クリトリス開発マニュアル!触り方やイクためのコツ・おすすめラブグッズ

                                       
                                   

クリトリスを開発する方法として大切なのは、徐々に刺激を強くしていくということです。

この記事では、クリトリスの開発方法やイクためのコツ、クリ開発する時の触り方、オススメのラブグッズなどについて解説していきます。

クリトリスは女性が一番感じられる性感帯ですが、なかにはどれだけ刺激しても気持ち良くなれないという女性もいるでしょう。

しかしそのような人でも、正しい方法でクリトリスを開発すれば、しっかり感じられるようになります。

この記事で正しいクリトリスの開発方法を解説していくため、それを参考にして、しっかりクリトリスで感じられる体を作っていきましょう。

クリトリス開発とは?

クリトリス開発とは?

クリトリス開発とは、クリトリスを刺激してしっかり感じられるようにしていく行為のことを言います。

クリトリスは敏感な部位ですので、経験が浅い人が刺激しても、痛みしか感じないことがあります。

最初から気持ち良くなれたという女性も多いですが、痛みを感じてしまう場合、何度も刺激して、刺激に慣れることが大切になってくるのです。

刺激に慣れてくれば、徐々に気持ち良くなれるようになっていきますし、オーガズムを感じられるようにもなります。

このようにクリトリスをしっかり感じられる性感帯に仕上げていくための練習が、クリトリス開発ですので、なかなか気持ち良くなれないという人は実践してみましょう。

クリトリスを開発するメリット

クリトリスを開発するメリット

クリトリスを開発することで、どのようなメリットがあるのだろうかと疑問に思う人も多いでしょう。

そこでここからは、クリトリスを開発するメリットについて解説していきます。

簡単にイケる

クリトリスを開発するメリットとして、まず挙げられるのは簡単にイケるということです。

クリトリスは女性が最も感じやすい性感帯で、多くの人はオナニーの際、クリトリスを刺激します。

膣内にあるGスポットやポルチオもオーガズムを感じられる有名な性感帯ですが、いつまで経ってもイケない人もいれば、開発に時間がかかることも多いです。

しかしクリトリスは開発をすれば多くの女性が短い期間で感じられるようになる性感帯です。

そのため、すぐにオーガズムを感じられるようになり、イキたいと思ったときには簡単にイケるようになるというメリットがあるのです。

セックスが気持ち良くなる

セックスが気持ち良くなるというのも、クリトリスを開発するメリットです。

クリトリスはセックスの際に男性がよく責めてくる性感帯です。

そのため、しっかり感じられるようになれば、これまで楽しめなかったセックスを楽しめるようになるでしょう。

また、クリトリスでしっかり感じられるようになれば、膣内への刺激も気持ち良くなることがあります。

つまり、クリトリス開発が快感の目覚めになるのです。

クリトリスがまだ開発されていない人の多くは、セックスでも気持ち良くなれていないことが多いです。

クリトリスを開発できれば、セックスが気持ち良くなり、彼氏との仲も深まるかもしれないので、開発してみると良いでしょう。

ストレス解消になる

クリトリスを開発するメリットとしては、ストレス解消になるというメリットもあります。

クリトリスを開発できれば、簡単にオーガズムを感じられるようになります。

オーガズムを感じると、脳内で幸福ホルモンが分泌されるため、ストレスを解消することができるのです。

ストレス解消できれば、夜もしっかり眠れるようになりますし、美容面でも良い効果を得られます。

女性にとっては嬉しいことばかりですので、大きなメリットとなるのです。

クリトリスを開発する方法

クリトリスを開発する方法

クリトリスを開発するためには、いったい何をすれば良いのでしょうか。

そこでここからは、クリトリスを開発する方法を紹介していきます。

準備を整える

クリトリス開発をするときは、まず準備を整えましょう。

クリトリスでしっかり感じられるようになるためには、体をリラックスさせることが大切です。

恥ずかしさを覚えるという人は、音楽をかけたり、部屋を暗くしたりするとリラックスできます。

また、誰かに見られてしまうかもしれないと思っていると、感じられなくなってしまうため、家族と一緒に住んでいる人は、家族に絶対に見つからない状態でしたり、家族がいないときに行ったりするようにしましょう。

そしてしっかり興奮することも大切なこととなるため、なにか興奮材料を用意しておくと良いです。

エッチな動画や漫画、好きな人やアイドルの画像などでも良いでしょう。

妄想だけで十分という人は、興奮できる具体的なイメージを膨らませておいてください。

そして準備ができたら次のステップに進みましょう。

パンツの上からクリを触る

準備ができたら、まずはパンツの上からクリを触っていきましょう。

パンツが汚れるのが嫌な人は、タオルをかぶせて、その上から触っても良いです。

まずは布ごしに触ったほうが、マイルドな刺激を味わえるため、感じやすくなります。

すでに開発されている人は直接触っても良いですが、まだ触っても痛みしか感じられないという人は、まずはパンツの上などから触りましょう。

最初は刺激が強くなり過ぎないように、軽くこするようにして刺激してください。

慣れてきたら、少し強めに刺激し、次のステップにいきましょう。

クリトリスを直接触る

パンツの上から刺激して気持ち良くなれたら、次はパンツを脱いで、クリトリスを直接触っていきましょう。

こすったり、弾くようにしたりして、クリトリスを刺激してください。

パンツの上から刺激していたときよりも、強い刺激を感じることができますが、痛みを感じない程度の範囲内で刺激してあげてください。

痛みを我慢しながら触ってしまうと、痛いという記憶が定着してしまい、痛みを感じやすい体になってしまいます。

そのため、痛みを感じず、少し気持ち良いかなという程度の刺激を与え続けるようにしてください。

様々な触り方で刺激する

クリトリスを直接触って、少しずつ気持ち良くなれるようになったら、様々な触り方でクリトリスを刺激していきましょう。

こする、押す、指で弾くなど、触り方を変えることで感じ方も変わり、感じやすくなっていきます。

指を変えたり、右手から左手に変えたりしても、感覚が変わるためおすすめです。

皮をむいてクリを触る

クリトリスを触って気持ち良くなれるところまできたら、クリトリスの皮をむいて触るという方法を試しても良いでしょう。

しかしクリトリスの皮をむかなくてもイクことはできるため、無理に試す必要はありません。

もっと強い刺激を感じてみたいという人のみ、この方法を試してみると良いでしょう。

クリトリスは皮で覆われているため、指2本で開くようにすると、皮をむくことができます。

皮をむくときは痛みを感じる人もいるため、ゆっくりとむき、どうしても痛いということであれば、日をまたいで徐々にむいていくと良いでしょう。

皮をむいたら中身が露出されますが、かなり刺激が強いため、初めて触る人の多くは痛みを感じてしまいます。

そのため、少しずつ刺激を与えていき、気持ち良くなれるまで、開発を続けていってください。

開発が終われば、皮をむいて刺激することで、かなり強い快感を得られるようになります。

体勢を変えて触る

クリトリス開発を行うときは、体勢を変えて触ってみるというのもおすすめです。

あお向けやうつ伏せ、バックの体勢、立った状態など、様々な体勢を試してみると良いでしょう。

体勢を変えることで感じ方が変わりますし、本当のセックスをしているかのような臨場感を味わうことができます。

自分の好きな体勢が見つかるはずですので、その体勢でクリトリス開発を進めていくと、早く開発できるようになります。

他の部位と同時にクリを触る

他の部位と同時にクリトリスを触るというのも、クリトリス開発のテクニックとなります。

乳首や膣内など、女性には様々な性感帯があります。

自分が感じられる部位を刺激しながらクリトリスをイジれば、相乗効果でクリトリスでも感じられるようになっていきます。

クリトリスがまだ開発されていないことを考えれば、現時点で気持ち良くなれる部位は乳首だという人が多いでしょう。

そのため、胸を揉んだり、乳首をつまんだりしながらクリトリスを刺激してみてください。

クリトリスを開発するときの触り方

クリトリスを開発するときの触り方

クリトリスを開発するとき、どのようにしてクリトリスを刺激すれば良いのだろうか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこでここからは、クリトリスを開発するときの触り方を紹介していきます。

こする

クリトリスを開発するときの触り方として、定番な触り方と言えばこするという触り方です。

クリトリスを指でなでるようにしてこすれば、丁度良い刺激を与えることができるため、多くの女性が実践しています。

力の入れ具合によって、自分にとって丁度良い刺激を与えることができるため、おすすめです。

左右にこすったり、上下にこすったりすると、また感じ方が変わるため、実践してみてください。

押す

クリトリスを押すというのも、クリトリスの触り方の一つです。

クリトリスを指で押してみると、それだけで気持ち良くなれます。

細かく連打するようにして押すと、さらに気持ち良くなれるでしょう。

人によっては何も感じないという人もいますが、気に入る人も多いため、一度試してみてください。

つまむ

クリトリスをつまむというのも、クリトリスの触り方としておすすめです。

クリトリスはぷっくりと膨れていますが、それを指で挟み込み、刺激を与えてあげましょう。

軽くつまむのが好きだという人もいれば、強めにつまむと気持ち良いという人もいるため、強さは自分の好み次第です。

普通につまむのが痛いという人は、周りの皮を巻き込んでつまむようにすると、丁度良い刺激を与えることができます。

振動させる

振動させるというのも、クリトリスの触り方となります。

指でスイッチを連打するようにして、クリトリスを振動させてあげると、気持ちの良い振動を感じることができます。

ラブグッズでやるとき以上の振動を与えることはできませんが、ある程度は気持ち良くなれるため、試してみましょう。

クリトリスを開発してイクためのコツ

クリトリスを開発してイクためのコツ

クリトリス開発を行ったら、気持ち良くなることはできたけど、イクことはできないという人もいるでしょう。

基本的に長く刺激し続ければ、そのうちイケるようになるものですが、どうしてもできないという場合は、これから紹介するイクためのコツを試してみてください。

ローターや電マを使う

クリトリスでイクためのコツとして、まず挙げられるのがローターや電マを使うという方法です。

ローターや電マは人間の手では再現できない振動をクリトリスに与えてくれるため、かなり気持ち良くなることができます。

ローターや電マを持っている人は、まずは強さを弱く設定してクリトリスに当て、徐々にパワーを上げていきましょう。

そうすることですぐにイケるという人もいます。

電マは振動が強いため、痛みを感じやすい人はローター、強い振動が好みな人は電マを選ぶと良いです。

乳首などに当てても気持ち良くなれるため、女性は1つくらい持っておいて損はありません。

ローションを使う

クリトリスでイクためのコツとしては、ローションを使うというのもおすすめです。

ローションをクリトリスに塗り、そのヌルヌルした状態でクリトリスを刺激してみましょう。

普通にイジるときとは感覚が変わるため、気持ち良くなれるはずです。

ローションを温めて使うとさらに気持ち良くなれるため、なかなかイケない人は試してみると良いでしょう。

何度もチャレンジする

なかなかイケない人は、何度もチャレンジするということが大切です。

イケない原因の多くは、まだ開発が完全に行えていないことです。

一度だけ試せばクリトリスはすぐに開発できるというわけではありません。

何度もオナニーすることで、クリトリスは徐々に開発されて、感じられるようになっていくため、それなりに時間が必要なのです。

そのため、一度試してみてイケなかったからといって諦めず、何度もチャレンジしてみましょう。

そうすることで徐々にクリトリスが開発され、いつかはイケるようになっていきます。

クリトリスを開発できるラブグッズ

クリトリスを開発するときはラブグッズを使うと、効率良く開発できるようになります。

しかし様々な種類のラブグッズの中から、どれを選べば良いかわからないという人も多いでしょう。

そこでここからは、クリトリスを開発するときに使えるラブグッズを紹介していきます。

さくらの恋猫

さくらの恋猫

さくらの恋猫はスマホ連動型の今大人気のラブグッズです。

さくらの恋猫をスマホと接続し、アプリを再生すると、動画や漫画とともに音声が流れ、それに合わせておもちゃが振動します。

アプリには人気声優の声も入っているため、理想の声を持つ人とのセックスを想像しながらオナニーをすることができるのです。

さくらの恋猫はシリーズ名ですので、ローターやバイブ、電マ、インナーボールタイプなど、様々な種類があります。

本当のセックス以上に気持ち良いと評判ですので、さくらの恋猫が気になる方は以下から詳細を確認してみてください。

さくらの恋猫を試してみる

こちらもどうぞ!

ラブデンマ

ラブデンマ

ラブデンマはオナニー用に開発された電マです。

10パターンの振動と5段階の強さで、自分にとって最適な振動を与えることができる電マとなっています。

これだけ細かく調節できるため、強過ぎたり、弱過ぎたりして困るということはありません。

また、アイスのようなオシャレでかわいいデザインが施されているため、気分良くオナニーをすることができるでしょう。

「小ぶりでもパワフル」
「持ちやすくてバラエティーも豊か」

と多くの女性から好評かを得ているため、気になる方は以下の公式サイトを覗いてみてください。

ラブデンマを試してみる

こちらもどうぞ!

クリトリスを開発するときの注意点

クリトリスを開発するときの注意点

クリトリスを開発する上では、守っておく必要がある注意点が存在します。

これをしっかり守っておかないと後悔する結果になるかもしれないため、どのような注意点があるのかしっかり理解しておきましょう。

清潔にすることを心がける

クリトリスを開発するときの注意点として、まず挙げられるのは清潔にするということです。

クリトリスをイジるとき、手にばい菌がたくさんついていたら、炎症を起こしてしまったり、性病にかかったりする可能性があります。

そのため、クリトリス開発をする前は必ず手を洗って行うようにしてください。

また、クリトリス開発をするときにローターや電マを使うのであれば、それらのグッズをしっかり除菌しておきましょう。

そして終わった後はしっかりとクリトリスや膣を洗ってください。

足ピンクリオナには注意

クリトリス開発をするときは、足ピンクリオナにも注意しておかなければなりません。

足ピンクリオナとは、足をピンッと伸ばした状態でオナニーをすることです。

足をピンッと伸ばすと、膣に力が入るため、感じやすくなります。

それだけを考えれば、足ピンクリオナは気持ち良くなれるオナニーなのですが、これをやり過ぎてしまうのはNGです。

なぜなら、足を伸ばした状態でしかイケなくなってしまうからです。

体にこのような癖がついてしまうと、セックスしてイキそうになったとき、無意識のうちに足がピンっと伸びてしまうようになります。

それを彼氏に見られればかなり恥ずかしいでしょう。

また、他の体勢のときに感じにくくなってしまうという弊害もあるため、足ピンクリオナをやってはいけないわけではありませんが、毎回のように行うのはやめておきましょう。

クリだけを開発しない

クリトリスだけを開発しないということも、クリトリス開発をするときには注意しておかなければなりません。

クリトリスで感じられない人の多くは、膣内でも感じることができないものです。

クリトリス開発を終えたとき、イクことはできるようになったため、毎日クリオナばかりをする人が多いですが、そうすると膣内への刺激に苦手意識を持ってしまいます。

膣内をしっかりと開発することで、セックスで挿入されたとき、本当の気持ち良さを体感することができるようになるものです。

そのため、クリトリス開発を終えたら、できるだけ膣内も開発を始めるようにしましょう。

クリトリス開発は彼氏にしてもらったほうが良い?

クリトリス開発は彼氏にしてもらったほうが良い?

クリトリス開発を自分で行わず、彼氏にしてもらうのはどうなのだろうかと思う人もいるでしょう。

実際にクリトリス開発を自分では行っておらず、彼氏とセックスする中で自然と
彼氏が開発してくれていたという人は多いです。

彼氏とのセックスで開発してもらえれば、気持ちが入っている分、感じやすい状態になっているため、早く、そして気持ち良く開発できるというメリットがあります。

しかし彼氏の開発が下手だと、痛みを感じてしまい、いつまで経っても開発できず、「セックス=痛い」という苦手意識を持ってしまうかもしれません。

結局のところ、どちらにもメリットとデメリットがあるということですが、安全に確実にクリトリス開発を行いたいのであれば、自分で行ったほうが良いということは確かです。

クリトリスを開発するとクリが肥大化する?

クリトリスを開発しても、クリトリスが肥大化することはありません。

クリトリスの大きさは決まっているため、手術でもしない限りは大きくなるということはないのです。

ただし、クリトリスを刺激すると一時的に大きくなることはあります。

男性は興奮するとペニスが大きく固くなるものです。

女性のクリトリスも興奮すると血液が集まるため、ペニスと同じ原理で一時的に大きくなります。

しかしオナニーやセックスが終われば元通りの大きさに戻りますし、これは誰にでも起きる現象ですので、特に気にする必要はありません。

最後に

目を閉じてほほ笑む女性

クリトリス開発について解説してきましたが、クリトリスオナニーは女性が簡単に気持ち良くなれるオナニーです。

開発自体も簡単に行えるため、セックスを楽しむということを考えれば、やらない手はないでしょう。

今はそれほど乗り気ではなくても、その気持ち良さを知ればハマってしまうものですので、クリトリス開発を実践してみてください。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら