元カノがセフレになる10の心理とは?セフレ交渉のタイミングや方法・コツ

                                       
                                   

元カノがセフレになるのは、心の寂しさや性欲を埋めるためであることが多いです。

この記事では、元カノがセフレになる心理やセフレ交渉のタイミング、セフレにする方法などについて解説していきます。

元カノはセフレにしやすい相手ですので、セフレが欲しいのになかなかできない人は、そのための方法をしっかり学んでおきましょう。

元カノとセフレになる人は多い?

元カノとセフレになる人は多い?

「セフレが欲しい」と男性ならば一度は思ったことがあるでしょう。

元カノは一度はセックスしてる相手ですので、セフレにしやすい相手と言うことができます。

実際に多くの人が、元カノとセフレ関係にあるものです。

男女ともに20%程度の人は元カレ、元カノとセフレになったことがあると答えているほどです。

そのため、セフレが欲しいと思っている人は、これまで付き合った元カノをターゲットにすれば、案外簡単にセフレをゲットできるかもしれないのです。

元カノをセフレにするメリット

元カノをセフレにするメリット

実は元カノをセフレにすると、他のセフレでは得られない様々なメリットを得られます。

そこでここからは、元カノをセフレにするメリットについて解説していきます。

セフレにしやすい

元カノをセフレにするメリットとして、まず挙げられるのがセフレにしやすいということです。

ナンパした女性のような初対面の女性の場合、一度セックスすることはできても、セフレ関係を持続させることは難しいものです。

しかし元カノであれば相手の趣味嗜好がわかっていますし、一度はセックスをしている相手となるため、恋人関係を結ばない状態でのセックスに持ち込みやすいのです。

ただし、別れ方が嫌われてしまうようなものであったり、恨まれていたりすると、セフレにはなれません。

元カノであるが故にセフレにすることが難しいパターンもあるため、全員が全員、元カノをセフレにできるわけでもないのです。

お互いのことをよくわかっている

お互いのことをよくわかっているというのも、元カノをセフレにするメリットです。

お互いの考え方などはもちろん、セックスのときに責められたいポイントや気持ちいいところなども熟知しているでしょう。

互いにセックスの好みをわかっていれば、満足できるセックスができるものです。

初対面の相手の場合、セックスはできるところまでせっかく持ち込んだのに、実際にプレイしてみたら相性が悪いこともあります。

こうなると、一度きりの関係で終わってしまうため、元カノのほうがセフレにできる確率が高いのです。

手間がかからない

手間がかからないというのも、元カノをセフレにするメリットです。

普通にセフレを作ろうとする場合、ナンパして、口説き、なんとかセックスまで持ち込む必要があります。

アプローチした相手全員をセフレにできることはなく、成功率はかなり低くなるでしょう。

しかし元カノが相手であれば、元から関係性がある仲ですので、わざわざ口説く必要がありません。

もちろん、100%成功するわけではありませんが、手間をかけずにセフレ関係になることができるというのは、大きなメリットとなります。

元カノをセフレにするデメリット

元カノをセフレにするデメリット

元カノをセフレにする上では、いくつかのデメリットもあります。

これを理解しておかないと、セフレにしてから後悔する可能性もあるため、どのようなマイナス面があるのかしっかり理解しておきましょう。

新鮮味がない

元カノをセフレにするデメリットとして、まず挙げられるのが新鮮味がないということです。

新しく知り合った女性であれば、初めて抱く高揚感や興奮を味わうことができます。

しかし元カノは過去に何度も抱いてきた相手です。

好きという感情が薄くなっているのであれば、過去のセックスを下回る気持ち良さになってしまうでしょう。

そのため、セックスがただの作業のようになってしまうこともあり、より強く興奮したいという人が元カノをセフレにするのはオススメできません。

関係がすぐに終わりやすい

相手が元カノということは、あなたや元カノに好きという感情がない、もしくは薄らいでいる可能性が高いでしょう。

そのような感情で女性がセフレ関係を了承するのは、寂しさを埋めたり、性欲を満足させたりしたいからです。

しかし逆に言えば、それらを解消できる相手が見つかれば、セフレは必要なくなってしまいます。

そのため、元カノに新しい彼氏ができたタイミングでセフレ関係が終わることも多く、長続きしない可能性が高いのです。

ストーカー化するリスク

元カノがセフレ関係を了承する場合、あなたに対して未練がある可能性もあります。

男性としても、そのような未練を利用し、セフレ関係を結ぶこともあるものです。

しかしいざ関係を切ろうとしたとき、散々利用されたことを考えれば、女性があなたに対して恨みを持ってしまう可能性があります。

そうなってしまうと、ストーカーになってしまったり、復讐されてしまったりする可能性があるため、未練を利用したセフレ作りにはリスクもあるのです。

元カノがセフレになる10の心理

元カノがセフレになる10の心理

セフレ関係を了承する元カノは、どのような心理にあるのでしょうか。

これが理解できれば、どのような人であればセフレにできるのか、そしてどうやってセフレにすれば良いのかということが理解できるようになるでしょう。

セフレを作るために、相手の心理を理解しておくことが大切なこととなるため、どのような心理でセフレになるのか、さっそく解説していきます。

元カレに未練がある

元カノがセフレになる心理として、まず挙げられるのが元カレに未練があるというものです。

別れたものの元カレのことがまだ好きな場合、どのような関係でも良いから繋がっておきたいと考えます。

相手に気持ちがなかったとしても、好意があれば会えるだけで嬉しいものです。

そのため、セックスをするための道具にしたいという元カレの思惑に気付いていながらも、セフレ関係を維持しようとします。

寂しいのに相手がいないから

寂しいのにセックスをする相手がいないという理由で、元カレとセフレになる女性も多いです。

彼氏と別れて、ずっと一人で生活していると、強烈な寂しさを感じることがあります。

彼氏がいない期間が長くなればなるほど、寂しさを慢性的に感じるようになるでしょう。

しかし、彼氏ではなくても異性と一緒にいれば、心も落ち着きますし、愛情を疑似体験できるものです。

そのため、自分自身の心の穴を埋めるために、次の彼氏ができるまでの繋ぎとして、元カレとセフレ関係を結ぶ女性も多いのです。

体の相性が良い

体の相性が良いから、元カレとセフレになるという女性もいます。

どれだけ好きな相手であったとしても、セックスが気持ち良いかどうかというのは別問題です。

ペニスの大きさや膣の広さがしっかりマッチしているか、好み通りのプレイをしてくれるか、テクニックがあるかどうかということが、セックスの気持ち良さを大きく左右します。

そのため、今の彼氏のことが大好きであっても、性欲を満足させられない女性は案外多くいるのです。

そのような人は性欲を満足させるため、彼氏がいるにも関わらず、体の相性が良かった元カレとセフレ関係を結ぶことがあります。

好きではないが居心地が良い

元カレと一緒にいると、居心地が良いからセフレになるという女性もいます。

一度付き合っていた相手ならば、お互いのことを良く知っていますし、緊張せずに自由に振る舞うことができるものです。

また、恋人関係でなくなったことにより、「嫌われたくない」と思わなくなるため、元恋人という関係のほうが楽に付き合えるという場合もあります。

恋愛感情はなくなったのですが、友人としては別れた後のほうが絆が強くなるのです。

そのため、恋愛感情以外の部分で「一緒にいたい」と思うようになることもあるのですが、男女が一緒にいればなんとなくの流れでセックスすることもあるため、このようなプロセスを辿り、自然とセフレになっている場合もあります。

なんとなくセックスしてしまう

セフレという関係を意識せず、なんとなく元カレとセックスしてしまうという女性もいます。

セックスをそれほど重要な行為だと考えておらず、ただのスポーツだと考えている人の場合、元カレとセックスすることに抵抗感がありません。

そのため、求められればなんとなくセックスをするのです。

断れない

断れない

元カレの要求を断れずに、いつの間にかセフレになっているという女性もいます。

人からお願いされると、なかなか断れない人がいますが、これはまさにその典型と言えるでしょう。

このような女性は最初は難色を示しても、しつこく要求されると、セックスしたほうが楽だと考えます。

ただし望んでセックスをしているわけではないため、トラブルに発展することも多いです。

今カレとの関係がうまくいっていない

今カレとの関係がうまくいっていないことで、元カレとセックスをする女性もいます。

今の彼氏と喧嘩してしまったり、なかなか会えなかったりすると、もらえるはずの愛情をお預けにされた状態となるため、急激に愛情を欲するようになります。

そのため、一番手軽にセックスができる元カレと関係を持ってしまうのです。

また、今カレへのあてつけとして、元カレとセックスをする女性もいます。

今カレが家に乗り込んでくるなどのトラブルが起きることもあるため、このタイプの女性には注意しておきましょう。

気を使わないでセックスできる

気を使わないでセックスできるから、元カレとセフレ関係になるという女性もいます。

彼氏と一緒にいるとき、嫌われたくないという感情が働くため、「女性らしくいなければ」「しっかりメイクをしなければ」と女性は思ってしまいます。

その結果、自分が本当にしたいセックスができなかったり、思い切りあえぐことができなかったりするものです。

しかし元カレが相手であれば、好かれる必要なないため、自分の恥部をさらすことができます。

そのため、気を使わず楽な気持ちでセックスできるため、元カレとセックスをするのです。

忙しいから

仕事や趣味などで忙しいから、元カレとセフレになるという女性もいます。

仕事や趣味で恋人を作る時間が取れないと、恋愛すること自体が面倒臭くなってしまいます。

しかし性欲がなくなるわけではありません。

セフレであれば時間をかけることなく、性欲だけを解消できるため、このようにして元カレを便利に使っている女性もいるのです。

安心できるから

元カレと一緒にいると安心できるから、元カレとセフレになる女性もいます。

このタイプの女性は性欲を解消したいのではなく、一緒にいることで得られるリラックス効果を求めてセフレになっているのです。

一度別れたとはいえ、元カレは自分のことを知ってくれている存在となります。

女性側に愛情はなくても、男性が未練を感じていれば、愛情を感じることもできるでしょう。

セックスをすれば、心許せる相手と同じ時間を過ごせることになるため、精神衛生上のメリットがあるからこそ、愛情はなくてもセフレになるのです。

元カノをセフレにするタイミング

元カノをセフレにするタイミング

元カノをセフレにするためには、その提案をするタイミングが重要です。

タイミングさえ間違わなければ、元カノを案外簡単にセフレにすることもできます。

そこでここからは、どのタイミングであれば元カノをセフレにしやすいのかということについて解説していきます。

彼氏と別れたタイミング

元カノをセフレにするタイミングとして、オススメなのは彼氏と別れたタイミングです。

彼氏と別れた理由がどのようなものであっても、女性は愛してくれる人を失うことで、強い寂しさを感じます。

そのようなタイミングに元カレから声をかけられると、寂しさを解消するために、「一度はセックスしても良いかな」という気分になるのです。

一度のセックスで終わってしまうことも多いですが、それをキッカケに長くセフレ関係を続けられる場合もあるため、このタイミングを逃さないようにしましょう。

時間に余裕ができたとき

時間に余裕ができたときも、元カノをセフレにするタイミングとなります。

仕事が忙しくてプライベートな時間が取れないとき、女性は疲れ切っているためセックスに時間を使いたくありません。

しかし忙しさのピークを終えると、突然暇になってしまい、思い出したように性欲が湧き出てくることがあるのです。

このタイミングで元カノと接触すれば、相手のほうから体を求めてくることもあります。

バッタリ再会したとき

元カレと偶然再会したことをキッカケに、セフレ関係になるという人も多いです。

一度付き合い、別れたことを考えれば、その時点では恋人だった思い出に悪いイメージを持っています。

しかし別れて時間が経つと、当たり前にあった幸福を実感するため、徐々に付き合っていたときのことを、ポジティブな感情で思い出すようになるものです。

そのため、ひさしぶりの再会をすることで昔話に花が咲き、そのままの流れでセックスできることがあります。

彼氏に不満を感じたとき

元カノが今の彼氏に不満を感じたときも、セフレにしやすいタイミングです。

今の彼氏に対して不満を持つとき、多くの場合「前の彼氏はこんなことをしなかった」という思いを抱いています。

つまり、今の彼氏のおかげで、元カレの評価が上がっているのです。

また、過去付き合っていたとき、嫌な出来事があったとしても、それが思い出に変わったことでポジティブな感情を抱くようになります。

そのため、元カレが近付いてくると、一時的に心を許してしまうのです。

彼氏がいない期間が長いとき

彼氏がいない期間が長いときも、元カノをセフレにしやすいタイミングとなります。

彼氏がいない期間が長いと、女性は強い寂しさを感じるようになるものです。

また、性欲も解消できないため、どんどんセックスしたい欲が蓄積されていきます。

そのようなタイミングで元カレが近づいて来れば、セックスできるチャンスが到来するため、セフレ関係を結びやすいのです。

ラインのやり取りを再開したタイミング

別れてからまったく連絡を取っていなかったにも関わらず、突然ラインのやり取りが再開された場合、セフレにしやすいタイミングと言えます。

わざわざ元カノが連絡してくるのは、元カレ以外に頼る人物がいないからです。

寂しい気持ちを埋める相手がいないため、元カレであれば優しくしてくれるだろうと思い、連絡をしてきます。

そのため、このタイミングで優しくしたり、会ったりすることでセフレにすることができるのです。

元カノをセフレにする方法

元カノをセフレにできるタイミングは理解できても、実際にどうやってセフレ関係に持ち込めば良いのかわからないという人もいるでしょう。

そこでここからは、元カノをセフレにするための方法を解説していきます。

相手からの連絡を待つ

元カノをセフレにする方法として、まず有効なのが相手からの連絡を待ついうことです。

自分から元カノに連絡をした場合、あなたがセフレにしたいと思っていることを勘付かれてしまいます。

そうなってしまうと、相手が反感を持ってしまい、セフレにもしにくくなるのです。

寂しさや今カレに対する不満、ストレスなどがある女性は、必ず自分から連絡してくるものです。

逆に言えば、連絡がないということは、セフレにしにくい元カノと言うことができます。

元カノが寂しさを感じているタイミングがしっかりわかっているのであれば、こちらから連絡しても良いですが、そうではない限りは相手からの連絡を待ちましょう。

ほろ酔い状態で口説く

元カノとセフレになるためには、ほろ酔い状態にして口説くと成功しやすいです。

セフレという関係性を、基本的に女性は拒否します。

その言葉自体に嫌悪感を覚えるため、「セフレになろう」などと言えば、チャンスはなくなるでしょう。

しかしほろ酔い状態であれば、ノリで物事を判断したり、深く考えずに行動したりするようになります。

そのため、なんとなくセックスをして、気付けばセフレ関係が築き上げられていることがあるのです。

ただし記憶がなくなるほど酔わせてセックスをすれば、後から警察沙汰になってしまう可能性があるため、あくまで少しだけ酔わせて、本人に了承させてからセックスしましょう。

終電を逃させる

終電を逃させるというのも、セフレ関係を結ぶときに使わる技です。

一度別れており、恋人関係にない相手とセックスをするのは、女性からすれば正しくない行為です。

そのため、セックスしたい気持ちがあっても、建前で断られることもあります。

しかしそのようなとき、「終電がないから」という一つの言い訳があれば、自分自身を「仕方がない」と納得させることができるのです。

結果的にセックスをしやすくなり、その一回の関係をキッカケにセフレ関係になることができるため、何か言い訳をさせてあげることを意識しておきましょう。

元カノに奉仕する

元カノと一度だけセックスできても、その関係が持続しないということも多いです。

しかしせっかくであれば、セフレ関係を長く持続しておきたいでしょう。

そのために大切なことは、セックスのときにしっかり奉仕をするということです。

セフレ関係を女性が続けるのは、性欲を満足させられるからです。

そのため、セックス中に自分が気持ち良くなることばかりを優先して、元カノを気持ち良くさせてあげられなければ、セフレになる意味がありません。

特に最初のセックスはセフレ関係になれるかどうかを左右するセックスですので、相手を気持ち良くさせることを優先したプレイを行いましょう。

元カノをセフレにするときの注意点

元カノをセフレにするときの注意点

元カノをセフレにするときには、注意しておかなければならないことがたくさんあります。

これを守っておかないと、トラブルに巻き込まれてしまったり、セフレ関係がすぐ終わってしまったりするため、何に注意しておくべきかしっかり覚えておきましょう。

未練を利用しない

元カノをセフレにするときは、未練を利用しないようにしましょう。

元カノがあなたに対して未練を抱いている場合、軽く誘うだけで簡単にセフレにすることができます。

一番簡単にセフレにできる状況が揃っているのですが、未練を利用すると相手に恨まれる可能性も高いです。

いざセフレ関係を切ろうとするとき、ストーカー化してしまったり、嫌がらせ行為をされてしまったりする可能性もあります。

自分の身を守るためにも、セフレとはドライな関係でいなければならないため、注意しておきましょう。

セックスが変わるとすぐに関係が終わることも

恋人として付き合っているときは愛情があったため、男性は彼女にたくさん奉仕していたことでしょう。

しかしセフレとしてセックスした場合、愛情がないことで自分本位なセックスをしてしまう男性もいます。

元カノがセフレになっても良いと思うのは、付き合っていたときのセックスが気持ち良かったからです。

そのため、関係性と同時にセックスが変わり、女性が気持ち良くなれなかった場合、すぐにセフレ関係が終わってしまうことがあるのです。

ほどよい距離感を保つ

ほどよい距離感を保つということも、セフレになる上で大切なことです。

元カノに対してあまりにも愛情を与えてしまうと、愛情が再燃してしまい、また付き合いたいと思われてしまうかもしれません。

また逆に冷たくすると、肉体的には満足できても、精神的に満足できないためセフレ関係が終わってしまう可能性があります。

そのため、セックスをするとき対応や連絡の頻度は、つかず離れずの状態が良いのです。

ピロートークは最小限で終え、連絡の頻度は相手のペースに合わせましょう。

こうすることでセフレ関係を長く続けられるようになります。

今カノの存在は隠そう

元カノとセフレ関係になったとき、本命の彼女がいるのであれば、その存在は隠しましょう。

そのことをセフレに伝えてしまうと、気持ちの変化があったとき、その関係性を今カノにバラされてしまうかもしれません。

脅しの材料を与えることになってしまうため、できるだけ彼女のことは話さないようにしてください。

セフレが欲しい人にオススメのアプリ

元カノをセフレにしようとチャレンジしてみたけど、失敗してしまったという人もいるでしょう。

元カノに新しい大好きな彼氏がいれば、どんな対策を講じてもセフレにはなれないこともあります。

このような場合、元カノ以外からセフレを見つけなければなりません。

そこでここからは、セフレが欲しい人にオススメの出会い系アプリを紹介していきます。

どれも成功率の高いアプリとなっているため、気になったものを利用して、セフレを見つけてください。

ハッピーメール

ハッピーメールはこれまで2,000万人以上が利用している、日本最大級の出会い系アプリです。

20代の登録者が多いため、若い女性と出会いたい人にオススメのアプリとなります。

ハッピーメールは17年以上の運営実績があるため、安心安全に利用できるアプリです。

また、マッチング機能がないため、気になった女性にすぐメッセージを送れるというのもメリットの一つとなります。

●ハッピーメールがオススメな人

・20代の女性と出会いたい人
・たくさんの女性の中から相手を選びたい人
・すぐにメッセージのやり取りをしたい人

無料1200円分でハッピーメール【18禁】を試してみる

こちらもどうぞ!

PCMAX

PCMAXはこれまでに1,000万人以上が利用している、大人気の出会い系アプリです。

30代の登録者が多いため、年上が好きな人や人妻と出会いたいという人にオススメとなります。

カップリング会やオフ会なども開催されているため、PCMAXであれば直接会って相手を選ぶこともできます。

アクティブユーザーが多いことでも有名ですので、すぐに返信が欲しいという人にもオススメです。

●PCMAXがオススメな人

・30代の女性と出会いたい人
・人妻やセフレが欲しい人
・オフ会に参加したい人
・メッセージを送ったらすぐに返事が欲しい人

無料1000円分でPCMAX【18禁】を試す

こちらもどうぞ!

ワクワクメール

ワクワクメールはこれまでに750万人以上が利用している、大人気の出会い系アプリです。

20年以上の運営実績があり、アダルト目的の利用者が多いことで有名なアプリとなっています。

セフレやワンナイトラブ、パパ活、援助交際など様々な目的を持った女性がいるため、遊びたいという人にオススメです。

ただし、キャバ嬢などが営業で利用している場合もあるため、注意も必要なアプリとなります。

●ワクワクメールがオススメな人

・セフレやワンナイトラブの相手が欲しい人
・パパ活や援助交際の相手が欲しい人
・業者をしっかり見分けられる人

無料1,200円分でワクワクメール【18禁】を試してみる

こちらもどうぞ!

最後に

キスをするカップル

元カノがセフレになる心理などについて解説してきましたが、元カノの心理をしっかり理解しておけば、セフレにすることはそう難しくありません。

そのため、今現在元カノがどのような心理にあるのか、しっかりと確認を行いましょう。

そうすることで、セフレにできる確率を格段に上げることができます。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら