Gスポットの位置はどこ?Gスポットの開発方法やAG・Aスポットとは

                                       
                                   

Gスポットを開発してあげれば、さらに女性をイカしやすくなるものです。しかし自分の体のことではないため、どのように開発して良いのか、そもそもどの位置にGスポットがあるのかわからない男性も多いでしょう。そこでこの記事ではGスポットの位置や開発方法を紹介していきます。

Gスポットで女性をイカせたい

gspot

女性をイカせる一番簡単な攻める場所といえばクリトリスです。女性が一番感じやすく、また開発もしやすいポイントですので、ほとんどの男性はクリトリスで女性をイカせた経験があるでしょう。

しかし女性の性感帯はクリトリスだけではありません。Gスポットという感じやすく、さらに潮も吹かせやすい性感帯があるのです。

Gスポットを開発すれば女性はさらにセックスが気持ち良くなりますし、中イキもさせることができるようになります。ではいったいGスポットをどのようにして開発していけば良いのでしょうか。

Gスポットの位置はどこ?

Gスポットという言葉を聞いたことはあっても、実際に攻めたことはない男性もいるでしょう。そのような人の場合、Gスポットがどこにあるのかわからないものです。本当のGスポットの位置を勘違いしている男性も多いため、今一度Gスポットがどこにあるのかしっかり確認しておきましょう。

膣口から4~5cmの膣内上部

Gスポットは膣口から4~5cmの膣内上部に存在します。指を第二関節程度まで入れて上部を触ると、ざらざらとした感触がある部分があるはずです。それこそがGスポットですので、しっかり覚えておきましょう。

男性からするとGスポットの感覚はざらざらとした感触でしか感じることができません。しかし女性からすると、Gスポットを触られたときの感覚はまったく違います。そのため、Gスポットの位置をしっかり確認したいのであれば、女性に「ここが気持ち良い?」などと聞きながら、確認すると良いです。

Gスポットの位置には個人差がある

Gスポットの位置は基本的に誰しもが同じような場所にあります。しかし女性によって多少のバラつきはあるものです。そのため、Gスポットの位置を見誤ってしまわないように注意しておきましょう。

Gスポットは膣内上部の真ん中にあるものですが、それが左右にズレていることもあります。さらに人によっては手前側にあったり、奥のほうにあったりすることもあるものです。そのため、初めてセックスをする女性が相手の場合、必ず最初にGスポットを指で確認し、その位置をしっかり記憶しておきましょう。

開発されていない女性は痛がることもある

Gスポットは性感帯ですので、触られると女性は気持ち良くなることができます。しかし触られることに慣れていない女性の場合、痛みを感じてしまうこともあるものです。

Gスポットで快感を得るためにはしっかりと開発を行わなければなりません。つまり、誰でもGスポットを触れば気持ち良くなるわけではないということです。注意しておきましょう。

Gスポットを開発する方法

Gスポットは開発されていないと気持ち良さを感じることができません。しかししっかり開発すれば挿入しているときにも気持ち良くなることができ、中イキさせることもできるようになります。では男性がセックス中にGスポットを開発してあげるためには、何をすれば良いのでしょうか。

前戯で濡れさせる

Gスポットは女性が気持ち良くなっているときに触ってあげることが大切です。いきなりGスポットを触っても女性は気持ち良くなれないため、Gスポットを開発するための準備として、まずは前戯をしっかり行って、気持ち良くさせることが大切なこととなります。

キスや胸揉み、クンニというような前戯がありますが、Gスポットを攻める前にまずはこれらをしっかり行ってください。できれば15分以上は行ったほうが良いです。

これから開発していくということは、Gスポットを刺激されることに慣れていない女性が相手ですので、じっくり時間をかけてしっかり膣をほぐしていきましょう。そうしないと女性が痛みを感じてしまい、Gスポットを攻められることへの拒否感情を抱いてしまいます。

指の腹で圧迫する

Gスポットの位置を確認したら、実際に攻めていきましょう。Gスポットを攻めるときは、こするのではなく、押すようにして刺激を与えていってください。

刺激に慣れていない相手ですので、しっかりと表情を見ながら弱い力で圧迫していきましょう。相手が痛がるような素振りを見せたら、もっと力を弱めてください。無理そうならその日は中止しても良いでしょう。

このようにしてGスポットに刺激を与えていくことで、徐々に女性は快感を感じることができるようになります。

一回で開発は終わらない

Gスポットの開発は一回のセックスで終わることはありません。女性がオナニーで普段からGスポットを刺激しているのならばまだしも、初めてGスポットをイジられる場合、気持ち良くなるまでには時間がかかるのです。

そのため、男性は根気強く、そして諦めずにGスポットを開発していくようにしましょう。時間をかけ、少しずつ圧迫する力を強くしていくことで、そのうち女性は気持ち良くなることができます。

お風呂場で開発するのがおすすめ

Gスポットを刺激されると女性は気持ち良くなっていきますが、おしっこが出そうになるときがあります。そのため、おしっこが出ないように我慢することがあるのですが、この感覚こそがイク直前の感覚です。

このようにして女性が無意識のうちに我慢してしまうと、Gスポットでイク感覚を身につけることができません。そのため、ある程度開発できたら、お風呂場で手マンしてみてください。

お風呂場であればおしっこが出ても問題ないため、イクのを無意識に止めてしまうことを防ぐことができます。実際におしっこや潮が出てしまうこともあるため、ベッドを汚さないためにもお風呂場で開発の仕上げを行ったほうが良いです。

Gスポットを手マンする時の注意点

gspot

Gスポットを手マンするときには様々な注意点があります。これを守らないと、女性に強い痛みを与えてしまうことになるため、しっかり覚えておきましょう。

激しくこすらない

Gスポットを刺激するときは激しくこすらないということが大切です。AVなどを見ていると、Gスポットを手マンして潮を吹かせるとき、激しくこすっているように見えます。

しかしあれはAVの演出です。実際に強い力でGスポットをこすってしまえば、慣れている女性でも痛みを感じてしまいます。そのため、Gスポットはこすらず、優しく圧迫するということを心がけておきましょう。

爪を切っておくこと

Gスポットを手マンするときは爪を切っておくということも大切なことです。爪が長い状態だと、膣内をひっかいてしまうことがあります。

これをやられると女性はとんでもない激痛を感じてしまうものです。男性のペニスをひっかかれる痛みと同等の痛みですので、必ずセックスをするときは爪を切るようにしてください。これは衛生面で考えても大切なことです。

Gスポット以外の性感帯!AG・Aスポット

gspot

Gスポットに似たような言葉の性感帯で、AGスポットやAスポットというものがあります。これらのスポットも開発していくことにより、女性は挿入中にイキやすくなるものです。では、これらのスポットはどの位置に存在し、どのようにして開発していけば良いのでしょうか。

AGスポットとは

AGスポットはアダムGスポットとも呼ばれる、Gスポットよりも1~2cmほど奥にある性感帯です。指で触ると突起物があるため、それを目印にして場所を探すと良いでしょう。

開発の仕方は基本的にGスポットと同じです。こするのではなく、圧迫する形で攻めていきましょう。ローターなどのおもちゃで振動を与えてあげても気持ち良くなれるため、実践してみてください。

Aスポットとは

Aスポットとは膣内の突き当たりにあるポルチオの手前上部にある性感帯です。指で挿入しても触ることはできないため、場所を探す必要はないでしょう。その位置を意識しておけば攻めることはできます。

Aスポットを開発するためにはペニスで挿入するか、バイブを挿入するしか方法はありません。ペニスで開発する際はピストンするのではなく、グラインドを行ってください。回転させたり、上下左右にペニスを動かしたりするのです。

バイブの場合もピストンは行わず振動を与えてあげるようにしてください。これを繰り返すことで、Aスポットを開発することができます。

最後に

Gスポットを開発すれば、女性はこれまで以上にセックスで快感を得られるようになります。自分の彼女が自分の手によってエロくなっていけば、男性としてこれほど嬉しいことはないでしょう。セックスをこれまで以上に楽しむためにも、彼女のGスポットを開発してあげてください。



The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら