですが、頻繁にセックスしないとなかなか開発は進みません。

しかし女性に自らGスポットの開発をしてもらえれば、刺激する頻度が増えるため、短期間で中イキできるようになります。

彼女自身も人にイジられるより、自分でイジったほうが安心できるでしょう。

彼女にオナニーしてもらうようにお願いするという難関がありますが、そこさえ突破すれば、開発に苦労することもなくなるため、一度試しにお願いしてみてはいかがでしょうか。

ラブグッズを使う

ラブグッズを使ってGスポットを開発するという方法もあります。

バイブなどを使えば、挿入してスイッチを入れるだけでうまくGスポットを刺激することができます。

柔らかい素材のバイブであれば、指で触るよりも適度な刺激を与えることができるため、女性も受け入れやすいです。

人間ではできない細かい振動を与えることもできますし、オナニーに使ってもらうこともできるため、購入を検討してみてください。

Gスポットを開発するときの手の動かし方

Gスポットを開発するときの手の動かし方

Gスポットを開発するとき、具体的にどのようにして刺激を与えれば良いのかわからないという人も多いでしょう。

そこでここからは、Gスポットを開発するときの手の動かし方について解説していきます。

中指を曲げて位置を確認する

Gスポットを開発するときは、まずGスポットの位置をしっかり確認することから始めましょう。

中指を第二関節辺りまで挿入し、指を曲げてみてください。

そうすると指の腹にザラザラした感触を感じる部位がありますが、それがGスポットとなります。

Gスポットを探すとき、雑にやってしまうと痛みを感じさせてしまう場合があります。

そのため、慎重に膣内を探り、彼女のGスポットの位置を覚えましょう。

トントンと押すように

Gスポットを発見したら、トントンと押すようにして刺激していきましょう。

こすったり、激しく押したりする人がいますが、Gスポットは敏感な部位ですので、そのようなことをすると激痛が走ります。

アダルトビデオなどでは派手にGスポットを刺激していますが、あれはフィクションです。

実際にそれをやると、出血することもあるため、必ずソフトタッチすることを心がけてください。

女性の反応に注目しながら

Gスポットの刺激するとき一番大切なのは、女性の反応に注目しておくということです。

Gスポットをどのくらいの強さで刺激すれば良いのかということは、かなり個人差があります。

少し触れられただけで痛みを感じる女性もいれば、最初からある程度の強さでも平気だという女性もいるのです。

そのため、Gスポットをイジるときは女性の表情を見ておき、痛そうにしていたら弱くタッチするようにしましょう。

女性に痛くないか聞いてみても良いため、その女性に合ったベストな力加減で開発を行っていってください。

Gスポットを開発するときのコツ

Gスポットを開発するときのコツ

Gスポットを開発しようとしているのに、なかなかうまくいかないという人も多いでしょう。

そこでここからは、Gスポットを開発するときのコツを紹介していきます。

ローションを使う

Gスポットを刺激すると、どうしても彼女が痛みを感じてしまうという場合、ローションを使ってみましょう。

ローションを使えば痛みが緩和され、丁度良い刺激でGスポットをイジることができます。

愛液の量は人により個人差があるため、どれだけ愛撫をしても量が少ない人もいます。

そのような女性は痛みを感じやすいため、一度試してみてください。

環境を整えて安心感を与える

女性側の心理的な要因により、Gスポットを刺激されても気持ち良くなれなかったり、痛みを感じたりすることがあります。

おしっこが出ないか不安に思っていたり、恥ずかしがっていたりすると、膣内が硬直してしまい、痛みを感じやすくなるのです。

このようなときは周りの環境を変えることで、女性に安心感を与えることができます。

おしっこの心配をしているのであれば、バスタオルを敷いてあげたり、お風呂場で手マンをしてあげたりすると良いでしょう。

恥ずかしがっているのであれば、部屋を真っ暗にしたり、音楽をかけてあげたりすると良いです。

特にセックス経験が浅い女性は、心理的な問題で痛みを感じてしまうことがあるため、気を遣ってあげてください。

他の部位も同時に刺激してあげる

Gスポットを開発するまでの間、女性はGスポットを刺激されても気持ち良さを感じることができません。

そうなるとGスポットを攻められることに抵抗感を覚えたり、退屈を感じたりすることになるでしょう。

そのようなことがないように、Gスポットで気持ち良くなれるようになるまでは、乳首やクリトリスなどを同時にイジってあげると良いです。

Gスポットを開発するときの注意点

Gスポットを開発するときの注意点

Gスポットを開発するときは、守っておくべき様々な注意点があります。

これを守っておかないと彼女がGスポット攻めに抵抗感を覚えてしまうようになるため、効率良く開発するためにも、これらの注意点をしっかり守っておきましょう。

いきなり強く刺激しない

Gスポットを開発するときの注意点として、一番大切なのがいきなり強く刺激しないということです。

Gスポットを刺激されることに慣れていない女性は、少し触れられるだけでも痛みを感じてしまう場合があります。

一度Gスポットを触られることに抵抗感や恐怖心を覚えてしまうと、開発は大幅に遅れてしまうでしょう。

場合によっては手マンを断られることもあるため、開発は慎重に丁寧に行ってください。

愛撫して膣内を愛液で満たしてから行うこと

Gスポットを開発するときは、必ず愛撫してから行うようにしましょう。

愛撫することで膣内に愛液が満たされ、Gスポットへの刺激を緩和してくれるからです。

愛撫を数分程度で終わらせる男性もいますが、最低でも15分以上は愛撫してあげてください。

ローションを使うから愛撫はしなくても良いと思っている人もいますが、愛撫は膣をほぐす役目もあります。

そのため、ローションを使うとしても、必ずしっかり愛撫するようにしましょう。

不意に潮を吹くことも

Gスポットを開発していると、まったく気持ち良さそうにしていなかった彼女が、突然、潮を吹くことがあります。

経験が浅い人がGスポットへの刺激を与えられていると、気持ち良いのかどうかを自覚できないことがあるからです。

もしもそのようなことになり、ベッドを汚してしまえば、彼女は申し訳ないという気持ちから、Gスポット攻めに抵抗感を覚えるようになるでしょう。

そのため、開発を行うときはバスタオルを敷くなどの対策を行うようにしてください。

Gスポットの開発期間は?どれくらいの時間がかかる?

Gスポットの開発期間は?どれくらいの時間がかかる?

Gスポットを開発するためには、どれくらいの期間がかかるのか気になる人も多いでしょう。

しかしGスポットの開発期間はかなり個人差があります。

数ヶ月という人もいれば、1年以上時間がかかるという人もいるのです。

また、開発をどのくらいの頻度で行っているのかにもよりますし、彼女がオナニーでGスポットを刺激しているか、精神的な状態にも左右されます。

開発が進んでいけば、女性の反応が変わってくるため、それでどの程度開発が進んでいるのかを把握しましょう。

Gスポットの開発を嫌がる彼女への対処法

Gスポットの開発をしたいのに、彼女が嫌がってなかなかできないという人もいるでしょう。

そこでここからは、Gスポットの開発を嫌がる彼女への対処法を紹介していきます。

挿入しながら自然に刺激する

Gスポットの開発を彼女が嫌がる場合、挿入しながらペニスでGスポットを刺激しましょう。

手マンで直接イジられるのは嫌でも、ペニスが当たるのであれば平気だということも多いです。

さらに挿入しながら行えば、Gスポットを開発されていることにすら気付かない場合もあります。

開発できるのは遅くなってしまいますが、無理にGスポットを開発しようとしても逆効果ですので、バレないように刺激してあげましょう。

ラブグッズをプレゼントする

Gスポットの開発を彼女が嫌がる場合、ラブグッズをプレゼントしてあげるのもオススメです。

彼女が嫌がるのは、自分以外の人間にイジられると痛みを感じてしまうからでしょう。

もしかしたらあなたの開発の仕方が悪かったのかもしれません。

しかしそのような彼女も自分で刺激するのであれば、うまく調整することができるため、そこまで抵抗感を覚えないはずです。

バイブは挿入するだけで自然とGスポットに刺激が与えられるように設計してあるため、プレゼントしてみてください。

ただし、それを使って彼女がオナニーをしなければ意味がないため、確実性はない方法です。

Gスポットがすでに開発されている女性はヤリマン?

Gスポットがすでに開発されている女性はヤリマン?

彼女のGスポットを開発しようと思ったら、すでに開発されていたということもあるでしょう。

このようなとき、もしかしたら彼女はヤリマンなのかもしれないと思う人もいるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

オナニーで開発している可能性

Gスポットは何もセックスだけで開発されるわけではありません。

オナニーで開発されている可能性もあります。

そのため、処女でありながらGスポットが開発されている女性も、少数ですが存在するのです。

ただしこの場合、性欲が強い彼女であるということは否定できない事実となってしまいます。

普通のセックスで開発されることも多い

Gスポットは開発しようと思わなくても、普通にセックスをしていれば開発されることも多いです。

経験人数が一人でも開発されていることはザラですので、ヤリマンである可能性は低いでしょう。

Gスポットがどの程度で開発されるのかということは、かなり個人差があります。

人によっては、ほとんど経験がない時期から気持ち良かったという人もいるのです。

もちろん、絶対にヤリマンではないというわけではありませんが、開発されているかどうかと、ヤリマンかどうかということに関係性はないため、心配する必要はないでしょう。

Gスポット開発するためにオススメのラブグッズ

Gスポットを開発するために、ラブグッズを使いたいという人も多いでしょう。

セックスのときに使うのも良いですし、彼女にプレゼントしてオナニーで使ってもらうのも良いです。

そこでここからは、Gスポット開発のためにオススメのラブグッズを紹介していきます。

さくらの恋猫

さくらの恋猫

さくらの恋猫はスマホ連動型の今大人気のバイブです。

さくらの恋猫をスマホと接続し、アプリを再生すると、動画や漫画とともに音声が流れ、それに合わせてバイブが振動します。

アプリには人気声優の声も入っているため、理想の声を持つ人とのセックスを想像しながらオナニーをすることができるバイブなのです。

また、さくらの恋猫はシリーズ名ですので、他にもローターやデンマ、インナーボールタイプなどもあります。

本当のセックス以上に気持ち良いと評判ですので、さくらの恋猫が気になる方は以下から詳細を確認してみてください。

さくらの恋猫を試してみる

さくらの恋猫を試してみる

こちらもどうぞ!

マリンビーンズ

LCラブコスメ

マリンビーンズは二股タイプで、中と外を同時に刺激してくれるバイブです。

初心者向けのバイブとされており、エラストマー素材という柔らかい素材で作られています。

優しく膣内を刺激してくれるため、痛みに敏感な人でも気持ち良くなれるバイブなのです。

さらに、挿入部とクリトリスを刺激する部位、それぞれにモーターがついているため、中と外をしっかり刺激してくれます。

Gスポットに当てやすいように設計されているため、使い勝手も良いです。

低価格で購入できるというメリットもあるため、マリンビーンズが気になる方は以下から公式サイトを確認してみてください。

マリンビーンズを試してみる

ピンクブルーム

ピンクブルームG

ピンクブルームはバイブ型のラブグッズで、膣内に刺激を与えられるのはもちろん、クリトリスにも同時に刺激を与えられるよう設計されています。

そのため、外イキ、中イキ、そして外と中の同時イキを体感することもできるラブグッズなのです。

ピンクブルームでオナニーを行うことで、感度が上がったという声も多いため、気になる方は以下の公式サイトを覗いてみてください。


ピンクブルームを試してみる

最後に

手を繋いで歩くカップル

Gスポットの開発について解説してきましたが、Gスポットをしっかり開発できれば、セックスをこれまで以上に楽しめるようになります。

しかしやり方を間違うと、彼女を苦しめてしまうこともあるものです。

そのため、正しい開発の仕方を学び、彼女をしっかり満足させながら開発していくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら