スローセックスのやり方とは?愛撫の仕方やGスポットを攻める方法も解説

                                       
                                   

スローセックスで気持ち良くなるためには、とにかく時間をかけるということを意識しておかなければなりません。

セックスがマンネリ化している人も、スローセックスを実践すれば、初めてセックスをしたときのような興奮を味わうことができます。

そこでこの記事では、スローセックスのやり方やGスポットを攻める方法などを解説していきます。

これを参考にして、パートナーとの性生活を豊かにしましょう。

スローセックスをすれば何倍も気持ち良くなれる

スローセックスをすれば何倍も気持ち良くなれる

恋人と長く付き合っていると、徐々にセックスがマンネリ化してしまうものです。

肉体的な接触が全てではありませんが、セックスに満足できなくなってしまうと、自然と二人の関係も冷めていってしまいます。

これまでと違うセックスをすることで、二人の仲を修復する必要があるのですが、そのようなときにおすすめなのがスローセックスです。

スローセックスを実践すれば、今までよりも何倍も気持ち良くなれるため、簡単にマンネリを解消できます。

では、どのような方法でスローセックスをやるべきなのか、この記事では愛撫の仕方やGスポットの攻め方などについて解説していきます。

スローセックスとは?

スローセックスとは?

そもそもスローセックスとは、射精することを目的とせず、時間をかけてセックスをすることです。

スローセックスはセックスセラピストの肩書きを持つ、アダム徳永氏によって考案されました。

普通のセックスは互いがオーガズムを感じることを目的として、20分程度で行われますが、スローセックスはゆっくりセックスすることで強い快感を得ることを目的とするため、数時間という時間をかけて行われます。

時間をかけてセックスをすれば、より気持ち良くなれ、さらにその快楽を長時間味わうことができるため、マンネリ解消のための手段として実践されることも多いです。

スローセックスの効果とは?

スローセックスの効果とは?

スローセックスには、普通のセックスでは得られない様々な効果があります。

そこでここからはスローセックスを実践することで得られる効果やメリットについて紹介していきましょう。

これでスローセックスにどのような魅力があるのか理解できるため、マンネリに悩んでいる人はしっかり確認しておいてください。

女性は何度もイケるようになる

スローセックスの効果としてまず挙げられるのが、女性が何度もオーガズムを感じられるということです。

男性は一度射精すると萎えてしまいますが、女性は快楽を得るとそれを蓄積していきます。

一度オーガズムを感じれば次はさらにイキやすくなりますし、強い快感も得られるようになるのです。

そのため、気持ちのいいセックスができるようになり、精神的にも肉体的にも満足できます。

男性は射精時の快感が倍増する

男性はスローセックスをすることにより、射精時の快感が倍増します。

男性はセックスを始めると「早く射精したい」という気持ちになりますが、それを我慢して長時間、快楽を与え続けることで、すぐに射精したときとはまったく違う快楽を得られるようになるのです。

また、スローセックスは射精を目的としていないため、必ずしも射精できるわけではありません。

しかしドライオーガズムという、射精を伴わないオーガズムを感じやすくなるため、女性のようにセックスで何度もオーガズムを感じられるようになります。

そのため、普通のセックスより何倍も気持ち良くなれるのです。

精神的な満足感を得られる

スローセックスは普通のセックスよりも長時間行うため、精神的な満足感も得られます。

普通のセックスだと短い時間で行われるため、コミュニケーションの時間も短くなってしまうものです。

しかしスローセックスであれば長時間、互いが気持ち良くなることができるため、精神的な繋がりを感じることができます。

ストレスを解消したり、愛情を感じられたりするため、スローセックスはカップルや夫婦におすすめです。

スローセックスのやり方

スローセックスのやり方

では実際にスローセックスをやるためには、何をすれば良いのでしょうか。

ただ時間をかければスローセックスになるというわけではないため、正しいやり方を学んで実践してみてください。

前戯に時間をかける

スローセックスを行うときには、前戯に時間をかけるということを心がけておかなければなりません。

激しいキスをして、少し前戯を行ったら手マンをするというセックスでは、すぐに射精することになるでしょう。

そのためスローセックスを行うときは、ソフトなキスから始め、乳首やクリトリスという性感帯をいきなり攻めず、背中や腕を撫でてから性感帯を攻めるというように、ゆっくり攻めていきましょう。

最低でも20分は性感帯以外の部位を攻めてください。

早く射精したいかもしれませんが、それをグッとこらえるのもスローセックスを成功させるためには大切なこととなるため、射精したい気持ちはグッとこらえてください。

挿入してもすぐに動かない

20分ほど性感帯以外の部位を攻めたら、次は口や胸、クリトリスなどの性感帯を攻めることになります。

このような性感帯を攻めるときも、いきなり強い刺激を与えず、ソフトタッチするところから始めてください。

少しずつプレイを激しくしていき、お互い満足したら次は挿入することになります。

しかし挿入するときも、いきなり動かないようにしましょう。

挿入したまま停止し、時間が経ったらゆっくり動き始めるのです

そして少しずつ速度を速めていくのですが、早くピストンして射精してしまわないように注意しましょう。

時間をかけて様々な体位を楽しむ

挿入したら時間をかけて様々な体位でセックスをしましょう。

時間をかけて一つの体位だけをやっていると飽きてしまいます。

そのため、事前に様々な体位を勉強して、未経験の体位にもチャレンジしてみてください。

対面座位や駅弁などの体位は、二人が密着しながら、なおかつゆっくりとしたピストンになるため、おすすめです。

そして十分に満足したら、最後はピストンを速めて射精してください。

気持ちいいスローセックスをするコツ

気持ちいいスローセックスをするためには、様々なコツがあります。

これを実践することで、経験がない人でも簡単にスローセックスを行うことができるため、しっかり覚えておきましょう。

射精することを目的としない

セックスをするとき、男性は射精することを最終目的としますが、スローセックスでは射精する目的を忘れることが大切です。

射精することを目的とすると、ペニスが萎えないように激しく動くことになってしまいます。

スローセックスでも最終的には射精をするパターンが多いのですが、射精をしないスローセックスもアリなのです。

途中で萎えてしまったら、その間に女性を愛撫すればスローセックスは成立します。

射精にこだわらないことで未知の世界を体感できるようになるため、そのことを忘れないでください。

オナ禁をしておく

スローセックスをするときには事前にオナ禁をしておくというのがおすすめです。

オナニーをしていると、少しの刺激では満足できないため、速くピストンしたくなってしまいます。

オナ禁をしておけば少し触れられるだけでも興奮するため、スローセックスの刺激でも十分に満足できるものです。

長期間、我慢する必要はありませんが、最低でも3日はオナニーを我慢して、スローセックスに挑みましょう。

様々なパターンのプレイを勉強しておく

様々なパターンのプレイを勉強しておくというのも、スローセックスをする上では大切なこととなります。

スローセックスは長時間をかけてセックスをすることになるため、同じプレイや体位ばかりをしていては途中で飽きてしまいます。

様々な体位や前戯の仕方を覚えておくことで、飽きることなくスローセックスを楽しむことができるのです。

そのため、AVなどを見て新しいプレイを勉強しておきましょう。

スローセックスのテク!全身を愛撫するアダムタッチの仕方

スローセックスで全身を愛撫するアダムタッチの仕方

スローセックスを成功させるために必要なテクニックとして、アダムタッチというテクニックがあります。

女性を愛撫するときのテクニックとなるのですが、この技を習得すれば女性をさらに感じさせることができるでしょう。

そこでここからは、アダムタッチのやり方を紹介していきます。

5本の指先で微妙に触れる

アダムタッチは手を開き、5本の指先で女性の体を触れていくテクニックです。

触れるか触れないか程度に指を近付け、女性がくすぐったくなるような感じで全身をタッチしていきます。

こうすることにより、女性はゾクゾクとした感覚を得られるでしょう。

「触れて欲しいのにしっかり触れてくれない」という焦らしが、余計に興奮を高めてくれるため気持ち良くなれるのです。

ゆっくり全身をアダムタッチしていく

アダムタッチをするときは楕円を描くようにして触れていきましょう。

いきなり性感帯を攻めるのではなく、お尻や背中、内ももなどのような部位をアダムタッチで攻めていくと良いです。

そして性感帯の周りをアダムタッチで撫でていき、その後に性感帯を攻めていってください。

こうして段階的に興奮させることで女性の体は敏感になり、一度のセックスで何度もオーガズムを感じられるようになります。

スローセックスでクリトリスを攻める方法

スローセックスでクリトリスを攻める方法

女性器の性感帯といえばクリトリスとGスポットでしょう。

スローセックスではこの2つのポイントを、どのように攻めるのかということが大切です。

そこでまずはクリトリスを攻める方法から解説していきます。

ソフトタッチでクリトリスを触る

スローセックスでクリトリスを攻めるときは、ソフトタッチで触っていきましょう。

触れるか触れないか程度でクリトリスを触ったり、周辺の部位をイジってあげたりするのです。

激しくクリトリスをイジってイカせようとはしないでください。

クリトリスが赤くなったり、大きくなってきたりしたら、しっかり感じているということですので、良きところで次の段階の攻めに移りましょう。

皮をむいて優しく触れる

通常の状態でクリトリスをイジったら、次は皮をむきましょう。

クリトリスは皮に包まれているため、指二本で開くようにしてあげると皮をむくことができます。

皮をむいた状態のクリトリスはかなり敏感です。

そのため、人によっては痛みを感じてしまいます。

そのようなときは唾でクリトリスを濡らしてあげると刺激が緩和されるため、実践してみてください。

触れるときはやはりソフトタッチで、女性が痛みを感じていないか反応を確認しながら触りましょう。

クンニでは小技を使おう

スローセックスではクンニをするのもおすすめです。

ただし普通のクンニのように舌で舐めまわすと、スローセックスにはなりません。

そのため、舌が触れるか触れないか程度で舐めたり、クリトリスの周りを舐めたりするというような工夫をしましょう。

また、息を吹きかけるというような小技もおすすめです。

様々な攻め方をすることで女性は違う感覚を得られ、さらに興奮させられるためバリエーション豊かな方法で攻めてください。

スローセックスでGスポットを攻める方法

スローセックスでGスポットを攻める方法

女性器の中で次に攻めるべきなのがGスポットです。

ただしGスポットは開発されていないと、触れられるだけで痛みを感じてしまうこともあります。

そのため、ある程度慣れている女性に対してのみ、これから紹介するGスポットの攻め方を実践してみてください。

Gスポットの位置を確認

Gスポットを攻めるときは、まずGスポットの位置を確認するところから始めましょう。

Gスポットは膣口から4~5センチほどの先の上部に存在します。

指で触るとGスポットの部分だけザラザラしているため、それを頼りに探すと良いでしょう。

人によっては左右上下に位置がずれていることもあるため、見つからない場合は周辺を探してみてください。

ゆっくり押して離す

Gスポットを見つけたら、まずは軽く押してみて女性の反応を確認しましょう。

特に痛がる様子がなければ、そのまま攻めていくことになるのですが、スローセックスですのでAVのように激しく攻めるのはやめてください。

Gスポットをゆっくりと押して離すという攻めを繰り返しましょう。

そしてゆっくり、トントントンと徐々に押すテンポを速めていくことで、女性は気持ち良くなれます。

他の部位を攻めながらGスポットを攻める

Gスポットは開発されていない女性の場合、イジられても気持ち良さを感じれなかったり、違和感を感じてしまったりします。

セックスの度に刺激していくことにより、徐々に開発されて気持ち良くなっていくのですが、まだその段階でなければ、他の部位を攻めながらGスポットを攻めてあげると良いです。

Gスポットだけでは感じられなくても、クリトリスや乳首をイジればそちらで気持ち良くなることができます。

これを続けていけば、気持ち良さを感じながら自然とGスポットを開発することができるでしょう。

Gスポットがすでに開発されている人でも、同時に攻められることで大きな快感を得られるため、実践してみてください。

スローセックスをするときの注意点

スローセックスをするときの注意点

スローセックスをするときには様々な注意しておかなければならないこともあります。

これをしっかりと守ることにより、気持ちの良いスローセックスができるようになるため、どのような注意点があるのかしっかり確認しておきましょう。

邪魔の入らない環境で行う

スローセックスを行うときには邪魔の入らない環境で行うことが大切です。

スローセックスはゆっくりと徐々に感度を高めていくため、途中で雰囲気が崩れるようなことがあると、一気に冷めてしまいます。

そのため、突然大きな音がしない場所で行うことや、携帯電話が鳴らないようにしておくということが大切になってくるのです。

一度、まったりとした空気感が崩れてしまうと、それを取り戻すのには時間がかかってしまいます。

その日にもう一度、同じ空気感を作り出すのは難しいため、注意しておきましょう。

インターホンの電源も切っておいたほうが良いです。

音楽やアロマを効果的に使おう

スローセックスを行う際には、音楽やアロマを効果的に使うと良いです。

ロマンチックな雰囲気を高めていくことで、スローセックスはより強い快感を得られるセックスとなります。

そのため、クラシックやバラードの曲を流したり、甘い香りのするアロマを焚いておいたりすると、気持ちの良いセックスができるのです。

また、室内をおしゃれに照らしてくれる間接照明もおすすめですので、余裕のある人は購入しておきましょう。

相手によっては嫌がることも

スローセックスは男女が気持ち良くなれるセックスですが、必ずしも全員が好むセックスというわけではありません。

なかにはゆっくり攻められることを嫌がる女性もいるでしょう。

人間にはそれぞれ好みがあるため、どれだけ良いものであっても相性が悪い場合もあります。

そのため、恋人があまり乗り気でなかったり、快楽を得られていないようであったりするのであれば、スローセックスをしないというのも一つの選択肢となるのです。

最後に

抱き合うカップル

スローセックスのやり方について解説してきましたが、スローセックスはただ単に時間をかけてセックスすれば良いというわけではありません。

様々なテクニックを使ったり、環境を整えたりすることで初めて気持ちの良いスローセックスをすることができます。

最初はうまく行かないかもしれませんが、何度も実践することで本当に気持ちの良いセックスをすることができるため、マンネリに悩んでいる人はチャレンジしてみましょう。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら