テストステロンを増やす方法!オナ禁の効果や少ない人のリスク・原因とは?

                                       
                                   

テストステロンを増やすためには、生活習慣を変えたり、食事に注意したりすることが大切です。

そこでこの記事では、テストステロンを増やす具体的な方法やオナ禁の効果、テストステロンが少なくなる原因などについて解説していきます。

男性にとってテストステロンはモテるために必要なホルモンです。

美人の彼女を作ったり、好きな人を振り向かせたりするためにも、テストステロンを増やすことが大切なこととなるため、そのための方法をしっかり学んでいきましょう。

テストステロンとは?

テストステロンとは?

テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。

女性にも分泌されるホルモンですが、男性のほうが量が多く、睾丸や卵巣から分泌されます。

テストストロンには様々な作用がありますが、男らしい体を作るのに必要不可欠なホルモンとなっています。

筋肉を増加させたり、性欲の源となったりするのです。

テストステロンは20代をピークに、分泌される量が加齢とともに減っていきます。

それに伴い、性欲がなくなったり、男性更年期障害を引き起こしたりする可能性があるため、注意が必要です。

テストステロンの効果

テストステロンの効果

男性の体の中で多く分泌されているテストステロンですが、実は様々な効果を与えてくれています。

これがあることで、男性が男らしくなれたり、魅力的になれたりするのです。

では、テストステロンには具体的にどのような効果があるのか、解説していきましょう。

性欲が増す

テストステロンは男性の性欲を大きく左右するホルモンです。

テストステロンが少ない場合、性欲が少なくなったり、勃起力が弱くなったりします

逆にテストステロンが十分な人は性欲が強く、満足した性生活を送れていることが多いのです。

女性よりも男性のほうが性欲が強いのは、テストストロンの分泌量が大きく関係しているのですが、女性にもテストステロンは存在します。

そのため、テストステロンを意識的に増やすことにより、女性の性欲が増すこともあるのです。

モテるようになる

テストステロンが増えることによって、結果的にモテるようになったという男性は多いです。

テストステロンは男性らしい体を作るために必要不可欠なものとなっており、筋肉量がアップするため、結果的にモテるようになるのです。

また、決断力が増したり、リーダーシップを発揮できたりと、男らしい行動も取れるようになります。

外見的にも内面的にも、男らしさをアップさせてくれるホルモンですので、テストステロンを増やすことで結果的に女性からモテるようになるというわけです。

やる気が出る

やる気が出るようになるというのも、テストステロンの効果です。

仕事へのモチベーションが上がったり、勉強に集中できるようになったりと、物事への活力を高めてくれる効果がテストステロンにはあります。

これはテストステロンが人から認められたり、結果を残したいという欲求を高めたりするからです。

自然と仕事へのやる気を取り戻すことができるようになるため、男性にとってテストステロンは必要不可欠なものと言えます。

逆に言えば、テストステロンが失われることで、仕事や恋愛がうまく行かなくなってしまうこともあるということです。

病気のリスクが下がる

様々な病気にかかるリスクを下げられるというのも、テストステロンの忘れてはいけない大事な効果です。

テストストロンが下がることにより、脳梗塞や心筋梗塞といった病気のリスクが上がることが、研究によってわかっています。

また、不眠症や肥満、認知症などにも影響があるとされているため、テストステロンは健康のためにも必要なホルモンなのです。

テストステロンさえあれば、このような病気にかからないというわけではありませんが、病気のリスクを上げる可能性があるため、注意しておきましょう。

テストステロンが少ない人のリスク

テストステロンが少ない人のリスク

テストステロンの効果について紹介しましたが、逆にテストステロンが少なくなってしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

これを知ることにより、テストステロンの大切さがわかるようになるため、しっかり確認しておきましょう。

勃起不全や性欲減退になる

テストステロンが少ないと、勃起不全や性欲減退になるリスクがあります。

テストステロンは性欲の源となるホルモンですので、少なくなってしまうと勃起しにくくなったり、セックスしたいという欲がなくなったりするのです。

パートナーがいない人にとっては支障はありませんが、恋人がいる人は性生活に大きな影響があるでしょう。

セックスの最中にペニスが萎えてしまうこともあるため、テストステロンの量が男女の仲に影響を及ぼすこともあるのです。

気力が低下する

気力が低下するというのも、テストステロンが少ない人のリスクです。

テストステロンは活力を与えるホルモンですので、少なくなってしまうと仕事や勉強への気力が失われてしまいます

「なんとなくやる気がしない」という日を誰もが体験したことがあるものですが、そのような集中できない日が増えてしまうのです。

その結果、仕事に影響が出てしまうこともあるため、注意が必要です。

疲れやすくなる

疲れやすくなるというのも、テストストロンが少ないことで起きてしまう体調の変化です。

テストステロンが減少すると眠りにくくなったり、体に痛みを感じたりすることもあります。

結果的にこのようなことが影響し、ストレスや疲れを感じてしまうのです。

動脈硬化や前立腺ガンのリスク

テストステロンが少なくなると、動脈硬化や前立腺ガンになるリスクが高くなってしまいます。

テストステロンには血行促進効果があるため、少なくなることにより血管系の病気にかかるリスクが高くなってしまうのです。

また、テストステロンが低い人は前立腺ガンにかかるリスクが高いというデータもあります。

心筋梗塞や脳梗塞などのリスクも上がるため、健康を維持するためにもテストステロンは重要なホルモンになるということです。

テストステロンが下がる原因

テストステロンが下がる原因

テストステロンが下がると様々なリスクが高くなってしまうことがわかりましたが、そもそもなぜテストステロンは下がってしまうのでしょうか。

そこでここからは、テストステロンが下がる原因について解説していきます。

これらに心当たりがある人は、すでにテストステロンが減少している可能性もあるため、注意しておきましょう。

ストレスを溜め込んでいる

テストステロンが下がる原因として、まず挙げられるのがストレスが溜まっているということです。

ストレスを感じると、脳がテストステロンの分泌量を減少させてしまいます。

そのため、仕事が忙しい人や人間関係の問題を抱えている人は、大きなストレスによってテストステロンが減少してしまうのです。

睡眠の質が悪い

睡眠の質が悪い場合も、テストステロンが下がってしまいます。

テストステロンは寝ているときに体内で生成されます。

しかし睡眠の質が悪いと、正しくテストステロンが生成されなくなってしまうのです。

そのため、睡眠時間が短い人や眠りが浅い人は、それが原因でテストステロンが減少している可能性があります。

ストレスや生活習慣、寝具などが原因で睡眠の質が悪くなってしまう場合があるため注意しておきましょう。

タバコやお酒

タバコやお酒もテストステロンを減少させる原因となってしまいます。

タバコはテストステロンの低下だけでなく、血行不良も招いてしまうため、様々な面で健康に影響を及ぼしてしまうものです。

お酒に関しては、嗜む程度であれば特に問題はありません。

しかし過度に飲み過ぎてしまうと、質の良い睡眠を阻害してしまい、テストステロンを減少させてしまうため、注意が必要です。

テストステロンを増やす方法

テストステロンを増やす方法

テストステロンの量が少ない可能性がある人は、増やすためにはどうすれば良いのかと考えるでしょう。

そこでここからは、テストステロンを増やす方法を解説していきます。

これを実践することで性欲を取り戻したり、健康になれたりする可能性があるため、テストステロンが少ない人は実践してみてください。

オナ禁をする

テストステロンを増やす方法として、まず挙げられるのがオナ禁をするということです。

オナニーをするとテストステロンが減少することになるため、オナニーの頻度が高い人は回数を少なくすることで、テストステロンの量を上げることができます。

テストステロンを増やすための、オナニーのベストな周期は3~4日です。

そのため、毎日のようにオナニーをしている人は、オナ禁を行いテストステロンの量を調整しましょう。

テストステロンの量が上がれば、勃起不全や性欲減退といった症状が治まることもあります。

ただし、3~4日以上オナ禁をすれば、もっとテストステロンの量が上がるというわけではありません。

4日程度でテストステロンの量は一定になっていくため、我慢すれば我慢すれば良いという考え方をしないようにしましょう。

承認欲求を満たす

承認欲求を満たすというのも、テストステロンを増やす方法となります。

周りの人から認められたり、褒められたりすることで、テストステロンは分泌されます。

そのため、褒めてくれる人と一緒に飲みに行ったり、実際に仕事で結果を出したりすることでテストステロンを増やすことができるのです。

また、自己主張をすることでもテストステロンを増やすことができます。

自分が思っていることを正しく発言し、周りからの賛同も得られれば、テストステロンをさらに増やすことができるため、実践してみてください。

テストステロンを上げる食事を摂る

テストステロンは食事によっても大きな影響を受けます。

基本的に栄養バランスの取れた食事を摂ることが大切なこととなるのですが、なかでも重要なのがたんぱく質です。

肉類や卵、魚、乳製品などを意識して摂取するようにしましょう。

また、セレンという栄養素が含まれる、玉ねぎやニンニク、カツオ、イワシなどもオススメとなります。

玉ねぎにはアリシンという栄養素も含まれており、これもテストステロンを増やすために必要な栄養素です。

肉類と玉ねぎ、卵などがテストステロンを増やす最適な食材ということになるため、意識して摂取してください。

ストレス解消をする

テストステロンはストレスが溜まることで少なくなってしまうため、しっかりストレス解消をすることもテストステロンを増やすために大切なこととなります。

ストレスを解消するために、オススメなのは運動とカラオケです。

過剰に運動すると逆にストレスを増やしてしまいますが、軽く汗をかくくらいであれば、良いストレス解消になります。

また、大きな声を出すとストレスを解消できることは、科学的にも証明されているため、実践してみてください。

生活習慣を正す

生活習慣を正すというのも、テストステロンを上げるために大切なこととなります。

睡眠時間を確保し、生活リズムをしっかりと整えましょう。

また、お酒の飲み過ぎにも注意が必要です。

夜更かしばかりしたり、栄養の偏った食事ばかり摂っていたりすると、テストステロンは減少してしまうため注意しておいてください。

精力をUPして現役でいたい男性にオススメ!評価の高い精力剤

テストステロンが多いと男性ホルモンが増して精力がUPすることがわかりました。

そのテストステロンを増やすには栄養バランスの取れた食事を摂ることが大切ですが、食事でも補えない栄養もありますし、手っ取り早く精力がUPする精力剤を紹介していきます。

精力や体力が衰えた人やまだまだ現役でいたい人は、参考にしてみてください。

【2位】午前0時のユーグレナ

勃起力をUPさせたいならユーグレナ

勃起力をアップさせたい人におすすめなのが、午前0時のユーグレナという精力剤です。
午前0時のユーグレナは話題の成分、ユーグレナ(ミドリムシ)が配合されたサプリです。
ユーグレナ(ミドリムシ)というと少し抵抗感があるかもしれませんが、ユーグレナには様々な精力アップ効果が期待できる成分が配合されています。

●ユーグレナに含まれる成分
●ビタミン14種類
●ミネラル9種類
●アミノ酸18種類
●不飽和脂肪酸
●その他7種類

また、それ以外にもマカやクラチャイダム、亜鉛など、精力アップ効果がある成分が配合されているため、今大注目されているサプリなのです。
値段も30日分で2,480円ですので購入しやすく、口コミの評価もかなり良い精力剤となっています。
精力が弱まってきた人におすすめできるサプリですので、午前0時ユーグレナのことが気になる人は以下のリンク先から詳細を確認してみてください。

こちらもどうぞ!

午前0時のユーグレナを試してみる!

マカDX

黒マカDX

商品名マカDX
価格 【初回のみ】1,000円
【通常購入】2,000円
成分 有機マカ
国産スッポン
醗酵黒ニンニク
亜鉛
シトルリン

マカDXは黒マカよりも栄養素が豊富に含まれる、有機マカが6,000mgも配合された精力剤です。

最高品質のマカが配合されているため、普通のマカが配合された精力剤よりも、優秀な精力剤となっています。

さらにポリフェノールを多く含む醗酵黒ニンニク、精力アップに効果のある亜鉛やシトルリン、古くから精がつくと言われるスッポンなども配合されており、かなり贅沢な精力剤です。

しかもこれだけのものが配合されていながら、1,000円(初回のみ)で購入できるというのもオススメなポイントとなります。

高品質で安価な精力剤といえば、マカDXですので詳細が気になる方は以下から確認してください。

マカDXの公式サイトはこちら!

こちらもどうぞ!

最後に

天井を見上げる男性

テストステロンについて解説してきましたが、テストステロンを増やすためには普段から様々なことに注意しておかなければなりません。

面倒なこともありますが、それは健康のためにもなることですので、今回紹介した注意点をしっかり守っておきましょう。

そうすることで、いつまでも元気でいることができるようになります。

The following two tabs change content below.
編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

編集部 ナオトa.k.a Muscle Man

前職はIT関係で働くもブラックすぎて退社 現在はライターという天職を見つけ毎日が夏休み気分! 趣味はダンスと筋トレで体脂肪を1桁でキープするのが生きがい。

ライター紹介はこちら