セックスでバックをする時のやり方!体位の種類やテクニック・注意点など

                                       
                                   

セックスでバックをするときは女性に痛みを感じさせないように注意しておかなければなりません。

バックは男性にも女性にも人気の体位ですので、多くの人がセックスをするときはバックでも挿入するでしょう。

しかしバックのやり方を間違えると、女性に痛みを与えさせたり、気持ち良くなれなかったりする可能性があります。

また、セックス未経験の人はどうやってやれば良いのかすらもわからないでしょう。

そこでこの記事では、バックのやり方や種類、テクニックなどについて解説していきます。

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

バックでのセックスは女性にも人気がある

バックでのセックスは女性にも人気がある

バックは様々な体位の中でも、かなり人気があります。

男性は腰を動かしやすいですし、女性は膣の奥までペニスが届くことで気持ち良くなれるからです。

そのため、セックスをする際にバックは欠かせない体位となります。

しかし人気がある体位ですので、もしもバックが下手だった場合、パートナーをがっかりさせてしまうことになるでしょう。

基本的な体位だからこそ、バックは奥が深い体位です。

ただ単に後ろから挿入してピストンすれば、上手いと思われるわけではないのです。

そのため、男性はバックのやり方やテクニックなどについて、しっかり学んでおく必要があります。

バックとは?

バックとは?

そもそもバックとは、女性が四つん這いになり、男性が女性の後ろからペニスを挿入する体位のことです。

日本語では後背位(こうはいい)と呼びます。

セックスの体位としては正常位の次にメジャーな体位となっており、認知度はかなり高いです。

ちなみにバック以外の体位としては、正常位や座位、騎乗位、立位などが存在します。

セックスでバックをするメリットとは

セックスでバックをするメリットとは

バックは誰もが知る有名な体位ですが、バックでセックスをするとどのようなメリットがあるのでしょうか。

多くの人に好まれているということは、何かしらのメリットがあるということです。

ここではバックの魅力やメリットについて解説していきます。

ピストンしやすい

バックの一番のメリットはピストンがしやすいということです。

バックを行うとき、男性はしっかり足で体を支えることができるため、腰を動かしやすく速くピストンすることができます。

他の体位でセックスをしていると、途中で疲れてしまうことがありますが、バックであれば消費する体力が少なくて済むのです。

ピストンが速ければ、ペニスに強い刺激が与えられることになり、男性は気持ち良くなれるでしょう。

つまり、楽に気持ち良くなれるというメリットがバックにはあるのです。

女性が感じやすい

バックは男性だけでなく、女性も感じやすいというメリットがあります。

バックの姿勢で挿入されると、正常位で挿入されたときよりも膣の奥にペニスが入り込みます。

膣の奥にはポルチオと呼ばれる性感帯が存在するため、ここを刺激されることで女性は気持ち良くなれるのです。

ただし膣の奥を刺激されることに慣れていない人の場合、痛みを感じてしまうこともあります。

そのため、女性ならば全員が全員、バックで気持ち良くなれるわけではありません。

しかしポルチオが開発されている人であれば、バックで挿入されることでイキやすくもなるため、人気の体位であることは間違いないでしょう。

顔を見られなくて済む

バックは女性の後ろから挿入するため、顔が向き合わない状態でセックスすることになります。

正常位の場合は顔が向き合うことになるため、変な顔をしないように注意しているという人も多いでしょう。

また、アイコンタクトや会話をして女性とコミュニケーションを取らなければなりません。

対面でのセックスは愛情を伝え合うことができますが、男性としては面倒な部分もあります。

しかしバックであれば顔を見られなくて済むため、セックスに集中することができ、これを大きなメリットと感じる男性も多いのです。

セックスでバックをする時のやり方

セックスでバックをする時のやり方

バックでセックスをするとき、本当に正しいやり方でやれているでしょうか。

女性からいつも痛がられてしまうという人は、正しいやり方ができていないのかもしれません。

そこでここからは、正しいバックのやり方を解説していきます。

これを参考にして、彼女とのバックを楽しみましょう。

正常位から始めてバックに体位を変える

バックでセックスをするときは、いきなりバックから始めないということが大切です。

バックのセックスは女性にとって刺激の強いセックスとなるため、膣が十分ほぐれていない状態で行うと痛みを感じてしまう場合があります。

そのため膣をほぐしたり、愛液で濡らしたりする意味でも、まずは正常位を行いましょう。

正常位を行い、ある程度ピストンを行ったら、いよいよバックを行うことになります。

位置を決めて膣口を確認する

バックを行うときには、まずペニスを入れる位置を確認するところから始めましょう。

正常位の体勢のときは膣口を目視することができますが、バックの体勢のときは目視しにくいです。

そのため、まずは指を入れてみて、どこに穴があるのか確認してください。

そして指を入れたときには、膣内がしっかり濡れているかどうかも確認しておきましょう。

膣口の位置は女性によって個人差があります。

そのため、慣れているからといって位置確認を怠らないようにしてください。

ゆっくり挿入していく

膣口の位置を確認したら、いよいよ挿入していきます。

バックの姿勢の場合、女性は強い刺激を感じることになるため、痛みを感じさせないためにもゆっくり挿入してあげましょう。

ペニスを少しずつ挿入していき、根本まで入ってもすぐには動かず、いったんその状態で停止してください。

これは女性の膣をペニスに慣れさせてあげるためです。

そしていきなり激しくは動かず、ゆっくり動きましょう。

女性が徐々に慣れてきたら、次のステップに行ってください。

お尻の筋肉を意識してピストンを速くする

女性がペニスに慣れて気持ち良くなってきたら、次はどんどんピストンを速くしていきます。

ただし、いきなり激しくは動かず、段階的に速くしていってください。

ピストンを速くするときは、お尻の筋肉を締めることを意識して動くと、速く動かせるようになります。

勢いをつければパンッパンッと音がしますが、あまりにも激しいと痛がる女性もいるため注意しておきましょう。

正常位のときは表情が見えるため、痛いことにもすぐ気付けますが、バックは女性の変化に気付きにくいです。

そのため、しっかり女性の様子を観察しておくということも大切なこととなります。

両手で女性の腰を引き寄せながらバックする

ピストンをするときは、両手で女性の腰を自分側に引き寄せながら行うとやりやすいです。

女性を前後させるようにしてバックをすることで、体力の消耗を減らすことができます。

ただし女性が膝を立てて寝ている場合、これをやられることで膝が痛くなってしまうことがあるため注意しておきましょう。

その後はそのまま射精しても良いですし、騎乗位や正常位のような別の体位を行っても良いです。

ただ、女性からすると顔が見えない状態で終わるのは寂しいため、射精するときはできるだけ正常位で行いましょう。

セックスにおけるバックの種類

セックスにおけるバックの種類

バックは体位の一つですが、その中にも様々な種類の体位が存在します。

バリエーション豊かな体位で攻めることにより、女性はもっと気持ち良くなれますし、あなた自身も興奮できるでしょう。

そこでここからはバックの中にある様々な体位について解説していきます。

四つん這いバック

四つん這いバックは女性が四つん這いになり、男性が膝で立った状態で挿入する一般的なバックの体位です。

このやり方が基本的な形となりますが、身長差があるカップルだとなかなか挿入できない場合もあるため、その場合は別のバックを行いましょう。

また、女性がベッドで四つん這いになり、男性はベッドの外で立ちながら行うバックという変化系の四つん這いバックもあります。

寝バック

寝バックは女性がベッドにうつ伏せになり、男性がその上から覆いかぶさるようにして挿入する体位のことです。

寝バックは女性の膣が締められる形となるため、男女ともにかなり気持ち良くなることができます。

ただし寝ている状態で挿入するのは案外難しいため、実践しにくい体位でもあります。

なかなかうまく行かないときは、四つん這いバックの状態で挿入し、そのままの状態で寝バックに移行してみましょう。

こうすることで簡単に寝バックを行うことができます。

立ちバック

立ちバックは男女ともに立った状態で行うバックのことです。

女性が壁や机の上に手をつき、腰を突き出すようにして、男性が後ろから挿入します。

男性は立った状態ですので力が入りやすく、ベッドの上で膝を立ててバックをするときよりも速くピストンすることができるでしょう。

ベッドだけでなく、リビングやお風呂場などでセックスすることもできるため、気軽にできる体位として人気です。

また、女性の片足を男性が持ち、その状態でバックを行う立ちバックも存在します。

抱き上げバック

抱き上げバックは女性が四つん這いバックの体勢となり、男性が女性の両足を持ち上げて行うバックのことです。

抱き上げバックをするとき、女性は手を立てるのではなく、上半身だけベッド上で寝るようにな体勢になると楽な姿勢になります。

かなり不安定な体勢となってしまいますが、不安定だからこそペニスが膣内で様々な方向に擦れ、気持ち良くなることができます。

ただし男女ともにかなりきつい体勢となるため、長時間行うのは難しいです。

エビ反りバック

エビ反りバックは四つん這いバックの状態から男性が女性の両手を掴み、女性をエビ反り状態にしながら行うバックのことです。

これを行うことで深くペニスを挿入することができるようになるため、男女ともに快感を得ることができます。

ただし女性はかなりきつい体勢になるため、無理のない範囲内で行うことが大切です。

腰を痛めてしまいやすい体位ですので、十分に注意してください。

ちなみに、エビ反りバックはロールスロイスとも呼ばれています。

これはエンブレムに形が似ていることが由来です。

横バック

横バックは男女が同じ方向に横を向いて寝て、その状態で後ろから挿入する体位です。

横バックは男女が楽な姿勢でセックスすることができますが、速くピストンするには不向きな体勢ですので、セックス中の小休止として行うと良いでしょう。

女性の胸なども攻めやすい体位ですので、イチャイチャしながらまったりセックスしたいときにおすすめです。

ただし横バックはペニスが抜けやすいため、慣れていないとなかなかうまくいきません。

激しくピストンをしようとするとすぐに抜けてしまうため、ゆっくりピストンすることを心がけておきましょう。

バックのセックステクニック・コツ

バックのセックステクニック・コツ

バックでセックスをするときには、他にも様々なテクニックがあります。

これを実践することでバックで彼女をイカせることができるようになるため、これらのテクニックをセックスするときに実践してみましょう。

両手で愛撫しよう

バックしているときは女性を両手で愛撫しましょう。

ピストンすることでもちろん気持ち良くなれるのですが、さらに胸やクリトリスを同時にイジることで、女性は中イキしやすくなります。

中イキすれば膣が収縮し、男性としても気持ち良くなれるものです。

ピストンしながらイジるのは難しいですが、片手だけであれば簡単にできるため試してみてください。

女性の足を閉じる

女性の足を閉じるというのも、バックをするときの一つのテクニックです。

女性はバックの体勢になったとき、足を広げてしまう場合があります。

しかしこの体勢だと膣も緩んでしまい、男女ともに気持ち良さが半減してしまうのです。

足をしっかりと閉じれば、膣がしっかりと締まり、ペニスで感じる刺激も強くなります。

ただしあまりにも刺激を強くし過ぎると、あなたは気持ち良くても女性が痛みを感じる場合があるため、痛みを防ぐために女性が足を開いているのであれば、無理はさせないでください。

ドM女性にはスパンキングがおすすめ

ドMの女性はスパンキングを行うことで、さらに気持ち良くさせることができます。

スパンキングとはSMプレイの一種で、お尻を叩くプレイです。

バックでピストンしながらお尻を叩くと、ドM女性は犯されている感じがして喜びます。

また、お尻に痛みが走ると一瞬、膣が締まります。

そのため、男性もスパンキングをすることで気持ち良くなることができるのです。

ただし普通のMでは、スパンキングで興奮することはないでしょう。

本物のドMでなければ喜ばないプレイですので、相手を選んで行ってください。

クッションで楽な姿勢を作ろう

身長差があるカップルなどの場合、バックをしようと思っても高さが合わず、思い通りにできないことも多いでしょう。

そのような場合はクッションを利用してください。

クッションを使って高さを調節すれば、楽な姿勢でセックスできるようになります。

また、女性が肘を立てた状態でバックしていると肘が痛くなってしまうため、そこにクッションを敷いてあげるしょう。

そうすることで長時間、バックでピストンできるようになります。

セックスでバックをする時の注意点

セックスでバックをする時の注意点

セックスでバックをするときには、守らなければいけない様々な注意点もあります。

これをしっかりと守ることで、さらに気持ちの良いバックができるようになるため、しっかり守るようにしてください。

間違ってアナルに挿入しないように

セックスの経験がない人がやってしまいがちなのが、バックのときに間違ってお尻の穴に挿入しようとすることです。

いきなりアナルに挿入されそうになれば、女性は一気に冷めてしまいます。

そのため、膣口の位置をしっかり確認してから、挿入を行うことを心がけておきましょう。

バックのときに位置がわからない場合は女性に聞いても良いです。

初体験であることがバレてしまうのは嫌かもしれませんが、間違うよりはマシでしょう。

最初に初体験であることを伝えておけば、女性は優しく誘導してくれるものです。

変なプライドで恥をかかないようにしましょう。

上付きと下付きで角度を変化させる

男性のペニスが人によって違うように、女性器も人によって違いがあります。

バックを行う際に重要になってくる違いといえば、上付きと下付きです。

これは膣の位置を示す言葉なのですが、上付きはクリトリス寄り、下付きはお尻寄りに膣があります。

下付きの女性の場合はバックで快感を得やすいのですが、逆に上付きの女性の場合は痛みを感じやすいです。

そのため、ゆっくり動かしたり、女性の様子をしっかり観察したりするという気遣いが大切になってきます。

また、上付きの女性は腰を高くすることで痛みを軽減できます。

上半身を起こさず、伏せてもらうと腰が高くなるため、痛みを感じる場合はこの体勢でバックを行ってみてください。

バックセックスを楽しもう!おすすめの出会い系アプリ

バックセックスのやり方がわかっても、そもそもセックスできる相手がいないという人もいるでしょう。

そのような人のために、彼女やセフレを作りやすいおすすめの出会い系アプリを紹介していきます。

ハッピーメール

ハッピーメール2,000万人が登録する、超人気出会い系アプリです。

20代の利用者が多いため、若い女性と出会いたいという人におすすめのアプリとなっています。

セフレ募集や一晩だけの関係を求めている人が掲示板に書き込みをしていることも多いため、目的に沿った使い方ができる出会い系アプリです。

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

こちらもどうぞ!

PCMAX

PCMAX

PCMAX1,000万人が登録する、男女ともに人気のアプリです。

他のアプリと比較すると登録者の年齢層が高いため、30~40代の人におすすめのアプリとなります。

年上女性が好きな人や、熟女と出会いたいという人はPCMAXを利用すると良いです。

PCMAXに登録して1000円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

こちらもどうぞ!

ワクワクメール

ワクワクメール750万人が登録する、老舗出会い系アプリです。

ワクワクメールの特徴はアダルト関連の書き込みが多いということでしょう。

セフレや割り切りなどを求める女性が多く登録しているため、とにかくセックスできる相手が欲しいという人におすすめのアプリです。

ワクワクメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!

こちらもどうぞ!

最後に

手を繋いで歩くカップル

バックについて解説してきましたが、バックは気持ち良い体位であると同時に、痛みを感じやすい体位でもあります。

だからこそ高いテクニックを持っていなければ、女性を気持ち良くさせることができないのです。

互いに気持ち良くなれるバックを行うことが大切ですので、女性の体を気遣いながら丁寧にピストンしてあげてください。

ハッピーメールに無料登録して1200円分の無料ポイントをゲット!(18禁)

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら