【完全解説】セックステクニックの全て!女子目線で考える気持ち良いプレイ

                                       
                                   

セックステクニックで一番大切なことは、自分勝手なセックスをしないということです。

自分が気持ち良くなることばかり考えず、相手の立場に立ったセックスができれば、女性は気持ち良くなることができます。

しかし具体的にどのようなことをやれば良いかわからないという人も多いでしょう。

そこでこの記事では、女子目線で考える本当に気持ち良くなれるセックステクニックを解説していきます。

無料1000円分でPCMAX【18禁】を試す

セックスが下手な男子はモテない

セックスが下手な男子はモテない

恋人とセックスしたとき、自分は満足できるが、女性が満足しているかどうかわからないという人も多いのではないでしょうか。

もしも彼女が「気持ち良かった」と言っていたとしても、それを鵜呑みにしてはいけません。

男性を立てるために嘘をついている可能性もあるからです。

彼女に本当はヘタクソだと思われているのだとしたら、セックスをする度に苦痛を与えているということになります。

セックスが上手い他の男性に寝取られてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、彼女と長く付き合い続けるためにも、セックステクニックをしっかりと学ぶ必要があるのです。

セックステクニック【前戯編】

セックステクニック【前戯編】

セックスで女性を興奮させるためには、前戯のテクニックを磨かなければなりません。

男性にとっては挿入が本番ですが、女性の中には前戯が一番気持ち良いと感じる人も少なくないのです。

挿入で気持ち良くさせるためにも、前戯でしっかり濡れさせることが大事なこととなるため、そのために必要なセックステクニックをしっかり学んでおきましょう。

焦らすようなキス

前戯を行うときは弱い刺激から、徐々に強い刺激を与えたほうが女性は感じやすいため、まずはキスから始めるというのが基本的なテクニックです。

いつも同じだから順番を変えたいという気持ちもあるとは思いますが、まずは女性の気持ちを高ぶらせることが大切ですので、ハグをしたり、キスをしたりするのがベストな選択となります。

そして、キスをするときも段階的に激しくしていくということが大切です。

最初は唇に触れるだけのキスをしたり、ほっぺにキスをしたりしましょう。

ある程度、イチャイチャして女性の気持ちを高めていったら、激しいキスをすると良いです。

舌を絡めたり、胸を触りながらキスしたりすることで、女性は興奮していきます。

胸は強弱を意識して攻める

キスをしたら首筋を舐めながら下っていき、次は胸を攻めることになります。

胸を攻めるときも、基本的には弱い刺激から始め、徐々に強い刺激を与えていくことを意識してください。

胸といえば乳首ですが、乳輪も立派な性感帯です。

そのため、乳首を攻める前にフェザータッチしたり、舐めたりしてしっかり愛撫してあげましょう。

乳首を攻めるときは、

●指でつまむ
●舌で舐める
●口で吸う

という攻め方が基本となります。

激しく刺激を与えられたい人もいれば、弱いほうが好きな人もいるため、反応を見ながら強弱を調整してください。

また、チュパチュパ音を立てることで興奮する女性も多いです。

クリトリスは優しく攻めよう

キスや胸揉みで十分に女性を興奮させたら、いよいよ女性器を攻めることになります。

クリトリスは女性が一番感じやすい部位ですので、かなり重要です。

クリトリスを攻めるときは指で触るか、クンニするかの二択となりますが、おすすめはクンニです。

クリトリスは男性が思っているよりも敏感な部位ですので、指で触ると刺激が強過ぎる場合があります。

クンニであれば唾で濡らせるため、刺激も緩和されるのです。

また、指で触ると女性がオナニーするときと同じ感覚となります。

クンニであれば違う感覚を与えられるでしょう。

クンニするときはしっかり唾で濡らし、優しく舐めてあげてください。

徐々に火照ってくるため、そこで息をふっと吹きかけてあげると、良い刺激を与えられます。

そして女性がもっと刺激を欲しがった場合は、指で触ったり、皮をむいてあげたりすると良いです。

Gスポットは個人差を見極めて

女性器の性感帯といえばGスポットですが、感覚にかなりの個人差がある部位ですので慎重に愛撫していきましょう。

Gスポットをいじるとき、こするのはNGです。

トントンと指の腹で連打するようにして刺激していきましょう。

しかしGスポットへの刺激に慣れていない女性は、ソフトタッチであっても痛みを感じてしまう場合があります。

このようなときはGスポットを刺激する必要はありません。

男性はGスポットで潮吹きさせたがりますが、女性にとっては不快でしかない場合もあります。

Gスポットでイカせられればセックスが上手いというわけではないため、勘違いしないようにしましょう。

フェラよりもシックスナインがおすすめ

愛撫が一通り終わったら、挿入の準備にためにフェラをしてもらうでしょう。

しかし先ほどまで全身を愛撫して、興奮が高まっているにも関わらず、女性が一方的に奉仕するだけのフェラを行うと興奮が冷めてしまう場合があります。

そのため、フェラしてもらうときはシックスナインがおすすめです。

シックスナインであればフェラしてもらいながら、愛撫することもできるでしょう。

このようにして女性の興奮を途切れさせない工夫をすると、挿入で女性を満足させることができます。

セックステクニック【挿入編】

セックステクニック【挿入編】

前戯が終わったらいよいよペニスを挿入することになります。

挿入は男性が一番気持ち良いプレイですので、自分勝手になってしまう人が多いです。

自分だけが気持ち良くなって、すぐに射精してしまうようなセックスは女性にとって良いセックスとは言えません。

女性がしっかり気持ち良くなれる挿入テクニックを解説していくため、実践してみましょう。

ゆっくり挿入する

挿入するときは一気に挿入するのではなく、ゆっくりと挿入するということが大切です。

女性器は敏感な部位ですので、一気に挿入されると痛みを感じてしまいます。

潤滑油となる愛液をペニスにしっかり付着させるためにも、少しずつ挿入するということが大切です。

そして、挿入してもすぐには動かないようにしましょう。

ペニスに慣れる時間が必要ですので、奥まで挿入したらいったん停止し、徐々に動き始めてください。

愛撫しながらピストンする

最初はゆっくり始めたピストンも、女性が慣れてきたらどんどん速めていくことになります。

このとき、ただピストンするだけでなく、同時に愛撫も行ってください。

胸揉みをしたり、クリトリスをイジったりすると、さらに感じやすくなります。

女性は膣内で感じれるという人は案外少ないです。

挿入されているときよりも、クリトリスを愛撫されているときのほうが気持ち良いという人も多いため、他の部位を同時にイジることが大切になってくるのです。

また、ピストン中は愛の言葉をささやくことも忘れないでください。

飽きないように体位を変えよう

同じ体勢でピストンし続けていると、刺激に慣れてしまい、気持ち良さが半減してしまいます。

そのため、挿入のときは定期的に体位を変えましょう。

ただし、あまりにも何度も体位を変えると、その度にピストンが途切れて興奮も冷めてしまうため、一度のセックスで3~4回程度にしてください。

体位については後ほど、詳しく紹介していきますが、

●正常位
●バック
●座位

は女性に人気があります。

ただし、人によって好みの体位には違いがあるため、セックスをしながら女性が好きな体位を見極めるということも大切なことです。

女性が感じるポイントを見極める

挿入しているときは女性が感じるポイントをしっかりと見極めるということも大切なことです。

膣の中にある性感帯といえば、Gスポットとポルチオでしょう。

女性がこのどちらを好むかによって、ピストンのやり方を変える必要があります。

Gスポットを刺激するのであれば、浅いポイントでペニスが上向きになるようにしてピストンすると良いです。

ポルチオであれば奥に押し当てるように意識して行いましょう。

ピストンするというよりは、深く差し込んで何度も押し込むイメージです。

こうして女性が感じる性感帯をペニスで刺激することにより、イカせることもできるようになります。

痛みを感じる場合はローションを使おう

女性の体は千差万別で、どれだけ興奮していても濡れにくい人がいます。

しっかり濡れていたとしても、膣が狭いことなどが原因で痛みを感じてしまう人もいるものです。

そこで挿入するときに女性が痛みを感じるのであれば、ローションを使うと良いです。

ローションをペニスに塗って挿入することにより、刺激が緩和されます。

痛みを感じていた女性も、ローションを使えば気持ち良くなれる場合があるため、使ってみてください。

セックステクニック【体位編】

セックステクニック【体位編】

セックスするときには様々な体位でピストンするものですが、それぞれの体位によって女性を感じさせるテクニックが存在します。

ただ単に体位を変えて、ピストンすれば女性が気持ち良くなるわけではないのです。

そこでここでは基本となる5つの体位に関する、コツやテクニックについて解説していきます。

正常位

正常位は女性があお向けの状態で足を開き、男性が女性に覆いかぶさるようにして挿入する体位です。

正常位は向き合いながらピストンできるため、愛撫をしながら行うことで女性を満足させることができます。

そのため、胸やクリトリスなどをイジりながらピストンしてあげましょう。

女性の足を閉じて正常位をすると、膣圧が上がって気持ち良くなれますが、痛みを感じることもあるため、様子を見ながら行ってください。

また、手を繋いで正常位をすると女性に愛情が伝わり、さらに興奮させることができます。

後背位(バック)

後背位は女性が四つん這いになり、男性が後ろから挿入する体位です。

バックは速くピストンできるため、たくさん動かしたくなりますが、女性にとっては刺激が強い体位となります。

だからこそ女性も気持ち良くなることができますが、いきなり激しくすると痛みを感じてしまうため、最初はゆっくりピストンすることを意識してください。

同時に愛撫をするときは背中を撫でたり、クリトリスをイジったりしましょう。

バックを行うときには浅く挿入して小刻みに動かすと、Gスポットを刺激できます。

Gスポットへの刺激を好む女性であれば、このやり方で中イキさせることもできるため、実践してみましょう。

騎乗位

騎乗位は男性があお向けになり、女性が男性の上にまたがって挿入する体位です。

基本的に女性主導の体位となるため、男性は胸揉みやクリトリス攻めなどの愛撫を行ってあげましょう。

ただし騎乗位をやり慣れていない女性の場合、何をどうすれば良いのかわからないため、動き方をレクチャーしてあげてください。

女性が疲れてきたら、手をついて腰を浮かせてもらい、男性が下からピストンしてあげると良いです。

騎乗位には向かい合って挿入する対面騎乗位と、女性が後ろ向きになる背面騎乗位があります。

それぞれで女性が膣で感じる感覚が違うため、タイミングを見て体位を変えると良いでしょう。

立位

立位は男女が立った状態で挿入する体位のことです。

互いに向き合って、女性の片足をあげて挿入する方法もあれば、女性が壁に手をついて後ろから挿入する方法もあります。

立位が好きかどうかは女性によって個人差があるため、あまり乗り気でないようであればやらなくても良いでしょう。

セックスがマンネリ化している場合、リビングやお風呂場で立位を行うことで、マンネリを打破できることもあります。

ただし、立位は女性の体勢がきつくなりやすい体位ですので、長時間は行わないようにしてください。

座位

座位は男性が座り、その上に女性がまたがって挿入する体位のことです。

向き合って挿入する対面座位と、女性が背中を向ける背面座位の二種類があります。

座位も騎乗位と同様に女性が主導する体位ですので、胸を舐めるなどの愛撫を行いましょう。

また、女性のお尻を持ち、細かく上下に動かしてあげると女性が楽に動けます。

対面座位の状態で互いが後ろに手をつくと、腰を動かしやすくなるため、細かく姿勢を変えながら女性を気持ち良くさせてあげましょう。

セックステクニック【後戯編】

セックステクニック【後戯編】

セックスは射精すればそこで終わりというわけではありません。

賢者タイムに入って、ゆっくり休みたいところですが、女性はまだあなたからのアクションを欲しています。

男性が手を抜いてしまいがちな後戯ですが、ここでもしっかり女性に配慮して、肉体面だけでなく精神面でも女性を満足させましょう。

ピロートークに手を抜かない

射精した後、すぐにペニスを抜いて休みたいところですが、それでは味気ないです。

そのため、射精してもすぐにペニスを抜かず、そのままの状態で女性をハグしたり、キスしたりしましょう。

そしてゆっくりとペニスを抜き、まずはコンドームを処理してください。

この後、男性はやる気がなくなったり、体がダルくなったりしますが、そこは我慢してください。

女性に愛の言葉をささやく、ピロートークを始めましょう。

セックス後にイチャイチャすることで、女性は精神的に満足するため、ピロートークは手を抜かないでください。

女性がイってない場合は愛撫でイカせてあげる

射精が終わった後、プレイを全てやめてしまう男性も多いですが、女性がまだイっていないのであれば愛撫でイカせてあげるのも良いでしょう。

基本的にはセックス中にイカせてあげるが良いのですが、それができないときもあるものです。

ただし、イカせることに固執してしまうと、女性はイカなければいけないというプレッシャーを感じてしまいます。

そのため、あくまで女性が物足りなさそうな場合にのみ、手マンやクンニでイカせてあげるようにしてください。

セックステクニック【プレイ編】

セックステクニック【プレイ編】
いつも同じセックスばかりしていると、セックスがマンネリ化してしまいます。

様々なプレイを実践すれば、いつでも新鮮なセックスをすることができ、女性も感じやすくなるものです。

そこでここからは、セックスの様々なプレイにおけるテクニックについて解説していきます。

スローセックス

スローセックスは射精することを目的とせず、長い時間をかけて行うセックスのことです。

女性は時間をかけて愛撫されることにより、どんどん興奮が高まっていくため、イキやすくなります。

そのため、女性を満足させたいのであればスローセックスがおすすめなのです。

スローセックスをするときは、とにかく時間をかけることを意識しておきましょう。

挿入までに少なくても30分はかけてください。

キスをするのも、乳首をイジるのも焦らして、少しずつ刺激を強くしていくのです。

そして挿入してからも激しくは動かず、勃起状態を維持できる速度で長い時間、ピストンをしましょう。

いつもよりも様々な体位を楽しめば、女性を満足させることができます。

おもちゃを使ったセックス

おもちゃを使ったプレイも、セックスに変化を与えられるためおすすめです。

バイブや電マなど、様々なおもちゃがありますが、おすすめなのはローターです。

ローターを使ってクリトリスや乳首、膣内を刺激してあげましょう。

ローターの振動は人間の手では再現できないものですので、女性は特別な感覚を味わうことができます。

普段はイカせられなくても、ローターを使うことでイカせられるようになる場合もあるため、実践してみてください。

ただし、人によってはローターの刺激が強過ぎて、痛みを感じてしまう場合もあります。

その場合はローションを使って刺激を緩和させてください。

それでも無理ならば、おもちゃプレイ自体を中止したほうが良いです。

目隠しプレイ

目隠しプレイは女性に目隠しをして、セックスを行うプレイのことです。

視覚を奪われることにより、女性の感覚は研ぎ澄まされ、快感を得やすくなります。

目隠しプレイを行うときは、言葉攻めを多めにしてあげると良いです。

「濡れちゃってるよ」「熱くなってる」と囁いてあげれば、女性は恥ずかしさと興奮を感じることができます。

ただし、目が見えないため、突然強い刺激を与えるのはNGです。

そうなると目隠しされていることが恐怖に変わってしまうため、徐々に刺激を強くしていて、女性を安心させながら興奮させましょう。

間違えやすいNGセックステクニック

間違えやすいNGセックステクニック

セックスのテクニックの中には、実際は女性が不快感を感じるにも関わらず、男性が正しいと信じ切っているものもあります。

このようなNGテクニックを女性に実践してしまえば、ヘタクソどころか二度とセックスしたくないと思われてしまうかもしれません。

そうならないためにも、どのようなものが間違えやすいNGテクニックなのか、しっかり把握しておきましょう。

ガシマンは地獄のような痛み

AVを見ていると、高速手マンをして女優が派手に潮吹きをするというシーンがよく映し出されます。

これに影響されて、手マンは激しくしたほうが良いと思っている男性がいますが、それは最悪の勘違いです。

このような手マンはガシマンと呼ばれ、女性に強烈な痛みを与えてしまいます。

まるで内蔵をかきむしられているような痛みですので、数日は痛みが続き、セックスなど到底できなくなってしまうのです。

風俗店によってはガシマンをするお客を出禁にすることさえあります。

手マンでGスポットを刺激するときは、トントントンと押すのが正しいやり方です。

Gスポットを激しくこするのは女性に恐怖すら与えてしまうため、絶対にやらないようにしましょう。

言葉責めと悪口は紙一重

男性は女性を言葉責めしようと、様々な言葉を投げかけますが、なかには悪口に近い言葉を投げかける人もいます。

「ヤリマンだな」
「淫乱女め」

などと言われれば、女性は間違いなくイラっとするでしょう。

このような言葉は相手の人格を否定するような言葉ですので、言われてもまったく興奮しません。

ドMの女性ならば興奮しますが、ほとんどの女性はMであってもドMではないため、普通に怒ってしまいます。

そのため、M心を刺激するのであれば、

「アソコが熱くなってるよ」
「すごい濡れてる」

というような、ソフトな言い方にしましょう。

アクロバティックな体位は恐怖しか感じない

駅弁やまんぐり返ししながらのセックスというような、アクロバティックな体位が存在しますが、これも女性にとっては迷惑でしかない行為です。

体勢が崩れれば怪我をしてしまう恐れがありますし、腰を痛めてしまう可能性もあります。

そのため、アクロバティックな体位は恐怖や痛みしか与えないものなのです。

正直、女性はそこまでバリエーション豊かに体位を変えて欲しいとは思っていません。

●正常位
●バック
●騎乗位
●座位
●立位

というような基本の体位で十分なのです。

無理な体位でのセックスはまったく気持ち良くないため、控えてください。

セックステクニックを実践する相手を探せる出会い系アプリ

セックステクニックを覚えても実践する相手がいなければ意味がありません。

そこでここでは、セックスする相手を探すのにおすすめな出会い系アプリを紹介していきます。

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメール2,000万人の会員数を誇る、日本で最大規模の出会い系アプリです。

真面目な出会いを探している人もいれば、セフレ探しとして利用している女性もいるため、目的に沿った使い方をすることができます。

20代の若い登録者が多いため、若い女性とお近づきになりたい人にはおすすめです。

無料1200円分でハッピーメール【18禁】を試してみる

こちらもどうぞ!

PCMAX

PCMAX1,000万人の会員数がいる、有名出会い系アプリです。

30~40代の登録者が多いため、人妻や年上女性と出会いたい人におすすめのアプリとなります。

利用する際にはポイントが必要ですが、利用者の日記を見たり、コメントしたりするのは無料ですので、興味のある人は軽く覗いてみると良いでしょう。

無料1000円分でPCMAX【18禁】を試す

こちらもどうぞ!

ワクワクメール

ワクワクメール

ワクワクメール750万人以上の会員数がいる、出会い系アプリです。

アダルトな書き込みがOKですので、セフレ探しや割り切り目的で登録している人が多いという特徴があります。

セフレを見つけやすいアプリではありますが、その分業者なども多いため、メリットもデメリットもあるアプリです。

無料1,200円分でワクワクメール【18禁】を試してみる

こちらもどうぞ!

最後に

彼女を後ろから抱きしめる彼氏

セックスのテクニックについて解説してきましたが、一番大切なのは自我を出さず、女性のためだけにセックスをするということです。

そのため、女性が満足できるセックスをしようと思えば、自分が満足できなくなることも多くなるでしょう。

しかしそれこそが相手のことを思いやるセックスと呼べるものですので、彼女にセックスを好きになってもらうためにも、自分の欲求を我慢して女性に尽くしましょう。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら