【セックス&オナニー】ローションの使い方!水で薄める作り方やベッドでの使い方

                                       
                                   

ローションの使い方としては、性感帯に塗るやり方や全身に塗るやり方など、様々な方法があります。

この記事では、セックスやオナニーでのローションの使い方、水で薄める作り方、ベッドでの使い方、様々な種類、使うメリット、女性にオススメのラブグッズなどについて解説していきます。

ローションを使ってオナニーやセックスをしたいけど、どうやって使えば良いのかわからないという人も多いでしょう。

ローションと一言で言っても様々な種類があるため、どれを選べば良いのかわからないという人も多いはずです。

この記事では、ローションに関する全ての知識を紹介していくため、しっかり読んでローションの扱いをマスターしていきましょう。

ローションとは?

ローションとは?

ローションとは、セックスやオナニーのときに使われるヌルヌルとした液体のことです。

愛液が少ない人や痛みを感じやす女性のために、ペニスを挿入するときの潤滑油として使われます。

しかし用途はこれだけではなく、オナニーの際にクリトリスや乳首、男性であればペニスに塗って、ヌルヌルとした気持ち良さを感じるために使われることも多いです。

風俗ではローションを大量に作り、全身に塗って行うマットプレイというものも存在します。

うまく使うことでセックスやオナニーをより気持ち良くできる魔法の液体ですので、ローションの扱いを覚えることでもっと性欲を満足させることができるようになるのです。

ローションを使うメリットとは

ローションを使うメリットとは

セックスやオナニーでローションを使うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

そこでここからは、ローションを使うメリットについて解説していきます。

女性の痛みを緩和できる

ローションを使う一番のメリットとして挙げられるのが、女性の痛みを緩和できるという点です。

女性の中にはペニスを挿入したときに痛みを感じやすい人や、愛液の分泌量が体質的に少ない人がいます。

また、セックスの経験が浅い場合、多くの人が痛みを感じてしまうものです。

しかしそのような人でもローションを使うことで、痛みを緩和できます。

ローションが潤滑油となり、刺激が緩和されるからです。

そうなれば女性は痛みを感じずに済みますし、男性は気を遣うことなく挿入することができるでしょう。

そのため、男女ともにローションを使うメリットがあるのです。

気持ち良いセックスやオナニーができる

気持ち良いセックスやオナニーができるというのも、ローションを使う大きなメリットです。

ローションを性感帯に塗って刺激すると、普通に触ったときとは違う刺激を感じることができます。

ヌルヌルした感覚の中で受ける刺激は、普通に触ったときの刺激よりも気持ち良く感じるものです。

そのため、セックスでもオナニーでも、ローションを使うことにより、より強い快感を得ることができます。

保湿効果がある

保湿効果を得られるというのも、ローションを使うメリットとなります。

全てのローションがそうだというわけではありませんが、ローションの中には肌に優しいものや、美容成分が配合されているものも存在します。

それを身体に塗ることで、気持ち良くなれた上に、お肌の健康を守れることになるため、特に女性にとっては嬉しいメリットです。

ローションの種類とは

ローションの種類とは

ローションと一言でいっても、様々な種類が存在し、それぞれによって特徴があります。

そこでここからはローションの種類と特徴について解説していきます。

ポリアクリル酸ナトリウム系ローション

ポリアクリル酸ナトリウム系ローションは風俗などで使われるローションです。

大容量でありながら安い価格で手に入るため、たくさんローションを使う人に選ばれます。

ただし、ポリアクリル酸ナトリウム系ローションは乾燥しやすいという弱点があります。

そのため、女性が膣内に塗るのはNGです。

マットプレイ用のローションとも言えるため、自分用に購入する機会は少ないでしょう。

ポリクオタニウムローション

ポリクオタニウムローションは女性の愛液に近い感触のローションです。

肌に優しいため、オナニーやセックスで使うのに向いているローションと言えます。

また、肌が弱い人にもオススメです。

ただし、ねっとりとした粘度の高いローションが好みという人には、オススメできません。

粘土は低いローションとなっているため、人によっては満足できないこともあります。

カルボキシビニルポリマーローション

カルボキシビニルポリマーローションは、なめらかタイプのローションです。

化粧品にも使われている成分が配合されているため、肌になじみやすいという特徴があります。

しかし乾きやすいというデメリットもあるため、長い時間使いたいという人には不向きです。

ヒドロキシエチルセルロース・グリセリンローション

ヒドロキシエチルセルロースローションやグリセリンローションは、サラサラとしたローションです。

医療用品や化粧品にも使われる成分が使われているため、敏感な部分にも安心して塗ることができます。

性感帯に少量だけ使うという使い方がオススメです。

シリコンローション

シリコンローションはねっとりとした粘度の高いローションです。

乾燥しにくいため、長い時間使用したいという人や、ねっとりとした感覚が好きな人にオススメのローションとなります。

ただしシリコンローションはラブグッズを使用するときには使えません。

ラブグッズが変形する可能性があるからです。

そして一番大事なのは、コンドームを使ったセックスでは使ってはいけないということです。

シリコンローションの成分がコンドームを溶かしてしまうことがあるため、避妊に失敗するリスクがあります。

そのため、セックスでローションを使いたい人は絶対にシリコンローションは使わないようにしましょう。

ただし、コンドームがウレタン製のものであれば問題ありません。

オイルローション

オイルローションは肌に優しく、乾きにくいローションです。

こちらもコンドームを溶かしてしまうことがあるため、セックスで使う際には注意しておきましょう。

また、ラブグッズを使うときに使用するのもNGです。

食べられるローション

食べられるローションはその名の通り、食品を使って作られた食べられるローションです。

水あめなどが使われているため、男性のペニスにローションを塗って、女性がフェラをすることもできます。

ただし、賞味期限があるものがほとんどですので、その点には注意が必要です。

ローションの使い方【オナニー編】

ローションの使い方【オナニー編】

ローションを実際に使ってみたいという人も多いでしょう。

そこでここからはローションの使い方について解説していきます。

まずはオナニーのやり方から解説していくため、自分の気に入るオナニーのやり方を見つけて、気持ち良くなりましょう。

乳首やクリトリスに塗る

ローションの使い方の基本として、まずは乳首やオナニーに塗るというものがあります。

性感帯にローションを塗り、その状態で指で刺激を与えていくのです。

乳首ならばつまんだり、こねくり回したりすると良いでしょう。

クリトリスであれば、そのまま刺激しても良いですし、皮をむいて指で触っても良いです。

ローションを塗ることで普通に触るときとは違う感覚を得られるため、それをじっくり味わってください。

そして終わったら、しっかりローションを洗い流しましょう。

バイブにローションを塗って挿入

バイブにローションを塗って、膣に挿入するというのもオススメです。

使い方としては、まずバイブは置いておき、普通に指でオナニーを始めましょう。

ローションを塗りますが、やはり膣内に愛液がないと痛みを感じてしまいますし、軽くオナニーをすれば興奮を高めることもできます。

そして膣内が十分濡れたら、バイブにローションを塗り、ゆっくり挿入していってください。

最初はスイッチを入れず、素の状態で出し入れし、膣にバイブを馴染ませましょう。

そしてパワーを弱にした状態でスイッチを入れ、徐々にパワーを強くしていくと、気持ち良いオナニーができます。

バイブが変形するリスクがあるため、使うローションはシリコンやオイルローション以外のものを選んでください。

ローターや電マにローションを塗る

ローターや電マにローションを塗って、オナニーをするというのもオススメです。

バイブでローションを使う人はいても、ローターや電マを使うときに使用する人はあまりいません。

しかしローションを塗ってクリトリスや乳首を刺激することで、普通の刺激とは違う感覚を得られるため、一度試してみると良いでしょう。

やり方は性感帯にローションを塗って、ローターや電マで刺激するだけです。

全身にローションを塗る

全身にローションを塗るというオナニーの方法もあります。

とにかくたくさんのローションを身体に塗り、全身をヌルヌルにするのです。

性感帯をイジるのはもちろんですが、お腹や内ももなども撫でまわすことにより、特別な快感を得ることができます。

ただし大量のローションが必要となるため、後ほど紹介するローションを水で薄める方法を参考にして、たくさんのローションを作ってください。

また、ベッドの上でやると汚れてしまうため、お風呂場などで行うようにしましょう。

ローションを温めてオナニー

ローションを温めてオナニーをするというのもオススメの方法です。

ローションをお湯などにつけて、人肌に温めてみましょう。

それを使ってオナニーをすることで、温もりが新たな気持ち良さを生み出してくれます。

ただし温め過ぎると火傷の原因となるため、注意も必要です。

ローションの使い方【セックス編】

ローションの使い方【セックス編】

ローションが使えるのはオナニーのときだけではありません。

セックスでローションを使うことで、さらに気持ち良いセックスができるようになります。

では、セックスでどのようなローションを使えば良いのか、その使い方を解説していきます。

ペニスに塗って挿入

セックスでのローションの使い方として、一番代表的な使い方がペニスに塗って挿入するというものです。

ペニスに塗って挿入すれば、潤滑油が増えることになるため、痛みを感じやすい人でも気持ち良いセックスができるようになります。

また、膣の中がぐちょぐちょになることで、その刺激を気持ち良いと感じる人も多いです。

ただし、コンドームが溶けることがあるため、シリコンやオイルローションは使わないようにしましょう。

全身に塗って体をすり合わせる

全身にローションを塗って、体をすり合わせるというのもオススメの使い方です。

お互いの体にローションを塗り、体を滑らせるようにすれば、かなり気持ち良くなれます。

いわゆるマットプレイですので、やるのであればお風呂場などで行ったほうが良いでしょう。

全身にローションを塗った状態で互いに愛撫し合うと、ラブラブ感もしっかり感じられるため、カップルにオススメです。

ペニスをぬるぬるマッサージ

ペニスにローションを塗ってマッサージしてあげるというのも、セックス中にできるローションプレイです。

女性が気持ち良いわけではありませんが、これを彼氏にやってあげるとかなり喜んでもらえます。

ペニスにローションをたっぷり塗って、その状態で手コキをするだけですので、やり方も簡単です。

特にMの男性はこのようなプレイが大好きですので、実践してあげると良いでしょう。

ローションを塗ってフェラ

ローションをペニスに塗って、フェラをしてあげるというのも彼氏が喜ぶローションの使い方です。

ローションをたっぷり塗って、口でピストンしてあげれば、男性はかなり快感を感じることができます。

ただしローションフェラを行うときは、食べられるローションを使うようにしましょう。

他のローションは口に入れると健康被害があるかもしれないため、そこだけは注意しておいてください。

ローションを使ってアナルセックス

ローションを使ってアナルセックスをするというのも、一つのローションプレイとなります。

アナルセックスに抵抗がある女性も多いと思いますが、ローションを使うことで痛みはかなり緩和できます。

しかし初心者はやはり痛みを感じてしまったり、気持ち良くなれなかったりするものです。

そのため、アナルセックスを行うときはたっぷりとローションを使い、彼氏にゆっくり挿入してもらうようにしましょう。

最初は激しいピストンは行わず、ゆっくり浅く出し入れし、それを何度も繰り返していくと徐々に気持ち良くなれるようになります。

慣れさえすれば誰でもアナルで気持ち良くなることができるため、興味がある人は試してみてください。

ローションを使うと気持ち良い!オススメのラブグッズ

バイブやローターを使うときにローションを使うと気持ち良いという話でしたが、バイブやローターを持っていないという人も多いでしょう。

そこでここからは、オススメのラブグッズを紹介していきたいと思います。

さくらの恋猫

さくらの恋猫

さくらの恋猫はスマホ連動型の今大人気のラブグッズです。

さくらの恋猫をスマホと接続し、アプリを再生すると、動画や漫画とともに音声が流れ、それに合わせておもちゃが振動します。

アプリには人気声優の声も入っているため、理想の声を持つ人とのセックスを想像しながらオナニーをすることができるのです。

さくらの恋猫はシリーズ名ですので、ローターやバイブ、電マ、インナーボールタイプなど、様々な種類があります。

本当のセックス以上に気持ち良いと評判ですので、さくらの恋猫が気になる方は以下から詳細を確認してみてください。

さくらの恋猫を試してみる

こちらもどうぞ!

Laulala(ラウララ)



Laulala(ラウララ)はグリセリン系の大人気ラブローションです。

自然由来の温感成分が配合されているため、ローションに息を吹きかけると、息に含まれる水蒸気と結合し、温かさを感じれるようになっています。

また、極惚成分であるダミアナやイランイランも配合されているため、女性が喜べるローションでもあるのです。

さらに潤い成分や、アミノ酸・ビタミンなどの美容成分、皮膚コンディション成分なども配合されています。

かなり贅沢なローションとなっているため、ローション選びに悩んでいる女性は以下の公式サイトを確認してみてください。

Laulala(ラウララ)を試してみる

リュイールホット

リュイールホット

リュイールホットは彼とのラブタイムをもっと情熱的に過ごしたい人にオススメのローションです。

「いつもよりぐっしょり濡れてて、恥ずかしかったけど気持ち良くなれました」(20代女性)

「リュイールホットのおかげで演技することなく、しっかり気持ち良くなることができました」(30代女性)

このように口コミの評判も良い、大人気のラブローションとなっています。

リュイールホットいは、ラテン語で「媚薬」という意味のダミアナ葉エキスや、潤いを与えてくれるアロエベラ葉エキス、オリーブ油由来のスクワランなどの成分が配合されており、女性の味方になってくれます。

中身がわからないように配送してもらえるため、気になる方は以下の公式サイトを覗いてみてください。

リュイールホットを試してみる

お風呂場でぬるぬるマットプレイ!ローションを水で薄める作り方

お風呂場でぬるぬるマットプレイ!ローションを水で薄める作り方

お風呂場で大量のローションを使う、全身をぬるぬるにするマットプレイなどをしたいという人もいるでしょう。

しかしローションをそのままの状態で使うと、大量のローションが必要になってしまい、かなりお金がかかってしまいます。

そのため、ローションを水で薄めて、量を増やす必要があるのです。

まず、使うローションはポリアクリル酸ナトリウム系ローションが良いです。

ただし、必ずしもこのローション限定というわけではないため、ネットで量が多くて安いローションを見つけたら、それを使うと良いでしょう。

これを水で薄めることになるのですが、ローションはかなり冷たいため、お湯を使うようにしてください。

ローションとお湯の比率は基本的に「ローション:水=1:2」です。

まずはローションを洗面器などに入れておき、かき混ぜながらそこに少しずつお湯を足していきましょう。

目安としては「1:2」の割合ですが、粘度は好みでかまわないため、自分の好きな粘度になったらストップしてください。

大量に作って余ってしまった場合、ペットボトルなどで保存しておくと良いでしょう。

ただし衛生的な問題がありますので、1週間程度で使い切るようにしてください。

ベッドでのローションの使い方

ベッドでローションを使いたいという人も多いと思いますが、ベッドを汚してしまうこともあります。

そのようなことにならないために、ここからはベッドでのローションの使い方について紹介していきます。

バスタオルなどを敷く

ベッドでローションを使うときは、バスタオルなどを下に敷いておくと良いです。

大量に使うわけではないのであれば、バスタオルを敷くだけでベッドが汚れることを防ぐことができます。

また、ローションが手につく機会も多いため、ハンドタオルなども用意しておくと良いです。

防水ベッドシーツを使う

ベッドでローションを使いたいときは、シーツを防水ベッドシーツにしておくという対処法もあります。

防水シーツであれば、ある程度ローションがついても、内部に染み込みません。

もちろん一度濡れてしまえば洗う必要がありますが、ベッド自体を守ることはできるでしょう。

ちなみに物にもよりますが、防水シーツは脱水できないものがあるため、脱水の前に洗濯機から取り出し、手で絞ってから乾燥させるようにしましょう。

ローションを使う上での注意点

ローションを使う上での注意点

ローションを使う上では、様々な注意しておかなければならないこともあります。

これをしっかり守っておかないと、面倒なことになってしまう可能性があるため、どのような注意点があるのかしっかり理解しておきましょう。

排水溝に詰まることがある

ローションを使った後、排水溝に流す人も多いと思いますが、そうすると排水溝に詰まってしまうことがあります。

サラサラとした粘度の低いローションであれば、大量でない限りは排水溝に流しても問題ありません。

しかし粘度の高いねばねばとしたローションを排水溝に流すはNGです。

ティッシュで拭き取って燃えるゴミとして廃棄してください。

ローションの説明書に破棄する方法が記載されているため、基本的にはそれに従うようにしましょう。

古いローションは雑菌だらけ

ローションには消費期限がないため、気にしている人は少ないでしょう。

しかし古いローションは雑菌だらけです。

実際に古いローションを使用した人が性病にかかってしまったという報告もあります。

そのため、一度使ったローションは半年を目処に使い切るようにしましょう。

体に合わない可能性も

ローションを使った結果、アレルギー反応やかぶれが起きてしまったという人もいます。

人の体質は千差万別ですので、特定の人が特定のローションを使うと、肌に異変が起きることもあるのです。

そのため、ローションを使って異変を感じたのであれば、すぐに水で洗い流し、二度と使用しないようにしましょう。

そしてできれば病院に行って、しっかりと診断を受けたほうが良いです。

ローションを使っても痛みを感じる場合の対処法

ローションを使っても痛みを感じる場合の対処法

ローションを使ってセックスをしているにも関わらず、それでも痛みを感じてしまうという女性もいるでしょう。

そこでここからは、ローションを使っても痛みを感じてしまう場合は対処法を紹介していきます。

ローションの量を増やす

ローションを使っても痛みを感じる場合、一番簡単な対処法はローションの量を増やすというものです。

ローションの量を増やすほど、痛みは緩和されるため、まずはこの方法を試してみてください。

それでも痛みを感じるのであれば、他の対処法を試しましょう。

オナニーする回数を増やす

オナニーする回数を増やすというのも、痛みを感じる人の対処法です。

ローションを使っても痛みを感じるのであれば、膣内がまだ開発されていない可能性が高いです。

つまり、刺激されることに慣れていないため、痛みを感じてしまうのです。

女性はセックスを何度もして徐々に痛みを感じなくなり、気持ち良さを感じるようになっていきます。

しかしそれが待てない場合は、オナニーをすることで自分で開発することもできるため、痛くない範囲内で膣内を刺激するオナニーを行い、徐々に慣れていきましょう。

愛撫を長くしてもらう

彼氏に愛撫を長くしてもらうというのも、痛いときの対処法となります。

愛撫を長くしてもらえば、膣内に出る愛液の量も増えますし、体が興奮し挿入したときに感じやすくなります。

また、女性器を挿入前にたくさんイジってもらえれば、膣がほぐれ痛みを感じにくくなるものです。

男性の愛撫が短いことが原因で痛みを感じてしまう女性は少なくありません。

そのため、パートナーと相談し、愛撫を長くしてもらうようにしましょう。

セックスのときにローションを女性が準備していたら男性はどう思う?

セックスのときに痛みを感じるからローションを使いたいけど、女性がローションを事前に用意しておくのはどうなのだろうと思う人もいるでしょう。

やる気満々だと思われたり、はしたないと思われたりしないだろうかと心配になる人もいるはずです。

しかしそこはパートナーですから、事情を話せば理解してくれるでしょう。

それでも心配な人は、事前に彼氏に「痛みを感じやすいタイプだから、どうしたらいいかな?」と相談してみてください。

そうすれば彼氏が「ローションを使ってみる?」と話してくることが多いため、心おきなくローションを用意することができます。

最後に

ベッドで寝転がり笑う女性

ローションの使い方について解説してきましたが、ローションを使えばセックスもオナニーも、さらに気持ち良くできるものです。

しかしローションを使う上では様々な注意しておかなければいけないこともあります。

正しくローションを使えば、性欲をこれまで以上に満足させることができるようになるため、興味のある方は購入してみてください。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら