【完全版】ディルドの使い方!バイブとの違いやオススメのディルド・メリットは?

                                       
                                   

ディルドの使い方には、温める方法やアナルに挿入する方法など様々なやり方があります。

この記事では、オナニー・セックス・騎乗位の練習の時のディルドの使い方、バイブとの違い、ディルドのメリット、中イキするためのコツ、オススメのディルドなどについて解説していきます。

ローターやバイブは持っているけど、ディルドは持ったことも使ったこともないという女性は多いでしょう。

しかしディルドはローターやバイブ以上に優れている点がたくさんあります。

多くの女性の性生活を満足させられるラブグッズですので、この記事でどのようなメリットがあるのか、そしてどのような使い方ができるのかしっかり学んでいきましょう。

ディルドとは?

ディルドとは?

ディルドとは、男性器に似せて作られたアダルトグッズのことです。

床などで自立させられるように設計されているため、騎乗位の練習として使われることも多いです。

使い方としては、自立させたディルドの上に跨って、女性器に挿入するという方法もありますが、手に持って挿入するという使い方もされます。

ラブグッズの中では人気がないディルドですが、人気があるバイブやローターよりも好んで使っている女性も多いです。

ディルドとバイブの違いとは?

バイブもディルドと同じように、男性器に似せて作られたラブグッズですが、両者には2点、大きな違いがあります。

まず一つは、バイブは自立できないというところです。

床に立てて使用することができないため、ディルドのように騎乗位の練習をすることはできません。

そして二つ目は振動する機能がディルドにはないというところです。

バイブはスイッチを入れることで振動し、膣内を刺激してくれます。

しかしディルドはシンプルにペニスを模したラブグッズであり、機械は内臓されていません。

ただ、なかにはディルドでも振動するタイプのものもあるため、これはあくまで基本的な話となります。

ディルドを使うメリットとは?

ディルドを使うメリットとは?

ディルドを使うくらいであれば、バイブを使ったほうが良いと考える女性も多いでしょう。

しかしディルドにはディルドにしかないメリットがあります。

そこでここからは、ディルドを使うメリットを紹介していきます。

セックスでイキやすくなる

ディルドを使うメリットとして、まず挙げられるのがセックスでイキやすくなるという点です。

バイブやローターなどは人間にはできない振動を与えるため、使い過ぎるとその振動に慣れてしまい、セックスでイケなくなってしまうことがあります。

しかしディルドは振動せず、本物のペニスと近い感覚でオナニーできるため、セックスでイキやすくなるのです。

バイブやローターは気持ち良いオナニーをすることができますが、その分、弊害もあります。

ディルドであれば、そのような弊害もなくオナニーをすることができるため、オススメなのです。

振動音が出ない

振動音が出ないというのも、ディルドを使うメリットです。

バイブやローターは振動することで気持ち良さを感じさせてくれますが、どうしても振動音が気になってしまいます。

家族と一緒に住んでいる人は気軽に使うことができませんし、隣人に聞こえてしまわないか心配になってしまう人もいるでしょう。

ディルドであれば音は出ないため、しっかりオナニーに集中することができます。

騎乗位の練習ができる

騎乗位の練習ができるというのも、ディルドのメリットとして挙げられます。

バイブは自立することができないため、騎乗位をすることはできません。

ラブグッズの中で手軽に騎乗位の練習ができるのは、ディルドだけです。

騎乗位をうまくなって彼氏を喜ばせたいという女性も多いでしょう。

ディルドを使って騎乗位が上達すれば、彼氏との仲もさらに深まるためディルドはオススメなのです。

ディルドの使い方【オナニー編】

ディルドの使い方【オナニー編】

ディルドを購入したとしても、実際にどうやって使えば良いかわからないという人も多いでしょう。

そこでここからは、オナニーでディルドを使う方法について解説していきます。

ディルドを温める

ディルドを使うときは、まずディルドを温めましょう。

夏場であれば温めなくても問題ありませんが、冬場のディルドは冷え切っているため、温めたほうが良いです。

夏場でも温めたほうが気持ちよくなるため、できれば温めましょう。

温め方はホットタオルを用意し、巻き付けるという方法で行ってください。

お湯に直接つけてしまう人がいますが、破損の原因となってしまうことがあるため、ホットタオルで人肌に温めてから使うようにしましょう。

クリトリスを刺激する

ディルドを温めたら、まずはクリトリスを刺激していきましょう。

膣内がしっかり濡れていないと、ディルドを挿入することができないからです。

そのため、ディルドの先でこねくり回すようにして、クリトリスを刺激していってください。

このやり方では、なかなか興奮することができないという人は、指でクリトリスを刺激しても良いです。

ただしイクほどイジらないように注意しておきましょう。

Gスポットを刺激するように浅めにピストン

膣内がしっかり濡れたら、いよいよディルドを入れていきましょう。

挿入するときは痛みを感じないようにゆっくり挿入したほうが良いです。

そして軽く何度かピストンし、ディルドを馴染ませていってください。

慣れてきたら、ディルドを浅い場所でピストンさせ、Gスポットを攻めていきましょう。

しっかりGスポットに当たるよう、ディルドを上向きにしてピストンしたり、Gスポットに押し当てたりすると気持ち良くなれます。

ポルチオに押し当てる

Gスポットをある程度攻めたら、次は膣の奥にあるポルチオを攻めていきましょう。

ディルドを深く差し込み、グーッと奥に押し当てるのです。

床にディルドを立てて、何度も押し当てても良いですし、前後に動いて刺激を与えても気持ち良いです。

ポルチオの刺激に慣れていない人は、痛みを感じない程度に刺激してあげると良いでしょう。

それを何度も繰り返すことで、ポルチオが開発され、中イキできるようになっていきます。

ディルドを振動させる

ディルドを振動させるというのも、ディルドオナニーのおすすめテクニックです。

ディルドを挿入した状態で、ディルドを指でトントントンと叩くようにして振動させてみましょう。

これだけでポルチオやGスポットでしっかり感じることができます。

膣内全体を刺激するために深めにピストン

ディルドを挿入してから、様々なポイントを刺激したら、次は膣内全体を刺激するために深くピストンしていきましょう。

ディルドを奥まで挿入して戻すということを繰り返すのです。

これを行えば、実際に男性にペニスを挿入されているかのような感覚を得ることができるでしょう。

痛みを感じる人はゆっくり行うことで徐々に慣れていき、気持ち良くなれるようになっていきます。

体位を変えながらピストン

体位を変えながらピストンするというのも一つのテクニックです。

ここまできたら自分の好きなようにディルドを扱い、イクまで楽しむことになるのですが、体位を変えてディルを使うことでさらに気持ち良くなることができます。

バックの体勢や騎乗位、立位など、様々な体位でピストンすると、臨場感が出て本当にセックスしているかのような感覚を味わうことができます。

実際にいつも彼氏にされている体位を思い出しながら行うのもオススメです。

別の性感帯も一緒に刺激する

ディルドオナニーをするときは、別の性感帯を一緒に刺激するというのもオススメです。

乳首やクリトリスなど、様々な性感帯がありますが、これらの性感帯を刺激しながらディルドをピストンさせると、中イキしやすくなります。

ディルドに慣れておらず、なかなか気持ち良くなれない人はこのやり方を行うことで、感じやすくなるため実践してみてください。

ローターや電マを一緒に使う

ディルドと一緒にローターや電マを使うというのもオススメです。

ディルドは本物のセックスに近いオナニーができるため、本当のセックスでもイキやすくなるというメリットがありますが、そこを気にせず、ただ気持ち良くなりたいだけなのであればこのやり方を実践してみましょう。

ディルドを挿入しながらローターや電マをクリトリスに当ててみてください。

膣内とクリトリスを同時に刺激することができるため、タイミングさ合えば外イキと中イキを同時に味わうこともできます。

アナルに挿入する

アブノーマルなオナニーですが、ディルドを使ってアナルオナニーをするという使い方もあります。

アナルに抵抗がある人も多いと思いますが、アナルセックスが好きという人や、アナルセックスの練習をしたいという人にはオススメです。

アナルにディルドを挿入するときは、ローションをたっぷり塗ってから行うようにしましょう。

そしてゆっくり挿入していくのですが、途中で無理だと思ったらやめてください。

一気に全部を挿入するのは難しいため、オナニーの度に少しずつ挿入していき、徐々に開発していくようにすると、しっかりアナルで気持ち良くなることができます。

ディルドの使い方【セックス編】

ディルドの使い方【セックス編】

ディルドはオナニーのときだけでなく、セックスのときに使うこともできます。

そこでここからは、セックスのときにディルドの使い方について解説していきます。

フェラしながらディルドを挿れてもらう

フェラしているとき、女性は一方的に奉仕しているだけですので、気持ち良くはありません。

しかしフェラしているとき、彼氏にディルドで攻めてもらえれば、感じながらフェラを行うことができます。

シックスナインのディルドバージョンのような形になりますが、ディルド挿入とクンニを交互に行ってもらえば、かなり気持ち良くなれるため、彼氏にお願いしてみてください。

ディルドとクンニを同時に

ディルドを挿入してもらいながら、同時にクンニをしてもらうというのもオススメです。

ディルドでピストンしてもらえば、当然気持ち良くなることができますが、さらにクリトリスを彼氏に舐めてもらえれば、さらに気持ち良くなることができるでしょう。

普段のセックスでペニスを挿入しながらクンニをしてもらうというのは難しいです。

ディルドを使わなければできないプレイですので、新感覚を味わうことができます。

彼氏に見られながらディルドオナニー

セックス中に、彼氏に見られながらディルドオナニーをするというのも一つのプレイとなります。

いつも一人でしているディルドオナニーを彼氏にまじまじと見られれば、それだけで羞恥心を煽ることができるでしょう。

しかしその恥ずかしさが興奮と変わっていき、いつもよりも気持ち良いセックスができるようになります。

特にMな女性にはオススメですので、試してみてください。

二穴同時挿入

上級者向けのディルドの使い方ですが、二穴同時挿入というプレイもあります。

膣にディルドを挿入しながら、彼氏のペニスはアナルに入れてもらうというプレイです。

アナルがすでに開発されており、簡単に気持ち良くなれるのであれば、次のステップとして二穴同時挿入を行うと良いでしょう。

まだアナルを開発できていない人は痛いだけのプレイですので、まずはアナルオナニーをするところから始めると良いです。

ディルドの使い方【騎乗位の練習編】

ディルドの使い方【騎乗位の練習編】

ディルドは騎乗位の練習として使うこともできますが、どうやって練習すれば良いかわからないという人もいるでしょう。

そこでここからは、ディルドで騎乗位の練習をするときの使い方を解説していきます。

床に立ててピストン

ディルドで騎乗位の練習をするときは、まず床にディルドを立ててピストンするところから始めましょう。

床にディルドを立てたら、そこに跨り、ゆっくりと挿入していってください。

そして腰を浮かせながら、何度もピストンしていけば、騎乗位の練習をしながら気持ち良くなることができます。

女性はペニスを膣の奥に押し当てると気持ち良くなれますが、男性はどちらかといえば大きくピストンされるのを好みます。

そのため、自分が気持ち良い方法ではなく、彼氏が気持ち良くなれる騎乗位を意識して練習を行いましょう。

体位を変えながらピストンする

体位を変えながらピストンをするというのも、騎乗位の練習の際に忘れてはいけないことです。

騎乗位をするとき、女性は膝立ちすることもあれば、うんこ座りすることもあるでしょう。

また、彼氏に抱き着きながら、腰だけを動かしてピストンする騎乗位もあれば、逆に体を後ろに反らせて行う騎乗位も存在します。

様々なパターンの騎乗位をすることで、彼氏も女性自身も気持ち良くなれるため、それぞれのやり方をしっかり練習しておきましょう。

ディルドで中イキするためのコツ

ディルドで中イキするためのコツ

ディルドでオナニーをしても、なかなか中イキできないという女性もいるでしょう。

そこでここからはなかなか中イキできない女性が、中イキしやすくなるためのテクニックを紹介していきます。

ローションを使う

ディルドで中イキするための方法としては、ローションを使うという方法があります。

ローションは使わなくても、愛液だけで十分だという人も多いと思いますが、ローションを使えばさらに気持ち良いオナニーができるものです。

また、ローションを温めてから使うと、さらに気持ち良くなれるため、試してみましょう。

何度もディルドオナニーする

何度もディルドオナニーをするというのも、中イキするために大切なことです。

なかなか中イキできない人は、ポルチオやGスポットがまだしっかり開発されていないのかもしれません。

また、バイブオナニーをやり過ぎて、激しい刺激に慣れ過ぎてしまっている可能性もあります。

このような人は何度もディルドオナニーをすれば、膣内が開発され、ディルドの感覚に慣れていくようになるため、いずれ中イキできるようになるのです。

そのため、一度やってみて中イキできなかったからと諦めずに、何度もトライしてみましょう。

時間をかけてオナニーする

ディルドオナニーで中イキするためには、時間をかけてオナニーをするということも大切なことです。

女性は時間をかけて興奮を蓄積していき、最高潮に達します。

男性は瞬間的に興奮し、射精してしまえば一気に冷めてしまうものです。

そのため、しっかりイケるようになるためには、じっくり時間をかけて体を愛撫していく必要があります。

オナニーをするときはディルドをいきなり挿入せず、まずはクリトリスなどを軽く触り、徐々に興奮を高めていってからディルドを使うようにするとイキやすくなるのです。

とにかく激しくすればイケるようになるというわけではないため、勘違いしないようにしましょう。

中イキできるオススメのディルド

ピンクアングル

ディルドを購入してみたいけど、どれを使えば良いかわからないという人も多いでしょう。

そのような人にオススメなのが、ピンクアングルというディルドです。

ピンクアングルはエラストマー素材でできている、デイルド型のラブグッズとなります。

ぷにぷにとした素材で作られているため、本物のペニスのような感覚を味わえ、痛みを感じやすい女性も使いやすいラブグッズなのです。

ピンクアングルには根本に吸盤がついており、それを床に固定することで、騎乗位の練習を行うこともできます。

価格は2,597円と、かなりお求めやすい価格です。

彼氏が騎乗位でなかなか満足してくれないという人は、ピンクアングルを使って彼氏を射精させられるような騎乗位をマスターしましょう。

ピンクアングルを試してみる

こちらもどうぞ!

ディルドを使う上での注意点

ディルドを使う上での注意点

ディルドを使う上では、様々な注意しておかなければいけないこともあります。

そこでここからは、ディルドを使う上での注意点を紹介していきます。

衛生面に注意すること

ディルドを使う上では、衛生面にしっかり注意しておきましょう。

使い終わったらしっかりとディルドを洗い、水気を拭き取ってください。

そうしないとディルドをカビが生えてしまい、不衛生になってしまいます。

そして使用する前にはしっかり除菌シートなどで拭いてから、オナニーを行うようにしましょう。

衛生面に問題があると、性病になってしまうこともあるため、十分に注意しておいてください。

コンドームを使おう

ディルドを使用するときは、コンドームをかぶせて使用すると良いです。

コンドームを使えば、使った後の処理がかなり楽になりますし、衛生的に使用することができます。

面倒かもしれませんが、コンドームが抜けないようにペニスを抜くための練習もできるので、できるだけ使用するようにしてください。

ディルドのサイズに慣れ過ぎないように

ディルドのサイズに慣れ過ぎないように注意しておくということも大切なことです。

ディルドはペニスやバイブよりも、太めに作られています。

製品によって太さは違いますが、膣内にみっしり感を与えて、気持ち良くなってもらうために、太く作られていることが多いのです。

しかしこのサイズに慣れ過ぎてしまうと、彼氏のペニスを小さく感じてしまうこともあるでしょう。

そうなるとセックスで物足りなさを感じてしまうこともあるため、毎日のようにディルドでオナニーをするのはやめておきましょう。

ディルドとローターを同時に使う時の使い方

ディルドとローターを同時に使う時の使い方

ディルドとローターを同時に使うときは、ディルドを挿入した状態で、ローターをクリトリスに当てると良いです。

ディルドを挿入してから何度かピストンし、気持ち良くなってきたらローターを起動させましょう。

乳首をローターで刺激しても気持ち良いため、自分の好きなポイントを好きなようにローターで刺激してあげてください。

ローターを先に膣内に挿入して、後からディルドを挿入するという使い方もあるのですが、これはオススメできません。

ローターの線が切れてしまい、膣内にローターが取り残されてしまうリスクがあるからです。

取れなくなってしまい、病院でローターを取ってもらうという、恥ずかしいことが起きてしまうため、膣内に振動が欲しいのであれば、バイブを使うようにしましょう。

ディルドと電マを同時に使う時の使い方

ディルドと電マを同時に使う方法も、基本的にはローターと同じです。

ディルドを挿入しながら乳首やクリトリスを刺激することで、気持ち良くなることができます。

ただし、電マであれば、もう一つ別の使い方をすることができます。

挿入したディルドに直接電マを当て、ディルドを振動させるのです。

これにより電マの振動がディルドを伝わり、膣内に最高の刺激を与えてくれます。

セックスの練習にはなりませんが、気持ち良いオナニーのやり方としてはオススメですので、実践してみてください。

ディルドと一緒に使えるオススメのラブグッズ

ディルドと他のラブグッズを併用して使いたいという人も多いでしょう。

そこでここからは、ディルドと一緒に使えるオススメのラブグッズを紹介していきます。

さくらの恋猫

さくらの恋猫

さくらの恋猫はスマホ連動型の今大人気のラブグッズです。

さくらの恋猫をスマホと接続し、アプリを再生すると、動画や漫画とともに音声が流れ、それに合わせておもちゃが振動します。

アプリには人気声優の声も入っているため、理想の声を持つ人とのセックスを想像しながらオナニーをすることができるのです。

さくらの恋猫はシリーズ名ですので、ローターやバイブ、電マ、インナーボールタイプなど、様々な種類があります。

本当のセックス以上に気持ち良いと評判ですので、さくらの恋猫が気になる方は以下から詳細を確認してみてください。

さくらの恋猫を試してみる

こちらもどうぞ!

ラブデンマ

ラブデンマ

ラブデンマはオナニー用に開発された電マです。

10パターンの振動と5段階の強さで、自分にとって最適な振動を与えることができる電マとなっています。

これだけ細かく調節できるため、強過ぎたり、弱過ぎたりして困るということはありません。

また、アイスのようなオシャレでかわいいデザインが施されているため、気分良くオナニーをすることができるでしょう。

「小ぶりでもパワフル」
「持ちやすくてバラエティーも豊か」

と多くの女性から好評かを得ているため、気になる方は以下の公式サイトを覗いてみてください。

ラブデンマを試してみる

こちらもどうぞ!

最後に

ベッドで寝転がる女性

ディルドについて解説してきましたが、ディルドは女性に様々なメリットを与えてくれるラブグッズです。

ローターやバイブよりも、ディルドを好む女性はたくさん存在します。

家で隠れて使うのに最適なラブグッズとなるため、まだ使ったことがない人は一度使ってみてください。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら