対面座位を女子が好きな理由とは?中イキしやすい?やり方やイカせるコツ

                                       
                                   

対面座位を女子が好きなのは、中イキしやすい気持ち良い体位だからです。

しかし対面座位があまり好きではないという男性や、やり方がいまいちわかっていないという人もいるでしょう。

女子が好きな対面座位をしっかりとマスターすることが、セックスを気持ち良くするコツです。

そこでこの記事では、対面座位を女性が好む理由ややり方、イカせるためのコツなどを紹介していきます。

これを参考にして、彼女を対面座位でイキ狂わせましょう。

対面座位とは?

対面座位とは?

対面座位とは、男性が座った状態になり、その上から女性が向かい合わせにまたがって行うセックスのことです。

女性が背中向きになる体位は背面座位と言います。

セックスの基本的な体位といえば正常位やバックなどが挙げられますが、それらの体位に比べると座位は男性が動きにくい体位です。

そのため、男性の中にはあまり好きではないという人も多いのですが、女性には人気があります。

彼女をセックスで満足させるために対面座位は欠かせない体位となるため、しっかりやり方を学んでおきましょう。

対面座位を女子が好きな理由とは?

対面座位を女子が好きな理由とは?

女性に人気がある対面座位ですが、どうして女性は対面座位が好きなのでしょうか。

そこでここからは、女子が対面座位を好きな理由について解説していきます。

中イキできる

対面座位を女子が好きな理由として、まず挙げられるのが中イキできるからというものです。

男性はピストンしているときのほうが快感を得られるものですが、女性は違います。

クリトリスに刺激を与えられたり、膣の奥にペニスを押し付けられたりしているときのほうが快感を得られるのです。

対面座位はペニスを挿入しながら動くため、膣の奥にペニスが押し付けられます。

さらに角度によってはクリトリスにも刺激を感じられるため、中イキしやすいのです。

そのため、女性にとっては強い快感を得られる体位となり、人気があります。

愛撫されながらセックスできる

愛撫されながらセックスできるというのも、対面座位が女子に人気の理由です。

対面座位をしているときは体が向き合っているため、男性は胸やクリトリスをイジりやすいです。

キスもできるため、女性にとって対面座位は挿入しながらイチャイチャできる体位となります。

女性は膣内の刺激だけではイケないという人も多いため、愛撫されやすい体位であることは大きなメリットとなるのです。

これと同じような理由で騎乗位も女性に人気がある体位となります。

愛情を感じられる

愛情を感じられるというのも、対面座位が女子に人気の理由となります。

対面座位は互いに密着しますし、顔を見合わせながらセックスすることができます。

愛の言葉をささやきながらセックスすることもできるため、女性は愛を感じられることができ、精神的な満足感を得られるのです。

男性よりも女性のほうが精神的な満足を重要視するため、対面座位は女子に人気なのです。

自分の好きなように動ける

セックスは普段、男性が主導して行うものですが、対面座位は違います。

男性も座りながら動くことになりますが、基本的には女性が主導して動くことになるため、それをメリットと捉える人も多いです。

男性がリードしていると、もっと攻めて欲しいポイントがあっても、なかなか攻めてもらえないものです。

しかし対面座位であれば、自分の好きなポイントに刺激を与えることができます。

女性は自分にとって一番気持ち良いセックスを行うことができるということになるため、必然的に対面座位は人気があるのです。

騎乗位よりも楽

対面座位と同じようなメリットがある体位といえば、騎乗位です。

騎乗位も女性が主導して行いますし、体を密着させ愛撫してもらうこともできます。

しかし騎乗位は女性が大きく動かなければならないため、かなり疲れてしまうものです。

対面座位も女性が主導して行う体位ですが、騎乗位ほど大きくピストンする必要はありません。

騎乗位よりも体力を使わない体位となるため、座位のほうが好きだという女性が多いのです。

対面座位のやり方

対面座位のやり方

彼女を気持ち良くさせるためにも、セックスするときはぜひ対面座位を取り入れたいものです。

そこでここからは、対面座位のやり方について解説していきます。

女性が主導する体位ですが、男性もやることがありますし、女性がやり方をわかっていない場合は教えてあげなければならないため、しっかり覚えておきましょう。

ベッドに座って女性をまたがってもらう

対面座位を行うときは、まず男性がベッドかソファーに座り、女性にまたがってもらいましょう。

基本的に女性が自分で挿入することになるため、男性は挿入するときにやることはありません。

女性が挿入しにくそうにしていたら、体の角度を変えてあげたり、ペニスを膣口に導いてあげたりしてください。

そしてこのとき、女性は自らのペースで挿入していくことになるため、挿入が始まったら男性は動かないようにしましょう。

早く挿入したいからといって、突き上げるような動きをすると女性が痛みを感じてしまう場合があります。

そのため、基本的には女性がやることを見守っていてください。

背中やお尻を支える

ペニスを挿入したら女性が自ら腰を前後に動かしたり、上下させたりします。

このときに男性がやることは女性の体をしっかりと支えることです。

抱き着くようにして背中を支えてあげると、女性が後ろに倒れるのを防ぐことができますし、動きやすくもなります。

また、お尻を持ち上げるようにして支えてあげると、ピストンしやすくもなるものです。

そのため、女性が何をしようとしているのかを見極め、それに沿った支え方をしてあげましょう。

上を突くイメージで腰を動かす

ここまでは女性の動きをフォローするだけでしたが、男性からも攻める方法もあります。

まずは上を突くイメージで腰を動かすという方法です。

これを行うことで女性のポルチオにペニスが押し付けられることになるため、気持ち良くさせることができます。

女性がピストンしているとき、それに合わせて動いてあげると女性が楽になるため、彼女に息を合わせて腰を動かしましょう。

前後に動く

上下に動くだけでなく、前後に動くということも対面座位では大切なこととなります。

男性が前後に動くことでペニスが膣内で動き、女性を気持ち良くすることができます。

対面座位で女性が上下に動くのは体力を使うため、前後の動きも取り入れることで、無理することなく対面座位ができるようにもなります。

女性のお尻を持つと前後に動かしやすくなるため、実践してみてください。

対面座位で女子をイカせるコツ

対面座位で女子をイカせるコツ

対面座位で女子をイカせるためには、様々な工夫をしなければなりません。

そこでここからは、対面座位で彼女をイカせるコツについて解説していきます。

性感帯を意識して動く

対面座位で女子をイカせるためには、性感帯を意識して動くということが大切です。

女性器の性感帯といえば以下の3つとなります。

●クリトリス
●Gスポット
●ポルチオ

この3つを意識して動くことで、うまく性感帯を刺激することができるため、女性はイキやすくなるのです。

対面座位でクリトリに刺激を与えるためには、男性の体にこすりつけて刺激を与える必要があります。
そのため、体を前後に動かすと良いです。

Gスポットを刺激するときは男性と女性が後ろに手をついて体を反らせると、うまく刺激を与えられます。

ポルチオは膣の奥にあるため、挿入した状態からさらにペニスを突き上げるようにしたり、円を描くように腰を動かしたりして刺激を与えましょう。

このような工夫により、ピンポイントで性感帯を刺激することができるため、イカせたい人は実践してみてください。

女性の動きを補助してあげる

女性の動きを補助していあげるというのも、イカせるためのコツとなります。

対面座位をしているとき、女性は自分が気持ち良い部分にペニスをこすりつけるようにして動いています。

このようなときに男性がイカせてあげようと動いてしまえば、女性が本当に攻めて欲しいポイントとは別の部分を刺激することになってしまうでしょう。

そのため、女性が動いているときはそれを邪魔せず、補助してあげることが大切になるのです。

上下に動こうとしているときはお尻を持ち上げましょう。
前後に動いているときは、その動きに合わせて女性の体を前後に動かしてあげてください。

こうすることで女性が一番気持ち良いと感じる刺激を最大限、強く与えることができます。

しっかり愛撫すること

対面座位をしているときは、しっかり愛撫することも大切です。

対面座位のときの愛撫の方法は以下のようなものです。

●クリトリスを手でイジる
●おっぱいを揉む
●乳首を舐める
●キス(ベロチュー)をする
●耳を舐める
●愛の言葉をささやく

このような愛撫をしっかりと行うことで、女性はイキやすくなります。

様々なポイントに同時に刺激を与えることがイカせるためのコツとなるため、おっぱいを揉みながらキスやベロチューするなど、様々な組み合わせで攻めてみましょう。

女性がエビ反りになる

女性がエビ反りになる

女性の膣内というのは、実はかなり鈍感な場所だと言われています。

なので、膣内の感度を上げるには、なるべくペニスを密着させて、摩擦による衝撃と熱を感じやすくする必要があります。

その手段の一つとして有効なのが、「女性がエビ反りになること」です。

こうすることで膣内が狭くなり、ペニスをよりリアルに感じることができるようになります。

もちろん、男性側も「締まりが良くなった」と感じるので、男女双方がイキやすくなるのは間違いありません。

 

対面座位中にエビ反りになるには

対面座位中にエビ反りになるには、女性が斜め後ろに体重をかけ、それを男性が両腕で支えるような体勢を取ります。

この時、女性が男性の両肩につかまるか、後ろに手をつくようにすると、双方が楽になります。

「お互いに密着できる」「愛撫しながらピストン運動できる」という二つのメリットが失われることになりますが、その分、男女共に快感が増すというメリットが追加されます。

その意味では、対面座位の仕上げに適した姿勢といえるでしょう。

また、男性側にとっては、女性の乳房の動きがハッキリと分かるので、視覚的に楽しめるというメリットもあります。

対面座位にはネックもある

女性に人気の対面座位ですが、実はネックもあります。

特に男性側のネックが多いので、あまり長時間やっていると、その後のプレイに影響が出てくる場合もあります。

男性側は動きにくい

男性側は動きにくい

挿入時のピストン運動とは、腰が動くことによって起きるものであり、そのためには、腰を動かしやすい状態にする必要があります。

しかし、男性が座っている対面座位は、腰を動かしやすいとはいえないため、ピストン運動が難しくなります。

時に腹筋や背筋が弱い男性にとっては非常にやりにくい体位といえるのではないでしょうか。

 

男性が動きやすいなるには…

対面座位で男性が動きやすくなるためには、女性が軽く腰を浮かせるのが一番です。

両手を男性の肩から後ろにまわし、さらに膝を曲げて両足をベッドに付くようにすれば、男性の下半身に体重をかけることはなくなります。

その上で、男性が女性のお尻に手をまわし、両手でペニスに向けて引き寄せるようにすれば、腰を動かしにくいというネックを解消することができます。

ただし、男性の腕に負担がかかりますから、女性側もタイミングを合わせて腰を振るようにしてください。

男性が激しく突くには筋力がいる

男性が激しく突くには筋力がいる

男性が動きにくい対面座位ですから、激しく突くにはそれなりの勢いと力強さが必要になります。

つまり、男性には筋力が求められるわけです。

腹筋下部と背筋は必須ですし、女性がエビ反りになっていればそれを支える腕力も必要になります。

対面座位を小休止の場と考えるのであれば問題ありませんが、男性が「対面座位で女性をイカせたい」と思うのであれば、それ相応に体力と筋力を消耗することを覚悟しておいてください。

 

対面座位からの騎乗位で男性の筋力が回復

対面座位をセックスの中盤にもってきた場合、男性側が筋力を消耗してしまうとその後の体位に影響がでてきます。

これは女性にとっても大きな問題で、対面座位で気持ちよくなれても、最後のフィニッシュが物足らなくなってしまうのです。

なので、ある程度対面座位を楽しんだ後は、男性をベッドに押し倒すようにして騎乗位に移行するのがベストです。

対面座位・騎乗位と、少なからず女性主体で動く体位が続きますが、ここで男性の体力・筋力を回復させておけば、その後の体位を任せることができます。

セックスで気持ちの良いフィニッシュを迎えるには、男女共に体力・筋力のペース配分が重要だということを理解しておきましょう。

ペニスが奥に届きにくい

ペニスが奥に届きにくい

対面座位には、ペニスが奥に届きにくいというネックもあります。

特に女性が足を伸ばしている場合は、その太ももが邪魔になって、奥を突くことができません。

唯一女性の奥を突くことができるのは、女性が膝を曲げて抱えるような姿勢をとった時です。

ただし、それですらバックや寝バックほど奥に届くことはないので、「奥が好き」という女性をイカせるのには不向きな体位といえます。

総じていえば、対面座位は、快感を得るというよりは、ムードを良くする体位といえるのではないでしょうか。

生派は射精の暴発に注意

生派は射精の暴発に注意

対面座位は女性が自由に動くことができる体位です。

この時、女性の動き方が上手だと、イッてしまう男性もいることでしょう。

それはそれで良いことではあるのですが、問題は「生派だけど中出しは困る」というカップルです。

というのも、女性が男性の上に乗っている対面座位では、射精の直前にペニスを抜くという動作が遅れる可能性があるのです。

そのため、抜くのが間に合わずに膣内で暴発射精してしまうリスクがあります。

なので、「対面座位でフィニッシュを迎えたい」というカップルは、コンドームを使うか、男性が射精の直前に言葉で伝えるようにした方が良いでしょう。

対面座位の種類

対面座位の種類

対面座位には様々なやり方があります。
一つの対面座位ばかりをやっていれば、いつか飽きてしまうでしょう。

複数の対面座位を行うことで、女性は違う刺激を感じることができ、イキやすくもなるものです。

そこでここからは、対面座位の様々な種類について解説していきます。

伸脚前座位

伸脚前座位は男性が足を伸ばした状態で座り、女性がその上にまたがって行う対面座位です。

足を伸ばさなければならないため、ベッドの上やカーペットの上などで行われます。

伸脚前座位は男性が後ろに手をついて体を反らすことで、Gスポットを刺激しやすくなる体位です。

ただし男性の動きがかなり制限されるため、女性がメインで動かなければなりません。

対面あぐら座位

対面あぐら座位は男性があぐらをかき、女性がその上にまたがって行う対面座位です。

対面あぐら座位のメリットは密着度が高いことでしょう。

普通の対面座位よりも密着できるため、より強く愛を感じることができます。

また、対面あぐら座位は男性が足に力を入れやすいため、上下運動しやすい体位です。

ただし女性が動きにくいため、男性が動きたいとき、一時的に対面あぐら座位を行うという使い方をすると良いでしょう。

イス前座位

イス前座位は男性が椅子やソファーに浅く座り、その上から女性がまたがって行う対面座位です。

イス前座位をすると女性の体が完全に男性に乗ることになるため、その分ペニスを深く挿入することができます。

幅が広いソファーでイス前座位を行えば、女性も動きやすくなるため、対面座位の中でも人気の体位です。

恋人と一緒に楽しむことのできるラブグッズ2選

中イキさせたいならラブグッズを使ってみるのはいかがでしょうか?
実は女性用のラブグッズはオナニーだけでなく恋人と楽しむこともできます。
ラブグッズを使うことによって感度が高くなり前より感じるようになった人は70%以上と言われているので、セックスライフを充実させるためにもぜひお試しください!

ピンクブルーム

ピンクブルームG

ピンクブルームGとは、二股バイブ型のラブグッズのことです。

中イキ・外イキ・両イキの3種類のオーガズムを感じることができるバイブとして、多くの女性に人気があります。

ラブグッズは基本的に女性がオナニーをするときに使用するものですが、パートナーとセックスするときに使われることもあります。

そのため、彼氏とのセックスがマンネリしているという人や、もっと気持ち良いセックスがしたいという人にもピンクブルームGはオススメです。

また、ピンクブルームでオナニーを行うことで、感度が上がったという声も多いため、気になる方は以下の公式サイトを覗いてみてください。

ピンクブルームを試してみる

マリンビーンズ

LCラブコスメ

マリンビーンズとは、膣内とクリトリスを同時に刺激できる二股タイプのバイブのことです。

女性が本当に気持ち良くなれるバイブを目指して開発され、多くの女性から支持されています。

マリンビーンズには、ヘッド部分とクリトリスを刺激してくれるクリバイブ、それぞれにモーターがついているため、しっかり性感帯を刺激してくれます。

さらに、Gスポットにヘッド部分がしっかり当たるため、中イキもしやすいです。

これまで中イキできなかった人が、マリンビーンズを使うことで初めて中イキできたということも多いため、中イキしたい人にオススメのラブグッズとなります。

優しく膣内を刺激してくれるため、痛みに敏感な人でも気持ち良くなれるバイブなのです。

低価格で購入できるというメリットもあるため、マリンビーンズが気になる方は以下から公式サイトを確認してみてください。

マリンビーンズを試してみる

最後に

寝転ぶ女性

対面座位について解説してきましたが、対面座位は女子に人気の体位ですので、セックスが上手いと思ってもらうためにはしっかりと対面座位のやり方をマスターしておかなければなりません。

基本的に対面座位で男性がやることは多くないため、コツさえ掴めば誰でもうまくできるようになるでしょう。

自分が気持ち良くなることではなく、女性を気持ち良くさせることを優先することが一番のコツとなるため、このことだけは忘れないでください。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら