寝バックは男女が気持ち良くなれる最強の体位!やり方や気持ち良い理由とは

                                       
                                   

寝バックは奥までペニスを挿入でき、膣の締まりも良いため男女ともに気持ち良くなることができる体位です。

しかしなかには寝バックでセックスをしたことがないという人もいるでしょう。

そこでこの記事では、寝バックのやり方や気持ち良い理由について解説していきます。

これを参考にして、寝バックで彼女を中イキさせましょう。

寝バックとは?

寝バックとは?

寝バックとは、女性がうつ伏せになり、男性が後ろから挿入する体位のことです。

普通のバックとは違い、女性が完全に寝ているため、寝バックと呼ばれます。

AVなどでも時折行われる体位ですので、見たことがあるという人も多いでしょう。

しかし正常位や騎乗位ほど有名な体位ではないため、やったことはないという人もいるのではないでしょうか。

寝バックは男女ともに気持ち良くなれる体位であり、中イキさせやすい体位とも言われています。

そのため、寝バックをセックスに取り入れることにより、さらに気持ち良いセックスをすることができるのです。

寝バックのメリット

寝バックのメリット

寝バック以外の体位でセックスをしても気持ち良くなれるため、特に必要性を感じないという人もいるでしょう。

しかし寝バックには他の体位にはない、様々なメリットが存在します。

これを知れば寝バックの魅力を理解できるため、どのようなメリットがあるのかさっそく紹介していきましょう。

中イキさせやすい

寝バックのメリットとしてまず挙げられるのが、中イキさせやすいということです。

女性がクリトリスでオーガズムを感じるときは外イキと呼ばれます。

これは多くの女性が感じたことのあるオーガズムです。

それに対して、Gスポットやポルチオなどの膣内への刺激によって感じるオーガズムは中イキと呼ばれます。

これを体感したことがある女性は少ないですが、実は外イキよりも中イキのほうが強い快感を得られます。

寝バックはペニスが奥まで挿入されるため、ポルチオを刺激しやすい体位です。

そのため中イキさせやすく、いつも以上に感じている女性を見て、男性も興奮することができます。

締まりが良くて気持ち良い

寝バックには締まりが良いというメリットもあります。

寝バックの体勢になると膣が締まるため、他の体位で挿入しているときよりもペニスに強い圧力がかかります。

そのため、他の体位よりも気持ち良くなれるのです。

締まりが良ければ女性もいつもより強い刺激を感じることができます。

男女ともに気持ち良くなることができるため、寝バックはおすすめなのです。

寝たままでできるから楽

寝バックのメリットとしては、寝たままでできるから楽というメリットもあります。

寝バックはそれほど速くピストンできる体位ではないため、女性の上に寝ながら腰を小刻みに動かすことになります。

正常位やバックと比較すると体力を使わないため、セックス中の小休止として寝バックは使えるのです。

寝バックで射精するのは難しいですが、寝バックを取り入れることでセックスに幅が出るため、これまでとは違う気持ち良さを感じることができるでしょう。

早漏の人は早イキを防止するためにも使うことができます。

寝バックのやり方

寝バックのやり方

寝バックのやり方がいまいちわからないという人もいるでしょう。

寝バックのやり方自体は簡単ですが、コツを掴まないと寝バックでしっかり気持ち良くなることはできません。

そこでここからは寝バックの正しいやり方を紹介していきます。

うつ伏せで足を開かせまたがる

寝バックをやるときは、まず女性がベッドの上でうつ伏せになるところから始めます。

このとき、足を閉じていると膣穴が見えず挿入しにくいため、女性の足を開いてください。

そして体を起こした状態で膣の位置を確認し、ペニスをゆっくり挿入していきましょう。

挿入したら、男性が女性の太もも辺りにまたがっているような状態となります。

高さの関係で挿入しにくい場合は、女性の腰の下にクッションやタオルを置いて高さを調整すると良いです。

挿入しながら女性の足を挟み込む

ペニスを挿入したらすぐには動かないようにしましょう。

寝バックは膣の奥にまで挿入され、刺激も強い体位ですので、すぐに動かすと女性が痛みを感じてしまう場合があります。

そのため、女性の様子を確認しながら、ゆっくりピストンを始めましょう。

そしてピストンを速くしても問題ない程度まで慣れてきたら、自分の足で女性の足を挟み込み、閉じてください。

こうすることでさらに膣圧が上がり、気持ち良くなることができます。

なかなか挿入できないときはバックから移行しよう

寝バックの難しいポイントといえば、挿入するときです。

膣口が見えず、挿入に手間取ってしまうことがあります。

そのようなときはバックから寝バックに移行してみましょう。

女性を四つん這いにさせて挿入し、そのままペニスを入れながら女性にうつ伏せになってもらうのです。

また、互いに横向きになって、女性の後ろから挿入する側位の状態から寝バックに移行しても良いです。

こうすることでスムーズに寝バックを行うことができるため、なかなかうまく行かない人は試してみてください。

寝バックの種類

寝バックの種類

寝バックは一つのやり方だけではなく、他にも様々なやり方があります。

様々な方法で寝バックをすることで、飽きずに寝バックを楽しむことができるため、どのようなパターンがあるのかさっそく紹介していきましょう。

密着寝バック

密着寝バックは、男性が女性の背中の上に覆いかぶさるようにしながら行う寝バックです。

寝バックといえばこのスタイルが思い浮かぶ人が多いでしょう。

体を密着させているため、互いの体温を感じることができ、女性は好きな人が多いです。

また、覆いかぶさっていることで強引にプレイしている感じが出るため、女性のM心を満たしてあげることもできます。

男性もS心を満足させることができるため、攻めるのが好きな人はこのやり方で寝バックを行うと良いでしょう。

上体起こし寝バック

上体起こし寝バックは、うつ伏せになった女性の背後で、男性が腕を立てて上半身だけを起こして挿入する寝バックのことです。

この寝バックは密着寝バックよりもペニスが浅くなってしまうため、気持ち良さという面でのメリットはあまりありません。

しかし、まだ射精したくないのにイキそうになってしまった場合、上体起こし寝バックをすることで射精を我慢することができます。

また、女性が膣の奥に挿入されると痛がってしまう場合も便利に使えるでしょう。

ペニスは奥に挿入すれば良いというわけではないため、上体起こし寝バックでうまく調整しながらセックスを楽しんでください。

腰浮かせ寝バック

腰浮かせ寝バックは、女性の腰を少しだけ浮かせて行う寝バックのことです。

女性に腰を突き出すようにしてもらい、男性は寝バックの体勢で挿入することになります。

腰浮かせ寝バックの良いところは腰を少し浮かせることにより、ペニスがさらに奥まで挿入できるということです。

女性が角度を調整できるため、女性が一番気持ち良い角度で寝バックを行うこともできます。

ただし腰に負担がかかるため、長時間行うのはやめておきましょう。

女性の負担を軽減させるために、男性が腰を持ってあげても良いです。

寝バックをより楽しむコツ

男性はもちろん、女性にとっても気持ち良さと愛情を感じることができる寝バック。

ここまで、いろいろな寝バックのテクニックをお伝えしてきましたが、ここからは寝バックを楽しむ方法をお伝えします。ワンランク上の寝バックを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

・寝起きに楽しむ

寝起きの寝ぼけた状況でのセックスは格別です。

とくに女性の中には眠い夜中よりも、しっかりと睡眠を取った朝の方が性欲が高まる方がいます。

寝起きにいちゃいちゃした後、ゆっくりと女性に覆い被さるように寝バックを楽しみましょう。

まどろみの時間という感じで、幸せな気分でセックスを楽しむことができるでしょう。

・フローリングで楽しむ

寝バックを行う場合、基本的にはベッドです。ある程度広いスペースがないと、寝バックがうまくいきません。

そうなるとソファや椅子などは厳しくなるため、思い切ってフローリングの上で寝バックをしてみてはいかがでしょうか。

フローリングのひんやりした雰囲気や固さが、野性的な印象を醸し出し興奮度が高まります。

また、ベッドまで我慢できなかった…というような感じで二人が求め合っている気持ちも高まることから、より幸せな寝バックが叶うはずです。

ただ、あまり長時間挿入していると女性が痛くなるので注意しながら楽しみましょう。

・着衣で楽しむ

寝バックに限らず、多くの方がセックスを裸同士で行います。

しかし、寝バックを楽しむのであれば着衣という方法もおすすめです。

スカートをまくり上げた状態で、パンティをズラしてペニスを挿入。

服を着用したままでセックスをする着衣セックスなわけですが、寝バックはどうしてもセックスしたかった…という雰囲気になり興奮間違いなしです。

いちゃいちゃしながら、何となくで挿入することができますし、「あ、入ってる…」という感じのナチュラルな挿入も可能です。

着衣セックスが恥ずかしいという方も、寝バックから始めてみると抵抗がなくなるのではないでしょうか。

・スクール水着で楽しむ

着衣での寝バックの一種ですが、思い切ってスクール水着を着用する変態的な寝バックにも挑戦してみましょう。

スクール水着といったフェチ要素の高い衣類を着用したまま、陰部にペニスを擦り付け。そして、陰部に食い込んでいる水着をズラしながら寝バックでペニスを挿入していきましょう。

変態的なことをしていながらも、寝バックの幸せな時を過ごせるため女性にとっては不思議な快楽を得られることでしょう。

より、破廉恥な楽しさを求めるのであれば水泳帽をかぶってもらってもいいかもしれません。

・衣類に穴をあけて楽しむ

寝バックを着衣でする場合、基本的にはスカートがおすすめです。

まくりあげたらすぐに挿入できる状態ですし、女性も窮屈感なく寝バックを楽しむことができます。

とはいえ、より変態的なプレイで盛り上がりたいという方もいるでしょう。

そんな方は、パンツに穴をあけて寝バックを楽しむという方法をおすすめします。

例えば、もう使わないデニムパンツやスラックス、100円などで売られているパンツなどを着用してもらいます。

うつぶせになった時にペニスと陰部に入る程度の穴をハサミで開け、そこから挿入するのです。

女性は服を着用したままの感覚であるのに、なぜか陰部にはペニスが入った状態です。

男性にとっても脱がせていないのにセックスができている、という感覚が楽しめるので盛り上がります。

ただし、必ず使わないパンツなどを利用するようにしましょう。

・ユニークなバックプリントTで楽しむ

物理的に変態的な着衣寝バックをするのではなく、心理的に興奮したいという方もいるでしょう。

そういった方はユニークなバックプリントが記載されているTシャツで、寝バックをしてみてはいかがでしょうか。

例えば絵のプリントだったらエロティックすぎてとても外で着ていけない柄だったり、女性の裸体だったり、大好きなアニメキャラがプリントされているのも面白いでしょう。

ある意味でオナニーを本物の女性に挿入しながら楽しんでいる…という感覚です。また、文字もアリかもしれません。

「私はドスケベです」とか「ファックミー」、「いっぱい突いて」など、卑猥な淫語が記載されているTシャツを着用してもらうと寝バックがより楽しめます。

やはり男性は目からの性的刺激に弱いため、いろいろ想像がかき立てられる方法を試すべきでしょう。

ちなみに、バックプリントでなくても、裏返しに着用してもえばよいだけなので安心してください。

・カーセックスで楽しむ

寝バックは互いに幸せを感じながらできるセックスですが、少し物足りずマンネリ化してしまう…という方もいるでしょう。

とはいえあまり激しくアブノーマルなセックスを求めているわけではない、という方の場合はどのように対処していけばよいのでしょうか。

おすすめは、カーセックスです。

誰もいない山奥だったり物陰だったり、見つからないことを前提に車内でセックスをしてみましょう。とはいえ愛も感じたいという方もいると思うので、寝バックをするのです。

フルフラットになる車種であれば、女性がうつ伏せになることができるはずです。男性にとって少し狭いかもしれませんが、その狭さもマンネリ打破に役立つことでしょう。

ただし、外から絶対に覗かれない対策は必要です。わいせつ罪で捕まることもあるので、注意深く寝バックにチャレンジしてください。

・こたつで楽しむ

少し変わり種の寝バックをしたいという方であれば、こたつを利用するのもありでしょう。

こたつで互いに向き合っているときに、足で股間を刺激。そして、二人で同じ向きに寝転びながらいちゃつき、寝バックを開始します。頭はひんやりしているものの、こたつの中は熱々。

ペニスが抜き差しされている状況ながら、外からみればのんびりこたつの中にいるような雰囲気も興奮度を高めます。

こたつは他の体位がしにくい分、寝バックはしやすいのでチャレンジしてみましょう。

・ヨガをしながら楽しむ

軟体の女性と寝バックを楽しむのであれば、ヨガをしながらの寝バックがおすすめです。

ヨガウェアは体のラインがしっかりと出てしまうほか、体を柔らかくするような動きをするためエロティックです。

ヨガウェアのポーズの中でうつ伏せになるものも多く、その時に男性が股間部分に穴をあけたりして寝バックをしてみましょう。

ヨガスクールでレッスン中にそのまま挿入…といったAVのような気持ちを味わえますし、女性側もヨガの途中から挿入されるシチュエーションに興奮するはずです。

いつもと違う気分でセックスができるため、寝バックの後でも激しいセックスができることでしょう。

・テーブルの上で楽しむ

フローリングで寝バックをし続けた結果、少し物足りなくなった…という方もいるでしょう。

より野性的に寝バックを楽しみたいという欲求がある方であれば、テーブルの上で思い切って寝バックをしてみましょう。

もちろん、体がはみ出さずにうつ伏せになれること、丈夫なことが条件です。会議室にあるような縦長テーブルを用意し、女性をうつ伏せにさせて覆い被さるようにペニスを挿入。

テーブルがギシギシいっている音や、どこでもセックスをしたいという欲望を満たしているような野性的な気分。

これらが組み合わさり、興奮する寝バックを楽しむことができるでしょう。ただし、落ちると大けがに繋がりかねません。

安全面を徹底しながら寝バックを楽しむようにしてください。

・どちらかの実家で楽しむ

物理的に気持いいというのであれば、そこまで寝バックをする場所にこだわらなくていいでしょう。

しかし、セックスは心理的な要素がかなり重要になってくるため、より気持いい寝バックをする場合は場所を選ぶようにしてください。

ひとまず人間心理として、「こんな場所でセックスをしている」という背徳感が気分を盛り上げます。

もし、互いに付き合ったばかりのカップルであれば、どちらかの実家に行ってこっそり寝バックを楽しむという方法がおすすめです。

両親や兄弟がいない時間を狙い、前述してきたようないろいろば場所でセックスをします。

こたつなどがあれば、寝バックをしても興奮するはずです。

普段、家族が団らんしている場所でセックスをしている。

これ以上の興奮はないでしょう。もちろん、見つかったら大変なことになります。何度かロケハンをするなどして、細心の注意を払ってから寝バックを実家で楽しみましょう。

・ソフトSMで楽しむ

少しハード目にセックスをしたい方であれば、ソフトSMプレイで寝バックをしてみてもいいでしょう。

軽く女性側を縛ったり自分が縛られたり。

目隠しをしながらいちゃいちゃし、そのまま流れで寝バックをしてもいいかもしれません。

SMに抵抗がある女性であっても、寝バックであれば安心しながらのセックスなので取り入れやすいかもしれません。

半分、遊びながら互いに興奮度を高める程度のSM度合いで寝バックをするようにしてみてください。

・ヒップアップトレーニングをしてもらう

寝バックを楽しむ方法は、シチュエーションやプレイだけではありません。

そもそも、寝バックに適したスタイルになってもらう…というのも寝バックをより興奮させるポイントになります。

例えば、女性にヒップアップトレーニングをしてもらうなどです。

普通のバックとは違い寝バックは、尻を見るようなスタイルではありませんが、ぷっくりした尻の感触があればより男性も気持ちよくなるはずです。

さらに、“美味しそうなお尻”と想像するだけでも興奮するものです。ヒップアップをすることで、よりバック系のセックスが楽しめるので努力してもらいましょう。

・男性が好きなヘアスタイルに整える

人それぞれ好きなヘアスタイルがあるでしょう。とくに男性は女性の髪型に性癖を持っている方も多く、それだけでセックスの気持ちよさが左右されることもあります。

例えばロングヘアが好きでポニーテールに興奮する方、うなじが見えるほどにショートカットが好きな方、パーマスタイルが好きな方…。

とくに寝バックは女性の後頭部に男性が覆い被さるようなスタイルでもあります。

自分が好きな髪型にしてもらい、寝バックをすることで心理的にも満足する寝バックを楽しむことができるでしょう。

寝バックは信頼感を得ることで気持ちよくなる!

寝バックをより楽しむ方法をいくつか紹介してきました。

アブノーマルだったり変態的なプレイもありましたが、大切なのは信頼です。セックスをする際、互いに信頼していることが最高の快楽に繋がります。

まだ、信頼されていない状況でこのようなアレンジセックスをするのではなく、互いに信頼関係が築けた上でこれらプレイを楽しんでみてください。

寝バックが好きな女性の特徴

寝バックをとことん楽しむテクニックなどについてお伝えしてきました。

これらを上手に取り入れることで、最高の寝バックプレイを楽しむことができるでしょう。

しかし男性側がどんなにテクニックを磨いても、“そもそも寝バックが好きではない女性”とのセックスでは本領発揮といきません。

やはり寝バックを楽しむには、“寝バックが好きな女性”。こういった人とセックスをすべきです。

ここでは、寝バックが好きな女性の特徴について考えていきたいと思います。

・M体質

寝バックのスタイルを客観的に見てみると、うつ伏せに寝転んだ女性に男性が多いかぶさっているかたちとなっています。

一般的なバックや立ちバックも男性優位の体位ですが、ペニスを抜いて逃げ出すことは可能です。

しかし、寝バックとなると男性が完全に女性に覆い被さってしまっていることから、女性は簡単に逃げることはできないでしょう。つまり、女性側は男性側に完全に支配されているわけです。

こういったスタイルを考えると、ドSの方よりもドMの女性の方が寝バックを好意的に受け取ると考えられます。

SかMかと女性に質問した時、“ドMなんです”と答えるような女性は寝バックが大好きな可能性があるので狙い目です。

・のんびりした性格

のんびりした性格の女性は、よくいえばおおらかな性格といえます。

例えばキチキチっとした、細かなところまでいろいろと気になってしまうような女性。

SかMかでいえば、Sということができるでしょう。

「なんで10時と約束したのに10分遅れてしまうのか?意識が低いのか?」とか「いつもここに置いておいてっていったのに、なんで別の場所に置いておくのか?」など、自分の中で決めているポイントとずれた行動をされるとイライラしてしまう女性は少なくありません。

そういった女性をメスにする楽しさもありますが、やはり自分で動いたりリードしたい気持ちの女性が多い印象です。

のんびりした女性というのは、男性のいうことをよく聞きますし、逆に自分もおっとりしているのでイライラすることも少ない傾向にあります。

寝バックは数ある体位の中でもユルい体位のひとつであり、激しく突くというより“まったり”な雰囲気のセックスなので好まれます。

マイペースでのんびりしている女性がいたら、寝バックが楽しめる可能性があるのではないでしょうか。

・長時間のセックスを好む

女性の中には、できるだけ長い時間をかけてゆっくりとセックスしたいという方がいます。

男性の中にはセックスは早いより長い方が良いと考える方も多いかもしれませんが、女性の中には前戯は長く本番は短時間を好む方もいるようです。

仮に長時間のセックスを好む女性の場合、ゆったり長い時間をかけてペニスをストロークさせる寝バックを好む傾向にあるでしょう。

寝バックはのんびりゆったりと行う体位というイメージがあり、挿入から数分で発射してしまうようなスピードセックスには向きません。

セックスを時間をかけてゆっくりと楽しみたいという女性がいた場合、寝バックが向いているかもしれません。

・愛されたい願望が強い

M気質の部分でもお伝えしましたが、寝バックは男性が女性に覆い被さる体位です。

これを男性本位と取るか“男性に包み込まれているか”と取るかで、そのニュアンスはだいぶ変わってきます。

寝バックは男性より女性からの人気が高い体位ですが、その理由がずばり“愛されている感じがするから”というものが少なくありません。

女性自身、身動きも取れずに男性の顔も見えずただうつ伏せになっているだけ。

完全に無防備な状態であるといえます。

本気で愛している男性だからこそ見せる姿であり、この包み込まれている感じにたまらなく愛情を感じるのです。

そのため、恋愛をする上でも“私のことをもっと愛してほしい”という愛に植えている女性は寝バックが好きな可能性があります。

“あの子は愛を求めているかもしれない…”と思ったらぜひ寝バックで満足させてあげましょう。

・寂しがりや

愛されたい願望に近しい部分もありますが、愛されたい=寂しがりやということもできるでしょう。

常に愛に植えている方の場合、愛が足りないとなると手当たり次第自分を愛してくれる人を探します。

とくに不倫に溺れやすい方の場合、一人でいることが辛いとか、男性に愛されていることで自分自身を確認することができる…という人も少なくありません。

寝バックはやはり愛を強く感じる体位ですし、仮に行きずりの恋や不倫、浮気相手だったとしてもこの時ばかりは寂しさを軽減させることができます。

愛に飢え、さらに常に寂しいという言葉が口癖の女性は寝バックが好きな可能性が高いといえるでしょう。

・恋愛体質

好きな人がいても自分が気に入った人がいたら恋をしてしまう。世の中にはすぐに人のことを好きになる恋愛体質な女性がいます。

これも前述した特徴に通じますが、恋愛体質の女性は常に自分が夢中になれる相手を探しているわけです。

ただ、注意すべきがドS体質の恋愛体質の女性もいる…という部分です。

好きになったらとことん攻めるというタイプの女性の場合、自分の性欲を満たしたいという可能性があり寝バックは好まないかもしれません。

例えば、優しくされたらすぐ惚れるとか、好きになったら相手はもっと愛してほしい…など、こういったM気質な女性の方が寝バックには向いている傾向です。

優しくされただけで好きになってしまう恋愛体質の女性であれば、寝バックプレイを頼んでも安易に受け入れてくれるのではないでしょうか。

・体にコンプレックスを持っている

男性は視覚から興奮を得るため、女性の裸体を見るだけでペニスが反応してしまいます。

しかし女性の中には自分の体に自信がなく、できれば真っ暗な状況でセックスをしたいと思う人も少なくありません。

恥ずかしいという思いもあるでしょうが、自分の体つきにコンプレックスを持っている女性の場合、それを見せながらのセックスはストレスになってしまうこともあります。

そのため、完全にうつ伏せになって体型も何もわからなくなる寝バックを好むことが少なくありません。自分の体を男性にまじまじと見られていない、愛情を感じることができる、気持いい。

コンプレックスを感じていても安心してセックスができるので、楽しい体位と認識するのです。

体に自信がないと豪語している女性がいたら、さまざまな寝バックプレイが容易に楽しめるかもしれません。

・ラブストーリーが好き

恋愛体質な女性に近しいかもしれませんが、ラブストーリーが好きな女性は寝バックが好きな可能性があります。大抵、世の中に溢れているラブストーリーというのはハッピーエンドで終わります。

そして、男女がすれ違いながらも互いに惹かれ合い、困難などを乗り越えて二人結ばれる…という結末がほとんどです。

つまり、胸キュンなストーリーから純愛、大人のドロドロしたラブストーリーなど、恋愛が好きな人がラブストーリーが好きな人といえるでしょう。

そういった人はやはり、“恋をしている”という感覚を無意識に求めます。

性欲だけで突き進むセックスではなく、あくまで“愛”のあるセックスであることを重要視します。

そのため、強い愛情を確かめ合うことができる寝バックはラブストーリー好きの女性にはもってこいの体位と考えることができるでしょう。

数あるストーリーの中でも、“ラブストーリーだけは外せない”。こういった女性であれば、寝バックに誘い込むことは難しくないのではないでしょうか。

・マグロ体質

男性にとっては少し寂しいところですが、マグロ体質の女性は寝バックが好きな可能性が高いといえます。

セックスにおけるマグロは、女性は横たわったままで全て男性が行為の主導権を握るというセックスプレイです。

エッチな女性が好きな男性からしてみると物足りないものですが、工夫すると楽しいセックスができるかもしれません。

さて、そんなマグロな女性ですが“体位を変えたがらない”という部分が特徴的です。正常位で挿入したら、もうそこからは動かない。

体位を変えるのも面倒だし、動きたくない…というマグロ女性は案外多いようです。

そこでおすすめなのが、寝バックです。正常位の女性でうつ伏せにするだけですし、女性としてはどこにも力を入れる必要があります。

さらに、うつ伏せなので表情も見えず気楽でしょう。さらにマグロだから感じていないというわけではなく、正常位とは違う深い部分にペニスが挿入されるので相手もハマる可能性があるのです。

彼女がマグロだから悩んでいる…という男性は一度試してみるとよいでしょう。

・快楽にどん欲

さて、ここまでお伝えしてきた女性以外は寝バックが好きではないのか、というとそうではありません。

経験がなかったり、よくわからない…ということで寝バック自体を想像できない女性もいると考えてみましょう。

寝バックはペニスが女性器の奥深くまで入り込むだけでなく、締まりが正常位より良くなるため男性的にも気持いいことで知られています。

当然、奥までペニスが入れば女性にとっても強い快楽を得られますし、愛情を感じながらのセックスですのでより快楽度が高まります。

ゆったりしているのに脳が揺さぶられるような快楽を得たい…。こういった、快楽に敏感な女性にとっても寝バックは価値ある体位ですので試してみましょう。

寝バックが好き確認してみよう

ここでは、寝バック好きの女性の特徴についてお伝えしてきました。

もちろんここで紹介しただけでない女性であっても、寝バックを気に入っている人はいます。

とはいえ、こちらで紹介した特徴に当てはまっている女性の場合は寝バック好きな可能性が大きいといえます。

もし寝バックをしてみたいとか好きといった男性であれば、気になる女性にこれらの質問をしてみましょう。

何らかの参考になることは間違いありません。

寝バックの注意点

寝バックの注意点

寝バックを行うときは、注意しておかなければいけないこともたくさんあります。

これを守らないとうまく寝バックができなかったり、気持ち良くなれなかったりするため、どのような注意点があるのかしっかり把握しておきましょう。

ペニスが抜けないように

寝バックを行う上で一番注意しておかなければならないのは、ペニスが抜けないようにするということです。

何度もペニスが抜けて、挿入し直すということを繰り返していると、気持ちが冷めてしまいます。

そのため、寝バックをするときは激しくピストンをしないように注意しておきましょう。

ピストンするときは深く挿入し、小刻みにピストンすると抜けにくいです。

特にペニスが小さい人はすぐに抜けてしまうため、注意しておきましょう。

痛みを感じる女性もいる

寝バックはペニスが膣の奥にまで挿入できる体位です。

これにより気持ち良くなれる女性もいるのですが、なかには痛みを感じてしまう女性もいます。

セックスに慣れていなかったり、奥まで挿入されたことがなかったりすると、寝バックは苦痛でしかないのです。

そのためこのような女性が相手の場合、しっかり膣を濡らしてから挿入しましょう。

愛撫を長めに行ったり、ローションを使ったりすると良いです。

挿入するときもゆっくりと挿入し、スローペースでピストンを行ってください。

それでもダメな場合、寝バックは諦めて他の体位でセックスするようにしましょう。

太っている女子には挿入できない

寝バックは痩せている女性であれば、普通に挿入できますが、相手が太っている女性の場合、挿入できないことがあります。

お尻についた肉のせいで、膣までペニスが届かないのです。

もしも「寝バックをしよう」と言って、挿入できないとなるとかなり気まずい状態となってしまうでしょう。

女性は謝るしかありませんし、男性も何と言って良いかわかりません。

そのため、体系的に太めの女性とセックスする場合、寝バックには挑戦しないほうが良いです。

恋人と一緒に楽しむことのできるラブグッズ2選

寝バックでより気持ちよくなるためにラブグッズを使ってみるのはいかがでしょうか?
実は女性用のラブグッズはオナニーだけでなく恋人と楽しむこともできます。
ラブグッズを使うことによって感度が高くなり前より感じるようになった人は70%以上と言われているので、セックスライフを充実させるためにもぜひお試しください!

ピンクブルーム

ピンクブルームG

ピンクブルームGとは、二股バイブ型のラブグッズのことです。

中イキ・外イキ・両イキの3種類のオーガズムを感じることができるバイブとして、多くの女性に人気があります。

ラブグッズは基本的に女性がオナニーをするときに使用するものですが、パートナーとセックスするときに使われることもあります。

そのため、彼氏とのセックスがマンネリしているという人や、もっと気持ち良いセックスがしたいという人にもピンクブルームGはオススメです。

また、ピンクブルームでオナニーを行うことで、感度が上がったという声も多いため、気になる方は以下の公式サイトを覗いてみてください。

ピンクブルームを試してみる

ピンクアングル

ピンクアングル

ピンクアングルとはエラストマー素材でできている、デイルド型のラブグッズです。

ぷにぷにとした素材で作られているため、本物のペニスのような感覚を味わえ、痛みを感じやすい女性も使いやすいラブグッズとなります。

ピンクアングルには根本に吸盤がついており、それを床に固定することで、騎乗位の練習を行うこともできます。

膣にしっかりフィットする太さと材質が好評で、多くの女性が気持ち良くなれると喜びの声をあげるのでセックステクニックに自信のない男性はラブグッズに頼るのも1つの手です。

オナニープレイを眺めたい、感じている姿をまじまじと見たいという男性や、どんな体位でも彼を魅了して自分も感じたいという女性はぴったりでしょう。

価格は2,597円と、かなりお求めやすい価格なので試してみる価値ありです。

ピンクアングルを試してみる

最後に

若い女性

寝バックについて解説してきましたが、セックスに寝バックを取り入れれば、セックスの質を大幅に上げることができます。

セックスで彼女を気持ち良くさせることができれば、恋人関係も円満になるでしょう。

セックスが上手くなれば男としての自信も持てるようになるため、寝バックをマスターして上質なセックスを提供しましょう。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら