女性におすすめアダルト作品TOP5

                                       
                                   

最近は女性も楽しめるアダルト動画があることをご存じですか?
恋愛ドラマ仕立てになっており、キュンキュン要素もあり人気コンテンツになりつつあります。
今回は、女性にオススメしたいAV作品をランキング形式で紹介していきます。

女性におすすめしたい作品TOP5

恋愛ドラマを見るようにドキドキするもよし、AVを見ながらオナニーをするもよし。

オススメのAV作品を紹介します。

5位【作品名】痴●に溺れて…―通学中に襲われた敏感体質の制服美少女― 七沢みあ

av-woman-recommendation1

引用:FANZA

女性の中には、滅多に起きないシチュエーシに憧れている人もいるでしょう。

今回は、メイドとして買われたみあさんが、日主人の連れてきた部下から全身愛撫クンニ手マン、拘束玩具責めをさせて、強制的に絶頂させられ体も心も快楽に溺れていくストーリーです。

痙攣している姿や逝ッた後の放心状態寄り目、丁寧なお掃除は、非常にエロくてたまりません。

【出演者】七沢みあ

av-woman-recommendation

生年月日  1998年12月13日 (現在 22歳)
サイズ  T145 / B79(Cカップ) / W54 / H80

17歳のころにはゲームやアニメのコスプレイヤーとして活動していました。

AV女優になったきっかけは、目立ちたがりであること、AVやSNSをみる中で可愛いAV女優が好きで、特に愛須心亜に憧れていたことからだそうです。

心理系を深く学びたいと思っていたからそれについて勉強しているようで、
基礎的な知識が必要な資格は去年のうちに取得することができたから、今は上級の知識と、うつ病に関する資格の勉強を進めてていて、努力家ということが分かります。

4位【作品名】Deep Desire

av-woman-recommendation

引用:FANZA

女性向けアダルト動画の中でかなり好評の作品です。

一徹さん自体が女性からの支持が高いというのもありますが、ストーリーがしっかりしていて男の嫉妬をうまく描いています。

女性の感じ方もリアルで感情移入をしてしまいこちらまで濡れてしまうこと間違いないでしょう。
そしてこの作品の中でひと際目立つ一徹さんのドSなセリフや表情はドキドキしてみどころタップリです。

【出演者】一徹(鈴木一徹)

av-woman-recommendation

引用:FANZA

生年月日  1979年2月21日 (年齢 41歳)
身長  174 cm

2004年頃に公認会計士試験の勉強中、たまたま見つけた男優募集をきっかけにAV男優を始めデビューをしました。

端正なルックスとほんわかキャラで多くの女性を魅了する人気ナンバーワン男優。月野帯人・ムータンとともに「エロメン三銃士」と呼ばれています。

3位【作品名】止まらない連続絶頂 向理来 何度イっても止まらない快楽を貪りあう究極のオーガズムSEX

av-woman-recommendation

引用:FANZA

1か月の禁欲指示を経て、頭がおかしくなりそうな程の性欲に支配された向理来と美咲かんなが、本当に満足するまでお互いの身体を弄りあう。

やりたい放題を許された二人は、何度イッても足りないと互いを貪り狂う…!何度射精しても萎えることを知らない理来の大きいペニスが、かんなを今までにない快楽へと導いてゆく…!

【出演者】向理来

av-woman-recommendation

生年月日  1989年 (年齢 32歳)
身長  168 cm

2017年SILK LABOからデビュー(当時の芸名は夏目哉大)。2010年から2011年にかけて、ボーイズ着エロモデルとしても活動していました。

初体験は19歳の時で、中学時代に性的交流があった7歳上の女性(友人の姉)と高校卒業後に再会し童貞を卒業しました。

台湾アダルトエキスポ(TAE)への出演をきっかけに中華圏での人気も高まり、2019年2月~3月にかけて台湾で3日間のファンミーティングを開催するほどアジア圏で人気の男優です。

2位【作品名】First step~はじめて結ばれる夜~

av-woman-recommendation
引用:FANZA

女性人気上位を誇る長瀬広臣さんの胸キュン作品です。

今回はエッチまで進んでいない初々しいカップル。
エッチに戸惑いながらも大好きな人の優しさに身も心も包まれ姿にドキドキ間違いなし。

長瀬さんのリードが上手で相手の女優さんもピュアな感じが出ていてキュンキュンします。

ピュアなカップルのドキドキ感がよく表現出来ていました。
あんなに一途な目で見つめられたら、男はイチコロですね。
阿部乃みくちゃんみたいなピュアなバージン娘と結ばれたいと願わずにいられません。
カップル作品が好きなら合格です。

【出演者】長瀬広臣

av-woman-recommendation
引用:劇団Rexy

生年月日  1988年2月1日(32歳)
サイズ  178cm

長瀬広臣さんは2012年にアニメの実写化舞台『コードギアス 反逆のルルーシュ 騒乱 前夜祭(イヴ)』にて主演を務める経験もある実力ある役者で、AV男優と役者の二足の草鞋を履いています。

実は日本と中国のハーフで、王 友延(ワン ヨウイエン)という中国の名前を持っていますが育ちは大阪です。
そのため時折見せる関西弁にドキッとする女性は多いでです。

趣味はテコンドーや殺陣、特技は中国語を話すことでかなり高いスペックを持っています。
いつか披露してくれたら嬉しいですね。

作品は女性向けの甘々なAVに出演してることが多いように感じます。
実際、甘々なセリフが似合うほど容姿が甘いマスクでセックスも情熱的でかなり女性のファンが多のが分かりますね。

1位【作品名】AV男優の裏事情!控室で業界のタブーを破ってまでヤリたくなっちゃった★

引用:FANZA

AV撮影中の男優・ナガセくんが控室で女優と2人きりになりまさかの現場裏で禁断SEX!?バレたら確実にクビが飛ぶ状況で、ツバサちゃんに誘惑され悪魔の囁きに勝てず背徳の快楽に溺れ大暴走!!困惑しながらも身体がビンビンに反応してしまうナガセくんの正直さは本物です!!

【出演者】永野つかさ

av-woman-recommendation
引用:pinterest

生年月日 1987年05月16日 (現在 33歳)
サイズ T153 / B84(Eカップ) / W60 / H94

准看護師をしていた25歳の時にお見合い結婚し専業主婦となったが、誰にも相談せず自ら決断しAV女優となる。AVに出演していることは旦那には知らせていないそうです(笑)
いつかバレてしまうのではないか、ハラハラドキドキですね。

家の中では全裸で過ごし、毎日オナニーを欠かさない生活を送っているくらいエッチが大好きなAV女優です。

AV女優とヤってる感覚!?映像連動型の電動オナホール【シンクロ】

シンクロとは映像連動型の電動オナホールで、AVを視聴しながらオナニーするためのもので映像中のプレイと電動オナホの動きが連動できるのが特徴です。
たとえば、女優がフェラチオをしているシーンでは電動オナホール本体もフェラチオに似せた動きをします。

挿入するよりカリ・亀頭責めに特化したラブグッズのためカリ・亀頭責められることが好きな人はたまらないでしょう。

iphoneと連動してオナホールの中が回転したり、パワーを強くしたりタップで簡単に操作できるので電気機器が苦手という人でも大丈夫でしょう。

syinkuro-onaho-ru-tukaikata

とはいえ、本当に気持良いの?と疑問に思う人もいるかもしれません。
しかし、そこは心配いらないでしょう。

なせなら、あの有名なAV男優のしみけんさんがTwitterやYouTubeで絶賛し、電動オナホールを5つ以上持っていることで有名な芸人の劇団ひとりさんは、ラジオで”生涯の全射精の中で一番”と絶賛した今話題の電動オナホールなんです。

このオナホールで楽しめる女優は浜崎真緒さん、篠原りこさんなど数多くの女優と楽しむことができます。

onaho-ru-shinkuro-AV

引用:Synchro

そして何よりすごいのが、大阪から東京の距離でも遠隔操作で楽しめるので、遠距離のカップルでも楽しむことができます。
遠距離で中々セックスができないカップル、マンネリ気味のカップル、独り身だけど可愛いAV女優とセックスしている感覚を楽しみたい方はぜひお試しください。

onaho-ru-shinkuro-enkyori

映像連動型の電動オナホール【シンクロ】をもっと詳しく知りたい人は詳しく書いたコラムをご紹介します。
メリットやデメリットや特徴について解説しています。

映像連動型の電動オナホール【シンクロ】を試してみる

まとめ

いかがでしたか?
女性におすすめのAV作品でした。

恋愛ドラマを見るようにドキドキするもよし、AVを見ながらオナニーをするもよし。
AV鑑賞を楽しみましょう。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら