ディルドオナニーのやり方・方法!おすすめのディルドや選び方・注意点など

                                       
                                   

ディルドオナニーのやり方として大事なことは、徐々に刺激を強くしていくということです。

この記事では、ディルドオナニーのやり方やイクためのコツ、おすすめのディルドや選び方、注意点などについて解説していきます。

ローターやバイブを使ったことはあっても、ディルドは使ったことがないという女性も多いでしょう。

しかしディルドにはディルドにしかない魅力があり、実際に多くの女性がディルドを使ってオナニーをしています。

これまでとは違う感覚を得られ、様々なメリットも得られるオナニー、それこそがディルドオナニーですので、この記事でディルドオナニーについてしっかり勉強していきましょう。

ディルドオナニーとは?

ディルドオナニーとは?

ディルドオナニーとは、ペニスを模したおもちゃを使って行うオナニーのことです。

ディルドとバイブはしばしば混同されますが、2つ大きな違いがあります。

まず、ディルドは基本的に機械が内蔵されていないという点です。

バイブはスイッチを入れると、振動したり、先端がスイングしたりしますが、ディルドにはそのような機能がありません。

この特徴はデメリットとして捉えられることも多いですが、より本物のペニスに近いラブグッズであるという考え方をすれば、メリットとなります。

バイブは振動によって気持ち良くなりますが、その振動に慣れることでセックスでイケなくなってしまうこともあるからです。

2つ目の違いは、ディルドは自立させることができるという点です。

ディルドには根元に吸盤がついており、床に立てることができるようになっています。

そのため、上からまたがり、騎乗位の練習をすることも可能です。

騎乗位のようにして使うだけでなく、手で持ってピストンさせるという使い方もできるため、ディルドがあればオナニーの幅が広がります。

ディルドオナニーのメリット

ディルドオナニー

ディルドでオナニーすることに、どのようなメリットがあるのだろうと疑問を感じる人もいるでしょう。

なかには、ローターやバイブを持っているから、ディルドは必要ないと考える女性もいるはずです。

そこでここからは、ディルドオナニーにしかないメリットについて紹介していきます。

リアルな感覚を得られる

ディルドオナニーのメリットとして、まず挙げられるのが、本当のセックスに近いリアルな感覚を得られるというところです。

バイブやローターでのオナニーは、振動により気持ち良くなることができますが、人間の手で再現できることではないため、リアリティーは弱くなります。

しかしディルドの場合、ペニスを模した形をしているだけですので、余計な機能がついていません。

実際にペニスを挿入されているときと、近い感覚でオナニーをすることができるため、気持ちも乗りやすいのです。

セックスで感じやすくなる

セックスで感じやすくなるというのも、ディルドオナニーのメリットです。

ディルドは本当のセックスに近い状態でオナニーをすることができるため、セックスのときにしっかり感じられるようになります。

バイブやローターだと、オナニーのほうが気持ち良いため、セックスで感じられなくなってしまうこともありますが、ディルドであればそのような心配がないのです。

さらにGスポットやポルチオをしっかり刺激することができるため、膣内にある性感帯も開発されることになります。

ディルドでオナニーをすることで、セックスがこれまでよりも気持ち良くなるため、ディルドオナニーはオススメなのです。

騎乗位の練習ができる

騎乗位の練習ができるというのも、ディルドオナニーの大きなメリットとなります。

ディルドは床に立てることができるため、その上からまたがれば騎乗位の形で挿入することができます。

バイブで騎乗位の練習をすることはできないため、これはディルドでしかできないことです。

彼氏が騎乗位が好きだという人や、騎乗位をうまくなって彼氏を喜ばせたいという人も多いでしょう。

そのような人はディルドで騎乗位の練習をすれば、テクニックを磨くことができるため、ディルドがオススメなのです。

ディルドの選び方

ディルドの選び方

ディルドを購入してみたいけれど、様々なメーカーのディルドの中からどれを選べば良いのかわからないという人も多いでしょう。

そこでここからは、ディルドの選び方について紹介していきます。

吸盤付きのものを選ぼう

ディルドの選び方として、まず大切なのが吸盤がついているものを選ぶということです。

ディルドは基本的に自立できるものがほとんどですが、なかには自立しないタイプのディルドも存在します。

騎乗位の練習はしなくても良いと思うかもしれませんが、いつか練習したくなるときが来るかもしれません。

せっかく買うのであれば、使い道は多いほうが便利ですので、根元に吸盤がついており、自立させられるディルドを選びましょう。

素材で選ぼう

ディルドを購入するときは、素材で選ぶということも大切なこととなります。

ディルドには様々な素材が使われていますが、固すぎるものや柔らか過ぎるもの、壊れやすいものなどが素材によって変わってきます。

そのため、素材で選ぶことにより、質が良い気持ち良くなれるディルドを選ぶことができるようになるのです。

様々な素材の中で、オススメなのはエラストマー素材が使われたディルドです。

柔らかい素材ですが、しっかりとした弾力があるため、性感帯をしっかり刺激してくれます。

好みによってどの素材が良いかは分かれますが、何を選べば良いかわからないという人は、とりあえずエラストマー素材を選びましょう。

サイズで選ぼう

ディルドを選ぶときは、サイズで選ぶということも大切です。

太過ぎるものを選べば、挿入したときに痛みを感じてしまいますし、細いものを選べば気持ち良くなれません。

どのくらいの太さが良いかは好みもありますし、膣の大きさによって変わるため、一概にこのサイズだとは言えません。

太めのペニスが好きなのであれば、太めのディルドを選んだほうが良いですし、細くないと痛みを感じてしまうという人もいるでしょう。

自分好みの太さのディルドを選んでください。

ディルドオナニーのやり方

ディルドオナニーのやり方

ディルドを初めて購入した人は、どうやって使えば良いのかわからないでしょう。

そこでここからは、ディルドオナニーのやり方について解説していきます。

まずは前戯をする

ディルドオナニーをするときは、まず前戯から行いましょう。

女性が膣内でしっかり感じるためには、体を興奮状態にして、膣内を愛液で満たすことが大切です。

そうすることでディルドを挿入したときに、しっかり感じられるようになります。

そのため、胸やクリトリスを触り、しっかり体を興奮させましょう。

一度オーガズムを感じてからディルドを使うのもオススメですので、イケるときは一度イってから次のステップに進んでください。

ローションを塗ってゆっくり挿入する

事前にしっかり前戯をしたら、まずはディルドにローションを塗っていきましょう。

膣内が濡れていても、ローションなしでディルドを挿入するのは難しいです。

ローションを塗ったほうが気持ち良くオナニーをすることもできるため、必ず用意しておいてください。

ディルドにローションを塗ったら、ゆっくりディルドを挿入していきましょう。

いきなり勢い良く挿入すると痛みを感じてしまうため、最初はゆっくり挿入していってください。

ピストンするスピードを徐々に早めていく

ディルドを挿入できたら、ゆっくりディルドをピストンさせていきましょう。

痛みを感じない範囲でゆっくりと出し入れを繰り返してください。

特に痛みを感じないようであれば、ピストンするスピードを徐々に早めていきましょう。

ピストンするスピードを早めるだけでなく、膣の奥にあるポルチオに押し付けるようにしても気持ち良くなれます。

それぞれ好みのやり方があるものですので、自分の好きな刺激の仕方でディルドを動かしてください。

角度や体位を変えてピストン

ディルドを早くピストンできるようになったら、角度や体位を変えてみましょう。

ディルドの角度を変えると、Gスポットへの当たり方が変わり、感じ方も変わります。

また、バックや立位の体勢でディルドを使うと、本当のセックスをしているような気分になれるため、さらに気持ち良くなれるはずです。

それぞれ好みのディルドの角度や体位があるため、自分にとって一番気持ち良いやり方を見つけておきましょう。

クリトリスを同時にイジる

ディルドを使う時はクリトリスを同時にイジると、さらに気持ち良くなることができます。

女性の中には膣内への刺激では、それほど気持ち良くなれないという人もいるでしょう。

そのような人でも、ディルドを使って膣内の性感帯を開発していけば、しっかり感じられるようになるのですが、最初はディルドだけでは気持ち良くなれないものです。

しかしクリトリスを同時にイジれば、膣内では気持ち良くなれなくても、クリトリスで気持ち良くなることができます。

それにより膣内も徐々に感じられるようになっていくため、クリトリスや乳首を同時にイジりながらディルドオナニーを実践してみてください。

ディルドオナニーでイクためのコツ

ディルドオナニーで気持ち良くなることはできても、なかなかイクことはできないという人も多いでしょう。

そこでここからは、ディルドオナニーでイクためのコツを紹介していきます。

ローターや電マと一緒に使う

ディルドオナニーでイクためのコツとしてはローターやバイブを同時に使うという方法があります。

ローターはディルドを挿入しながら、クリトリスや乳首を刺激するという使い方をすると良いでしょう。

電マはローターと同じように使用しても良いですし、挿入しているディルドに電マを当てて、ディルドを振動させるという使い方をしても良いです。

ただし、ディルドオナニーのメリットとして、本当のセックスに近いオナニーができるというメリットがありましたが、このやり方をするとそのメリットは失われてしまいます。

刺激の強いオナニーですので、イキやすくはなりますが、慣れすぎると本当のセックスでイキにくくなってしまうため注意しておきましょう。

ディルドを温める

ディルドオナニーでイクためのコツとしては、ディルドを温めるという方法もあります。

ディルドを温めることで、本物のペニスの温度と同じ温度になるため、簡単なことですがかなり気持ち良くなれます。

温めるときは、ホットタオルをディルドに巻きつけて温めてください。

お湯に直接つけてしまうと、ディルドを傷めてしまうため、ホットタオルを使うようにしてください。

ローションを温めても同じように気持ち良くなることができるため、興味がある人は試してみると良いでしょう。

セックスでディルドを使う

セックスでディルドを使うというのも、おすすめのイクためのコツとなります。

セックスのとき、彼氏にお願いしてディルドで責めてもらえば当然のように気持ち良くなることができるでしょう。

このようにして好きな人に責めてもらうと、1人でディルドオナニーをするとき、セックスで責めてもらったことを思い出すものです。

それにより、さらに興奮できるようになり、気持ち良いディルドオナニーができるようになりなります。

口コミ評判の高いオススメのディルド

ピンクアングル

ディルドを購入してみたいけど、どれを使えば良いかわからないという人も多いでしょう。

そのような人にオススメなのが、ピンクアングルというディルドです。

ピンクアングルはエラストマー素材でできている、デイルド型のラブグッズとなります。

ぷにぷにとした素材で作られているため、本物のペニスのような感覚を味わえ、痛みを感じやすい女性も使いやすいラブグッズなのです。

ピンクアングルには根本に吸盤がついており、それを床に固定することで、騎乗位の練習を行うこともできます。

価格は2,597円とかなりお求めやすい価格です。

彼氏が騎乗位でなかなか満足してくれないという人は、ピンクアングルを使って彼氏を射精させられるような騎乗位をマスターしましょう。

ピンクアングルを試してみる

こちらもどうぞ!

ディルドと一緒に使えるラブグッズ

さくらの恋猫

さくらの恋猫はスマホ連動型の今大人気のラブグッズです。

さくらの恋猫をスマホと接続し、アプリを再生すると、動画や漫画とともに音声が流れ、それに合わせておもちゃが振動します。

アプリには人気声優の声も入っているため、理想の声を持つ人とのセックスを想像しながらオナニーをすることができるのです。

さくらの恋猫はシリーズ名ですので、ローターやバイブ、電マ、インナーボールタイプなど、様々な種類があります。

本当のセックス以上に気持ち良いと評判ですので、さくらの恋猫が気になる方は以下から詳細を確認してみてください。

さくらの恋猫を試してみる

こちらもどうぞ!

ディルドオナニーをするときの注意点

ディルドオナニーをするときの注意点

様々なメリットがあるためディルドオナニーはおすすめなのですが、注意しておかなければならないこともあります。

そこでここからは、ディルドオナニーの注意点について解説していきます。

清潔に使うこと

ディルドオナニーをする上での注意点として、まず挙げられるのは清潔に使うということです。

ディルドは細菌が溜まったり、カビが生えたりしやすいラブグッズです。

そのため、しっかりお手入れをすることが大切なこととなってきます。

まずディルドを使った後は、しっかり洗うということを心がけておきましょう。

そして水気をしっかり取り、保管しておいてください。

そして使用する前は、除菌シートで拭き取り、コンドームをかぶせて使用してください。

このような対策をしっかり取ることで、安全に長くディルドを使えるようになります。

使いすぎると体に負担がかかる

使い過ぎると体に負担がかかるというのも、ディルドオナニーをするときには注意しておかなければいけないことです。

ディルドは膣内を強く刺激するため、性感帯に大きな負担がかかります。

毎日のように激し過ぎるディルドオナニーをすると、出血してしまうことすらあるのです。

そのため、毎日のように激しいディルドオナニーはしないようにしましょう。

腰を痛めないように

ディルドオナニーをするときは、腰を痛めないようにということも注意しておかなければなりません。

普通使っているときは問題ないかもしれませんが、騎乗位の練習をするときは腰を痛めやすいため注意しておきましょう。

ディルドで騎乗位をしているとき、イク前だったとしても腰に違和感を感じたら中止してください。

ディルドで騎乗位の練習をしたことで、彼氏とセックスしているときに腰を痛めてしまうこともあるため、無理はしないようにしましょう。

ディルドオナニーをしたら処女じゃなくなる?

ディルドオナニーをしても、処女でなくなるということはありません。

処女はセックスの相手が人間である場合にのみ、喪失されるものですので、ディルドであろうがバイブであろうが、挿入されたものがペニスでなければ、処女喪失とはならないのです。

ただし、これは定義上の話であり、男性の中にはディルドを挿入したら処女喪失だと考える人もいます。

その男性が処女喪失の定義を勘違いしているということになりますが、そういう人も少なくはないです。

また、処女膜に関してはディルドであっても破れてしまいますし、処女喪失の時に多くの女性が体験する出血もないため、処女特有の起きるべき現象はなくなってしまいます。

ディルドオナニーで物足りないなら「午前0時のユーグレナ」で彼の勃起力アップ!

やはりオナニーよりもセックスを楽しみたいですよね。でも彼のペニスではちょっと物足りない……。
そんなときは「午前0時のユーグレナ」を試してみてはいかがでしょうか?午前0時のユーグレナは、男性機能をサポートするサプリです。
1袋2980円で1ヶ月分なので、彼に使ってもらいましょう。

午前0時のユーグレナを試してみる

午前0時のユーグレナは、話題のミドリムシをはじめとした11種類の厳選成分が配合されています。
L-シトルリンにL-アルギニン、黒ニンニクにスッポンなど、男性機能をサポートするのに不可欠な成分がすべて詰まっているのです。

また、勃起力アップには血流効果が重要になります!ユーグレナには若返りホルモンと言われている「アディポネクチン」を増やす効果が報告されており、血流改善や傷ついた血管の補修、血管拡張機能があるのです。

さらに「午前0時のユーグレナ」は、腸をきれいに保つためのβ-グルカン(食物繊維の一種)と同時に摂取することができるので、吸収率が高くなっています。

多くの成分に若返りホルモン、腸を綺麗に保つなど、健康サプリとして彼にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
彼のペニスで満足できれば、オナニーする必要はなくなりますよね!

最後に

木漏れ日の中の女性

ディルドオナニーのやり方について解説してきましたが、ディルドオナニーはメリットの多い、おすすめできるオナニーです。

しかしバイブやローターよりもイキにくい部分もあるため、コツを掴むまで満足できるない人もいるでしょう。

コツをしっかりと掴めば、他のオナニーでは感じられない最高の快感を得られるため、この記事で紹介したディルドを購入し、練習に励んでみてください。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら